問題文の検索結果

1. バゾプレッシン、抗利尿ホルモン(ADH)の作用は、血漿浸透圧の低下である。また、バゾプレッシンの分泌は「作用重視型調節」を受けている、バゾプレッシンの分泌低下以外の理由により血漿浸透圧がセットポイントより増大すると、バゾプレッシンの分泌は亢進する 低下する あまり変化しない 

2. バゾプレッシン,抗利尿ホルモン(ADH)の作用は、血漿浸透圧の低下である。また、バゾプレッシンの分泌は「作用重視型調節」を受けている、バゾプレッシンの分泌亢進以外の理由により血漿浸透圧がセットポイントより低下すると、バゾプレッシンの分泌は亢進する あまり変化しない 低下する 

3. 膜電位は、細胞膜内外の 浸透圧 イオンの濃度 水圧 の差によって発生する。

4. 尿細管が水を再吸収する力は、Na+の 拡散 浸透圧  によりもたらされる。

5. 糸球体でろ過された直後において、尿細管内液の浸透圧は、毛細血管内の血漿の浸透圧と比べて 小さい 大きい 等しい 

6. 尿細管におけるNa+の再吸収の結果、尿細管内液の浸透圧は、毛細血管内の血漿の浸透圧と比べて 大きい 等しい 小さい 

7. 尿細管における水の再吸収の結果、尿細管内液の浸透圧は、毛細血管内の血漿の浸透圧と比べて 大きい 小さい 等しい 

8. 利尿・降圧剤であるマニトールの作用機序は 

炭酸脱水酵素(carbonic anhydrase)阻害
アルドステロン阻害
浸透圧利尿
Na+再吸収阻害
である.

9. 利尿・降圧剤であるアセタゾラミドの作用機序は 

アルドステロン阻害
浸透圧利尿
Na+再吸収阻害
炭酸脱水酵素(carbonic anhydrase)阻害
である.

10. ループ利尿薬の作用機序は 

炭酸脱水酵素(carbonic anhydrase)阻害
アルドステロン阻害
浸透圧利尿
Na+再吸収阻害
である.

11. サイアザイド系利尿薬の作用機序は 

Na+再吸収阻害
炭酸脱水酵素(carbonic anhydrase)阻害
浸透圧利尿
アルドステロン阻害
である.

12. 利尿・降圧剤であるスピロノラクトンの作用機序は 

炭酸脱水酵素(carbonic anhydrase)阻害
Na+再吸収阻害
アルドステロン阻害
浸透圧利尿
である.

13. 作用機序が浸透圧利尿である利尿・降圧剤には 

スピロノラクトン
サイアザイド系利尿薬
アセタゾラミド
マニトール
ループ利尿薬
があげられる.

14. 通常(血漿浸透圧が等張の時)、集合管を流れることにより集合管液の濃度は 希釈(浸透圧が低下) 濃縮(浸透圧が上昇) され,尿の量は 減量 増量 する。

15. 通常(血漿浸透圧が等張の時)、集合管の働きにより血漿の濃度は 希釈(浸透圧が低下) 濃縮(浸透圧が上昇)  され、血漿の量は 増量 減量  する。

16. 腎臓において皮質の浸透圧は髄質の浸透圧より 低い 高い  .

17. 集合管入口における集合管液の浸透圧は血漿浸透圧 より高い より低い と等しい 

18. 集合管における「水チャンネル」の幅が広い(集合管の水分透過性が高い)ほど,通常の場合と比較して,尿の浸透圧は 低い 高い  .

19. 集合管における「水チャンネル」の幅が広い(集合管の水分透過性が高い)ほど,通常の場合と比較して,血漿浸透圧は 低い 高い  .

20. 集合管における「水チャンネル」の幅が狭い(集合管の水分透過性が低い)ほど,通常の場合と比較して,尿の浸透圧は 低い 高い  .

21. 集合管における「水チャンネル」の幅が狭い(集合管の水分透過性が低い)ほど,通常の場合と比較して,血漿浸透圧は 高い 低い  .

