問題文の検索結果

1. バゾプレッシン、抗利尿ホルモン(ADH)の作用は、血漿浸透圧の低下である。また、バゾプレッシンの分泌は「作用重視型調節」を受けている、バゾプレッシンの分泌低下以外の理由により血漿浸透圧がセットポイントより増大すると、バゾプレッシンの分泌は亢進する 低下する あまり変化しない 

2. バゾプレッシン,抗利尿ホルモン(ADH)の作用は、血漿浸透圧の低下である。また、バゾプレッシンの分泌は「作用重視型調節」を受けている、バゾプレッシンの分泌亢進以外の理由により血漿浸透圧がセットポイントより低下すると、バゾプレッシンの分泌はあまり変化しない 低下する 亢進する 

3. 真水を大量に飲水した。血漿の浸透圧は 低下 上昇 した。この浸透圧の変化は 傍糸球体装置 視床下部 で受容され、 下垂体後葉 傍糸球体装置 からの ADH(抗利尿ホルモン、バゾプレッシン) レニン の分泌が 抑制 促進 される。これは腎、尿細管系における ナトリウムの再吸収 水分の透過性(水チャンネルの幅) を 抑制 促進 させる。すなわち、 水のみ Na+と水 の 毛細血管から尿細管系 尿細管系から毛細血管 方向の移動が 抑制 促進 される。以上の調節は、腎静脈へ流出する血漿の浸透圧を腎動脈から流入する血漿の浸透圧より 低張 高張 にする。また、尿を 低張 高張 にし、同時に尿量を 減少 増大 させる。

4. 大量の発汗で脱水した。血漿の浸透圧は 低下 上昇 した。この浸透圧の変化は 傍糸球体装置 視床下部 で受容され、 傍糸球体装置 下垂体後葉 からの レニン ADH(抗利尿ホルモン、バゾプレッシン) の分泌が 促進 抑制 される。これは腎,尿細管系における 水分の透過性(水チャンネルの幅) ナトリウムの再吸収 を 抑制 促進 させる。すなわち、 水のみ Na+と水 の 尿細管系から毛細血管、毛細血管から尿細管系 方向の移動が 抑制 促進 される。以上の調節は、腎静脈へ流出する血漿の浸透圧を腎動脈から流入する血漿の浸透圧より 低張 高張 にする。また、尿を 低張 高張 にし,同時に尿量を 減少 増大 させる。

5. 食塩を大量に摂取した。これにより血漿量・血圧は 増加 減少 した。この変化は 傍糸球体装置 視床下部 で受容され、 レニン ADH(抗利尿ホルモン、バゾプレッシン) の分泌が 促進 抑制 される。このため、副腎 皮質 髄質 からの アルドステロン アンジオテンシン の分泌 促進 抑制 される。これにより、腎、尿細管系における 水分の透過性(水チャンネルの幅) Na+の再吸収 を 促進 抑制 させる。すなわち、 Na+と水 水のみ の 毛細血管から尿細管系 尿細管系から毛細血管 方向の移動が 抑制 促進 される。以上の調節は、血漿量・血圧を正常値へ向けて 増大 減少 させる。

6. 激しい下痢で電解質を失った。これにより血漿量・血圧は 増加 減少 した。この変化は 傍糸球体装置 視床下部 で受容され、 ADH(抗利尿ホルモン、バゾプレッシン) レニン の分泌が 抑制 促進 される。このため、副腎 皮質 髄質 からの アンジオテンシン アルドステロン の分泌が 促進 抑制 される。これにより、腎、尿細管系における Na+の再吸収 水分の透過性(水チャンネルの幅) を 抑制 促進 させる。すなわち、 水のみ Na+と水 の 尿細管系から毛細血管 毛細血管から尿細管系 方向の移動が 抑制 促進 される。以上の調節は,血漿量・血圧を正常値へ向けて 増大 減少 させる。

7. バゾプレッシン vasopressin,抗利尿ホルモン antidiuretic hormone (ADH)は 視床下部 下垂体後葉 腎臓の集合管 腎臓の傍糸球体装置 下垂体前葉 で生産される.

