問題文の検索結果

1. 1次止血を担っているのは赤血球 白血球 血小板 凝固因子 である。

2. 2次止血を担っているのは赤血球 白血球 血小板 凝固因子 である。

3. 血小板は1次止血 2次止血 を担っている。

4. 凝固因子は1次止血 2次止血 を担っている。

5. 2次止血で生成(産生)するのはフィブリノーゲン フィブリン である.

6. 検査で測定した出血時間は次止血の指標である.

7. 検査で測定した出血時間は

1次止血
2次止血
血小板の粘着・凝集能
血液凝固の外因系
血液凝固の内因系
フィブリノーゲンの量と機能
線維素溶解(線溶)系
の指標である.

8. 1次止血に異常があった場合,検査で測定した出血時間は延長する しない .

9. 2次止血に異常があった場合,検査で測定した出血時間は延長する しない .

10. 1次止血に異常があった場合,検査で測定した出血時間は延長する.正 誤 

11. 1次止血に異常があった場合,検査で測定した出血時間は延長しない.正 誤 

12. 2次止血に異常があった場合,検査で測定した出血時間は延長する.正 誤 

13. 2次止血に異常があった場合,検査で測定した出血時間は延長しない.正 誤 

14. ガラスビーズ管法は

1次止血
2次止血
血小板の粘着・凝集能
血液凝固の外因系
血液凝固の内因系
フィブリノーゲンの量と機能
線維素溶解(線溶)系
の指標である.

15. プロトロンビン(PT)時間は

1次止血
2次止血
血小板の粘着・凝集能
血液凝固の外因系
血液凝固の内因系
線維素溶解(線溶)系
の指標である.

16. 活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)は

1次止血
2次止血
血小板の粘着・凝集能
血液凝固の外因系
血液凝固の内因系
線維素溶解(線溶)系
の指標である.

17. トロンビン時間は

1次止血
2次止血
血小板の粘着・凝集能
血液凝固の外因系
血液凝固の内因系
フィブリノーゲンの量と機能
線維素溶解(線溶)系
の指標である.

18. 1次止血の指標である検査は

出血時間
ガラスビーズ管法
プロトロンビン(PT)時間
活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)
トロンビン時間
fibrin and fibrinogen degradation products (FDP)
である.

19. 2次止血の指標である検査は

出血時間
ガラスビーズ管法
プロトロンビン(PT)時間
活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)
トロンビン時間
fibrin and fibrinogen degradation products (FDP)
である.

20. 出血を止血するため、血小板・凝固系の作用により形成される(カサブタみたいな)構造物は血栓 塞栓 梗塞 である。