22. 発汗により、血漿浸透圧が上昇すると、負のフィードバック調節により、尿細管における水チャンネルの数(水分透過性)は、通常より 少なくなる(低下する) 多くなる(上昇する) 

23. 発汗により、血漿浸透圧が上昇すると、負のフィードバック調節により、尿細管における水分の再吸収は、通常より 亢進 低下  する。

24. 飲水により、血漿浸透圧が低下すると、負のフィードバック調節により、尿細管における水チャンネルの数(水分透過性)は、通常より 多くなる(上昇する) 少なくなる(低下する) 

25. 飲水により、血漿浸透圧が低下すると、負のフィードバック調節により、尿細管における水分の再吸収は、通常より 低下 亢進  する。

26. 発汗により、血漿浸透圧が上昇すると、負のフィードバック調節により、尿量は、通常より 減少 増大  する。

27. 発汗により、血漿浸透圧が上昇すると、負のフィードバック調節により、尿の浸透圧は、通常より 上昇 低下  する。

28. 発汗により、血漿浸透圧が上昇すると、負のフィードバック調節により、腎静脈の血漿浸透圧は、腎動脈の血漿浸透圧より 上昇 低下  する。

29. 飲水により、血漿浸透圧が低下すると、負のフィードバック調節により、尿量は、通常より 増大 減少  する。

30. 飲水により、血漿浸透圧が低下すると、負のフィードバック調節により、尿の浸透圧は、通常より 低下 上昇  する。

31. 飲水により、血漿浸透圧が低下すると、負のフィードバック調節により、腎静脈の血漿浸透圧は、腎動脈の血漿浸透圧より 低下 上昇  する。

32. ヘンレ・ループによって、腎髄質の浸透圧は血漿の数倍ほど高張になっている。 正 誤 

33. 真水を大量に飲水した。血漿の浸透圧は 低下 上昇 した。この浸透圧の変化は 視床下部 傍糸球体装置 で受容され、 傍糸球体装置 下垂体後葉 からの ADH(抗利尿ホルモン、バゾプレッシン) レニン の分泌が 促進 抑制 される。これは腎、尿細管系における 水分の透過性(水チャンネルの幅) ナトリウムの再吸収 を 促進 抑制 させる。すなわち、 Na+と水 水のみ の 尿細管系から毛細血管 毛細血管から尿細管系 方向の移動が 促進 抑制 される。以上の調節は、腎静脈へ流出する血漿の浸透圧を腎動脈から流入する血漿の浸透圧より 低張 高張 にする。また、尿を 低張 高張 にし、同時に尿量を 増大 減少 させる。

34. 大量の発汗で脱水した。血漿の浸透圧は 上昇 低下 した。この浸透圧の変化は 傍糸球体装置 視床下部 で受容され、 傍糸球体装置 下垂体後葉 からの ADH(抗利尿ホルモン、バゾプレッシン) レニン の分泌が 促進 抑制 される。これは腎,尿細管系における ナトリウムの再吸収 水分の透過性(水チャンネルの幅) を 促進 抑制 させる。すなわち、 水のみ Na+と水 の 尿細管系から毛細血管、毛細血管から尿細管系 方向の移動が 抑制 促進 される。以上の調節は、腎静脈へ流出する血漿の浸透圧を腎動脈から流入する血漿の浸透圧より 高張 低張 にする。また、尿を 高張 低張 にし,同時に尿量を 増大 減少 させる。

