問題文の検索結果

1. 横隔膜などの吸息筋 呼息筋 が収縮すると、胸腔と肺とは伸展 縮小 する。

2. 横隔膜などの吸息筋 呼息筋 が弛緩すると、胸腔と肺とは伸展 縮小 する。

3. 呼吸筋が弛緩していて、呼吸運動がない時、横隔膜は収縮 弛緩 している。

4. 吸息の始め、横隔膜は収縮 弛緩 する。

5. 吸息時、横隔膜は収縮 弛緩 している。

6. 吸息の終わりには、横隔膜は弛緩 収縮 している。

7. 呼息の始め、横隔膜は弛緩 収縮 する。

8. 呼息時、横隔膜は弛緩 収縮 している。

9. 呼息の終わりには、横隔膜は弛緩 収縮 している。

10. 横隔膜が収縮しているのは、吸息 呼息 時である。

11. 横隔膜が弛緩しているのは、吸息 呼息 時である。

12. 横隔膜は 呼息筋 吸息筋 の代表で、C3-C5からの横隔神経に支配されている。

13. 横隔膜は吸息時 ドーム状になって挙上 平坦化して下降 する。

14. 吸息筋であるのは、 内肋間筋 腹筋 横隔膜 外肋間筋 である。

15. 呼息筋であるのは、腹筋 横隔膜 外肋間筋 内肋間筋 である。

16. 嘔吐で起こる現象は,食道,噴門の収縮 弛緩 ,痙攣的吸息運動による横隔膜の下降 上昇 ,腹筋収縮 弛緩 ,腹圧上昇 低下 ,声門閉鎖 開放 などが主な現象である.

17. 横隔膜は、呼息筋 吸息筋 である。

18. 図の*印は、

肺胞管
右下葉
胸腔
区域気管支
右肺
右上葉
左下葉
葉気管支
左上葉
横隔膜
気管支
細気管支
右中葉
左肺
気管
肺胞
である。

図表-1