問題文の検索結果

1. 内分泌されたホルモンは標的細胞のみに到達する正 誤 

2. あるホルモンに対する受容体を持つ細胞は、そのホルモンの分泌が亢進したことを、命令として受容する しない 

3. あるホルモンに対する受容体を持たない細胞は、そのホルモンの分泌が亢進したことを、命令として受容しない する 

4. あるホルモンの標的細胞には、そのホルモンに対する受容体がない ある 

5. 筋細胞が収縮するためには、栄養素が筋細胞外から細胞内に入ること 筋細胞外にとどまること が必要である。

6. 栄養素の電気的 化学的 エネルギーが筋細胞の収縮に必要である。

7. 筋細胞内のアクチン・ミオシンが、実際に利用する高エネルギー物質は、ADP ATP ブドウ糖 である。

8. アデノシン三リン酸(ATP)は、血液から筋細胞に供給される高エネルギー物質である。正 誤 

9. ATPは、細胞が外部から取り込み、エネルギー源としている物質である。誤 正 

10. 収縮している筋細胞内では、主に栄養素が分解されてATPが合成される ATPが分解されて栄養素が生成される 

11. 細胞内に貯蔵されているATPは微量 大量 である.

12. ATP → ADP + P の反応の際、細胞活動に利用できる化学的エネルギーは蓄積 放出 される。

13. ATPは、主としてミトコンドリア 細胞核 シナプス小胞 細胞質 細胞膜 で生成される。

14. 筋細胞に取り込まれたブドウ糖が最初に受けるのは、

好気的代謝
嫌気的代謝
安静時には嫌気的代謝、運動時には好気的代謝である
安静時には好気的代謝、運動時には嫌気的代謝
である。

15. ブドウ糖が、細胞内で最初に受けるエネルギー代謝は、クレブス回路 電子伝達系 加水分解 酸化的リン酸化反応 解糖 β-酸化 である。

16. 脂肪酸が、細胞内で最初に受けるエネルギー代謝は、電子伝達系 酸化的リン酸化反応 解糖 クレブス回路 β-酸化 加水分解 である。

17. 神経細胞体からみて、神経終末の方向は 中枢側 末梢側 である。

18. 神経終末からみて、神経細胞体の方向は 中枢側 末梢側 である。

19. 神経細胞間で活動電位が伝わることを 伝達 伝導 電子メール 伝言 電話 という。

20. 神経細胞内で活動電位が伝わることを キャラメール 電報 マイライン 伝導 伝達 という。

21. 伝導とは、細胞間 細胞内 で活動電位が伝わることを言う。

22. 伝達とは、細胞間 細胞内 で活動電位が伝わることを言う。

23. シュワン細胞は 中枢 末梢 神経細胞の支持細胞である.

24. グリア細胞は 中枢 末梢 神経細胞の支持細胞である.

25. 神経細胞は分裂・増殖 しない する .

26. 神経支持細胞は分裂・増殖 する しない .

27. 交感神経幹には、交感神経 節後 節前 神経細胞の細胞体がある。

28. 活動電位が発生する場所は、神経細胞の 核 膜 である。

29. 神経細胞が静止状態でも、細胞膜には 活動電位 静止膜電位 overshoot がある。

30. 神経細胞の静止膜電位は、細胞膜の内側が 陽性 陰性 である。

31. 神経細胞の活動電位は、細胞膜の内側が 陽性 陰性 である。

32. 神経細胞の静止膜電位は、通常、約  80 20 mVである。

33. 神経細胞の活動電位は、通常、約  80 20 mVである。

34. 膜電位は、細胞膜内外の 浸透圧 水圧 イオンの濃度 の差によって発生する。

35. 神経細胞の静止膜電位(の絶対値)が減少し、神経細胞が活動に向かう過程を 過分極 脱分極 という。

36. 神経細胞膜は、刺激されると 脱分極 過分極 する。

37. 神経細胞が刺激されてovershootが起こると、電気的極性が入れかわり、細胞膜内が 陽性 陰性 になる。

38. 神経細胞の活動が高いときの活動電位は,活動が低いときの活動電位とくらべて大きさが 小さい 変わらない 大きい .

39. 神経細胞の活動が低いときの活動電位は,活動が高いときの活動電位とくらべて大きさが 小さい 変わらない 大きい .

40. 神経細胞膜に対する刺激が強くなると,静止膜電位からの脱分極の速度は 速い 変わらない 遅い .

41. 神経細胞膜に対する刺激が弱いと,静止膜電位からの脱分極の速度は 遅い 変わらない 速い .

42. 神経細胞膜に刺激が加わっても,脱分極が小さいと,活動電位が発生しないこともある.誤 正 

43. 神経細胞膜に対する刺激が強くなると,活動電位の形,大きさは 小さい 大きい 変わらない .

44. 神経細胞膜に対する刺激が強くなると,活動電位の発生頻度は 低くなる 変わらない 高くなる .

45. 静止膜電位と発火レベル(閾電位、閾値)との差が小さい神経細胞は興奮し やすい にくい 

46. 静止膜電位と発火レベル(閾電位、閾値)との差が大きい神経細胞は興奮し やすい にくい .

47. 神経細胞に興奮性の刺激が加わると膜電位は 脱分極 過分極 する.

48. 神経細胞が抑制されると膜電位は 脱分極 過分極 する.

49. 神経細胞膜の1カ所に発生した活動電位が、同じ細胞において、膜の他の部分へ移動することを 伝導 マイライン キャラメール 伝達 電報 という。

50. 神経細胞膜のある位置に生じた活動電位は、同じ膜の隣の場所を 脱分極 過分極 させる。

51. 神経細胞膜のある位置に生じた活動電位は、同じ膜の隣の場所を発火レベル(閾電位、閾値)に達するほど強く脱分極させる。正 誤 

52. 神経細胞膜のある位置に生じた活動電位は、同じ膜の隣の場所を発火レベル(閾電位、閾値)に達するほど強く脱分極させない。正 誤 

53. シュワン細胞は 軸索 神経細胞体 の支持細胞である.

