問題文の検索結果

1. 神経線維が断裂した場合,線維の変性は主に断裂 中枢 末梢 側におこる.

2. 神経線維が断裂した場合,「逆行変性」は断裂 末梢 中枢 側におこる.

3. 神経線維が断裂した後,中枢側断端と末梢側断端とが接近していれば 中枢側から末梢側へ 末梢側から中枢側へ 線維が再生することがある.

4. 副腎髄質は 副交感神経 交感神経 の 節前 節後 神経線維のみの支配を受けている.

5. 交感神経幹には、交感神経 節前 節後 神経線維の神経終末がある。

6. 手のひらに対する刺激が大きいほど,正中神経内の末梢神経線維の活動電位の発生頻度は 高くなる 変わらない 低くなる .

7. 手のひらに対する刺激が小さいほど,正中神経内の末梢神経線維の活動電位の発生頻度は 高くなる 低くなる 変わらない .

8. 神経線維の活動電位は軸索を伝わるにつれて,少しずつ減衰する. 誤 正 

9. 神経線維において,1カ所に発生した活動電位は 両方向 一方向 に伝導する.

10. 神経線維の活動電位は容易に隣の神経線維をも興奮させる. 誤 正 

11. 神経線維の活動電位は軸索を伝わるにつれて,少しずつ減衰することはない.これを 絶縁性伝導 不減衰伝導 両側性伝導 跳躍伝導 と言う.

12. 神経線維において,1カ所に発生した活動電位は両方向に伝導する.これを 両側性伝導 絶縁性伝導 不減衰伝導 跳躍伝導 と言う.

13. 神経線維の活動電位が隣の神経線維をも発火させることはない.これを 両側性伝導 跳躍伝導 不減衰伝導 絶縁性伝導 と言う.

14. 髄鞘に覆われている神経線維を有髄神経線維,覆われていない神経線維を無髄神経線維という. 正 誤 

15. シュワン細胞に覆われている神経線維を有髄神経線維,覆われていない神経線維を無髄神経線維という. 誤 正 

16. 跳躍伝導は 無髄 有髄 神経線維に特徴的な伝導様式である.

17. 有髄神経線維の伝導速度は無髄神経線維の伝導速度より 速い 遅い .

18. 無髄神経線維の伝導速度は有髄神経線維の伝導速度より 遅い 速い .

19. 細い神経線維ほど伝導速度は 速い 遅い .

20. 太い神経線維ほど伝導速度は 遅い 速い .

21. 神経線維は A線維、B線維、C線維 C線維、B線維、A線維 の順に太い.

22. 神経線維は A線維、B線維、C線維 C線維、B線維、A線維 の順に細い.

23. 神経線維は A線維、B線維、C線維 C線維、B線維、A線維 の順に速い.

24. 神経線維は A線維、B線維、C線維 C線維、B線維、A線維 の順に遅い.

25. 自律神経節前線維は 有髄 無髄 神経線維である.

26. 自律神経節後線維は 有髄  無髄 神経線維である.

27. 第1の痛みを伝える求心性線維は 有髄 無髄 神経線維である.

28. 第2の痛みを伝える求心性線維は 有髄 無髄 神経線維である.

29. シナプスでは、化学的に情報が伝達されるので、伝達速度は、神経線維の伝導速度と比べて 遅い 速い 

30. アセチルコリンは、シナプス伝達物質として

副交感神経節後
副交感神経節前
(コリン作動性を除く)交感神経節後
(コリン作動性を除く)交感神経節前
神経線維末端から放出されている。

31. ノルアドレナリンは、シナプス伝達物質として

副交感神経節前
(コリン作動性を除く)交感神経節後
副交感神経節後
(コリン作動性を除く)交感神経節前
神経線維末端から放出されている。

32. 第2次(下位)運動神経線維は脊髄を出た後, 直接 1回ニューロンを換えてから 筋にいたる.

33. 随意運動の下行路(錐体路)は大脳皮質の 前頭葉 頭頂葉 後頭葉 側頭葉 にある 中心前回 中心後回 の 運動野 感覚野 から発し、視床 視床下部 内包 を通り、大脳皮質 大脳基底核 視床下部 延髄の錐体 脊髄 で 

シナプスを形成してから左右の反対側へ交叉
シナプスを形成しないで左右の反対側へ交叉
左右の反対側へ交叉してからシナプスを形成
する。この後、脊髄の 前索 側索 後索 を下行し、前角 後角 にある 第1次 第2次 第3次 運動神経とシナプスを形成する。その神経線維は 前根 後根  を通って脊髄を離れ、中枢 末梢 神経線維となり、骨格筋を支配する。

34. 右視神経線維の大部分は視交叉で左へ交叉する。 誤 正 

35. 左視神経線維の大部分は視交叉で右へ交叉する。 誤 正 

36. 網膜の鼻(内)側半分からの神経線維は視交叉で対側へ交叉 しない する 

37. 網膜の耳(外)側半分からの神経線維は視交叉で対側へ交叉 する しない 

38. 右側眼球の耳(右)側視野は右側眼球網膜の 耳 鼻 側半分で受容され、発生した活動電位を伝える視神経線維は視交叉で交叉 せず して 、 右 左 側大脳皮質へ伝えられる。

39. 右側眼球の鼻(左)側視野は右側眼球網膜の 耳 鼻 側半分で受容され、発生した活動電位を伝える視神経線維は視交叉で交叉 せず して 、 左 右 側大脳皮質へ伝えられる。

40. 左側眼球の耳(左)側視野は左側眼球網膜の 鼻 耳 側半分で受容され、発生した活動電位を伝える視神経線維は視交叉で交叉 せず して 、 右 左 側大脳皮質へ伝えられます。

41. 左側眼球の鼻(右)側視野は左側眼球網膜の 耳 鼻 側半分で受容され、発生した活動電位を伝える視神経線維は視交叉で交叉 して せず 、 右 左 側大脳皮質へ伝えられる。

42. 錐内筋を支配するのは、アルファ(α) ガンマ(γ) 運動神経線維である。

43. 錐外筋を支配するのは、アルファ(α) ガンマ(γ) 運動神経線維である。

44. 前庭神経線維を受ける前庭神経核は、嘔吐中枢と密接に関係している。 誤 正 

45. 骨格筋内血管拡張性 収縮性 交感神経線維の節後線維からは、アセチルコリン ノルアドレナリン が分泌されている。