問題文の検索結果

1. 窒素原子を含む代謝産物は、主に 腎臓  肺 腸管 肝臓 から排出される。

2. 細胞内でアミノ酸、アンモニウムイオン 尿素 アンモニア に代謝され、血中に分泌される。前選択肢の物質の毒性は 高く 低く 、そのため、 腸管 腎臓 肝臓  肺 はこれを アンモニウムイオン アンモニア 尿素 に代謝し、毒性を 低く 高く し、血中に分泌する。 肝臓 腸管 腎臓  肺 は前々選択肢の物質を尿中に排泄する。以上より、腎不全の際に血中に増大する物質は、アンモニウムイオン アンモニア 尿素 である。

3. ビタミンDを活性化する臓器として適切なのは 腸管 肝臓 腎臓 骨 皮膚 副甲状腺 肺  である.

4. 肺胞における酸素の移動は、能動輸送 拡散 浸透圧 ろ過 による。

5. 酸性物質、H+は、主に 腎臓 肺 から排出される。

6. CO2は、主に 肺 腎臓 から排出される。

7. 重炭酸緩衝系により、腎、肺は、負荷を分担できる。 正 誤 

8. 揮発性酸とは, 肺 腎臓 が主な排出経路である酸性物質,である.

9. 不揮発性酸とは, 肺 腎臓 が主な排出経路である酸性物質,である.

10. 安静時,動脈血に比べて静脈血のpHは 同等である 高い 低い .これは,筋肉など各臓器が CO2 乳酸 重炭酸 重炭酸イオン リン酸 を放出し,肺での排出のために動静脈間で濃度差があり,重炭酸緩衝系はこれに対して静脈内で 

H+ + HCO3- ← H2CO3 ← H2O + CO2
H+ + HCO3- → H2CO3 → H2O + CO2
方向へ作用しているためである.

11. 肺の機能低下により、動脈血に最初に起こる変化は、 CO2 H+ 濃度の 増加 減少 である。

12. 肺の機能亢進により、動脈血に最初に起こる変化は、 H+ CO2 濃度の 増加 減少 である。

13. 肺の機能低下(肺炎)そのものにより(重炭酸緩衝系の作用なしに)、動脈血に最初に起こる変化は、CO2増大、すなわち、

代謝性アシドーシス(による酸血症)
低CO2血症
高CO2血症
代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
である。血漿のこの変化に対し、重炭酸緩衝系は、 
H+ +HCO3- → H2CO3 → H2O + CO2
H+ + HCO3- ← H2CO3 ← H2O + CO2
の方向に作用する。そのため、H+は 減少 増大 する。 すなわち、
代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
代謝性アシドーシス(による酸血症)
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
がもたらされる。

14. 肺の機能亢進そのものにより(重炭酸緩衝系の作用なしに)、動脈血に最初に起こる変化は、CO2の減少、すなわち、

高CO2血症
代謝性アシドーシス(による酸血症)
低CO2血症
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
代謝性アルカローシス(によるアルカリ症)
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
である。血漿のこの変化に対し、重炭酸緩衝系は、 
H+ + HCO3- → H2CO3 → H2O + CO2
H+ + HCO3- ← H2CO3 ← H2O + CO2
の方向に作用する。そのため、H+は 減少 増大 する。 すなわち、
代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
代謝性アシドーシス(による酸血症)
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
がもたらされる。

15. 肺炎(肺の機能低下)そのものにより(重炭酸緩衝系の作用なしに)動脈血に最初に起こる変化は H+ CO2 の 増大 減少 、すなわち 

代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
代謝性アシドーシス(による酸血症)
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
低CO2血症
高CO2血症
である。血漿のこの変化に対し、重炭酸緩衝系は 
H+ + HCO3- ← H2CO3 ← H2O + CO2
H+ + HCO3- → H2CO3 → H2O + CO2
の方向に作用する.。「重炭酸緩衝系の緩衝力は完全ではない」ため、緩衝系により減少する H+ CO2 の量は、原疾患(肺の機能低下)により増大する量より 大きい 小さい 。そのため、総和(正常状態との比較)としては、CO2は 減少 増大 し、H+は 減少 増大 する。 すなわち、(種々の代償作用なしには)、 
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
代謝性アシドーシス(による酸血症)
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
緩衝される もたらされる 。 また、高CO2血症 低CO2血症 緩衝される もたらされる 