35. 腎臓の腎小体における原尿生成は、浸透圧 拡散 能動輸送 ろ過 による。

36. ろ過とは、水 に溶けている粒子の浸透圧 の分子運動 の圧力差 による 溶媒と溶質 溶質 溶媒 の動きである。

37. インク1滴を水に垂らした。インクは、能動輸送 拡散 ろ過 浸透圧 により、水全体に広がる。

38. 肺胞における酸素の移動は、浸透圧 拡散 能動輸送 ろ過 による。

39. 腸管におけるアミノ酸の吸収は、能動輸送 ろ過 拡散 浸透圧 による。

40. ナメクジに塩をかけると脱水するのは、ろ過 拡散 能動輸送 浸透圧 による。

41. 浸透圧により、溶質 溶媒 

相対的に低濃度の溶液から相対的に高濃度の溶液へ
相対的に高濃度の溶液から相対的に低濃度の溶液へ
移動する。

42. 浸透圧とは、溶質が水を 引く 押す 力である。

43. 毛細血管内外の水の動きに対して浸透圧を呈する物質は、毛細血管内外の移動は  できない できる 

44. 塩分の方が、タンパク質より、浸透圧は 高い 低い 

45. 毛細血管内外の水の動きに対して浸透圧を呈する血漿中の物質は、主に Na+ タンパク質 である。

46. 血漿のタンパク質が呈する浸透圧を、膠質浸透圧 血漿浸透圧 とよぶ。

47. 血漿浸透圧にもっとも寄与するのは、Na+ 血中尿素窒素 (BUN) タンパク質 ブドウ糖 である。

48. 間質液(組織液)が毛細血管に入る力は、ろ過 膠質浸透圧 血漿浸透圧 である。

49. 血漿緩衝系の主な作用は酸 アルカリ 造血 膠質浸透圧 酵素運搬 である。

50. バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌が亢進すると、尿の浸透圧は 上昇する 低下する 

51. バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌が低下すると、尿の浸透圧は 上昇する 低下する 

52. 血漿浸透圧、295 mOsmは 等張 低張 高張 であると思われる。

53. 血漿浸透圧、285-290 mOsmは 等張 低張 高張 であると思われる。

54. 血漿浸透圧、280 mOsmは 低張 高張 等張 であると思われる。

55. 発汗により、血漿浸透圧が上昇すると、下垂体後葉からのバゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌と血中濃度とは、低下する 増大(上昇)する 

56. 飲水により、血漿浸透圧が低下すると、下垂体後葉からのバゾプレッシン、バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌と血中濃度は 低下する 増大(上昇)する 

57. 血漿浸透圧が発汗により上昇 飲水により低下 すると、下垂体後葉からのバゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌と血中濃度は増大(上昇)する。

58. 血漿浸透圧の増大は、ADHのホルモン作用(血漿浸透圧の低下)の 減少 増大 であり,これはADH分泌の 低下 亢進 をもたらす。

59. 血漿浸透圧の低下は、ADHのホルモン作用(血漿浸透圧の低下)の 増大 減少 であり,これはADH分泌の 低下 亢進 をもたらす。

60. 飲水し、血漿が高張 低張 になった。この変化は、視床下部 視床 の浸透圧受容器で受容され、バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌が、低下 亢進 する。

61. バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の作用(血漿浸透圧低下)は、バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌に 正 負 のフィードバックをかけている。

62. 飲水すると、血漿浸透圧は 低下 上昇 する。これは、バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)のホルモン作用(血漿浸透圧の 上昇 低下 )が多すぎる 少なすぎる 状態であり、負のフィードバックによりバゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌は、低下 亢進 する。これにより、腎臓の尿細管の水チャンネル数は通常より多く 少なく なり、水分の再吸収は、少なく 多く なる。これは、尿量を減少 増大 させ、尿浸透圧を増大 減少 させ、血漿浸透圧を(セットポイントへ向けて)高く 低く する。

63. 発汗すると、血漿浸透圧は 低下 上昇 する。これは、バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)のホルモン作用(血漿浸透圧の上昇 低下 )が 多すぎる 少なすぎる 状態であり、負のフィードバックによりバゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌は 低下 亢進 する。これにより、腎臓の尿細管の水チャンネル数は通常より 多く 少なく なり、水分の再吸収は 多く 少なく なる。これは、尿量を 増大 減少 させ、尿浸透圧を 増大 減少 させ、血漿浸透圧を(セットポイントへ向けて) 高く 低く する。

64. 尿崩症の患者では、集合管での水チャンネルの幅は、高張な血漿浸透圧からの負のフィードバックに 

見合わず病的に広い
見合って広い
見合って、血漿が等張の正常人と同レベルである
見合って狭い
見合わず病的に狭い

65. 尿崩症の患者では,集合管での水分再吸収は、高張な血漿浸透圧からの負のフィードバックに 

見合わず病的に亢進している
見合って亢進している
見合って、血漿が等張の正常人と同レベルである
見合って低下している
見合わず病的に低下している

66. 尿崩症の患者では、量は、高張な血漿浸透圧からの負のフィードバックに 

見合わず病的に多い
見合って多い
見合って、血漿が等張の正常人と同レベルである
見合って少ない
見合わず病的に少ない

67. 尿崩症の患者では、尿の浸透圧は、高張な血漿浸透圧からの負のフィードバックに 

見合わず病的に上昇している
見合って上昇している
見合って、血漿が等張の正常人と同レベルである
見合って低下している
見合わず病的に低下している

68. 尿量が多く,尿の浸透圧は低値であった.考えられる診断は 多飲 尿崩症 この二つから選択するには情報が不足している .

