問題文の検索結果

1. 眼球の壁の最外層にある膜は、強膜 脈絡膜 角膜 網膜 結膜 である。

2. 眼球内にあってレンズとして作用している部位は、ガラス体 脈絡膜 毛様体 結膜 強膜 水晶体 網膜 角膜 虹彩 である。

3. 眼球内にあって遠近調節のためにレンズの厚さを変える部位は、水晶体 強膜 ガラス体 網膜 結膜 虹彩 角膜 毛様体 脈絡膜 である。

4. 眼球内にあって光量調節を担っている部位は、水晶体 結膜 虹彩 毛様体 ガラス体 脈絡膜 角膜 網膜 強膜 である。

5. 眼球内にあって網膜への栄養供給を担っている部位は、結膜 脈絡膜 網膜 ガラス体 角膜 毛様体 水晶体 強膜 虹彩 である。

6. 注視するときにおこる、両側眼球の対称的内転を輻輳という。 誤 正 

7. 水晶体のはたらきにより、眼球の中心より耳(外)側の視野は、網膜の 鼻(内) 耳(外) 側半分に写る。

8. 水晶体のはたらきにより、眼球の中心より鼻(内)側の視野は、網膜の 耳(外) 鼻(内) 側半分に写る。

9. 右側眼球の耳(右)側視野は右側眼球網膜の 耳 鼻 側半分で受容され、発生した活動電位を伝える視神経線維は視交叉で交叉 して せず 、 右 左 側大脳皮質へ伝えられる。

10. 右側眼球の耳側視野は 右 左 側大脳皮質へ伝えられる。

11. 右側眼球の鼻(左)側視野は右側眼球網膜の 鼻 耳 側半分で受容され、発生した活動電位を伝える視神経線維は視交叉で交叉 せず して 、 左 右 側大脳皮質へ伝えられる。

12. 右側眼球の鼻側視野は 左 右 側大脳皮質へ伝えられる。

13. 左側眼球の耳(左)側視野は左側眼球網膜の 耳 鼻 側半分で受容され、発生した活動電位を伝える視神経線維は視交叉で交叉 して せず 、 右 左 側大脳皮質へ伝えられます。

14. 左側眼球の耳側視野は 左 右 側大脳皮質へ伝えられる。

15. 左側眼球の鼻(右)側視野は左側眼球網膜の 耳 鼻 側半分で受容され、発生した活動電位を伝える視神経線維は視交叉で交叉 して せず 、 右 左 側大脳皮質へ伝えられる。

16. 左側眼球の鼻側視野は 右 左 側大脳皮質へ伝えられる。

17. 右側視神経が障害されると右側眼球の耳側視野は 見える 見えない .

18. 右側視神経が障害されると右側眼球の鼻側視野は 見える 見えない .

19. 右側視神経が障害されると左側眼球の耳側視野は 見えない 見える .

20. 右側視神経が障害されると左側眼球の鼻側視野は 見える 見えない .

21. 右側視索が障害されると右側眼球の耳側視野は 見える 見えない .

22. 右側視索が障害されると右側眼球の鼻側視野は 見えない 見える .

23. 右側視索が障害されると左側眼球の耳側視野は 見える 見えない .

24. 右側視索が障害されると左側眼球の鼻側視野は 見える 見えない .

25. 左側視神経が障害されると右側眼球の耳側視野は 見える 見えない .

26. 左側視神経が障害されると右側眼球の鼻側視野は 見える 見えない .

27. 左側視神経が障害されると左側眼球の耳側視野は 見えない 見える .

28. 左側視神経が障害されると左側眼球の鼻側視野は 見えない 見える .

29. 左側視索が障害されると右側眼球の耳側視野は 見えない 見える .

30. 左側視索が障害されると右側眼球の鼻側視野は 見える 見えない .

31. 左側視索が障害されると左側眼球の耳側視野は 見える 見えない .

32. 左側視索が障害されると左側眼球の鼻側視野は 見える 見えない .

33. 左側後頭葉が障害されると右側眼球の耳側視野は 見える 見えない .

34. 左側後頭葉が障害されると右側眼球の鼻側視野は 見えない 見える .

35. 左側後頭葉が障害されると左側眼球の耳側視野は 見える 見えない .

36. 左側後頭葉が障害されると左側眼球の鼻側視野は 見える 見えない .

37. 両眼球の右側視野は右 左 側大脳皮質で知覚される.

38. 両眼球の左側視野は右 左 側大脳皮質で知覚される.

39. 眼球(網膜)からの感覚性情報は、後頭葉 頭頂葉 前頭葉 側頭葉 体性感覚野 視覚野 体性運動野 聴覚野 に届いて「聞こえる!」 「触っている!」 「見える!」 との感覚が発生する。

40. 眼球(網膜)からの感覚性情報は視床の特殊投射核から大脳皮質の特定の領域に投射する.誤 正 

41. 眼球(網膜)からの感覚性情報は視床の非特殊投射核から大脳皮質の特定の領域に投射する.正 誤 

42. 眼球(網膜)からの感覚性情報は視床の特殊投射核から大脳皮質全体に投射する.誤 正 

43. 眼球(網膜)からの感覚性情報は視床の非特殊投射核から大脳皮質全体に投射する.正 誤 

44. ヒトのREM睡眠では、他の睡眠と比べて、眼球の動きが急速 緩慢 である。

45. ヒトのnon-REM睡眠では、他の睡眠と比べて、眼球の動きが急速 緩慢 である。

46. 甲状腺機能亢進症では、眼球突出は特徴的でない である 

47. 甲状腺機能低下症では、眼球突出は特徴的でない である 

48. 右側後頭葉が障害されると右側眼球の耳側視野は見えない 見える 

49. 右側後頭葉が障害されると右側眼球の鼻側視野は見えない 見える 

50. 右側後頭葉が障害されると左側眼球の耳側視野は見える 見えない 

51. 右側後頭葉が障害されると左側眼球の鼻側視野は見える 見えない