問題文の検索結果

1. 副甲状腺ホルモン(パラソルモン)の作用は血漿カルシウム濃度の増大である。また,副甲状腺ホルモン(パラソルモン)の分泌は「作用重視型調節」を受けている。副甲状腺ホルモン(パラソルモン)の分泌亢進以外の理由により、血漿カルシウム濃度がセットポイントより上昇すると、副甲状腺ホルモン(パラソルモン)の分泌は低下する 亢進する あまり変化しない 

2. 副甲状腺ホルモン(パラソルモン)の作用は血漿カルシウム濃度の増大である。また、副甲状腺ホルモン(パラソルモン)の分泌は「作用重視型調節」を受けている。副甲状腺ホルモン(パラソルモン)の分泌低下以外の理由により、血漿カルシウム濃度がセットポイントより低下すると、副甲状腺ホルモン(パラソルモン)の分泌は亢進する あまり変化しない 低下する 

3. 甲状腺ホルモンの作用は代謝亢進,精神活動亢進などである.また,甲状腺ホルモンの分泌は「濃度重視型調節」を受けている.甲状腺ホルモン分泌低下以外の理由で代謝がセットポイントより低下すると,甲状腺ホルモンの分泌は低下する 亢進する あまり変化しない .

4. 甲状腺ホルモンの作用は代謝亢進,精神活動亢進などである.また,甲状腺ホルモンの分泌は「濃度重視型調節」を受けている.甲状腺ホルモン分泌亢進以外の理由で代謝がセットポイントより亢進すると,甲状腺ホルモンの分泌は亢進する 低下する あまり変化しない .

5. 「甲状腺ホルモンの生成、内分泌を刺激するモノ」が亢進した。このとき、甲状腺ホルモンの生成、内分泌は低下 亢進  する。

6. 「甲状腺ホルモンの生成、内分泌を刺激するモノ」が低下した。このとき、甲状腺ホルモンの生成、内分泌は低下 亢進 する。

7. 甲状腺には異常のないヒトにおいて、「甲状腺ホルモンの生成、内分泌を刺激するモノ」が低下した。これにより、甲状腺ホルモンの分泌不足、甲状腺機能低下症は発症し得る 得ない 

8. 甲状腺には異常のないヒトにおいて、「甲状腺ホルモンの生成、内分泌を刺激するモノ」が亢進した。これにより、甲状腺ホルモンの分泌過剰、甲状腺機能亢進症は発症し得ない 得る 

9. (臨床的にはまれですが、)下垂体腫瘍により下垂体からの甲状腺刺激ホルモン(TSH)の分泌が亢進した。このとき甲状腺からの甲状腺ホルモンの生成、内分泌は低下 亢進  する。

10. 下垂体の障害により下垂体からの甲状腺刺激ホルモン(TSH)の生成、内分泌が低下した。このとき甲状腺からの甲状腺ホルモンの生成、内分泌は低下 亢進  する。

11. 甲状腺機能亢進症により、甲状腺からの甲状腺ホルモン(T3, T4)の生成、内分泌が亢進した。これにより、下垂体前葉からの甲状腺刺激ホルモン(TSH)の生成、内分泌は、亢進 低下  する負のフィードバックが働く。

12. 視床下部からの甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)の生成、内分泌には、甲状腺ホルモン分泌と、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の血中濃度とが負のフィードバックをかけている。両者のうち

甲状腺刺激ホルモン(TSH)
甲状腺ホルモン
からのフィードバックの方が強い。

13. 視床下部からの甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)の生成、内分泌には、甲状腺ホルモンと、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の血中濃度とが負のフィードバックをかけている。両者のうち

甲状腺刺激ホルモン(TSH)
甲状腺ホルモン
からのフィードバックの方が弱い。

14. 甲状腺からの甲状腺ホルモンの生成、内分泌が亢進し、血中濃度が上昇した。このことにより、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の生成、内分泌を 抑制 促進 する負のフィードバックが作用し、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の血中濃度は 低下 上昇 する。このことにより、甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)の生成、内分泌を 促進 抑制  する負のフィードバックが働く。一方、甲状腺ホルモンの血中濃度上昇により、甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)の生成、内分泌を 抑制 促進  する負のフィードバックが働く。甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)の生成、内分泌に対しては、 