54. シュワン細胞に覆われている神経線維を有髄神経線維,覆われていない神経線維を無髄神経線維という. 誤 正 

55. シナプスの前膜は、樹状突起 神経終末 神経細胞体 に存在する。

56. 糖の嫌気的代謝が亢進し、好気的代謝が低下した状態では、主にケトン体 CO2 脂肪酸 ADP 乳酸 が細胞内に増加する。

57. 細胞内のぶどう糖が不足すると、 ぶどう糖 脂肪酸 の代謝が主たるエネルギー代謝となる。

58. 細胞内の糖が不足すると、クレブス回路 β-酸化 電子伝達系(ならびに共役した酸化的リン酸化反応) 解糖系 が低下する。

59. 細胞内の糖が不足したために脂肪酸の代謝が亢進すると、 ケトン体 乳酸 が蓄積する。

60. 糖尿病では細胞内と血中のケトン体 乳酸 が 増大 減少 する。

61. 絶食状態では細胞内と血中のケトン体 乳酸 が 増大 減少 する。

62. 細胞内でアミノ酸、尿素 アンモニア アンモニウムイオン に代謝され、血中に分泌される。前選択肢の物質の毒性は 低く 高く 、そのため、 肝臓 腸管 腎臓  肺 はこれを アンモニア 尿素 アンモニウムイオン に代謝し、毒性を 低く 高く し、血中に分泌する。 腸管  肺 腎臓 肝臓 は前々選択肢の物質を尿中に排泄する。以上より、腎不全の際に血中に増大する物質は、アンモニア アンモニウムイオン 尿素 である。

63. 腎(尿細管)の細胞内にてグルタミン酸は アンモニア アンモニウムイオン 尿素 に代謝され,これは, アンモニア アンモニウムイオン 尿素 となり,排泄される.

64. 近位尿細管とヘンレループの細胞内では,炭酸脱水酵素 carbonic anhydraseの作用により重炭酸緩衝系の平衡式は 

H++HCO3- → H2CO3 → H2O+CO2
H++HCO3- ← H2CO3 ← H2O+CO2
の方向に化学反応が進行する.

65. 近位尿細管とヘンレループの細胞内では,炭酸脱水酵素 carbonic anhydraseに 依存して 依存しないで Na+とHCO3-とを再吸収している.

66. 細胞が、ポンプを使って能動輸送をやると 高エネルギー物質、ATPを使わずにできる 高エネルギー物質、ATPが消費される 

67. 細胞は、高張 低張 等張 液に入れられると脱水する。

68. 細胞は、等張 低張 高張 液に入れられると平気である。

69. 細胞は、低張 高張 等張 液に入れられると膨張し、破裂する。

70. 細胞内液量は体重の約 60 40 20 15 %である。

71. 細胞外液量は体重の約 60 40 20 15 %である。

72. 間質液(組織液)、すなわち、血管外の細胞外液量は体重の約60 40 20 15 %である。

73. 血漿、すなわち、血管内の細胞外液量は体重の約60 40 20 15 %である。

74. Na+は細胞外 内 の主たる陽イオンである。

75. K+は細胞 内 外 の主たる陽イオンである。

76. 食塩を摂取した。水分は 細胞外液(間質、血漿)←細胞内液 細胞外液(間質、血漿)→細胞内液 の方向に移動する。

77. 激しい下痢をした。水分は 細胞外液(間質、血漿)→細胞内液 細胞外液(間質、血漿)←細胞内液 の方向に移動する。

78. 水分を摂取した。水分は 細胞外液(間質、血漿)←細胞内液 細胞外液(間質、血漿)→細胞内液 の方向に移動する。

79. 発汗した。水分は 細胞外液(間質、血漿)←細胞内液 細胞外液(間質、血漿)→細胞内液 の方向に移動する。

80. 第1次感覚神経の細胞体は 後角 後根の脊髄神経節 内包 中心後回 視床 中心前回 前角 に位置している。

81. 第3次感覚神経の細胞体は 内包 中心後回 後根の脊髄神経節 視床 中心前回 前角 後角 に位置している。

82. 第1次(上位)運動神経の細胞体は 後角 中心後回 前角 内包 後根の脊髄神経節 視床 中心前回 に位置している.

83. 第2次(下位)運動神経の細胞体は 内包 中心後回 前角 中心前回 後角 視床 後根の脊髄神経節 に位置している.

84. 細胞のエネルギー代謝による、動脈血からの酸素の減少と二酸化炭素の増加を 外呼吸 内呼吸 という。

85. 死腔とは,ガス交換に関与する上皮細胞におおわれて いる いない 気道の容量をいう.

86. アルドステロンaldosterone(電解質コルチコイド)の標的細胞は 旁糸球体装置 下垂体前葉 視床下部 副腎皮質 腎尿細管 である。

87. レニンは、旁糸球体装置 尿細管壁細胞 糸球体血管壁細胞 から分泌される。

88. インスリンを分泌するのは、膵臓 視床下部 下垂体後葉 筋細胞 腎臓 である。

89. グルカゴンを生成、内分泌するのは、下垂体後葉 筋細胞 腎臓 視床下部 膵臓 である。

90. 細胞内のグリコーゲン・タンパク質・トリグリセリドの合成を促進するのは,インスリン グルカゴン である.

91. 細胞内のグリコーゲン・タンパク質・トリグリセリドの分解を促進するのは,グルカゴン インスリン である.

92. 細胞内のグリコーゲン・タンパク質・トリグリセリドの合成を抑制するのは,インスリン グルカゴン である.

93. 細胞内のグリコーゲン・タンパク質・トリグリセリドの分解を抑制するのは,グルカゴン インスリン である.

94. インスリンの作用のうち、インスリン分泌にフィードバックをかけている最重要な作用は 

血糖低下
細胞内グリコーゲンの増大
細胞内トリグリセリドの増大
細胞内タンパク質の増大
血中遊離脂肪酸低下
である。

95. グルカゴンの作用のうち、グルカゴン分泌にフィードバックをかけている最重要な作用は、

細胞内グリコーゲンの減少
血糖上昇
細胞内トリグリセリドの減少
血中遊離脂肪酸上昇
細胞内タンパク質の減少
である。

96. バゾプレッシン vasopressin,抗利尿ホルモン antidiuretic hormone (ADH)は 視床下部 下垂体後葉 下垂体前葉 腎臓の集合管 腎臓の傍糸球体装置 が主たる標的細胞である.