16. 肺の機能亢進そのものにより(重炭酸緩衝系の作用なしに)動脈血に最初に起こる変化は CO2 H+ の 増大 減少 、すなわち

低CO2血症
高CO2血症
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
代謝性アシドーシス(による酸血症)
である。血漿のこの変化に対し、重炭酸緩衝系は 
H+ + HCO3- → H2CO3 → H2O +CO2
H+ + HCO3- ← H2CO3 ← H2O + CO2
の方向に作用する。「重炭酸緩衝系の緩衝力は完全ではない」ため、緩衝系により増大する H+ CO2 の量は、原疾患(肺の機能亢進)により低下する量より 小さい 大きい 。そのため、総和(正常状態との比較)としては、CO2は 増大 減少 し、H+は 減少 増大 する。 すなわち、(種々の代償作用なしには)、
代謝性アシドーシス(による酸血症)
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
が もたらされる 緩衝される 。また、 低CO2血症 高CO2血症 が 緩衝される もたらされる 

17. H+ + HCO3- ←→ H2CO3 ←→ H2O + CO2 において,肺炎(肺の機能低下)そのものにより(重炭酸緩衝系の作用なしに)動脈血に最初に起こる変化は 

代謝性アシドーシス(による酸血症)
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
低CO2血症
代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
高CO2血症
である.重炭酸緩衝系の,この変化に近い平衡式は 
H2CO3←H2O + CO2
H2CO3→H2O + CO2
の方向に作用し,これにより,動脈血に最初に起こる変化は 完全に是正 緩衝 され,H2CO3は 減少 増大 する.これにより,重炭酸緩衝系の,最初の変化から遠い平衡式は 
H+ + HCO3-→ H2CO3
H+ + HCO3- ← H2CO3
の方向に作用する.すなわち,重炭酸緩衝系により, 
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
代謝性アシドーシス(による酸血症)
が もたらされる 緩衝される .また,重炭酸緩衝系の作用により,  高CO2血症 低CO2血症 が 緩衝され もたらされ , HCO3-は  増大 減少 する.

18. H+ + HCO3- ←→ H2CO3 ←→ H2O + CO2 において,肺の機能亢進そのものにより(重炭酸緩衝系の作用なしに)動脈血に最初に起こる変化は 

低CO2血症
代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
高CO2血症
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
代謝性アシドーシス(による酸血症)
である.重炭酸緩衝系の,この変化に近い平衡式は 
H2CO3←H2O + CO2
H2CO3→H2O + CO2
の方向に作用し,これにより,動脈血に最初に起こる変化は 緩衝 完全に是正 され,H2CO3は 増大 減少 する.これにより,重炭酸緩衝系の,最初の変化から遠い平衡式は 
H+ + HCO3-→H2CO3
H+ + HCO3-←H2CO3
の方向に作用する.すなわち,重炭酸緩衝系により, 
代謝性アシドーシス(による酸血症)
代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
が 緩衝される もたらされる .また,重炭酸緩衝系の作用により, 低CO2血症 高CO2血症 が 緩衝され もたらされ ,HCO3-は 減少 増大 する.

19. 腎臓によって代償される前の呼吸性アシドーシス(肺の機能低下による高CO2血症に対して重炭酸緩衝系が作用した状態)においては,HCO3-は正常値よりも 低下 上昇 する.

20. 代謝性アシドーシス(たとえば,腎臓の機能低下)に対して,重炭酸緩衝系が作用すると,(肺によって代償される前,)HCO3-は正常値よりも 低下 上昇 する.

21. 代謝性アシドーシス(による酸血症)に対する肺の代償とは, CO2排泄の 増大 低下 である.

22. 代謝性アシドーシス(による酸血症)に対して肺が代償したのち,重炭酸緩衝系は, 

H2O + HCO3- → H2CO3 → H2O + CO2
H2O + HCO3- ← H2CO3 ← H2O + CO2
方向へ作用する.

23. 代謝性アシドーシス(による酸血症)に対する肺の代償作用により,高CO2血症は 緩衝される  さらに進行する  .

24. 代謝性アシドーシス(による酸血症)に対する肺の代償作用とは, 

重炭酸緩衝系がもたらす高CO2血症だけではなく、酸血症による呼吸促進
重炭酸緩衝系がもたらす高CO2血症による呼吸促進
であるため, 低 高 CO2血症がもたらされる.

25. 代謝性アシドーシス(による酸血症)に対する肺の代償作用と重炭酸緩衝系の作用により,HCO3-の低下は 緩衝される さらに進行する  .

26. 代謝性アシドーシス(による酸血症)に対する肺の代償作用と重炭酸緩衝系の作用により,酸血症(pH低下)は さらに進行する 緩衝される .

27. 腎臓によって代償される前の呼吸性アルカローシス(肺の機能亢進による低CO2血症に対して重炭酸緩衝系が作用した状態)においては,HCO3-は正常値よりも 低下 増大  する.

28. 代謝性アルカローシス(たとえば,腎臓の機能亢進)に対して重炭酸緩衝系が作用すると,(肺によって代償される前,)HCO3-は正常値よりも 低下 上昇  する.