69. 尿量が多く、尿の浸透圧は低値で、大動静脈の血漿浸透圧は高値であった。考えられる診断は 多飲 尿崩症 この二つから選択するには情報が不足している 

70. 尿量が多く、尿の浸透圧は低値で、大動静脈の血漿浸透圧は低値であった。考えられる診断は 多飲 尿崩症 この二つから選択するには情報が不足している 

71. 下垂体性尿崩症の患者では、バゾプレッシン、抗利尿ホルモン(ADH)の分泌、血中濃度は、高張な血漿浸透圧からの負のフィードバックに 見合わず病的に高い 見合って高い 見合って低い 見合わず病的に低い  。

72. 腎性尿崩症の患者では、バゾプレッシン、抗利尿ホルモン(ADH)の分泌、血中濃度は、高張な血漿浸透圧からの負のフィードバックに 見合わず病的に高い 見合って高い 見合って低い 見合わず病的に低い 

73. 下垂体性尿崩症の患者では、集合管での水分再吸収は、高張な血漿浸透圧からの負のフィードバックに 見合って多い 見合わず病的に少ない 見合わず病的に多い 見合って少ない  量である。

74. 腎性尿崩症の患者では、集合管での水分再吸収は、高張な血漿浸透圧からの負のフィードバックに 見合わず病的に多い 見合って多い 見合って少ない 見合わず病的に少ない  量である。

75. 下垂体性尿崩症の患者では,尿の浸透圧は,血中の 高い 通常の 低い ADH濃度に 見合わず病的に高い 見合って高い 見合って低い 見合わず病的に低い  .

76. 腎性尿崩症の患者では,尿の浸透圧は,血中の 高い 通常の 低い ADH濃度に 見合わず病的に高い 見合って高い 見合って低い 見合わず病的に低い  .

77. 尿量増大、尿浸透圧低下、血漿浸透圧上昇、ADH濃度上昇の患者では 腎性 下垂体性 尿崩症が考えられる。

78. 尿量増大、尿浸透圧低下、血漿浸透圧上昇、ADH濃度低下の患者では 下垂体性 腎性 尿崩症が考えられる。

79. ADH不適合分泌症候群 syndrome of inappropriate secretion of ADH (SIADH)の患者では、ADHの分泌、血中濃度は、低張な血漿浸透圧からの負のフィードバックに 見合わず病的に高い 見合って高い 見合って低い 見合わず病的に低い 

80. ADH不適合分泌症候群 syndrome of inappropriate secretion of ADH (SIADH)の患者では、集合管での水分再吸収は、低張な血漿浸透圧からの負のフィードバックに 

見合わず病的に亢進している
見合って亢進している
見合って低下している
見合わず病的に低下している

81. ADH不適合分泌症候群 syndrome of inappropriate secretion of ADH (SIADH)の患者では、尿量は、低張な血漿浸透圧からの負のフィードバックに 見合わず病的に多い 見合って多い 見合って少ない 見合わず病的に少ない 

82. ADH不適合分泌症候群 syndrome of inappropriate secretion of ADH (SIADH)の患者では、尿の浸透圧は、低張な血漿浸透圧からの負のフィードバックに 

見合わず病的に上昇している
見合って上昇している
血漿が等張の正常人と同じ
見合って低下している
見合わず病的に低下している

83. 尿量が少なく,尿の浸透圧は高値であった.考えられる診断は この二つから選択するには情報が不足している ADH不適合分泌症候群 脱水 .