8. バゾプレッシン vasopressin,抗利尿ホルモン antidiuretic hormone (ADH)は 腎臓の集合管 下垂体後葉 腎臓の傍糸球体装置 下垂体前葉 視床下部 で分泌される.

9. バゾプレッシン vasopressin,抗利尿ホルモン antidiuretic hormone (ADH)は 下垂体前葉 視床下部 腎臓の集合管 下垂体後葉 腎臓の傍糸球体装置 が主たる標的細胞である.

10. バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌が亢進すると、尿細管の水チャンネルの数は 多くなる 少なくなる 

11. バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌が低下すると、尿細管の水チャンネルの数は 少なくなる 多くなる 

12. バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌が亢進すると、尿細管で再吸収される水分の量は 多くなる 少なくなる 

13. バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌が低下すると、尿細管で再吸収される水分の量は 多くなる 少なくなる 

14. バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌が亢進すると、尿量は 多くなる 少なくなる 

15. バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌が低下すると、尿量は 多くなる 少なくなる 

16. バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌が亢進すると、尿の浸透圧は 低下する 上昇する 

17. バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌が低下すると、尿の浸透圧は 低下する 上昇する 

18. 発汗により、血漿浸透圧が上昇すると、下垂体後葉からのバゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌と血中濃度とは、増大(上昇)する 低下する 

19. 飲水により、血漿浸透圧が低下すると、下垂体後葉からのバゾプレッシン、バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌と血中濃度は 低下する 増大(上昇)する 

20. 血漿浸透圧が飲水により低下 発汗により上昇 すると、下垂体後葉からのバゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌と血中濃度は増大(上昇)する。

21. 血漿が高張 低張 になると、視床下部からのバゾプレッシン、抗利尿ホルモン(ADH)の分泌と血中濃度は低下する。

22. 飲水し、血漿が高張 低張 になった。この変化は、視床 視床下部 の浸透圧受容器で受容され、バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌が、亢進 低下 する。

23. バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の作用(血漿浸透圧低下)は、バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌に 負 正 のフィードバックをかけている。

24. バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)は、 「作用重視型」 「濃度重視型」 調節を受けている。

25. 飲水すると、血漿浸透圧は 上昇 低下 する。これは、バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)のホルモン作用(血漿浸透圧の 低下 上昇 )が少なすぎる 多すぎる 状態であり、負のフィードバックによりバゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌は、亢進 低下 する。これにより、腎臓の尿細管の水チャンネル数は通常より多く 少なく なり、水分の再吸収は、少なく 多く なる。これは、尿量を減少 増大 させ、尿浸透圧を増大 減少 させ、血漿浸透圧を(セットポイントへ向けて)高く 低く する。

26. 発汗すると、血漿浸透圧は 上昇 低下 する。これは、バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)のホルモン作用(血漿浸透圧の上昇 低下 )が 少なすぎる 多すぎる 状態であり、負のフィードバックによりバゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌は 低下 亢進 する。これにより、腎臓の尿細管の水チャンネル数は通常より 多く 少なく なり、水分の再吸収は 少なく 多く なる。これは、尿量を 増大 減少 させ、尿浸透圧を 増大 減少 させ、血漿浸透圧を(セットポイントへ向けて) 高く 低く する。

27. 下垂体性尿崩症の患者では、バゾプレッシン、抗利尿ホルモン(ADH)の分泌、血中濃度は、高張な血漿浸透圧からの負のフィードバックに 見合わず病的に高い 見合って高い 見合って低い 見合わず病的に低い  。

28. 腎性尿崩症の患者では、バゾプレッシン、抗利尿ホルモン(ADH)の分泌、血中濃度は、高張な血漿浸透圧からの負のフィードバックに 見合わず病的に高い 見合って高い 見合って低い 見合わず病的に低い 

