問題文の検索結果

1. プラスミノーゲン・アクチベータ・インヒビターは線溶系を亢進 抑制 する.

2. 線溶系とはフィブリンを作れなくする 一度出来上がったフィブリンを溶解すること であり、凝固系の抑制とはフィブリンを作れなくする 一度出来上がったフィブリンを溶解する ことである.

3. アスピリンは抗血小板薬 抗凝固剤 線溶系亢進剤 である.

4. ヘパリンは抗血小板薬 抗凝固剤 線溶系亢進剤 である.

5. ワーファリン(クマリン)は抗血小板薬 抗凝固剤 線溶系亢進剤 である.

6. クエン酸ナトリウムは抗血小板薬 抗凝固剤 線溶系亢進剤 である.

7. ウロキナーゼは抗血小板薬 抗凝固剤 線溶系亢進剤 である.

8. 組織型プラスミノーゲンアクチベーター(t-PA) は抗血小板薬 抗凝固剤 線溶系亢進剤 である.

9. 線溶系亢進剤には

アスピリン
ヘパリン
ワーファリン(クマリン)
クエン酸ナトリウム
ウロキナーゼ
組織型プラスミノーゲンアクチベーター(t-PA)
などがある