甲状腺ホルモン
甲状腺刺激ホルモン(TSH)
の血中濃度による負のフィードバックの方が他方より強いため、結局、甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)の生成、内分泌と血中濃度は 亢進(上昇) 低下 する。

15. 甲状腺からの甲状腺ホルモンの生成、内分泌が低下し、血中濃度が低下した。このことにより、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の生成、内分泌を 抑制 促進  する負のフィードバックが作用し、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の血中濃度は 上昇 低下 する。このことにより、甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)の生成、内分泌を 促進 抑制  する負のフィードバックが働く。一方、甲状腺ホルモンの血中濃度低下により、甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)の生成、内分泌を 促進 抑制  する負のフィードバックが働く。甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)の生成、内分泌に対しては、 

甲状腺刺激ホルモン(TSH)
甲状腺ホルモン
の血中濃度による負のフィードバックの方が他方より強いため、結局、甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)の生成、内分泌、血中濃度は 亢進(上昇) 低下 する。

16. 甲状腺機能低下症により、甲状腺からの甲状腺ホルモン(T3, T4)の生成、内分泌が低下し、血中濃度が低下した。これにより、下垂体前葉からの甲状腺刺激ホルモン(TSH)の生成、内分泌を 抑制 亢進  する負のフィードバックが働く。

17. 視床下部からの甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)の生成、内分泌が亢進し、血中濃度が上昇した。このとき、甲状腺ホルモンの生成、内分泌、血中濃度は 低下 亢進 (上昇)  する。

18. 視床下部からの甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)の生成、内分泌が低下し、血中濃度が低下した。このとき、甲状腺ホルモンの生成、内分泌、血中濃度は 低下 亢進 (上昇)  する。

19. 下垂体から甲状腺刺激ホルモン(TSH)の生成、内分泌が亢進し、血中濃度が上昇した。これにより甲状腺からの甲状腺ホルモンの生成、内分泌、血中濃度は 低下 亢進 (上昇)  する。

20. 下垂体から甲状腺刺激ホルモン(TSH)の生成、内分泌が低下し、血中濃度が低下した。これにより甲状腺からの甲状腺ホルモンの生成、内分泌、血中濃度は 低下 亢進 (上昇)  する。

21. 副甲状腺ホルモン(parathyroid hormone, PTH)は血中カルシウム(イオン)濃度を 上昇 低下  する.

22. 副甲状腺ホルモン(parathyroid hormone, PTH)は血中リン(酸イオン)濃度を 上昇 低下  する.

23. 副甲状腺ホルモン(parathyroid hormone, PTH)は骨中のミネラル量を 増大 減少  させる.

24. 活性型ビタミンDは副甲状腺ホルモン(parathyroid hormone, PTH)の分泌を 抑制 亢進  する.

25. 腎不全では,副甲状腺ホルモン(parathyroid hormone, PTH)の血中濃度は 上昇 低下  する.

26. 腎不全では,高リン(酸イオン)血症のため,Ca2+ + HPO42- ←→ CaHPO4の平衡式は右へ移動し,副甲状腺ホルモン(parathyroid hormone, PTH)の濃度上昇のためにリン酸カルシウム(CaHPO4)が 骨 軟部組織  に沈着する.

27. 副甲状腺ホルモン(パラソルモン)は、血中カルシウム濃度を 上昇 低下 させる。

28. 血中カルシウム濃度を上昇させる作用のあるホルモンは カルシトニン 副甲状腺ホルモン(パラソルモン) である.

29. 血中カルシウム濃度を低下させる作用のあるホルモンは カルシトニン 副甲状腺ホルモン(パラソルモン) である.

