問題文の検索結果

1. 神経細胞体からみて、神経終末の方向は 末梢側 中枢側 である。

2. 神経終末からみて、神経細胞体の方向は 中枢側 末梢側 である。

3. 神経細胞間で活動電位が伝わることを 伝導 電話 伝達 電子メール 伝言 という。

4. 神経細胞内で活動電位が伝わることを マイライン 電報 キャラメール 伝達 伝導 という。

5. シュワン細胞は 中枢 末梢 神経細胞の支持細胞である.

6. グリア細胞は 中枢 末梢 神経細胞の支持細胞である.

7. 神経細胞は分裂・増殖 しない する .

8. 交感神経幹には、交感神経 節前 節後 神経細胞の細胞体がある。

9. 活動電位が発生する場所は、神経細胞の 核 膜 である。

10. 神経細胞が静止状態でも、細胞膜には 活動電位 静止膜電位 overshoot がある。

11. 神経細胞の静止膜電位は、細胞膜の内側が 陰性 陽性 である。

12. 神経細胞の活動電位は、細胞膜の内側が 陽性 陰性 である。

13. 神経細胞の静止膜電位は、通常、約  80 20 mVである。

14. 神経細胞の活動電位は、通常、約  80 20 mVである。

15. 神経細胞の静止膜電位(の絶対値)が減少し、神経細胞が活動に向かう過程を 過分極 脱分極 という。

16. 神経細胞膜は、刺激されると 過分極 脱分極 する。

17. 神経細胞が刺激されてovershootが起こると、電気的極性が入れかわり、細胞膜内が 陽性 陰性 になる。

18. 神経細胞の活動が高いときの活動電位は,活動が低いときの活動電位とくらべて大きさが 大きい 変わらない 小さい .

19. 神経細胞の活動が低いときの活動電位は,活動が高いときの活動電位とくらべて大きさが 大きい 小さい 変わらない .

20. 神経細胞膜に対する刺激が強くなると,静止膜電位からの脱分極の速度は 速い 変わらない 遅い .

21. 神経細胞膜に対する刺激が弱いと,静止膜電位からの脱分極の速度は 速い 変わらない 遅い .

22. 神経細胞膜に刺激が加わっても,脱分極が小さいと,活動電位が発生しないこともある.正 誤 

23. 神経細胞膜に対する刺激が強くなると,活動電位の形,大きさは 変わらない 小さい 大きい .

24. 神経細胞膜に対する刺激が強くなると,活動電位の発生頻度は 変わらない 高くなる 低くなる .

25. 静止膜電位と発火レベル(閾電位、閾値)との差が小さい神経細胞は興奮し にくい やすい 

26. 静止膜電位と発火レベル(閾電位、閾値)との差が大きい神経細胞は興奮し やすい にくい .

27. 神経細胞に興奮性の刺激が加わると膜電位は 過分極 脱分極 する.

28. 神経細胞が抑制されると膜電位は 過分極 脱分極 する.

29. 神経細胞膜の1カ所に発生した活動電位が、同じ細胞において、膜の他の部分へ移動することを 伝導 伝達 マイライン キャラメール 電報 という。

30. 神経細胞膜のある位置に生じた活動電位は、同じ膜の隣の場所を 過分極 脱分極 させる。

31. 神経細胞膜のある位置に生じた活動電位は、同じ膜の隣の場所を発火レベル(閾電位、閾値)に達するほど強く脱分極させる。誤 正 

32. 神経細胞膜のある位置に生じた活動電位は、同じ膜の隣の場所を発火レベル(閾電位、閾値)に達するほど強く脱分極させない。正 誤 

33. シュワン細胞は 神経細胞体 軸索 の支持細胞である.

34. シナプスの前膜は、神経終末 神経細胞体 樹状突起 に存在する。

35. 虹彩の色を決定する遺伝子は、虹彩の細胞 脳神経細胞 腎尿細管細胞 鼻粘膜の細胞 骨細胞 に存在する。

36. 膝蓋腱反射とは、膝蓋腱が刺激されることにより、 大腿四頭筋膝蓋腱の腱紡錘 大腿四頭筋の筋紡錘 が伸展され、Ia Ib  遠心 求心 性線維に活動電位が発生し、脊髄 後根 前根 から脊髄に入り、 脳 脊髄 を中枢とし、 多 単 シナプスを介して、大腿四頭筋を支配する アルファ ベータ 性運動神経細胞が活性化され、その線維と活動電位とが後根 前根 から脊髄を出て、大腿四頭筋を活性化させて、膝が伸展する反射である。

37. 筋紡錘からの求心性活動は,脊髄を介して,運動神経細胞を 抑制する 興奮させる .

38. 腱紡錘からの求心性活動は、脊髄を介して、運動神経細胞を 抑制する 興奮させる .

39. 活動電位が発生する場所は、神経細胞の 膜 核 である。

40. 神経細胞の膜にあるポンプはナトリウムイオンを取り込んでいる くみ出している 

41. 神経細胞の膜にあるポンプはカリウムイオンをくみ出している 取り込んでいる 

42. 神経細胞の膜にあるポンプの作用により、細胞内外のナトリウムイオンの濃度差は小さくなる 大きくなる 

43. 神経細胞の膜にあるポンプの作用により、細胞内外のカリウムイオンの濃度差は小さくなる 大きくなる 

44. 神経細胞内のカリウムイオン濃度は高く、細胞外では低い。細胞膜のカリウムイオンチャンネル(チャネル)が開くと、カリウムイオンは流出 流入 する。

45神経細胞 白血球、腸管上皮細胞 は,細胞分裂せず,寿命の長い細胞である.

46神経細胞 白血球、腸管上皮細胞 は,活発に細胞分裂し,寿命の短い細胞である.

47. 神経細胞は活発に細胞分裂し、寿命の短い 細胞分裂せず、寿命の長い 細胞である.

48. 神経細胞を活性化させるような刺激が加わると、細胞膜の内側の陰性電位は増大 減少 する。

49. 神経細胞に刺激が加わった後の陰性電位の減少は、最初急速でその後、ゆっくりになる 最初ゆっくりでその後、急速になる 

50. 神経細胞を活性化させるような刺激が加わると、細胞膜は再分極 脱分極 する。

51. ある神経細胞の中での活動電位の移動は伝導 伝達 である。

52. ある神経細胞から別の神経細胞への活動電位の移動は伝達 伝導 である。

53. 神経細胞膜電位の*印の変化は再分極 脱分極 である。


図表-1