29. 代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)に対する肺の代償とは, CO2排泄の 増大 低下  である.

30. 代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)に対して肺が代償したのち,重炭酸緩衝系は, 

H2O + HCO3- → H2CO3 → H2O + CO2
H2O + HCO3- ← H2CO3 ← H2O + CO2
方向へ作用する.

31. 代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)に対する肺の代償作用により,低CO2血症は 緩衝される さらに進行する  .

32. 代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)に対する肺の代償作用とは, 

重炭酸緩衝系がもたらす低CO2血症による呼吸抑制
重炭酸緩衝系がもたらす低CO2血症だけではなく、アルカリ血症による呼吸抑制
であるため, 高 低 CO2血症がもたらされる.

33. 代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)に対する肺の代償作用と重炭酸緩衝系の作用により,HCO3-の増大は 緩衝される さらに進行する  .

34. 代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)に対する肺の代償作用と重炭酸緩衝系の作用により,アルカリ血症(pH増大)は さらに進行する 緩衝される  .

35. pH, 7.15、HCO3-, 6 mEq/L、CO2, 25 mm Hgの血液検査データと整合性のある病態は代謝性 呼吸性 アルカローシス アシドーシス である.さらに,肺機能が 

亢進する病態が合併している
低下する病態が合併している
異常をきたしていると思わせるデータはない
.

36. pH, 7.08、HCO3-, 3 mEq/L、CO2, 15 mm Hgの血液検査データと整合性のある病態は呼吸性 代謝性 アシドーシス アルカローシス である.さらに,肺機能が

亢進する病態が合併している
低下する病態が合併している
異常をきたしていると思わせるデータはない
.

37. pH, 7.13、HCO3-, 7 mEq/L、CO2, 10 mm Hgの血液検査データと整合性のある病態は代謝性 呼吸性 アシドーシス アルカローシス である.さらに,肺機能が 

異常をきたしていると思わせるデータはない
亢進する病態が合併している
低下する病態が合併している
.

38. pH, 7.50、HCO3-、 30 mEq/L、CO2、 52 mm Hgの血液検査データと整合性のある病態は 
呼吸性 代謝性  アシドーシス アルカローシス である。さらに、肺機能が 

亢進する病態が合併している
低下する病態が合併している
異常をきたしていると思わせるデータはない

39. pH, 7.48、HCO3-、 32 mEq/L、CO2、 46 mm Hgの血液検査データと整合性のある病態は代謝性 呼吸性  アシドーシス アルカローシス である。さらに、肺機能が 

亢進する病態が合併している
異常をきたしていると思わせるデータはない
低下する病態が合併している

40. pH, 7.52、HCO3-、 34.0 mEq/L、CO2、 42 mm Hgの血液検査データと整合性のある病態は 呼吸性 代謝性  アシドーシス アルカローシス である。さらに、肺機能が 

低下する病態が合併している
亢進する病態が合併している
異常をきたしていると思わせるデータはない

41. 横隔膜などの吸息筋 呼息筋 が収縮すると、胸腔と肺とは縮小 伸展 する。

42. 胸腔と肺とは、吸息時に伸展、呼息時に縮小 吸息時に縮小、呼息時に伸展 する。

43. 横隔膜などの呼息筋 吸息筋 が弛緩すると、胸腔と肺とは縮小 伸展 する。

44. 肺が伸展されている間、肺の内圧(肺胞内圧)は大気圧と比べて陰圧 等しい 陽圧 である。

45. 肺が同じ大きさに伸展した状態がつづくと、肺の内圧(肺胞内圧)は大気圧と比べて等しい 陽圧である 陰圧である 

46. 肺が伸展されている間、気流はない 気体が流出する 気体(空気)が流入する 

47. 肺が同じ大きさに伸展した状態がつづくと、気体(空気)が流入する 気流はない 気体が流出する 

48. 肺が縮小している間、肺の内圧(肺胞内圧)は大気圧と比べて等しい 陰圧である 陽圧である 

49. 肺が同じ大きさに縮小した状態がつづくと、肺の内圧(肺胞内圧)は大気圧と比べて陰圧である 等しい 陽圧である 

50. 肺が縮小している間、気体が流出する 気流はない 気体(空気)が流入する 

51. 肺が同じ大きさに縮小した状態がつづくと、気体(空気)が流入する 気体が流出する 気流はない 

52. 肺には、外向き 内向き の弾性力がある。この弾性力は、肺が伸展しているほど大きい 小さい 

53. 肺の弾性力は、肺が縮小 伸展 しているほど大きい。

54. 肺の弾性力は、肺が伸展 縮小 しているほど小さい。

55. 肺と胸壁の間には液体 気体 がある。

56. 肺と胸壁との間の圧は胸腔内圧 肺胞内圧 である。

57. 呼吸筋が弛緩していて、呼吸運動がない時、肺気量は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の量から最大の量へ増大している。
最大である。
最大の量から最小の量へ減少している。