30. 副甲状腺ホルモン(パラソルモン)の分泌は、「濃度重視型」 「作用重視型」 調節を受けている。

31. 高カルシウム血症は、副甲状腺ホルモン(パラソルモン)にとっては「ホルモン作用」(血中カルシウム濃度の 上昇 低下 )の多い 少ない 状態であり、副甲状腺ホルモン(パラソルモン)の生成・内分泌を低下 亢進 させる。

32. 低カルシウム血症は、副甲状腺ホルモン(パラソルモン)にとっては「ホルモン作用」(血中カルシウム濃度の 上昇 低下 )の多い 少ない 状態であり、副甲状腺ホルモン(パラソルモン)の生成・内分泌を亢進 低下 させる。

33. 副甲状腺ホルモン(パラソルモン)は腎臓からのカルシウム排泄を 低下 亢進 させる.

34. 副甲状腺ホルモン(パラソルモン)は腸管からのカルシウム吸収を 低下 亢進 させる.

35. 副甲状腺ホルモン(パラソルモン)は、骨へのカルシウム沈着、貯蔵(骨形成)を 低下 亢進 させる。

36. 副甲状腺ホルモン(パラソルモン)は骨からのカルシウム動員、遊離、放出(骨破壊、「骨の吸収」)を 低下 亢進 させる.

37. 腎臓からのカルシウム排泄を亢進させるホルモンは カルシトニン 副甲状腺ホルモン(パラソルモン) である.

38. 腎臓からのカルシウム排泄を低下させるホルモンは 副甲状腺ホルモン(パラソルモン) カルシトニン である.

39. 腸管からのカルシウム吸収を亢進させるホルモンは 副甲状腺ホルモン(パラソルモン) カルシトニン である.

40. 腸管からのカルシウム吸収を低下させるホルモンは カルシトニン 副甲状腺ホルモン(パラソルモン) である.

41. 骨へのカルシウム沈着(骨形成)を亢進させるホルモンは カルシトニン 副甲状腺ホルモン(パラソルモン) である.

42. 骨へのカルシウム沈着(骨形成)を低下させるホルモンは 副甲状腺ホルモン(パラソルモン) カルシトニン である.

43. 骨からのカルシウム動員(骨破壊)を亢進させるホルモンは カルシトニン 副甲状腺ホルモン(パラソルモン) である.

44. 骨からのカルシウム動員(骨破壊)を低下させるホルモンは 副甲状腺ホルモン(パラソルモン) カルシトニン である.

45. 甲状腺からの甲状腺ホルモンの分泌が亢進し、血中濃度が上昇した。このことにより、視床下部からの甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)の分泌を促進 抑制  するlong loop short loop negative feedbackが働く。

46. 甲状腺からの甲状腺ホルモンの分泌が低下し、血中濃度が低下した。このことにより、視床下部からの甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)の分泌を抑制 促進  するshort loop long loop negative feedbackが働く。

47. 甲状腺からの甲状腺ホルモンの分泌が亢進し、血中濃度が上昇した。このことにより、下垂体からの甲状腺刺激ホルモン(TSH)の分泌を抑制 促進  するshort loop long loop negative feedbackが働く。

48. 甲状腺からの甲状腺ホルモンの分泌が低下し、血中濃度が低下した。このことにより、下垂体からの甲状腺刺激ホルモン(TSH)の分泌を抑制 促進  するshort loop long loop negative feedbackが働く。

49. 視床下部からの甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)の分泌には、甲状腺ホルモンの血中濃度と、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の血中濃度とが負のフィードバックをかけている。 両者のうち甲状腺ホルモン 甲状腺刺激ホルモン(TSH) の血中濃度からのフィードバックの方が強い。

50. 視床下部からの甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)の分泌には、甲状腺ホルモンの血中濃度と、甲状腺刺激ホルモン(TSH) の血中濃度とが負のフィードバックをかけている。 両者のうち甲状腺刺激ホルモン(TSH) 甲状腺ホルモン の血中濃度からのフィードバックの方が弱い。