84. 尿量が少なく、尿の浸透圧は高値で、大動静脈の血漿浸透圧は高値であった。考えられる診断は 脱水 ADH不適合分泌症候群 この二つから選択するには情報が不足している 

85. 尿量が少なく、尿の浸透圧は高値で、大動静脈の血漿浸透圧は低値であった。考えられる診断は ADH不適合分泌症候群 脱水 この二つから選択するには情報が不足している 

86. 尿浸透圧低下、血漿浸透圧上昇、血中ADH濃度上昇の患者では 腎性尿崩症 SIADH 下垂体性尿崩症 が考えられる。

87. 尿浸透圧低下、血漿浸透圧上昇、血中ADH濃度低下の患者では SIADH 腎性尿崩症 下垂体性尿崩症 が考えられる。

88. 尿浸透圧上昇、血漿浸透圧低下、血中ADH濃度上昇の患者では 腎性尿崩症 下垂体性尿崩症 SIADH が考えられる。

89. 63歳の女性.3カ月前に突然口渇が出現するようになったので来院した.冷水を好んで飲用し,夜間に5,6回,排尿している.頭痛,視力障害,頭部外傷の既往はない.尿糖(-),尿タンパク(-),高濃度食塩水負荷後の尿浸透圧 210 mOsm,(通常時の尿浸透圧正常範囲は800-1,300).尿量 6,400 ml/日.空腹時血糖 76 mg,l(正常範囲内),総タンパク 7.6 g,l(正常範囲内),尿素窒素14 mg,l(正常範囲内),クレアチニン 0.8 mg,l(正常範囲内).血漿浸透圧 290 mOsm,(正常275 - 288).抗利尿ホルモン(ADH)投与後,尿浸透圧は850 mOsm,に上昇した.この症例での「口渇」と血漿浸透圧の値は 脱水 水中毒 を示唆する.しかし,尿量は不釣り合いに 少なく 多く ,また尿は,高濃度の食塩水を負荷しても 濃い 薄い .腎臓の尿濃縮異常である.抗利尿ホルモンを投与したとたんに尿浸透圧が増大したことは, 

ADHに対する反応性の低下(腎性尿崩症)
ADHの分泌過剰(ADH不適合分泌症候群)
心因性多飲症
ADHの分泌低下(下垂体性尿崩症)
水分摂取不足による脱水
を示唆する.

90. 発汗し、血漿が低張 高張 になった。この変化は、視床 視床下部 の浸透圧受容器で受容され、バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH))の分泌が亢進 低下 する。

91. 腸における栄養素の吸収は拡散 能動輸送 浸透圧 ろ過 による。

92. アルブミンは、最終段階の凝固因子である 免疫グロブリンなどを含む 膠質浸透圧を呈する 

93. フィブリノーゲンは、最終段階の凝固因子である 免疫グロブリンなどを含む 膠質浸透圧を呈する 

94. グロブリンは、最終段階の凝固因子である 膠質浸透圧を呈する 免疫グロブリンなどを含む 

95. 膠質浸透圧を呈するのは、アルブミン グロブリン フィブリノーゲン である。

96. 腎臓の尿細管における(塩分の)再吸収は、能動輸送 拡散 浸透圧 ろ過 による。

97. 血球内外の水の動きに対して浸透圧を呈する血漿中の物質は、主に タンパク質 Na+ である。

98. 浸透圧の単位はEq 個 mol 石 osmol/l mm である.

99. 体液のpH,浸透圧などは加齢と共に低下する 増大 ほとんど不変 する.

100. 下垂体性尿崩症の患者では、血漿浸透圧は高張 等張 低張 である。

101. 腎性尿崩症の患者では、血漿浸透圧は低張 高張 等張 である。

102. ADH不適合分泌症候群 syndrome of inappropriate secretion of ADH (SIADH)では、血漿浸透圧は高張 低張 等張 である。

103. 尿崩症の患者では、血漿浸透圧は等張 低張 高張 である。

104. 電解質コルチコイド(アルドステロン)の作用は、

抗炎症
乳汁生成促進
造血(赤血球生成)促進
男性化
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
代謝亢進、精神活動亢進など
血漿中カルシウム濃度の低下
血糖上昇
女性器の平滑筋収縮
血漿浸透圧低下
血漿中カルシウム濃度の上昇
女性化
血糖低下
血漿中のNa+量と血圧との上昇
身長の伸長
である。

105. カテコールアミン(副腎髄質ホルモン、アドレナリン、ノルアドレナリン、エピネフリン、ノルエピネフリン)の作用は、

血糖上昇
乳汁生成促進
血漿中のNa+量と血圧との上昇
身長の伸長
血漿中カルシウム濃度の低下
血漿中カルシウム濃度の上昇
造血(赤血球生成)促進
女性器の平滑筋収縮
血漿浸透圧低下
血糖低下
女性化
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
男性化
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
抗炎症
代謝亢進、精神活動亢進など
である。