58. 呼吸筋が弛緩していて、呼吸運動がない時、肺の内向きの弾性力は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の力から最大の力へ増大している。
最大である。
最大の力から最小の力へ減少している。

59. 呼吸筋が弛緩していて、呼吸運動がない時、肺(胞)内圧は大気圧と比べて陰圧である。 陽圧である。 等しい。 

60. 吸息の始め、肺気量は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の量から最大の量へ増大している。
最大である。
最大の量から最小の量へ減少している。

61. 吸息の始め、肺の内向きの弾性力は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の力から最大の力へ増大している。
最大である。
最大の力から最小の力へ減少している。

62. 吸息の始め、肺(胞)内圧は大気圧と比べて等しい。 陽圧である。 陰圧である。 

63. 吸息時、肺気量は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の量から最大の量へ増大している。
最大である。
最大の量から最小の量へ減少している。

64. 吸息時、肺の内向きの弾性力は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の力から最大の力へ増大している。
最大である。
最大の力から最小の力へ減少している。

65. 吸息時、肺(胞)内圧は大気圧と比べて陰圧である。 陽圧である。 等しい。 

66. 吸息の終わりには、肺気量は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の量から最大の量へ増大している。
最大である。
最大の量から最小の量へ減少している。

67. 吸息の終わりには、肺の内向きの弾性力は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の力から最大の力へ増大している。
最大である。
最大の力から最小の力へ減少している。

68. 吸息の終わりには、肺(胞)内圧は大気圧と比べて陰圧である。 陽圧である。 等しい。 

69. 呼息の始め、肺気量は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の量から最大の量へ増大している。
最大である。
最大の量から最小の量へ減少している。

70. 呼息の始め、肺の内向きの弾性力は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の力から最大の力へ増大している。
最大である。
最大の力から最小の力へ減少している。

71. 呼息の始め、肺(胞)内圧は大気圧と比べて陽圧である。 陰圧である。 等しい。 

72. 呼息時、肺気量は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の量から最大の量へ増大している。
最大である。
最大の量から最小の量へ減少している。

73. 呼息時、肺の内向きの弾性力は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の力から最大の力へ増大している。
最大である。
最大の力から最小の力へ減少している。

74. 呼息時、肺(胞)内圧は大気圧と比べて陰圧である。 陽圧である。 等しい。 

75. 呼息の終わりには、肺気量は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の量から最大の量へ増大している。
最大である。
最大の量から最小の量へ減少している。

76. 呼息の終わりには、肺の内向きの弾性力は(安静呼吸の1周期の間では)

最小である。
最小の力から最大の力へ増大している。
最大である。
最大の力から最小の力へ減少している。

77. 呼息の終わりには、肺(胞)内圧は大気圧と比べて陰圧である。 陽圧である。 等しい。 

78. 肺気量が、(安静呼吸の1周期の間で)最小であるのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

79. 肺気量が、(安静呼吸の1周期の間で)最小の量から最大の量へ増大しているのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

80. 肺気量が、(安静呼吸の1周期の間で)最大であるのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

81. 肺気量が、(安静呼吸の1周期の間で)最大の量から最小の量へ減少しているのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

82. 肺の内向きの弾性力が、(安静呼吸の1周期の間で)最小であるのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

83. 肺の内向きの弾性力が、(安静呼吸の1周期の間で)最小の力から最大の力へ増大しているのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

84. 肺の内向きの弾性力が、(安静呼吸の1周期の間で)最大であるのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

85. 肺の内向きの弾性力が、(安静呼吸の1周期の間で)最大の力から最小の力へ減少しているのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

