問題文の検索結果

1. エリスロポ(イ)エチンは、腎臓 脾臓 骨髄 下垂体後葉 視床下部 で生成されている。

2. エリスロポ(イ)エチンは、下垂体前葉 視床下部 腎臓 脾臓 骨髄 から分泌される。

3. エリスロポ(イ)エチンは、下垂体前葉 腎臓 脾臓 骨髄 視床下部 に作用する。

4. 脾臓は血小板を生成 貯蔵 している.

5. 脾臓は大きいほど 小さいほど 血中の血小板数は増大する.

6. 脾臓は大きいほど 小さいほど 血中の血小板数は減少する.

7. 凝固因子の大部分は骨髄 Bリンパ球 巨核球 肝臓 腎臓 脾臓 で生成されている.

8. 赤血球は主に肝臓 骨髄 胆嚢 脾臓 血液 で分解される.

9. ヘモグロビンが分解されて生成した直接 間接 型ビリルビンは骨髄 胆嚢 肝臓 脾臓 血液 間接 直接 型ビリルビンになる.

10. ヘモグロビンが分解されて生成した非抱合 抱合 型ビリルビンは骨髄 血液 胆嚢 肝臓 脾臓 抱合 非抱合 型ビリルビンになる.

11. 赤血球は、主に骨髄 胆嚢 肝臓 血液 脾臓 で分解される。

12. ヘモグロビンが分解されて生成した間接 直接 型ビリルビンは、胆嚢 肝臓 脾臓 血液 骨髄 直接 間接 型ビリルビンになる。

13. ヘモグロビンが分解されて生成した抱合 非抱合 型ビリルビンは、血液 胆嚢 骨髄 脾臓 肝臓 非抱合 抱合 型ビリルビンになる。

14腎臓 肺 腸 脳 脾臓 心臓 における梗塞では、出血性(赤色)梗塞が特徴的である。

15腸 肺 腎臓 脳 心臓 脾臓 における梗塞では、貧血性(白色)梗塞が特徴的である。

16. 脾臓における梗塞では、貧血性(白色) 出血性(赤色) 梗塞が特徴的である。

17. 糖尿病では脾臓 腎臓 副腎 の障害が多い。

18. インスリンは脾臓 肝臓 腎臓 心臓 膵臓 から分泌される。

19. グルカゴンは肝臓 心臓 腎臓 膵臓 脾臓 から分泌される。