97. 網膜にある細胞のうち、光を活動電位に変換する細胞は、双極細胞 神経節細胞 視細胞 アマクリン細胞 水平細胞 である。

98. 網膜にある細胞のうち、視細胞は 

杆(状)体細胞
錐(状)体細胞
神経節細胞
双極細胞
アマクリン細胞
水平細胞
である。

99. 網膜にある細胞のうち、視細胞の活動を神経節細胞に伝達する役割の細胞は、

水平細胞
神経節細胞
アマクリン細胞
双極細胞
錐(状)体細胞
杆(状)体細胞
である。

100. 網膜にある細胞のうち、視神経の細胞体である細胞は、

双極細胞
杆(状)体細胞
神経節細胞
アマクリン細胞
水平細胞
錐(状)体細胞
である。

101. 網膜内で視細胞は、光が届きやすいよう最前方にある。 正 誤 

102. 網膜の中心部に多い視細胞は、杆体 錐体 細胞である。

103. 網膜の周辺部に多い視細胞は、錐体 杆体 細胞である。

104. 錐(状)体細胞は、網膜の中心部 周辺部 に多い。

105. 杆(状)体細胞は、網膜の中心部 周辺部 に多い。

106. 錐(状)体細胞の解像度は、高い 低い 

107. 杆(状)体細胞の解像度は、低い 高い 

108. 暗順応では、錐(状)体・杆体細胞の感受性が増大する。 誤 正 

109. 巨核球は有核 無核 の細胞である.

110. 血小板は有核 無核 の細胞である.

111. 血小板凝集を亢進 抑制 する作用のあるプロスタサイクリン(PGI2)は血管内皮細胞 血小板顆粒 に由来する.

112. 妊娠中毒症では,血管内皮細胞が障害され,血管内皮に由来し,血小板凝集を亢進 抑制 するプロスタサイクリン(PGI2) トロンボキサンA2(TXA2) が減少する.そのために播種性血管内凝固(disseminated intravascular coagulation, DIC)が起りやすい にくい 

113. 赤血球の分化の順番は、未分化な細胞の順に、全能性幹細胞 赤血球性幹細胞 赤血球 赤芽球 前赤芽球 網赤血球 全能性幹細胞 前赤芽球 赤血球性幹細胞 赤芽球 網赤血球 赤血球 赤血球性幹細胞 網赤血球 前赤芽球 赤血球 全能性幹細胞 赤芽球 赤血球 全能性幹細胞 赤血球性幹細胞 網赤血球 赤芽球 前赤芽球 全能性幹細胞 網赤血球 赤血球 赤血球性幹細胞 前赤芽球 赤芽球 赤芽球 赤血球 赤血球性幹細胞 網赤血球 前赤芽球 全能性幹細胞 である。

114. 全能性幹細胞は、主に骨髄 末梢血 の細胞である。

115. 全能性幹細胞は、有核 無核 である。

116. 全能性幹細胞は、ヘモグロビンを多く含有する しない 

117. 赤血球系幹細胞は、主に骨髄 末梢血 の細胞である。

118. 赤血球系幹細胞は、有核 無核 である。

119. 赤血球系幹細胞は、ヘモグロビンを多く含有する しない 

120. 前赤芽球は、主に骨髄 末梢血 の細胞である。

121. 赤芽球は、主に骨髄 末梢血 の細胞である。

122. 網赤血球は、主に骨髄 末梢血 の細胞である。

123. 赤血球は、主に骨髄 末梢血 の細胞である。

124. 主に骨髄にあるのは、全能性幹細胞 赤血球性幹細胞 前赤芽球 赤芽球 網赤血球 赤血球 である。

125. 主に末梢血にあるのは、全能性幹細胞 赤血球性幹細胞 前赤芽球 赤芽球 網赤血球 赤血球 である。

126. 有核であるのは、全能性幹細胞 赤血球性幹細胞 前赤芽球 赤芽球 網赤血球 赤血球 である。

127. 無核であるのは、全能性幹細胞 赤血球性幹細胞 前赤芽球 赤芽球 網赤血球 赤血球 である。

128. ヘモグロビンを多く含有するのは、全能性幹細胞 赤血球性幹細胞 前赤芽球 赤芽球 網赤血球 赤血球 である。

129. ヘモグロビンを多く含有しないのは、全能性幹細胞 赤血球性幹細胞 前赤芽球 赤芽球 網赤血球 赤血球 である。

130. 全能性幹細胞は、

前赤芽球、赤芽球への分化・増殖を促進する
遺伝情報を保持し、グロビンを生成する
補酵素として作用し、赤芽球のDNAを合成する
ポルフィリンの前駆体である
血清鉄を運搬する
ヘム成分の一部を構成する
赤血球だけではなく、全血球に分化する
ことで、造血に必要である。

131. 赤血球だけではなく、全血球に分化することで造血に必要な因子は

グロビン遺伝子
ビタミンB12
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)
トランスフェリン
幹細胞

葉酸
腎臓におけるエリスロポ(イ)エチン生成
である。

132. ヘム成分の一部を構成することで造血に必要な因子は

葉酸
腎臓におけるエリスロポ(イ)エチン生成
幹細胞

ビタミンB12
トランスフェリン
グロビン遺伝子
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)
である。