86. 肺(胞)内圧が大気圧と比べて陰圧であるのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

87. 肺(胞)内圧が大気圧と比べて等しいのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

88. 肺(胞)内圧が大気圧と比べて陽圧であるのは、

吸息の終わり(呼息の始め)と呼息の終わり(吸息のはじめ)
吸息時
吸息の終わり(呼息の始め)
呼息時
呼息の終わり(吸息のはじめ)
である。

89. スパイロメータにより、肺活量を測定することは できる できない 

90. スパイロメータにより、全肺気量を測定することは できない できる 

91. 肺活量とは、 最大呼息位 安静呼息位 安静吸息位 最大吸息位 から 最大呼息位 安静呼息位 安静吸息位 最大吸息位 へ流出した気体の量である。

92. 肺活量は、通常、 最大吸息位から最大呼息位まで吐いて 最大呼息位から最大吸息位まで吸って 測定する。

93. 全肺気量とは、 最大呼息位 安静呼息位 安静吸息位 最大吸息位 における肺・気道内の気体の量である。

94. 機能的残気量とは、 最大呼息位 安静呼息位 安静吸息位 最大吸息位 における肺・気道内の気体の量である。

95. 残気量とは、 最大呼息位 安静呼息位 安静吸息位 最大吸息位 における肺・気道内の気体の量である。

96. 肺胞でのガス交換は 能動輸送 拡散 浸透 ろ過 により行われている。

97. 肺胞における拡散能は 二酸化炭素 酸素 の方が他方より20倍高い。

98呼息 吸息 により肺が伸展されると,肺伸展受容器が刺激される.肺伸展受容器からの 遠心性 求心性 活動電位は, 迷走神経 横隔神経 を介して 脳幹(橋・延髄) 大脳皮質 へ伝達される.そこを反射中枢として, 吸息活動が 抑制 促進 される.これを へーリング・ブロイエル マーフィー ベル・マジャンディー 反射という.

99. 咳反射をひき起こすのは イリタント受容器 肺伸展受容器 C線維末端 からの求心性活動である.

100. CO2の受容器は主に頚動脈小体 気道 延髄 大動脈弓 肺 にある。

101. O2受容器は 気道 大動脈弓 延髄 頚動脈小体 肺 にある。

102. 肺胞の数は約3億個,総表面積は70平方メートルになり,これは体表面積の約40倍である. 誤 正 

103. 肺胞以外の気道ではガス交換は行われない. 正 誤 

104. 肺胞では界面活性物質により表面張力は 増大 低下 している.

105. Cushing病では

下垂体にACTH生産性(産生)腫瘍
肺など下垂体、副腎系と無関係の箇所に発生したACTH生産性(産生)腫瘍
副腎皮質に糖質コルチコイド生産性(産生)腫瘍
がある。

106. 異所性ACTH症候群では

下垂体にACTH生産性(産生)腫瘍
肺など下垂体、副腎系と無関係の箇所に発生したACTH生産性(産生)腫瘍
副腎皮質に糖質コルチコイド生産性(産生)腫瘍
がある。

107. 副腎皮質腺腫では

副腎皮質に糖質コルチコイド生産性(産生)腫瘍
下垂体にACTH生産性(産生)腫瘍
肺など下垂体、副腎系と無関係の箇所に発生したACTH生産性(産生)腫瘍
がある。

108. ビタミンDを活性化する臓器として適切なのは、骨 副甲状腺 皮膚 腎臓 肝臓 肺 腸管 である。

109. ビタミンDを生成(産生)する臓器として適切なのは、腎臓 皮膚 肝臓 副甲状腺 腸管 肺 骨 である。

110動脈 静脈 に血栓が生じると、肺塞栓が生じることがある。

111. 正常の肺毛細血管中の酸素分圧は、約20 40 60 80 100 mmHgである。

112. 正常の肺毛細血管中の赤血球の酸素飽和度は、約20 40 60 80 100 %である。

113. ヘーリング・ブロイエル反射をひき起こすのは イリタント受容器 肺伸展受容器 C線維末端 からの求心性活動である.

114. 肺伸展受容器は

肺の縮小
pH上昇
O2濃度の低下
pH低下
CO2の上昇
CO2の低下
気道の炎症や異物
肺の伸展
O2濃度の上昇
により発生する活動電位が増大する.

115. イリタント受容器は

CO2の低下
肺の伸展
pH上昇
気道の炎症や異物
CO2の上昇
pH低下
O2濃度の上昇
肺の縮小
O2濃度の低下
により発生する活動電位が増大する.

116. 肺伸展受容器からの求心性活動は

第IX脳(舌咽)神経
第X脳(迷走)神経
第XI脳(副)神経
第XII脳(舌下)神経
横隔神経
肋間神経
を経由して延髄に届く。

117. 肺動脈は、右心房 右心室 左心房 左心室 とつながっている。

118. 肺静脈は、左心房 右心房 右心室 左心室 とつながっている。

119. 肺からの血管、心臓の腔は順番に、

右心房
左心室
肺静脈
肺動脈
大動脈
右心室
左心房
大静脈
(筋など、肺以外の臓器の)毛細血管
,
肺動脈
左心房
大静脈
右心房
左心室
肺静脈
大動脈
(筋など、肺以外の臓器の)毛細血管
右心室
,
肺静脈
左心室
肺動脈
大動脈
右心室
大静脈
右心房
(筋など、肺以外の臓器の)毛細血管
左心房
,
右心室
肺動脈
右心房
(筋など、肺以外の臓器の)毛細血管
肺静脈
大静脈
大動脈
左心室
左心房
,
(筋など、肺以外の臓器の)毛細血管
左心房
肺動脈
大静脈
肺静脈
右心室
大動脈
左心室
右心房
,
大静脈
左心室
(筋など、肺以外の臓器の)毛細血管
右心室
右心房
大動脈
肺動脈
左心房
肺静脈
,
右心室
大動脈
右心房
左心室
大静脈
(筋など、肺以外の臓器の)毛細血管
肺静脈
左心房
肺動脈
,
左心室
肺動脈
(筋など、肺以外の臓器の)毛細血管
右心房
大動脈
肺静脈
左心房
大静脈
右心室
,
肺静脈
右心室
右心房
左心室
大動脈
(筋など、肺以外の臓器の)毛細血管
肺動脈
左心房
大静脈
である。