51. 甲状腺からの甲状腺ホルモンの分泌が亢進し、血中濃度が上昇した。このことにより、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の分泌に対しては、分泌を抑制 促進 する負のフィードバックが作用し、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の血中濃度は上昇 低下 する。 このことにより、甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)の分泌を抑制 促進  する負のフィードバックが働く。 一方、甲状腺ホルモンの血中濃度上昇により、甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)の分泌を促進 抑制  する負のフィードバックが働く。 甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)分泌に対しては、甲状腺ホルモン 甲状腺刺激ホルモン(TSH) の血中濃度による負のフィードバックの方が他方より強いため、結局、甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)の分泌と血中濃度は低下 亢進(上昇) する。

52. 甲状腺からの甲状腺ホルモンの分泌が低下し、血中濃度が低下した。このことにより、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の分泌に対しては、分泌を促進 抑制 する負のフィードバックが作用し、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の血中濃度は上昇 低下 する。 このことにより、甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)の分泌を抑制 促進  する負のフィードバックが働く。 一方、甲状腺ホルモンの血中濃度低下により、甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)の分泌を抑制 促進  する負のフィードバックが働く。 甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)分泌に対しては、甲状腺刺激ホルモン(TSH) 甲状腺ホルモン の血中濃度による負のフィードバックの方が他方より強いため、結局、甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)の分泌と血中濃度は低下 亢進(上昇) する。

53. 甲状腺ホルモン(T3, T4など)は、酸素消費、エネルギー代謝、熱生産、精神活動を抑制 亢進 する。

54. 甲状腺ホルモン(T3, T4など)は骨格系の発達を抑制 促進 する。

55. 甲状腺ホルモンは生命にとって必須である。誤 正 

56. 甲状腺ホルモンは成人では精神活動に影響をおよぼさない。正 誤 

57. Basedow病では甲状腺ホルモンの血中濃度が低 高 く、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の血中濃度は高 低 い。 主病態は甲状腺からの甲状腺ホルモン 下垂体からのTSH 分泌の亢進 低下 である。

58. 慢性甲状腺炎(橋本病)では甲状腺ホルモンの血中濃度が高 低 く、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の血中濃度は高 低 い。 本態は下垂体からのTSH 甲状腺からの甲状腺ホルモン 分泌の亢進 低下 である。

59. 甲状腺が分泌する「甲状腺ホルモン」とはT4 rT3 T2 T3 である。

60. 分泌後、甲状腺ホルモンはヨード化 脱ヨード 反応を受ける。

61. T4は、不活性型 活性型 の甲状腺ホルモンである。

62. T3は、不活性型 活性型 の甲状腺ホルモンである。

63. rT3は、活性型 不活性型 の甲状腺ホルモンである。

64. T2は、活性型 不活性型 の甲状腺ホルモンである。

65. 選択肢のうち、甲状腺ホルモンの前駆体はthyroglobulin TRH TSH thyrotropin である。

66. 甲状腺ペロキシダーゼ(thyroid peroxidase, TPO)は甲状腺ホルモンの生成(産生) 分解 に作用する。

67. 成長ホルモン、甲状腺ホルモン、性(腺)ホルモンなどは、骨の破壊 形成 を促進する。

68. 活性型ビタミンDは、副甲状腺ホルモン(parathyroid hormone, PTH)の分泌に影響しない を抑制する を亢進する 

69. 骨を形成 吸収(破壊) する作用のある副甲状腺ホルモン parathyroid hormone (PTH)が活性化ビタミンDにより抑制 促進 される。これにより、活性型ビタミンDの作用は骨の形成 吸収(破壊) である。

70. 活性型ビタミンDは、副甲状腺ホルモン(parathyroid hormone、 PTH)を増大する 低下する 作用がある。腎不全では、活性型ビタミンDが増大 低下 するため、PTHの生成・内分泌・血中濃度は低下 増大 する。

71. 腎不全では、副甲状腺ホルモン parathyroid hormone (PTH)の血中濃度は低下 増大 する。

72. 腎不全では、低 高 リン(酸イオン)血症のため、Ca2+ + HPO42-→ ←  CaHPO4の化学反応が進行し、副甲状腺ホルモン(parathyroid hormone、 PTH)の血中濃度上昇 低下 のために、リン酸カルシウム(CaHPO4)が骨 血管壁など軟部組織 に沈着する。