133. 血清鉄を運搬することで造血に必要な因子は

デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)
トランスフェリン
グロビン遺伝子

ビタミンB12
幹細胞
腎臓におけるエリスロポ(イ)エチン生成
葉酸
である。

134. ポルフィリンの前駆体であることで造血に必要な因子は

デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)
幹細胞

葉酸
グロビン遺伝子
トランスフェリン
ビタミンB12
腎臓におけるエリスロポ(イ)エチン生成
である。

135. 補酵素として作用し、赤芽球のDNAを合成することで造血に必要な因子は

幹細胞
腎臓におけるエリスロポ(イ)エチン生成
グロビン遺伝子

トランスフェリン
ビタミンB12
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)
葉酸
である。

136. 前赤芽球、赤芽球への分化・増殖を促進することで造血に必要な因子は

デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)
ビタミンB12
幹細胞

トランスフェリン
腎臓におけるエリスロポ(イ)イエチン生成
葉酸
グロビン遺伝子
である。

137. 遺伝情報を保持し、グロビンを生成することで造血に必要な因子は

腎臓におけるエリスロポ(イ)エチン生成
トランスフェリン
幹細胞
グロビン遺伝子

葉酸
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)
ビタミンB12
である。

138. 鉄欠乏性貧血の主な病因は、

鉄不足
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)の欠損、機能低下
トランスフェリンの欠損
トランスフェリンの減少
グロビン遺伝子欠損
赤血球に対する自己抗体
全能性幹細胞の分裂・分化能の低下
ビタミンB12、葉酸の欠乏
である。

139. 鉄芽球性貧血の主な病因は

鉄不足
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)の欠損、機能低下
トランスフェリンの欠損
トランスフェリンの減少
グロビン遺伝子欠損
赤血球に対する自己抗体
全能性幹細胞の分裂・分化能の低下
ビタミンB12、葉酸の欠乏
である.

140. 鉄芽球性貧血では,デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)の欠乏によりポルフィリン グロビン グロブリン アルブミン グロンサン クロナマ が生成できず,全能性幹細胞 赤血球性幹細胞 前赤芽球 赤芽球 網赤血球 赤血球 鉄 銅 亜鉛 カルシウム マグネシウム がたまって,鉄芽球 巨赤芽球 に変性する.

141. 無トランスフェリン血症の主な病因は

鉄不足
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)の欠損、機能低下
トランスフェリンの欠損
トランスフェリンの減少
グロビン遺伝子欠損
赤血球に対する自己抗体
全能性幹細胞の分裂・分化能の低下
ビタミンB12、葉酸の欠乏
である.

142. 慢性疾患にともなう貧血の主な病因は

鉄不足
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)の欠損、機能低下
トランスフェリンの欠損
トランスフェリンの減少
グロビン遺伝子欠損
赤血球に対する自己抗体
全能性幹細胞の分裂・分化能の低下
ビタミンB12、葉酸の欠乏
である.

143. サラセミアの主な病因は

鉄不足
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)の欠損、機能低下
トランスフェリンの欠損
トランスフェリンの減少
グロビン遺伝子欠損
赤血球に対する自己抗体
全能性幹細胞の分裂・分化能の低下
ビタミンB12、葉酸の欠乏
である.

144. 自己免疫性溶血性貧血の主な病因は

鉄不足
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)の欠損、機能低下
トランスフェリンの欠損
トランスフェリンの減少
グロビン遺伝子欠損
赤血球に対する自己抗体
全能性幹細胞の分裂・分化能の低下
ビタミンB12、葉酸の欠乏
である.

145. 再生不良性貧血の主な病因は

鉄不足
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)の欠損、機能低下
トランスフェリンの欠損
トランスフェリンの減少
グロビン遺伝子欠損
赤血球に対する自己抗体
全能性幹細胞の分裂・分化能の低下
ビタミンB12、葉酸の欠乏
である。

146. 再生不良性貧血では、

赤血球だけではなく、全血球に分化する
ヘム成分の一部を構成する
血清鉄を運搬する
酵素として作用し、鉄とポルフィリンとを結合する
補酵素として作用し、赤芽球のDNAを合成する
前赤芽球、赤芽球の分化・増殖を促進する
遺伝情報を保持し、グロビンを生成する
全能性幹細胞の分裂・分化能が低下し、全能性幹細胞、赤血球性幹細胞、前赤芽球、赤芽球、網赤血球、赤血球の分化過程がブロックされて造血が低下する。

147. 巨赤芽球性貧血の主な病因は、

鉄不足
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)の欠損、機能低下
トランスフェリンの欠損
トランスフェリンの減少
グロビン遺伝子欠損
赤血球に対する自己抗体
全能性幹細胞の分裂・分化能の低下
ビタミンB12および/または葉酸の欠乏
である。

148. 全能性幹細胞は、赤血球系 白血球系 血小板系 に分化・成熟ができる。

149. 赤血球系幹細胞は、赤血球系 白血球系 血小板系 の分化・成熟ができる。

150. 赤血球系幹細胞は、ヘモグロビンを生成している ほとんどしていない 

151. 胃の主細胞からは胃酸の正体である タンパク分解酵素である 粘膜保護作用のある ホルモンである 塩酸 ペプシンの前駆体であるペプシノーゲン ムチン ガストリン 外分泌 内分泌 される。

152. 胃の旁(壁)細胞からはタンパク分解酵素である 粘膜保護作用のある 胃酸の正体である ホルモンである 塩酸 ペプシンの前駆体であるペプシノーゲン ガストリン ムチン 外分泌 内分泌 される。

153. 胃の副(粘液)細胞からはホルモンである タンパク分解酵素である 胃酸の正体である 粘膜保護作用のある ガストリン ペプシンの前駆体であるペプシノーゲン ムチン 塩酸 外分泌 内分泌 される。

154. 塩酸を外分泌しているのは胃の主 副(粘液) 旁(壁) 細胞である.

155. ムチンを外分泌しているのは胃の副(粘液) 主 旁(壁) 細胞である.

156. ペプシノーゲンを外分泌しているのは胃の主 旁(壁) 副(粘液) 細胞である.

