問題文の検索結果

1. 筋細胞が収縮するためには、栄養素が筋細胞外にとどまること 筋細胞外から細胞内に入ること が必要である。

2. 栄養素の電気的 化学的 エネルギーが筋細胞の収縮に必要である。

3. 筋細胞内のアクチン・ミオシンが、実際に利用する高エネルギー物質は、ブドウ糖 ADP ATP である。

4. アデノシン三リン酸(ATP)は、血液から筋細胞に供給される高エネルギー物質である。正 誤 

5. 収縮している筋細胞内では、主に栄養素が分解されてATPが合成される ATPが分解されて栄養素が生成される 

6. 筋細胞に取り込まれたブドウ糖が最初に受けるのは、

安静時には嫌気的代謝、運動時には好気的代謝である
嫌気的代謝
好気的代謝
安静時には好気的代謝、運動時には嫌気的代謝
である。

7. インスリンを分泌するのは、膵臓 視床下部 下垂体後葉 筋細胞 腎臓 である。

8. グルカゴンを生成、内分泌するのは、筋細胞 下垂体後葉 視床下部 膵臓 腎臓 である。

9. 静止(弛緩)時、心筋細胞の細胞内電位は陽性 陰性 である。

10. 活動(収縮)時、心筋細胞の細胞内電位は陰性 陽性 である。

11脱分極 再分極 とともに心筋細胞の活動(収縮)期が始まる。

12再分極 脱分極 とともに心筋細胞の静止(弛緩)期が始まる。

13. 心筋細胞に発生する活動電位は順に再分極 プラトー 脱分極 脱分極 プラトー 再分極 プラトー 再分極 脱分極 に分けられる。

14. ミオグロビンは、骨格筋細胞 赤血球 内の色素たんぱく質である。

15. 骨格筋細胞には、ヘモグロビン ミオグロビン が多い。

16. ミオグロビンは、筋細胞を収縮させる 赤血球から酸素を筋細胞へ移行させる 作用がある。

17. 1つの固有心筋細胞が活動すると、すぐ隣にある固有心筋細胞は、機能的合胞体なのだから活動する 絶縁の原則にしたがって静止したままである 

18. 筋細胞の静止膜電位は細胞内(細胞膜の内側)が 陽性 陰性 である.

19. 筋細胞の活動電位は、細胞内(細胞膜の内側)が 陽性 陰性 である。

20. 収縮時、カルシウムは筋細胞内のリボソーム 核 ゴルジ小体 ミトコンドリア 小胞体 から、筋線維に供給される。

21. 狭心症では、冒された心筋細胞の機能が低下する 停止する(細胞壊死に陥る) ことが特徴的である。

22. 心筋梗塞では、冒された心筋細胞の機能が停止する(細胞壊死に陥る) 低下する ことが特徴的である。

23. 図の*は

ヘモグロビンの酸素親和性
筋細胞から赤血球への酸素の移動
ミオグロビンの酸素親和性
赤血球から筋細胞への酸素の移動
を示す。

図表-1