106. カルシトニンの作用は、

身長の伸長
血漿中カルシウム濃度の低下
抗炎症
女性化
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
男性化
血糖上昇
血漿中カルシウム濃度の上昇
女性器の平滑筋収縮
血糖低下
血漿浸透圧低下
血漿中のNa+量と血圧との上昇
代謝亢進、精神活動亢進など
乳汁生成促進
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
造血(赤血球生成)促進
である。

107. パラソルモンの作用は、

身長の伸長
血糖低下
血漿浸透圧低下
女性化
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
血糖上昇
乳汁生成促進
造血(赤血球生成)促進
血漿中のNa+量と血圧との上昇
血漿中カルシウム濃度の上昇
代謝亢進、精神活動亢進など
女性器の平滑筋収縮
血漿中カルシウム濃度の低下
男性化
抗炎症
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
である。

108. インスリンの作用は、

身長の伸長
乳汁生成促進
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
血漿中のNa+量と血圧との上昇
血糖上昇
血漿中カルシウム濃度の上昇
造血(赤血球生成)促進
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
女性器の平滑筋収縮
男性化
女性化
血糖低下
血漿浸透圧低下
代謝亢進、精神活動亢進など
抗炎症
血漿中カルシウム濃度の低下
である。

109. グルカゴンの作用は、

子宮内膜の維持と基礎体温上昇
代謝亢進、精神活動亢進など
血糖上昇
造血(赤血球生成)促進
血漿中のNa+量と血圧との上昇
血漿中カルシウム濃度の上昇
血糖低下
身長の伸長
乳汁生成促進
血漿浸透圧低下
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
男性化
女性化
女性器の平滑筋収縮
抗炎症
血漿中カルシウム濃度の低下
である。

110. エリスロポ(イ)エチンの作用は、

血漿浸透圧低下
女性器の平滑筋収縮
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
身長の伸長
造血(赤血球生成)促進
代謝亢進、精神活動亢進など
乳汁生成促進
血漿中カルシウム濃度の低下
血漿中カルシウム濃度の上昇
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
女性化
男性化
血糖低下
血漿中のNa+量と血圧との上昇
血糖上昇
抗炎症
である。

111. オキシトシンの作用は、

女性化
女性器の平滑筋収縮
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
血漿中のNa+量と血圧との上昇
男性化
血糖上昇
身長の伸長
血漿中カルシウム濃度の上昇
抗炎症
血漿浸透圧低下
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
血糖低下
代謝亢進、精神活動亢進など
乳汁生成促進
造血(赤血球生成)促進
血漿中カルシウム濃度の低下
である。

112. バゾプレッシン・抗利尿ホルモン(ADH) の作用は、

血漿中カルシウム濃度の低下
抗炎症
血漿中カルシウム濃度の上昇
代謝亢進、精神活動亢進など
女性化
血糖低下
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
血漿中のNa+量と血圧との上昇
身長の伸長
血糖上昇
男性化
乳汁生成促進
女性器の平滑筋収縮
血漿浸透圧低下
造血(赤血球生成)促進
である。

113. 甲状腺ホルモンの作用は、

血糖上昇
男性化
身長の伸長
血漿中のNa+量と血圧との上昇
女性化
女性器の平滑筋収縮
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
血糖低下
造血(赤血球生成)促進
乳汁生成促進
血漿中カルシウム濃度の上昇
抗炎症
代謝亢進、精神活動亢進など
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
血漿中カルシウム濃度の低下
血漿浸透圧低下
である。

114. 糖質コルチコイド(副腎皮質ホルモン,コルチゾール)の作用は、

身長の伸長
血漿中のNa+量と血圧との上昇
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
女性器の平滑筋収縮
代謝亢進、精神活動亢進など
乳汁生成促進
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
造血(赤血球生成)促進
血糖上昇
血漿中カルシウム濃度の低下
男性化
血漿浸透圧低下
抗炎症
女性化
血漿中カルシウム濃度の上昇
血糖低下
である。

115. テストステロンの作用は、

血漿浸透圧低下
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
血漿中カルシウム濃度の上昇
女性化
血糖上昇
血漿中のNa+量と血圧との上昇
乳汁生成促進
血漿中カルシウム濃度の低下
女性器の平滑筋収縮
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
造血(赤血球生成)促進
男性化
抗炎症
代謝亢進、精神活動亢進など
血糖低下
身長の伸長
である。