157. 特定の遺伝子は、その遺伝子を使っている細胞のみにある すべての体細胞にある 

158. インスリンを決定する遺伝子は、インスリンを分泌する細胞のみにある すべての細胞にある 

159. 虹彩の色を決定する遺伝子は、脳神経細胞 骨細胞 虹彩の細胞 腎尿細管細胞 鼻粘膜の細胞 に存在する。

160. 遺伝子は、細胞の細胞膜 核内 核外細胞内 細胞外 に存在する。

161. 耳に関する遺伝子は、全細胞にある 耳のみにある 

162. ヒトの(生殖細胞ではない)通常の細胞(体細胞)には、常染色体は11 22 23 46 対,11 22 23 44 46 本ある。

163. ヒトの(生殖細胞ではない)通常の細胞(体細胞)1つには、性染色体は 11 22 23 44 46 本ある。

164. ヒトの(生殖細胞ではない)通常の細胞(体細胞)1つには、染色体は11 22 23 44 46 本ある。

165. 染色体は、核内 細胞質内 常に出現している 細胞分裂の際に出現する 出現しているが細胞分裂の際に消える 

166. 1細胞内に2ヶ所あるRh遺伝子の座の両方にRh遺伝子が入っている場合(Rh遺伝子型:Rh+/+)、その個人のRh式血液型はプラス マイナス となる。

167. 1細胞内に2ヶ所あるRh遺伝子の座の片方にRh遺伝子が入っていて,もう片方に入っていない場合(Rh遺伝子型:Rh+/-)、その個人のRh式血液型はプラス マイナス となる。

168. 1細胞内に2ヶ所あるRh遺伝子の座の両方にRh遺伝子が入っていない場合(Rh遺伝子型:Rh-/-)、その個人のRh式血液型はマイナス プラス となる。

169. 一般的な体細胞分裂では、遺伝子は

半分ずつ受け継がれる
分裂した一方の細胞にすべて受け継がれる
半分ずつ受け継がれたあとに倍増する、すなわち通常量が受け継がれる
場合により異なる
倍増したあとに2等分する、すなわち通常量が受け継がれる

170. 減数分裂の結果、対の(相同)染色体は、それぞれ同じ ランダムな 別々の 生殖細胞へ受け継がれる。

171. ヒトの生殖細胞には、常染色体は11 22 23 44 46 本ある。

172. ヒトの生殖細胞には、性染色体は 11 22 23 44 46 本ある。

173. ヒトの生殖細胞には、染色体は11 22 23 44 46 本ある。

174. ヒトの生殖細胞で、常染色体は対になっている いない いたりいなかったりする 

175. 男性の(生殖細胞ではない)通常の細胞には、血液凝固第VIII因子遺伝子の座は11 22 23 46 ヶ所ある。

176. 女性の(生殖細胞ではない)通常の細胞には、 血液凝固第VIII因子遺伝子の座は11 22 23 46 ヶ所ある。

177. 卵子形成の減数分裂において、血液凝固第VIII因子遺伝子の座がある2つのX染色体はそれぞれランダムな 同じ 別々の 細胞へ受け継がれていく。

178. 生殖細胞(精子・卵子)形成の減数分裂において、Rh遺伝子の座がある(対になっている)1番(常)染色体はそれぞれ同じ 別々の ランダムな  生殖細胞(精子・卵子)へ受け継がれていく。

179. Rh式血液型の遺伝子型がRh+/+のヒトの生殖細胞にRh遺伝子が含まれる確率は1/46 1/23 1/4 1/2 3/4 22/23 である。

180. Rh式血液型の遺伝子型がRh+/+のヒトの生殖細胞にRh遺伝子が含まれない確率は1/46 1/23 1/4 1/2 3/4 22/23 である。

181. Rh式血液型の遺伝子型がRh+/-のヒトの生殖細胞にRh遺伝子が含まれる確率は1/46 1/23 1/4 1/2 3/4 22/23 である。

182. Rh式血液型の遺伝子型がRh+/-のヒトの生殖細胞にRh遺伝子が含まれない確率は1/46 1/23 1/4 1/2 3/4 22/23 である。

183. Rh式血液型の遺伝子型がRh-/-のヒトの生殖細胞にRh遺伝子が含まれる確率は1/46 1/23 1/4 1/2 3/4 22/23 である。

184. Rh式血液型の遺伝子型がRh-/-のヒトの生殖細胞にRh遺伝子が含まれない確率は1/46 1/23 1/4 1/2 3/4 22/23 である。

185. 生殖細胞(精子・卵子)形成の減数分裂において、ABO式血液型を決定する遺伝子の座がある(対の)9番(常)染色体は、それぞれ同じ ランダムな 別々の  生殖細胞(精子・卵子)へ受け継がれていく。

