問題文の検索結果

1. プロゲステロン分泌の低下は、排卵 月経出血 をもたらす。

2. 月経期、子宮内膜は剥離する 腺分泌が亢進する 特に変化ない 増殖する 

3. 月経周期前期、子宮内膜は腺分泌が亢進する 剥離する 増殖する 特に変化ない 

4. 月経周期後期、子宮内膜は増殖する 特に変化ない 剥離する 腺分泌が亢進する 

5. 子宮内膜が剥離するのは、月経周期後期 月経周期前期 月経期 である。

6. 子宮内膜が増殖するのは、月経周期前期 月経期 月経周期後期 である。

7. 子宮内膜の分泌が亢進するのは、月経周期前期 月経周期後期 月経期 である。

8. 月経周期前期、卵巣は黄体 卵胞 期にある。

9. 月経周期後期、卵巣は卵胞 黄体 期にある。

10. 卵巣が卵胞期にあるのは、月経周期前期 後期 である。

11. 卵巣が黄体期にあるのは、月経周期後期 前期 である。

12. 月経周期前期、基礎体温は高い 低い 

13. 月経周期後期、基礎体温は低い 高い 

14. 基礎体温が高いのは月経周期前期 後期 である。

15. 基礎体温が低いのは月経周期前期 後期 である。

16. 月経出血は排卵にともなう出血である。誤 正 

17. 月経周期前半では、卵胞刺激ホルモンfollicle-stimulating hormone (FSH)の刺激により卵胞からは主にエストロゲン プロゲステロン が分泌されている。

18. 月経周期前半では、負のfeedbackによりエストロゲンの血中濃度が上昇すると、FSHの分泌は抑制される。正 誤 

19. 月経から排卵まで卵巣は卵胞 黄体 期にある。

20. 月経周期後半(黄体期,分泌期)、プロゲステロンは黄体形成ホルモンlutenizing hormone (LH)分泌に対して正 負 のフィールドバックをかけている。

21. 月経周期に関して、高温相(0.4度、11日以上)がみとめられると、その月経周期は排卵性 非排卵性 であったと思われる。

22. 無月経に対してプロゲステロンを10日間投与したのちに出血がみとめられた場合、投与前に、卵胞の発育、子宮内膜の増殖はあったと思われる 思われない 

23. 無月経に対してエストロゲンとプロゲステロンを10日間ずつ投与しても出血がみとめられない場合、無月経はホルモン性 子宮性 と思われる。

24. 妊娠が成立していても、下垂体前葉からのLH分泌が低下する時期(妊娠していなかったら月経が生じていた時期)には体温は低下する。正 誤 

25. 出産後、授乳をつづけると、月経の再開は早く 遅く なる。

26. プロラクチンの分泌亢進の症状には月経過多 無月経 がある。

27. 生殖能力のある女性では、月経周期とともに体温は変動 する しない 

28. 月経から排卵まで、体温は 高い 低い 

29. 排卵から月経まで、体温は 高い 低い 

30. 無月経に対してプロゲステロンを10日間投与したのちに出血がみとめられた場合、診断は第1度 第2度 無月経である。

31. 無月経に対してプロゲステロンを10日間投与したのちに出血がみとめられず、エストロゲンとプロゲステロンとを10日間ずつ投与して出血がみとめられた場合、投与前、卵胞の発育、子宮内膜の増殖はあったと思われない 思われる 

32. 無月経に対してプロゲステロンを10日間投与したのちに出血がみとめられず、エストロゲンとプロゲステロンとを10日間ずつ投与して出血がみとめられた場合、診断は第2度 第1度 無月経である。

33. 神経性食欲不振症の症状には正常月経 無月経 月経過多 が多い。

34. 肥満により月経異常 子宮外妊娠 が増加する。