120. 僧帽弁は、肺動脈 肺静脈 左心室 右心房 左心房 右心室 大静脈 大動脈 から肺静脈 大動脈 大静脈 肺動脈 左心房 右心房 左心室 右心室 へ血液を流す。

121. 僧帽弁は、肺動脈 左心室 大動脈 右心室 右心房 左心房 肺静脈 大静脈 から右心房 左心房 肺動脈 肺静脈 大静脈 左心室 大動脈 右心室 への逆流を防いでいる。

122. 大動脈弁は、右心室 左心室 大静脈 肺動脈 右心房 大動脈 左心房 肺静脈 から肺動脈 右心室 大動脈 大静脈 左心房 右心房 肺静脈 左心室 へ血液を流す。

123. 大動脈弁は、肺動脈 右心房 肺静脈 右心室 左心室 左心房 大動脈 大静脈 から左心室 肺静脈 右心室 左心房 大動脈 肺動脈 右心房 大静脈 への逆流を防いでいる。

124. 三尖弁は、左心室 肺動脈 左心房 肺静脈 右心房 大静脈 右心室 大動脈 から左心房 左心室 肺静脈 右心室 右心房 大静脈 大動脈 肺動脈 へ血液を流す。

125. 三尖弁は、左心房 右心室 右心房 肺動脈 大動脈 肺静脈 大静脈 左心室 から肺動脈 右心室 大静脈 左心室 左心房 肺静脈 大動脈 右心房 への逆流を防いでいる。

126. 肺動脈弁は、右心房 左心房 左心室 大動脈 肺静脈 右心室 肺動脈 大静脈 から右心房 大動脈 左心室 大静脈 肺静脈 右心室 左心房 肺動脈 へ血液を流す。

127. 肺動脈弁は、右心室 左心室 大動脈 左心房 肺静脈 肺動脈 大静脈 右心房 から左心房 大静脈 右心室 左心室 大動脈 右心房 肺動脈 肺静脈 への逆流を防いでいる。

