問題文の検索結果

1. 筋細胞が収縮するためには、栄養素が筋細胞外にとどまること 筋細胞外から細胞内に入ること が必要である。

2. 栄養素の電気的 化学的 エネルギーが筋細胞の収縮に必要である。

3. 栄養素の代謝産物は、

アデノシン二リン酸 adenosine di-phosphate (ADP)
酸素(O2)
アデノシン三リン酸 adenosine tri-phosphate (ATP)
二酸化炭素(CO2)
である。

4. 栄養素内の原子は、一部が代謝産物で一部がATP すべて代謝産物 すべてがATP へ移行する。

5. ATP合成に使われるエネルギーは、筋の運動エネルギー 栄養素の化学的エネルギー である。

6. ATP合成に必要な原子は、「ATPの部品」 栄養素 からくる。

7. ATP合成に必要な化学的エネルギーは、「ATPの部品」 栄養素 からくる。

8. 収縮している筋細胞内では、主にATPが分解されて栄養素が生成される 栄養素が分解されてATPが合成される 

9. エネルギー代謝の結果、栄養素が合成 分解 されて放出 獲得 したエネルギーと、ATPが合成 分解 されて獲得 放出 したエネルギーとでは、前者 後者 の方が大きい。

10. ATP合成のときに使われるエネルギーは、食品の栄養素から供給される。正 誤 

11. 嫌気的代謝では、(一定量の栄養素から供給できる)ATP量が多い 少ない 

12. 好気的代謝では、(一定量の栄養素から供給できる)ATP量が少ない 多い 

13. 2者のうち、(一定量の栄養素から供給できる)ATP量が多いのは、好気的代謝 嫌気的代謝 である。

14. 2者のうち、(一定量の栄養素から供給できる)ATP量が少ないのは、嫌気的代謝 好気的代謝 である。

15. 呼吸商は、その時消費されている栄養素の 種類 量 が示唆される。

16. 腸における栄養素の吸収はろ過 浸透圧 拡散 能動輸送 による。

17. 栄養素の化学的エネルギーは、原子 原子の結合 にある。

18. 細胞が活動するためには、栄養素のエネルギーを「取り出し」てから使う そのまま使う 

19. ヒトの、活発に活動している細胞の中で、栄養素は分解 生成 される。

20. 栄養素と比べて、分解産物には、エネルギーは少ない 多い 

21. デンプンは、栄養素でない ある 

22. 栄養素は、人体にとって情報源 エネルギー源 である。

23. 糖質(炭水化物)は、栄養素でない ある 

24. 脂質は、栄養素でない ある 

25. たんぱく質は、栄養素でない ある 

26鶏肉 バター 米、芋 に含まれる主要な栄養素は、糖質(炭水化物)である。

27. 米、芋などに含まれる主要な栄養素は、脂質 たんぱく質 糖質(炭水化物) である。

28米、芋 バター 鶏肉 に含まれる主要な栄養素は、脂質である。

29. バターに含まれる主要な栄養素は、脂質 たんぱく質 糖質(炭水化物) である。

30米、芋 バター 鶏肉 に含まれる主要な栄養素は、たんぱく質である。

31. 鶏肉に含まれる主要な栄養素は、たんぱく質 糖質(炭水化物) 脂質 である。

32. 消化管の中から血管の中への栄養素の移動は吸収 消化 である。

33. 消化管の中からリンパ管の中への栄養素の移動は、消化 吸収 である。

34. 大腸は、栄養素を多く吸収している あまり吸収しない 

35. 栄養素は、人体に必要である ない 

36. 人体に必要な物質は、すべて栄養素である。正 誤 

37. 大腸が吸収するのは、主に水分 栄養素 である。

38. エネルギー代謝では、栄養素 二酸化炭素 酸素 水 が細胞内に入って消費される。

39. エネルギー代謝は、酸素 水 二酸化炭素 栄養素 が生成され、細胞外に出てくる。

40. エネルギー代謝では、栄養素の原子 原子の結合 が取り出され、栄養素は分解される。

41. ATPが生成される際、栄養素は生成 分解 される。

42. 図中の*印が示しているのは

栄養素の分解
酸素によるエネルギー代謝の促進
栄養素からのエネルギーの取り出し
細胞による酸素の取り込み
筋の収縮たんぱくの収縮
である。

図表-1