186. 遺伝子が直接決定するのは分解反応 細胞分裂 合成反応 タンパク質 ビタミン である。

187. 細胞分裂の際、染色体を移動させるのは、核小体 中心体 の働きである。

188. 人の体は、体外にある細胞やたんぱく質などを、「非自己」 「自己」 とみなしている。

189. 聖徳太子の細胞は、聖徳太子の体にとっては自己 非自己 である。

190. 聖徳太子の細胞は、卑弥呼の体にとっては非自己 自己 である。

191. 卑弥呼の細胞は、聖徳太子の体にとっては非自己 自己 である。

192. 卑弥呼の細胞は、卑弥呼の体にとっては非自己 自己 である。

193. 親の細胞は、子供にとっては自己 非自己 である。

194. 子供の細胞は、親にとっては非自己 自己 である。

195. 自分の細胞は、恋人にとっては自己 非自己 である。

196. 体内にある物質、細胞は、抗体 抗原 で自己・非自己を識別される。

197. 細胞の抗原とは、生体が自己/非自己を識別する細胞膜上のたんぱく質特性であり、生体防御反応をおこさせ得る。正 誤 

198. 肥満細胞は、無顆粒球 顆粒球 である。

199. 単球(マクロファージ,大食細胞)は、顆粒球 無顆粒球 である。

200. 顆粒球には、

好酸球
好塩基球
リンパ球
好中球
肥満細胞
単球(マクロファージ、大食細胞)
があげられる。

201. 無顆粒球には、

肥満細胞
好酸球
単球(マクロファージ、大食細胞)
好中球
好塩基球
リンパ球
があげられる。

202. もっとも多い白血球は、

好酸球
肥満細胞
好中球
リンパ球
好塩基球
単球(マクロファージ、大食細胞)
である。

203. 免疫担当細胞は、好中球 単球 好酸球 肥満細胞 好塩基球 リンパ球 である。

204. T細胞(リンパ球)が直接担っているのは、細胞性 (体)液性 免疫である。

205. B細胞(リンパ球)が直接担っているのは、(体)液性 細胞性 である。

206. 細胞性免疫は、T細胞(リンパ球) B細胞(リンパ球) が直接担っている。

207. (体)液性免疫は、B細胞(リンパ球) T細胞(リンパ球) が直接担っている。

208. 他人の細胞に対しては、主に(体)液 細胞 性免疫が応答する。

209. 腫瘍細胞に対しては、主に細胞 (体)液 性免疫が応答する。

210. 真菌(カビ)に対しては、主に細胞 (体)液 性免疫が応答する。

211. 結核菌に対しては、主に細胞 (体)液 性免疫が応答する。

212. 形質細胞はBリンパ球に由来し、フィブリノーゲン 抗体 を生成(産生)する。

213. 抗体による攻撃(免疫応答)は、(体)液 細胞 性免疫である。

214. 肥満細胞の膜表面に付着しており、アレルギーI型と関係するのはIgG IgM IgE IgA IgD である。

215. I型のアレルギーは、肥満細胞の表面に結合したIgに特定の抗原(花粉など)が結合し、肥満細胞からγグロブリン ヒスタミン ペニシリン フィブリノーゲン エストロゲン などの化学物質が放出されておこる。

216. 膝蓋腱反射とは、膝蓋腱が刺激されることにより、 大腿四頭筋膝蓋腱の腱紡錘 大腿四頭筋の筋紡錘 が伸展され、Ia Ib  求心 遠心 性線維に活動電位が発生し、脊髄 後根 前根 から脊髄に入り、 脳 脊髄 を中枢とし、 単 多 シナプスを介して、大腿四頭筋を支配する ベータ アルファ 性運動神経細胞が活性化され、その線維と活動電位とが前根 後根 から脊髄を出て、大腿四頭筋を活性化させて、膝が伸展する反射である。

217. 静止(弛緩)時、心筋細胞の細胞内電位は陰性 陽性 である。

218. 活動(収縮)時、心筋細胞の細胞内電位は陽性 陰性 である。

219再分極 脱分極 とともに心筋細胞の活動(収縮)期が始まる。

220再分極 脱分極 とともに心筋細胞の静止(弛緩)期が始まる。

221. 心筋細胞に発生する活動電位は順に脱分極 プラトー 再分極 プラトー 再分極 脱分極 再分極 脱分極 プラトー に分けられる。

222. 細胞内電位の極性が細胞間で異なる場合は、陽性部分から陰性部分へ 陰性部分から陽性部分へ の「電気ベクトル」が発生しているとみなすことができる。

223. 同じ極性であっても、細胞内電位の強さに細胞間で差がある場合は、相対的に陽性の強い 弱い 方向への電気ベクトルが発生しているとみなすことができる。

224. 梗塞とは細胞死を意味し、電気活動は原則的にない わずかしかない 

225. 虚血状態にある心室筋の細胞内電位は、プラトー相において、弱い 強い 陽性である。

226. 全心室筋が脱分極しプラトーを形成すると、全心室の細胞内電位は一様に陽性になり、平坦なST部分 顕著なQRS波 が観察される。

227. 有毛細胞は中耳 内耳 外耳 の構造物である.

228. 聴覚の受容器は、蝸牛の蓋膜 有毛細胞 である。

229. 重力の受容器は、前庭の耳石 有毛細胞 平衡砂 である。

230. 加速度の受容器は、三半規管のリンパ液 有毛細胞 である。

231軽い 重い 平衡砂(耳石)により、有毛細胞が重力の反対方向 の方向 に変形することにより姿勢を感覚するための受容器は、三半規管 コルチ器 蝸牛 球形嚢 卵形嚢 である。

232. 加速度は、三半規管の有毛細胞を動かすことで活動電位に変換される。最終的に三半規管の有毛細胞を動かすのは、前庭窓 リンパ液 耳石 の動きである。

233. 音波は、蝸牛のコルチ器の有毛細胞を動かすことで活動電位に変換される。最終的にコルチ器の有毛細胞を動かすのは、耳小骨 鼓膜 リンパ液 蓋膜 の振動である。

234. 蝸牛の基底膜が振動すると、蓋膜と有毛細胞とは一緒に動く ずれて動く 

235. 筋紡錘からの求心性活動は,脊髄を介して,運動神経細胞を 抑制する 興奮させる .

236. 腱紡錘からの求心性活動は、脊髄を介して、運動神経細胞を 抑制する 興奮させる .

237. 無機ヨードの有機化は甲状腺ろ胞細胞内 血中 甲状腺ろ胞内 で行われる。

238. ジ・ヨードチロシン基の縮合は血中 甲状腺ろ胞細胞内 甲状腺ろ胞内 で行われる。

239. サイログロブリンの加水分解は血中 甲状腺ろ胞内 甲状腺ろ胞細胞内 で行われる。

240. T4の脱ヨード反応は甲状腺ろ胞内 血中 甲状腺ろ胞細胞内 で行われる。

241. 甲状腺ろ胞細胞内で行われるのは

無機ヨードの有機化
サイログロブリンの加水分解
T4の脱ヨード反応
ジ・ヨードチロシン基の縮合
である。

242. ミオグロビンは、赤血球 骨格筋細胞 内の色素たんぱく質である。

243. 骨格筋細胞には、ミオグロビン ヘモグロビン が多い。

244. ミオグロビンは、赤血球から酸素を筋細胞へ移行させる 筋細胞を収縮させる 作用がある。

245. 1つの固有心筋細胞が活動すると、すぐ隣にある固有心筋細胞は、絶縁の原則にしたがって静止したままである 機能的合胞体なのだから活動する 

246. 筋線維は、興奮性細胞である ない 

247. 活動電位が発生する場所は、神経細胞の 核 膜 である。

248. 筋細胞の静止膜電位は細胞内(細胞膜の内側)が 陰性 陽性 である.