116. エストロゲンの作用は、

男性化
女性器の平滑筋収縮
血糖上昇
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
抗炎症
血漿浸透圧低下
身長の伸長
女性化
血糖低下
血漿中のNa+量と血圧との上昇
代謝亢進、精神活動亢進など
血漿中カルシウム濃度の低下
血漿中カルシウム濃度の上昇
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
乳汁生成促進
造血(赤血球生成)促進
である。

117. プロゲステロンの作用は、

造血(赤血球生成)促進
血糖上昇
抗炎症
男性化
女性化
血糖低下
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
血漿中のNa+量と血圧との上昇
血漿浸透圧低下
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
血漿中カルシウム濃度の低下
代謝亢進、精神活動亢進など
女性器の平滑筋収縮
血漿中カルシウム濃度の上昇
乳汁生成促進
身長の伸長
である。

118. 成長ホルモンの作用は、

心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
造血(赤血球生成)促進
女性化
血漿中カルシウム濃度の上昇
血漿中のNa+量と血圧との上昇
女性器の平滑筋収縮
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
抗炎症
男性化
身長の伸長
代謝亢進、精神活動亢進など
血糖低下
乳汁生成促進
血漿浸透圧低下
血漿中カルシウム濃度の低下
血糖上昇
である。

119. プロラクチンの作用は、

血漿中カルシウム濃度の上昇
血糖上昇
女性化
女性器の平滑筋収縮
血漿浸透圧低下
血糖低下
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
造血(赤血球生成)促進
抗炎症
男性化
身長の伸長
血漿中カルシウム濃度の低下
乳汁生成促進
血漿中のNa+量と血圧との上昇
代謝亢進、精神活動亢進など
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
である。

120. 体液のpH,浸透圧などは加齢と共に低下する 増大 ほとんど不変 する.

121. ボーマン嚢内圧は糸球体ろ過量(GFR)を減少させる 増大させる .膠質浸透圧は糸球体ろ過量(GFR)を減少させる 増大させる .

122. ダンピング症候群では、浸透圧により、小腸の粘膜から管腔 管腔から粘膜 に水分が移動する。

123. 肝不全患者では、膠質浸透圧は低下 上昇 する。

124. 膠質浸透圧が低下した肝不全患者では、グロブリン アルブミン を補給する。

125. バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌が亢進すると、血漿浸透圧は低くなる 高くなる 

126. バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌が低下すると、血漿浸透圧は低くなる 高くなる 

127. 尿崩症では、尿浸透圧は低下 上昇 する。

128. 尿崩症では、血漿浸透圧は上昇 低下 する。

129. 腎性尿崩症では、尿浸透圧は上昇 低下 する。

130. 腎性尿崩症では、血漿浸透圧は低下 上昇 する。

131. 中枢(下垂体)性尿崩症では、尿浸透圧は上昇 低下 する。

132. 中枢(下垂体)性尿崩症では、血漿浸透圧は低下 上昇 する。

133. ADH不適合分泌症候群(SIADH)では、尿浸透圧は低下 上昇 する。

134. ADH不適合分泌症候群(SIADH)では、血漿浸透圧は上昇 低下 する。

135. 水チャンネルの数が多くなると、尿の浸透圧は低下 上昇 する。

136. 水チャンネルの数が多くなると、血漿浸透圧は低下 上昇 する。

137. 水チャンネルの数が少なくなると、尿の浸透圧は上昇 低下 する。

138. 水チャンネルの数が少なくなると、血漿浸透圧は低下 上昇 する。

139. 血漿浸透圧が飲水により低下 発汗により上昇 すると、下垂体後葉からのバゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌と血中濃度は低下する。