128. 左心房と左心室との間には、三尖弁 肺動脈弁 大動脈弁 僧帽弁 がある。

129. 左心室と大動脈との間には、大動脈弁 三尖弁 肺動脈弁 僧帽弁 がある。

130. 右心房と右心室との間には、三尖弁 僧帽弁 大動脈弁 肺動脈弁 がある。

131. 右心室と肺動脈との間には、僧帽弁 大動脈弁 三尖弁 肺動脈弁 がある。

132. 僧帽弁が開いているのは、左心房 右心房 肺動脈 大動脈 右心室 左心室 の圧が、左心室 大動脈 右心房 右心室 肺動脈 左心房 の圧より低い時である。

133. 僧帽弁が閉じているのは、肺動脈 大動脈 右心室 左心室 左心房 右心房 の圧が、左心房 肺動脈 右心室 大動脈 左心室 右心房 の圧より高い時である。

134. 三尖弁が開いているのは、左心室 大動脈 肺動脈 右心室 左心房 右心房 の圧が、右心室 肺動脈 左心房 大動脈 左心室 右心房 の圧より低い時である。

135. 三尖弁が閉じているのは、右心房 左心室 左心房 肺動脈 大動脈 右心室 の圧が、右心室 左心房 大動脈 左心室 右心房 肺動脈 の圧より高い時である。

136. 大動脈弁が開いているのは、左心室 左心房 右心室 右心房 大動脈 肺動脈 の圧が右心室 大動脈 肺動脈 左心室 右心房 左心房 の圧より高い時である。

137. 大動脈弁が閉じているのは、左心房 大動脈 左心室 右心房 肺動脈 右心室 の圧が左心室 大動脈 左心房 肺動脈 右心室 右心房 の圧より低い時である。

138. 肺動脈弁が開いているのは、左心房 大動脈 左心室 右心室 右心房 肺動脈 の圧が左心房 右心房 右心室 左心室 大動脈 肺動脈 の圧より高い時である。

139. 肺動脈弁が閉じているのは、大動脈 左心房 右心室 左心室 右心房 肺動脈 の圧が右心房 肺動脈 右心室 左心房 左心室 大動脈 の圧より低い時である。

140. 肺は右側3葉、左側2葉 右側2葉、左側3葉 ある。

141. 肺実質の表面を覆い、保護しているのは臓側 壁側 胸膜である。

142. 口腔から流入した空気は順に咽頭 気管支 細気管支 気管 肺胞管 葉気管支 喉頭 気管 咽頭 肺胞管 気管支 細気支 葉気管支 喉頭 葉気管支 気管支 気管 咽頭 肺胞管 細気管支 喉頭 細気管支 気管支 喉頭 肺胞管 咽頭 葉気管支 気管 肺胞管 気管 細気管支 喉頭 咽頭 葉気管支 気管支 気管支 葉気管支 気管 細気管支 咽頭 喉頭 肺胞管 気管 肺胞管 気管支 葉気管支 細気管支 咽頭 喉 を経て肺胞に届く。

