問題文の検索結果

1. 姿勢の変化にともなう血圧,心拍数の変動など,秒単位の速い調節が必要とされる場合,中心となるのはホルモン系 自律神経系 である。

2. 成長、成熟など、月単位のゆっくりした調節が必要とされる場合、中心となるのは自律神経系 ホルモン系 である。

3. 下垂体後葉は神経系と同様に外胚葉 内胚葉 由来である.

4. 神経系は、

カエルの子はカエルになる情報
思考・創造・判断・記憶などの情報
乳房に対する発育命令
自分がどのような予防接種を受けたのかの情報
を扱っている。

5. 生体にとっては、「(草津温泉につかりながら)いーい湯っだーなっ♪」は、神経系が扱っている情報である ない 

6. 「今度の日曜日、何しようかな?温泉に行くお金はないし、天気は悪そうだし...」などの情報は、ホルモン 神経系 遺伝子 免疫系 が扱っている。

7. 頬っぺたに何か触れた。誰かがキスしてくれたのか、蚊が刺したのかを感じわける情報は、ホルモン 免疫系 遺伝子 神経系 が扱っている。

8. 記憶は 内分泌系(ホルモン) 神経系 免疫系 遺伝子 が扱っている。

9. 神経系の機能が低下すると、意識レベルは 上昇 低下 する。

10. 中枢神経系(特に脳)の主な機能は、情報の 処理 移動 である。

11. 末梢神経系の仕事は、主に情報の 移動 処理 である。

12. ヒトの中枢神経系には、脳と脊髄 脊柱 とがある。

13. 中枢神経系には、情報を移動させる機能は ある ない 

14. 中枢神経系が発した命令が実行されるためには、感覚神経(求心性末梢神経) 運動神経(遠心性末梢神経) が必要である。

15. 受容器が発した情報が中枢神経系に届くためには、感覚神経(求心性末梢神経) 運動神経(遠心性末梢神経) が必要である。

16. 人体が状況の変化(刺激)に対してある仕事を施行(応答)する場合、必要なのは 

受容器
感覚神経(求心性末梢神経)
中枢神経系
運動神経(遠心性末梢神経)
効果器
である。

17. ヒトが状況の変化(刺激)を感覚する場合、必要なのは 

受容器
感覚神経(求心性末梢神経)
中枢神経系
運動神経(遠心性末梢神経)
効果器
である。

18. 生体が随意的に運動する場合、必要なのは、 

受容器
感覚神経(求心性末梢神経)
中枢神経系
運動神経(遠心性末梢神経)
効果器
である。

19. 生体が思考する場合、必要なのは 受容器 感覚性(求心性)末梢神経 中枢神経系 運動性(遠心性)末梢神経 効果器 である。

20. 神経系の特徴に、機能局在があげられる。 誤 正 

21. 神経系において、電気はエネルギー 情報 としての意味を持つ。

22. コンピュータの「1」に相当するのが、神経系における 静止膜電位 シナプス後膜の電位 活動電位 である。

23. 自律神経系は、骨格筋 内臓 を制御している。

24. 体性神経系は、内臓 骨格筋 を制御している。

25. 自律神経系は、随意的な 不随意的な 運動を司っている。

26. 体性神経系は、随意的な 不随意的な 運動を司っている。

27. 自律神経系の感覚は、非定量的 定量的 である。

28. 体性神経系の感覚は、非定量的 定量的 である。

29. 「力こぶ」を作るのは、自律神経系 体性神経系 の機能である。

30. 血圧を上昇させるのは、自律神経系 体性神経系 の機能である。

31. 体性神経系の中枢は、脳の 

視床
大脳辺縁系
小脳
大脳基底核
延髄

大脳皮質
中脳
視床下部
にある。

32. 自律神経系において、左右の機能局在は、ハッキリしている あまりハッキリしていない 

33. 体性神経系において、左右の機能局在は、ハッキリしている あまりハッキリしていない 

34. 自律神経系には、交感神経と副交感神経とがあり、原則的に内臓器官はその 一方の 両方の 支配を受けている。

35. 中枢神経の外にシナプスがあるのは、自律 体性 神経系である。

36. 中枢神経の外にシナプスがないのは、自律 体性 神経系である。

37. 中枢神経系の伝達物質には、カテコールアミン(アドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミン)、アセチルコリン、グリシン、γ-アミノ酪酸(GABA)、グルタミン酸などがある。  正 誤 

38遺伝子 免疫系 神経系 内分泌系(ホルモン) は、意識を扱っている。

39. 骨格筋を支配するのは、自律 体性 神経系である。

40. 心筋を支配するのは体性 自律 神経系である。

41. 平滑筋を支配するのは、体性 自律 神経系である。

42. 自律神経系の求心性活動の大部分は感覚され ない る .

43. 自律神経系の中枢は、

延髄

中脳
視床下部
視床
小脳
大脳基底核
大脳辺縁系
大脳皮質
にある。

44. 中枢神経系の中で情報を移動させるルートを伝導路 末梢神経 という。

45. 神経系では、電気(活動電位)は主に信号 エネルギー である。

46. 神経系の電気信号(活動電位)は、効果器に入る から出る 

47. 生体が思考する場合、必要な中枢神経系は、大脳以外の脳 脊髄 大脳 である。

48. 人体が状況の変化(刺激)を感覚する場合、必要なのは 

受容器
感覚神経(求心性末梢神経)
中枢神経系
運動性(遠心性)末梢神経
効果器
である。

49. 人体が随意的に運動する場合、必要なのは 

中枢神経系
効果器
運動神経(遠心性末梢神経)
感覚神経(求心性末梢神経)
受容器
である。

50. 人体が状況の変化(刺激)に対してある仕事を施行(応答)する場合、必要なのは 末梢神経 中枢神経系 末梢神経と中枢神経系の両者 ならび、受容器と効果器の両者 受容器 効果器 である。

51. 神経系は中央 中心 中枢 神経系と末梢 終末 末端 神経系とに分類される。

52. 人体が刺激に応答するために必要な部位とは、入力から出力の順に

効果器
受容器
運動神経(遠心性末梢神経)
感覚神経(求心性末梢神経)
中枢神経系

 
感覚神経(求心性末梢神経)
受容器
運動神経(遠心性末梢神経)
中枢神経系
効果器

 
受容器
感覚神経(求心性末梢神経)
運動神経(遠心性末梢神経)
効果器
中枢神経系
、 

感覚神経(求心性末梢神経)
中枢神経系
受容器
効果器
運動神経(遠心性末梢神経)
、 

受容器
効果器
運動神経(遠心性末梢神経)
感覚神経(求心性末梢神経)
中枢神経系
である。