29. 63歳の女性.3カ月前に突然口渇が出現するようになったので来院した.冷水を好んで飲用し,夜間に5,6回,排尿している.頭痛,視力障害,頭部外傷の既往はない.尿糖(-),尿タンパク(-),高濃度食塩水負荷後の尿浸透圧 210 mOsm,(通常時の尿浸透圧正常範囲は800-1,300).尿量 6,400 ml/日.空腹時血糖 76 mg,l(正常範囲内),総タンパク 7.6 g,l(正常範囲内),尿素窒素14 mg,l(正常範囲内),クレアチニン 0.8 mg,l(正常範囲内).血漿浸透圧 290 mOsm,(正常275 - 288).抗利尿ホルモン(ADH)投与後,尿浸透圧は850 mOsm,に上昇した.この症例での「口渇」と血漿浸透圧の値は 脱水 水中毒 を示唆する.しかし,尿量は不釣り合いに 少なく 多く ,また尿は,高濃度の食塩水を負荷しても 濃い 薄い .腎臓の尿濃縮異常である.抗利尿ホルモンを投与したとたんに尿浸透圧が増大したことは, 

心因性多飲症
水分摂取不足による脱水
ADHの分泌過剰(ADH不適合分泌症候群)
ADHの分泌低下(下垂体性尿崩症)
ADHに対する反応性の低下(腎性尿崩症)
を示唆する.

30. 発汗し、血漿が低張 高張 になった。この変化は、視床 視床下部 の浸透圧受容器で受容され、バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH))の分泌が低下 亢進 する。

31. バゾプレッシン・抗利尿ホルモン(ADH) は、

腎臓
副腎皮質
副甲状腺
精巣
卵巣の黄体
甲状腺
下垂体後葉
膵臓
副腎髄質
下垂体前葉
卵巣の卵胞
から分泌される。

32. バゾプレッシン・抗利尿ホルモン(ADH) の作用は、

子宮内膜の維持と基礎体温上昇
血漿中カルシウム濃度の低下
乳汁生成促進
造血(赤血球生成)促進
男性化
女性器の平滑筋収縮
代謝亢進、精神活動亢進など
身長の伸長
血糖低下
血漿浸透圧低下
血漿中のNa+量と血圧との上昇
血漿中カルシウム濃度の上昇
女性化
抗炎症
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
血糖上昇
である。

33. 抗利尿ホルモン、anti-diuretic hormone (ADH)はペプチド型 ステロイド型 アミン型 ホルモンである.

34. バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌が亢進すると、血漿浸透圧は高くなる 低くなる 

35. バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌が低下すると、血漿浸透圧は高くなる 低くなる 

36. 血漿浸透圧が発汗により上昇 飲水により低下 すると、下垂体後葉からのバゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌と血中濃度は低下する。

37. バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌が低下 亢進 すると、尿細管の水チャンネルの数は多くなる。

38. バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌が亢進 低下 すると、尿細管で再吸収される水分の量は多くなる。

39. バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌が低下 亢進 すると、尿量は少なくなる。

40. バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌が低下 亢進 すると、尿の浸透圧は上昇する。

41. バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌が低下 亢進 すると、血漿浸透圧は低くなる。

42. バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌が低下 亢進 すると、尿細管の水チャンネルの数は少なくなる。

43. バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌が亢進 低下 すると、尿細管で再吸収される水分の量は少なくなる。

44. バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌が亢進 低下 すると、尿量は多くなる。

45. バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌が亢進 低下 すると、尿の浸透圧は低下する。

46. バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌が低下 亢進 すると、血漿浸透圧は高くなる。

47. バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌に対して負のフィードバックをかけているのは、血漿浸透圧 尿量 水の再吸収 水チャンネルの数 尿浸透圧 減少(低下) 亢進(上昇) である。

48. バソプレッシン、抗利尿ホルモン(ADH)は下垂体後葉 下垂体前葉 から分泌される。

49. バソプレッシン、抗利尿ホルモン(ADH)の作用は、女性器の平滑筋収縮 血漿浸透圧低下 である。

50. バソプレッシン、抗利尿ホルモン(ADH)の作用は、血漿浸透圧上昇 低下 である。