143. 肺胞の表面張力が強いほど、肺胞は伸展しにくい しやすい 

144. 未熟児の肺では、サーファクタントの生成が不足している 過剰である 

145. 未熟児の肺は、伸展しにくい しやすい 

146. 肺胞内皮は単層円柱 単層扁平 重層扁平 単層立方 移行 上皮である。

147

皮膚
口腔粘膜
腸粘膜
胃粘膜
肺胞内皮
食道粘膜
気管粘膜
血管内皮
卵管粘膜
甲状腺の濾胞細胞
膀胱粘膜
腎尿細管
尿管粘膜
は単層扁平上皮である。

148

腎尿細管
肺胞内皮
血管内皮
膀胱粘膜
尿管粘膜
卵管粘膜
食道粘膜
口腔粘膜
気管粘膜
腸粘膜
胃粘膜
皮膚
甲状腺の濾胞細胞
は単層立方上皮である。

149

肺胞内皮
胃粘膜
腎尿細管
血管内皮
膀胱粘膜
卵管粘膜
腸粘膜
尿管粘膜
食道粘膜
気管粘膜
皮膚
甲状腺の濾胞細胞
口腔粘膜
は単層円柱上皮である。

150

気管粘膜
口腔粘膜
血管内皮
卵管粘膜
膀胱粘膜
食道粘膜
腸粘膜
胃粘膜
腎尿細管
甲状腺の濾胞細胞
尿管粘膜
皮膚
肺胞内皮
は重層扁平上皮である。

151

胃粘膜
気管粘膜
口腔粘膜
腸粘膜
肺胞内皮
腎尿細管
甲状腺の濾胞細胞
食道粘膜
卵管粘膜
尿管粘膜
膀胱粘膜
皮膚
血管内皮
は移行上皮である。

152. 心臓を出て、筋(など、肺以外の臓器)へ行き、再び心臓に戻ってくる循環を体循環 肺循環 という。

153. 心臓を出て、肺へ行き、再び心臓に戻ってくる循環を体循環 肺循環 という。

154. 心臓を出て、筋(など、肺以外の臓器) 肺 へ行き、再び心臓に戻ってくる循環を体循環という。

155. 心臓を出て、肺 筋(など、肺以外の臓器) へ行き、再び心臓に戻ってくる循環を肺循環という。

156. 大動脈を通って、体循環 肺循環 が始まる。

157. 肺動脈を通って、体循環 肺循環 が始まる。

158. 肺静脈を通って血液が戻り、体循環 肺循環 が終る。

159. 大静脈を通って血液が戻り、肺循環 体循環 が終る。

160. 左心房は、右心室 肺静脈 大動脈 肺動脈 大静脈 右心房 左心室 から血液を受け取る。

161. 左心房は、肺静脈 大動脈 右心室 右心房 大静脈 左心室 肺動脈 へ血液を送る。

162. 左心室は、大動脈 大静脈 左心房 肺静脈 右心室 右心房 肺動脈 から血液を受け取る。

163. 左心室は、肺静脈 右心室 大動脈 右心房 肺動脈 大静脈 左心房 へ血液を送る。

164. 右心室は、左心房 右心房 大静脈 左心室 肺静脈 大動脈 肺動脈 から血液を受け取る。

165. 右心室は、大静脈 左心室 大動脈 肺静脈 左心房 右心房 肺動脈 へ血液を送る。

166. 右心房は、左心房 右心室 大動脈 肺動脈 肺静脈 左心室 大静脈 から血液を受け取る。

167. 右心房は、大動脈 大静脈 右心室 肺静脈 左心房 左心室 肺動脈 へ血液を送る。

168. 体循環では、肺動脈 大動脈 が心臓から出る。

169. 体循環では、大静脈 肺静脈 が心臓へもどる。

170. 肺動脈は、左心 右心 から出る。

171. 肺静脈は、左心 右心 へもどる。

172. 肺循環では、肺動脈 大動脈 が心臓から出る。

173. 肺循環では、大静脈 肺静脈 が心臓へもどる。

174. 左心から 大動脈 肺動脈  を通って、肺循環 体循環  が始まる。

175. 右心から 肺動脈 大動脈  を通って、肺循環 体循環  が始まる。

176. 左心に 肺静脈 大静脈  を通って血液が戻り、肺循環 体循環  が終る。

177. 右心に 大静脈 肺静脈  を通って血液が戻り、体循環 肺循環  が終る。

178肺静脈 大動脈 大静脈 肺動脈 を通って、体循環が始まる。

179大静脈 肺静脈 肺動脈 大動脈 を通って、体循環が終る。

180大静脈 肺静脈 肺動脈 大動脈 を通って、肺循環が始まる。

181大動脈 大静脈 肺静脈 肺動脈 を通って、肺循環が終る。

182. 右心室と肺動脈との間にある弁は、右心室から肺動脈へ、血液を流す 流さない 

183. 肺動脈と右心室との間にある弁は、肺動脈から右心室へ、血液を流す 流さない 

184. 右心不全では、肝 肺 うっ血が特徴的である。

185. 左心不全では、肝 肺 うっ血が特徴的である。

186右 左 心不全では、肺うっ血が特徴的である。

187. 肺における梗塞では、出血性(赤色) 貧血性(白色) 梗塞が特徴的である。

188脳 心臓 腎臓 腸 肺 脾臓 における梗塞では、出血性(赤色)梗塞が特徴的である。

189腎臓 心臓 脾臓 腸 肺 脳 における梗塞では、貧血性(白色)梗塞が特徴的である。

190. 左心に生じた血栓が遊離すると、脳 肺 塞栓が生じやすい。

191. 動脈に生じた血栓が遊離すると、肺 脳 塞栓が生じやすい。

192. 静脈・右心に生じた血栓が遊離すると、肺 脳 塞栓が生じやすい。

193静脈・右心 動脈 左心 に生じた血栓が遊離すると、肺塞栓が生じやすい。

194. 右心機能が低下し、大静脈 肺静脈 において右心への血流量が低下することにより、うっ血 充血 虚血 が生じる。

195. 左心機能が低下し、大静脈 肺静脈 において左心への血流量が低下することにより、充血 うっ血 虚血 が生じる。

196. スパイロメータ検査の拘束性障害では、1秒率 (努力)肺活量 が低下する。

197. スパイロメータ検査の閉塞性障害では,1秒率 (努力)肺活量 が低下する.

198. スパイロメータ検査の拘束性 閉塞性 障害では、(努力)肺活量が低下する。

199. 肺水腫では,スパイロメータ検査で閉塞性 拘束性 障害がみられる。

200. 肺線維症では,スパイロメータ検査で閉塞性 拘束性 障害がみられる。

201. 肺気腫(狭義の慢性閉塞性肺疾患 chronic obstructive pulmonary disease, COPD)では,スパイロメータ検査で閉塞性 拘束性 障害がみられる.

202. スパイロメータにおいて、最大吸息位から最大呼息位までゆっくり呼息した場合、測定されるのは肺活量 努力肺活量 である。

203. スパイロメータにおいて、最大吸息位から最大呼息位まで一気に呼息した場合、測定されるのは肺活量 努力肺活量 です。

204. スパイロメータにおいて、最大吸息位から最大呼息位までゆっくり 一気に 呼息した場合、測定されるのは肺活量である。

205. スパイロメータにおいて、最大吸息位から最大呼息位まで一気に ゆっくり 呼息した場合、測定されるのは努力肺活量である。

206. 肺気腫(狭義の慢性閉塞性肺疾患 chronic obstructive pulmonary disease, COPD)では、肺胞の破壊が主な病態の一つである。誤 正 

207. 肺気腫(狭義の慢性閉塞性肺疾患 chronic obstructive pulmonary disease, COPD)では、肺胞が破壊され、高 低 O2血症、低 高 CO2血症となる。

208. 肺気腫(狭義の慢性閉塞性肺疾患 chronic obstructive pulmonary disease, COPD)では、肺胞が破壊され、肺の弾性力が増大 低下 し、肺気量が低下 増大 する。

209. 肺気腫(狭義の慢性閉塞性肺疾患 chronic obstructive pulmonary disease, COPD)では、大気汚染、喫煙との関連は弱い 強い 

210. 肺気腫(狭義の慢性閉塞性肺疾患 chronic obstructive pulmonary disease, COPD)では、エネルギー代謝が亢進 低下 し、低 過 栄養、高 低 体重となり、分岐鎖アミノ酸が上昇 低下 する。

211. 気管支喘息では、肺胞の破壊が主な病態の一つである。正 誤 

212. 図の*印の循環は、体 肺 循環である。


図表-1