249. 筋細胞の活動電位は、細胞内(細胞膜の内側)が 陰性 陽性 である。

250. 収縮時、カルシウムは筋細胞内の小胞体 リボソーム 核 ゴルジ小体 ミトコンドリア から、筋線維に供給される。

251. 「プラトー」は、固有心筋の膜電位 細胞間の電気的性質 力学的性質 電子顕微鏡像 において特徴的である。

252. 刺激伝導系を構成する細胞は、心筋 神経 細胞である。

253. 細胞膜の主な構成成分は炭水化物 リン脂質 ステロイド タンパク質 トリグリセリド である。

254. 細胞膜では、リン脂質が層構造になっている。

255. ホルモンは細胞膜のポンプ シナプス レセプター(受容体) ゲート チャンネル(チャネル) に結合して作用する。

256. 神経伝達物質は細胞内 細胞膜 で受容される。

257. 水溶性の物質は細胞膜を拡散により通過しやすい にくい 

258. 脂溶性の物質は細胞膜を拡散により通過しやすい にくい 

259水溶性 脂溶性 の物質は細胞膜を拡散により通過しにくい。

260脂溶性 水溶性 の物質は細胞膜を拡散により通過しやすい。

261. 神経細胞の膜にあるポンプはナトリウムイオンをくみ出している 取り込んでいる 

262. 神経細胞の膜にあるポンプはカリウムイオンをくみ出している 取り込んでいる 

263. 神経細胞の膜にあるポンプの作用により、細胞内外のナトリウムイオンの濃度差は大きくなる 小さくなる 

264. 神経細胞の膜にあるポンプの作用により、細胞内外のカリウムイオンの濃度差は大きくなる 小さくなる 

265. 神経細胞内のカリウムイオン濃度は高く、細胞外では低い。細胞膜のカリウムイオンチャンネル(チャネル)が開くと、カリウムイオンは流入 流出 する。

266. 細胞膜の、ある特定の物質に対するチャンネル(チャネル)が開くと、その物質の細胞内外の濃度差は小さく 大きく なる。

267. エンドサイトーシスは、細胞が物質を取り込む 分泌する 課程である。

268. エクソサイトーシスは、細胞が物質を分泌する 取り込む 課程である。

269. エンドサイトーシスでは、物質は膜に取り囲まれて 膜を通過して 細胞内に入る。

270. エクソサイトーシスでは、物質は膜に取り囲まれて 膜を通過して 細胞外に出る。

271. 表皮の最深層 最表層 にある角質層は活発に細胞分裂 死滅 している。

272. 爪はコラーゲン ケラチン コレステロール を多く含有している。
爪は表皮の特殊な基底層 角質層 有棘層 顆粒層 であり、(根部ではなく)本態は、活発に細胞分裂 死滅 している。

273. 細胞膜は平坦であり、すべての小器官は細胞内にある。誤 正 

274. 微絨毛とは細胞膜の電子顕微鏡レベルの凹凸であり、これにより細胞の表面積は増大 減少 する。

275. 細胞の表面積が広いほど、吸収などの物質移動の効率は高い 低い 

276. ペプチドホルモンは、細胞膜を通過しない 通過する 

277. ペプチドホルモンの受容体は細胞膜 核 質 核膜 にある。

278. カテコールアミンは、細胞膜を通過する 通過しない 

279. カテコールアミンの受容体は細胞質 核膜 膜 核 にある。

280. G-プロテイン(Gたんぱく質)は

細胞膜に到達したホルモン
ホルモンが結合していない、細胞膜にある受容体
セカンドメッセンジャー
ホルモンが結合した、細胞膜にある受容体
により活性化する。

281. G-プロテイン(Gたんぱく質)は細胞質 核 膜 核膜 にある。

282. サイクリックアデノシン1リン酸(cAMP)生成酵素は細胞核膜 核 膜 質 にある。

283. サイクリックアデノシン1リン酸(cAMP)は細胞核 膜 核膜 質 にある。

284. ステロイドホルモンの受容体は細胞核膜 膜 核 質 にある。

285. ステロイドホルモンは細胞膜を通過しない 通過する 

286. 甲状腺の濾胞細胞は重層扁平 単層立方 単層円柱 移行 単層扁平 上皮である。

287

気管粘膜
皮膚
尿管粘膜
食道粘膜
膀胱粘膜
卵管粘膜
口腔粘膜
腸粘膜
血管内皮
胃粘膜
腎尿細管
甲状腺の濾胞細胞
肺胞内皮
は単層扁平上皮である。

288

尿管粘膜
口腔粘膜
胃粘膜
腎尿細管
膀胱粘膜
甲状腺の濾胞細胞
血管内皮
気管粘膜
皮膚
卵管粘膜
腸粘膜
肺胞内皮
食道粘膜
は単層立方上皮である。

289

食道粘膜
気管粘膜
腎尿細管
血管内皮
卵管粘膜
皮膚
腸粘膜
胃粘膜
尿管粘膜
膀胱粘膜
口腔粘膜
肺胞内皮
甲状腺の濾胞細胞
は単層円柱上皮である。

290

気管粘膜
卵管粘膜
肺胞内皮
尿管粘膜
腎尿細管
胃粘膜
腸粘膜
甲状腺の濾胞細胞
膀胱粘膜
血管内皮
皮膚
口腔粘膜
食道粘膜
は重層扁平上皮である。

291

食道粘膜
皮膚
尿管粘膜
肺胞内皮
胃粘膜
気管粘膜
甲状腺の濾胞細胞
腸粘膜
腎尿細管
血管内皮
卵管粘膜
口腔粘膜
膀胱粘膜
は移行上皮である。

292神経細胞 白血球、腸管上皮細胞 は,細胞分裂せず,寿命の長い細胞である.

293神経細胞 白血球、腸管上皮細胞 は,活発に細胞分裂し,寿命の短い細胞である.

294. 神経細胞は活発に細胞分裂し、寿命の短い 細胞分裂せず、寿命の長い 細胞である.

295. 白血球,腸管上皮細胞は細胞分裂せず、寿命の長い 活発に細胞分裂し、寿命の短い 細胞である.