73. 腎不全において、低下しているのは 

骨からのリン酸カルシウム量の遊離
骨中のリン酸カルシウム量
糸球体ろ過量
副甲状腺ホルモン(parathyroid hormone、PTH、パラソルモン)
骨へのリン酸カルシウム量の沈着
軟部組織のリン酸カルシウム量
血中のリン(酸イオン)濃度
糸球体におけるリン(酸イオン)のろ過量
腎臓からのリン(酸イオン)排泄量
血中のカルシウム濃度
腸管からのカルシウムイオン吸収
活性化ビタミンD
腎臓尿細管からのカルシウムイオン再吸収
である。

74. 腎不全において、増大・亢進しているのは 

血中のカルシウム濃度
腎臓からのリン(酸イオン)排泄量
腎臓尿細管からのカルシウムイオン再吸収
糸球体におけるリン(酸イオン)のろ過量
活性化ビタミンD
腸管からのカルシウムイオン吸収
糸球体ろ過量
副甲状腺ホルモン(parathyroid hormone、PTH、パラソルモン)
骨へのリン酸カルシウム量の沈着
骨からのリン酸カルシウム量の遊離
血中のリン(酸イオン)濃度
軟部組織のリン酸カルシウム量
骨中のリン酸カルシウム量
である。

75. 高カルシウム食は、血中カルシウム濃度を上昇させる作用のある副甲状腺ホルモン(パラソルモン) カルシトニン にとっては「ホルモン作用」の促進性ノイズ 抑制性ノイズ であり,そのホルモンの分泌を亢進 低下 させる。

76. 高カルシウム食は、血中カルシウム濃度を低下させる作用のある副甲状腺ホルモン(パラソルモン) カルシトニン にとっては「ホルモン作用」の促進性ノイズ 抑制性ノイズ であり,そのホルモンの分泌を低下 亢進 させる。

77. 低カルシウム食は、血中カルシウム濃度を上昇させる作用のあるカルシトニン 副甲状腺ホルモン(パラソルモン) にとっては「ホルモン作用」の促進性ノイズ 抑制性ノイズ であり,そのホルモンの分泌を亢進 低下 させる.

78. 低カルシウム食は、血中カルシウム濃度を低下させる作用のある副甲状腺ホルモン(パラソルモン) カルシトニン にとっては「ホルモン作用」の抑制性ノイズ 促進性ノイズ であり,そのホルモンの分泌を低下 亢進 させる。

79. 活性型甲状腺ホルモン(T3)の生成(産生)は、

ジ・ヨードチロシン基の縮合
サイログロブリンの加水分解
無機ヨードの有機化
T4の脱ヨード反応
ジ・ヨードチロシン基の縮合
サイログロブリンの加水分解
T4の脱ヨード反応
無機ヨードの有機化
無機ヨードの有機化
ジ・ヨードチロシン基の縮合
T4の脱ヨード反応
サイログロブリンの加水分解
ジ・ヨードチロシン基の縮合
T4の脱ヨード反応
サイログロブリンの加水分解
無機ヨードの有機化
の順に行われる。

80. 甲状腺ホルモンは、

副甲状腺
腎臓
下垂体後葉
甲状腺
副腎髄質
副腎皮質
卵巣の黄体
精巣
膵臓
卵巣の卵胞
下垂体前葉
から分泌される。

81. 甲状腺ホルモンの作用は、

女性化
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
女性器の平滑筋収縮
抗炎症
男性化
乳汁生成促進
血糖低下
血漿中カルシウム濃度の上昇
代謝亢進、精神活動亢進など
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
血漿中カルシウム濃度の低下
血糖上昇
血漿中のNa+量と血圧との上昇
身長の伸長
造血(赤血球生成)促進
血漿浸透圧低下
である。

82. 甲状腺ホルモンはペプチド型 アミン型 ステロイド型 ホルモンである.