140. ネフローゼ症候群では、膠質浸透圧が上昇 低下 する。

141. 水チャンネルの数が多く 少なく なると、尿の浸透圧は上昇する。

142. 水チャンネルの数が少なく 多く なると、血漿浸透圧は低下する。

143. 水チャンネルの数が少なく 多く なると、尿の浸透圧は低下する。

144. 水チャンネルの数が少なく 多く なると、血漿浸透圧は上昇する。

145. 水チャンネルの数を「原因」とすると、「結果」は血漿浸透圧の低下 上昇 である。

146. 飲水により、血漿浸透圧が低下すると、負のフィードバック調節により、血漿浸透圧は、(セットポイントに向けて) 上昇 低下  する。

147. 発汗により、血漿浸透圧が上昇すると、負のフィードバック調節により、血漿浸透圧は、(セットポイントに向けて)上昇 低下  する。

148. バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌が亢進 低下 すると、尿の浸透圧は上昇する。

149. バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌が低下 亢進 すると、血漿浸透圧は低くなる。

150. バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌が低下 亢進 すると、尿の浸透圧は低下する。

151. バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌が低下 亢進 すると、血漿浸透圧は高くなる。

152. バゾプレッシン、抗利尿ホルモン anti-diuretic hormone (ADH)の分泌に対して負のフィードバックをかけているのは、尿量 血漿浸透圧 尿浸透圧 水チャンネルの数 水の再吸収 減少(低下) 亢進(上昇) である。

153発汗により、血漿浸透圧が上昇 飲水により、血漿浸透圧が低下 すると負のフィードバック調節により、尿細管における水チャンネルの数(水分透過性)は、通常より多くなる(上昇する)。

154飲水により、血漿浸透圧が低下 発汗により、血漿浸透圧が上昇 すると負のフィードバック調節により、尿細管における水チャンネルの数(水分透過性)は、通常より少なくなる(低下する) 。

155浸透圧性下痢 反応性低血糖 は早期ダンピング症候群の症状である。

156反応性低血糖 浸透圧性下痢 は後期ダンピング症候群の症状である。

157. 電解質コルチコイド(アルドステロン)の作用は

血漿中ナトリウム量と血圧の上昇
血糖上昇
心拍数上昇
血漿中カルシウム濃度の上昇
血漿浸透圧低下
である。

158. カテコールアミンの作用は運動に適した状態の亢進 血漿中カルシウム濃度の上昇 血漿浸透圧低下 である。

159. カテコールアミンが作用すると血圧 血漿中カルシウム濃度 血漿浸透圧 心拍数 低下 上昇 する。

160. カルシトニンの作用は

血漿中ナトリウム量と血圧の低下
血漿中カルシウム濃度の低下
血漿浸透圧の低下
血糖低下
心拍数低下
である。

161. カルシトニンが作用すると血漿浸透圧 血漿中ナトリウム量と血圧 血漿中カルシウム濃度 心拍数 血糖 上昇 低下 する。

162. 副甲状腺ホルモン(パラソルモン)の作用は

血漿浸透圧上昇
血漿中カルシウム濃度の上昇
血漿中ナトリウム量と血圧の上昇
血糖上昇
心拍数上昇
である。

163. パラソルモンが作用すると血漿中ナトリウム量 血漿中カルシウム濃度 心拍数 血漿浸透圧 血糖 低下 上昇 する。

164. インスリンの作用は

血漿中ナトリウム量と血圧の低下
血漿中カルシウム濃度の低下
心拍数低下
血糖低下
血漿浸透圧低下
である。

165. インスリンが作用すると血漿浸透圧 心拍数 血漿中カルシウム濃度 血漿中ナトリウム量 血糖 上昇 低下 する。

166. グルカゴンの作用は

血糖上昇
血漿浸透圧上昇
血漿中ナトリウム量と血圧の上昇
心拍数上昇
血漿中カルシウム濃度の上昇
である。

167. グルカゴンが作用すると血漿浸透圧 心拍数 血漿中カルシウム濃度 血漿中ナトリウム量 血糖 低下 上昇 する。

168. オキシトシンの作用は、血漿浸透圧低下 女性器の平滑筋収縮 である。

169. バソプレッシン、抗利尿ホルモン(ADH)の作用は、女性器の平滑筋収縮 血漿浸透圧低下 である。

170. バソプレッシン、抗利尿ホルモン(ADH)の作用は、血漿浸透圧上昇 低下 である。

171. アルブミンの膠質浸透圧により、水分は血管内から外 外から内 へ移動する。

172. 膠質浸透圧はアルブミン フィブリノゲン グロブリン の作用である。

173. 低アルブミン血症により膠質浸透圧は低下 上昇 する。