問題文の検索結果

1. 中枢神経系が発した命令が実行されるためには、感覚神経(求心性末梢神経) 運動神経(遠心性末梢神経) が必要である。

2. 受容器が発した情報が中枢神経系に届くためには、感覚神経(求心性末梢神経) 運動神経(遠心性末梢神経) が必要である。

3. 人体が状況の変化(刺激)に対してある仕事を施行(応答)する場合、必要なのは 

受容器
感覚神経(求心性末梢神経)
中枢神経系
運動神経(遠心性末梢神経)
効果器
である。

4. ヒトが状況の変化(刺激)を感覚する場合、必要なのは 

受容器
感覚神経(求心性末梢神経)
中枢神経系
運動神経(遠心性末梢神経)
効果器
である。

5. 生体が随意的に運動する場合、必要なのは、 

受容器
感覚神経(求心性末梢神経)
中枢神経系
運動神経(遠心性末梢神経)
効果器
である。

6. 生体が思考する場合、必要なのは 受容器 感覚性(求心性)末梢神経 中枢神経系 運動性(遠心性)末梢神経 効果器 である。

7. 図中の*の部位は

中枢神経
感覚神経(求心性末梢神経)
運動神経(遠心性末梢神経)
効果器
受容器
である。

図表-1