83. 副甲状腺ホルモン(parathyroid hormone, PTH)は、腎臓におけるビタミンDの活性化を抑制する に影響しない を亢進する 

84. 甲状腺ホルモン生成に必要なアミノ酸は

プロリン
トリプトファン
チロシン
ヒスチジン
メチオニン
ロイシン
システイン
フェニルアラニン
リシン
アスパラギン酸
グルタミン酸
グルタミン
アルギニン
トレオニン
イソロイシン
セリン
アスパラギン
アラニン
バリン
グリシン
である。

85. 甲状腺ホルモン生成に必要な電解質は、

Cl-
K+
I-
Na+
である。

86. 甲状腺刺激ホルモン(TSH)は、甲状腺からの甲状腺ホルモン カルシトニン の生成、内分泌を強く促進する。

87. 代謝が亢進すると、甲状腺ホルモンの生成、内分泌は

代謝からの負のフィードバックを受けていないのであまり変わらない
負のフィードバックで亢進する
負のフィードバックで低下する

88. (カルシトニンを含まない狭義の)甲状腺ホルモンは「ホルモン濃度重視」 「ホルモン作用重視」 型の負のフィードバックで分泌調節されている。

89. 副甲状腺ホルモン(パラソルモン)の作用は

心拍数上昇
血漿浸透圧上昇
血漿中カルシウム濃度の上昇
血漿中ナトリウム量と血圧の上昇
血糖上昇
である。

90. 甲状腺ホルモンは副甲状腺 甲状腺 から分泌される。

91. 甲状腺ホルモンは代謝を亢進させる 血漿中のカルシウム濃度を低下させる 血漿中カルシウム濃度を上昇させる 

92. 副腎皮質から分泌されるホルモンは

電解質コルチコイド(アルドステロン)
糖質コルチコイド
オキシトシン
レプチン
グルカゴン
甲状腺ホルモン
バゾプレッシン
プロラクチン
エストロゲン
ANP
カルシトニン
卵胞刺激ホルモン
インスリン
黄体形成ホルモン
テストステロン
エリスロポ(イ)エチン
パラソルモン
成長ホルモン
カテコールアミン
プロゲステロン
である。

93. 甲状腺から分泌されるホルモンは

電解質コルチコイド(アルドステロン)
オキシトシン
甲状腺ホルモン
カテコールアミン
レプチン
エストロゲン
エリスロポ(イ)エチン
黄体形成ホルモン
卵胞刺激ホルモン
ANP
糖質コルチコイド
プロゲステロン
プロラクチン
パラソルモン
成長ホルモン
テストステロン
バゾプレッシン
カルシトニン
インスリン
グルカゴン
である。

94. 膵臓から分泌されるホルモンは

プロラクチン
甲状腺ホルモン
レプチン
電解質コルチコイド(アルドステロン)
オキシトシン
エリスロポ(イ)エチン
カルシトニン
エストロゲン
パラソルモン
成長ホルモン
グルカゴン
インスリン
卵胞刺激ホルモン
糖質コルチコイド
バゾプレッシン
カテコールアミン
ANP
プロゲステロン
黄体形成ホルモン
テストステロン
である。

95. 副甲状腺ホルモン(parathyroid hormone, PTH)には、骨形成 破壊 の作用がある。

96. 下垂体からの甲状腺刺激ホルモン(TSH)の生成、内分泌が亢進し、血中濃度が上昇した。このことにより、甲状腺からの甲状腺ホルモンの生成、内分泌は低下 亢進  する。

97. 下垂体からの甲状腺刺激ホルモン(TSH)の生成、内分泌が低下し、血中濃度が低下した。このことにより、甲状腺からの甲状腺ホルモンの生成、内分泌は低下 亢進  する。

98. 甲状腺からの甲状腺ホルモンの生成、内分泌が亢進し、血中濃度が上昇した。このことにより、下垂体からの甲状腺刺激ホルモン(TSH)の生成、内分泌は低下 亢進  する。

99. 甲状腺からの甲状腺ホルモンの生成、内分泌が低下し、血中濃度が低下した。このことにより、下垂体からの甲状腺刺激ホルモン(TSH)の生成、内分泌は亢進 低下  する。

100. 甲状腺ホルモンは 下垂体後葉 甲状腺 視床下部 下垂体前葉  から生成、内分泌される。