296. 常染色体上にある特定の遺伝子の座は、(生殖細胞以外の)通常の細胞(体細胞)に11 22 23 44 46 ずつ存在している。

297. ひとつの体細胞にある、特定の遺伝子の2つの座は、

同じ染色体の隣り合った位置にある
対ではない、異なった染色体の同じ位置にある
同じ染色体の離れた位置にある
対になっている(相同)染色体の異なる位置にある
対になっている(相同)染色体の同じ位置にある
46本の染色体のでたらめな位置にある

298. 細胞が活動するためには、エネルギーが必要である ない 

299. 細胞が活動するためには、栄養素のエネルギーをそのまま使う 「取り出し」てから使う 

300. ヒトの、活発に活動している細胞の中で、栄養素は分解 生成 される。

301. 細胞が活動すると、細胞内のエネルギーは生成されて増える 消費されて減る 

302. IgAの特徴としては,

もっとも多量であり、破壊力がある
分泌液中に多い
肥満細胞の表面に付着しており、細胞内の物質を放出させる
凝集素である
ことがあげられる.

303. IgEの特徴としては,

肥満細胞の表面に付着しており、細胞内の物質を放出させる
凝集素である
もっとも多量であり、破壊力がある
分泌液中に多い
ことがあげられる.

304. IgGの特徴としては,

凝集素である
もっとも多量であり、破壊力がある
肥満細胞の表面に付着しており、細胞内の物質を放出させる
分泌液中に多い
ことがあげられる.

305. IgMの特徴としては,

凝集素である
肥満細胞の表面に付着しており、細胞内の物質を放出させる
もっとも多量であり、破壊力がある
分泌液中に多い
ことがあげられる.

306. 狭心症では、冒された心筋細胞の機能が停止する(細胞壊死に陥る) 低下する ことが特徴的である。

307. 心筋梗塞では、冒された心筋細胞の機能が低下する 停止する(細胞壊死に陥る) ことが特徴的である。

308. 本態が膵臓β細胞破壊であることは、1型 2型 糖尿病の特徴である。

309. 本態が膵臓β細胞疲弊、インスリン抵抗性であることは、1型 2型 糖尿病の特徴である。

310. 1型糖尿病では、膵臓β細胞疲弊、インスリン抵抗性 膵臓β細胞破壊 が主病態である。

311. 2型糖尿病では、膵臓のβ細胞は活性化 疲弊 し、インスリンの分泌は多く 少なく なる。

312. 人の細胞の抗原と細菌の抗原とは、異なっている 同様である 

313. ヒトの(生殖細胞ではない)通常の細胞(体細胞)1つには、常染色体は 11 22 23 44 46 本ある。

314. 女性の(生殖細胞ではない)通常の細胞(体細胞)1つには、常染色体は 11 22 23 44 46 本ある。

315. 女性の(生殖細胞ではない)通常の細胞(体細胞)1つには、性染色体は 11 22 23 44 46 本ある。

316. 女性の(生殖細胞ではない)通常の細胞(体細胞)1つには、染色体は 11 22 23 44 46 本ある。

317. 男性の(生殖細胞ではない)通常の細胞(体細胞)1つには、常染色体は 11 22 23 44 46 本ある。

318. 男性の(生殖細胞ではない)通常の細胞(体細胞)1つには、性染色体は 11 22 23 44 46 本ある。

319. 男性の(生殖細胞ではない)通常の細胞(体細胞)1つには、染色体は 11 22 23 44 46 本ある。

320. ある細胞には、その細胞が使っていない遺伝子 その細胞が使っている遺伝子 がある。

321. 1つの体細胞に2つあるRh遺伝子の座に、Rh遺伝子は、人によって、0〜1 0〜2 1〜2 こ入っている可能性がある。

322. 体細胞に入っているRh遺伝子の数は、人 (同じ人の)細胞 によって異なる可能性がある。

323. ABO式血液型を決定する遺伝子の座がある9番染色体は、ヒトの(生殖細胞ではない)通常の細胞に 11 22 23 44 46 本ある。

324. 骨細胞は、破骨細胞 骨芽細胞 に由来する。

325. 骨芽細胞は、骨を破壊 形成 する。

326. 破骨細胞は、骨を破壊 形成 する。

327破骨細胞 骨芽細胞 は、骨を形成する。

328骨芽細胞 破骨細胞 は、骨を破壊する。

329. 活性型ビタミンDは小腸粘膜細胞で

カルシウムポンプの活性を亢進させる
カルシウム結合たんぱく質の生成を亢進させる
近傍の血流を増やす
ことで、カルシウムの吸収を促進する。

330. 細胞活動に直接的に必要なのは、細胞内 外 のエネルギーである。

331. エネルギー代謝により、酸素は、細胞内に入って消費される 生成され、細胞外に出てくる 

332. (酸素を使った)エネルギー代謝により、二酸化炭素は、細胞内に入って消費される 生成され、細胞外に出てくる 

333. (酸素を使った)エネルギー代謝により、水は、細胞外から入って消費される 生成され、細胞内から出てくる 

334. カイロ(キロ)ミクロンは、血管内皮細胞の表面 肝臓 血中 小腸壁 小腸内腔 で生成される。

335. 超低比重リポたんぱく(VLDL)は、肝臓 血管内皮細胞の表面 小腸内腔 小腸壁 血中 で生成される。

336. 低比重リポたんぱく(LDL)は小腸内腔 小腸壁 肝臓 血管内皮細胞の表面 血中 で生成される。

337. 幼若な高比重リポたんぱく(HDL)は、小腸壁 肝臓 小腸内腔 血中 血管内皮細胞の表面 で生成される。

338. 食餌(外因)性のトリグリセリドを末梢細胞に運ぶ作用がもっとも強いのは、HDL VLDL カイロ(キロ)ミクロン LDL である。

339. 肝臓に貯蔵されていた(内因性の)トリグリセリドとコレステロールとを末梢細胞に運ぶ作用がもっとも強いのは、LDL VLDL HDL カイロ(キロ)ミクロン である。

340. VLDLからTGが離れることで生成し、コレステロールを末梢細胞に運ぶ作用がもっとも強いのは、カイロ(キロ)ミクロン HDL VLDL LDL である。

341. 図は内耳の半規管を表していて、*印は耳介 空気 有毛細胞 リンパ液 耳管 である。


図表-1