問題文の検索結果

1. 細胞内でアミノ酸、尿素 アンモニア アンモニウムイオン に代謝され、血中に分泌される。前選択肢の物質の毒性は 高く 低く 、そのため、 肝臓 腸管  肺 腎臓 はこれを アンモニア アンモニウムイオン 尿素 に代謝し、毒性を 低く 高く し、血中に分泌する。 腎臓 腸管  肺 肝臓 は前々選択肢の物質を尿中に排泄する。以上より、腎不全の際に血中に増大する物質は、アンモニア アンモニウムイオン 尿素 である。

2. 腎不全では,活性型ビタミンDの血中濃度は 増大 減少  する.

3. 腎不全では,尿へのCa2+排泄は 増大 減少  する.

4. 腎不全では 高 低  リン(酸イオン)血症になる.

5. 腎不全では 低 高  カルシウム血症になる.

6. 腎不全では,副甲状腺ホルモン(parathyroid hormone, PTH)の血中濃度は 上昇 低下  する.

7. 腎不全では,骨中のミネラルは 低下 増大  する.

8. 腎不全では,高リン(酸イオン)血症のため,Ca2+ + HPO42- ←→ CaHPO4の平衡式は右へ移動し,副甲状腺ホルモン(parathyroid hormone, PTH)の濃度上昇のためにリン酸カルシウム(CaHPO4)が 骨 軟部組織  に沈着する.

9. 滴定酸に含まれるモノは,選択肢のうち,

尿細管から分泌されてアンモニア(NH3)に緩衝されたH+の量
HCO3-が再吸収されて生成し、「糸球体からろ過された不揮発性酸」に緩衝されたH+の量
腎不全患者などにおいて、「糸球体からろ過される不揮発性酸」の増量分に結合しているHの量
HCO3-が再吸収されて生成し、アンモニア(NH3)に緩衝されたH+の量
正常人の血中にもある「糸球体からろ過される不揮発性酸」に結合しているHの量
尿細管から分泌されて「糸球体からろ過された不揮発性酸」に緩衝されたH+の量
である.

10. 腎臓の機能低下(腎不全)そのものにより(重炭酸緩衝系の作用なしに)、動脈血に最初に起こる変化は、H+増大、すなわち 

高CO2血症
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
低CO2血症
代謝性アシドーシス(による酸血症)
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
である。

11. 腎不全(腎臓の機能低下)そのものにより(重炭酸緩衝系の作用なしに)動脈血に最初に起こる変化は  H+ CO2 の  減少 増大 、すなわち

呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
低CO2血症
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
代謝性アシドーシス(による酸血症)
高CO2血症
である。血漿のこの変化に対し、重炭酸緩衝系は 
H+ + HCO3- ← H2CO3 ← H2O + CO2
H+ + HCO3- → H2CO3 → H2O + CO2
の方向に作用する。 「重炭酸緩衝系の緩衝力は完全ではない」ため、緩衝系により減少する CO2 H+ の量は、原疾患(腎臓の機能低下)により増大する量より  大きい 小さい 。そのため、総和(正常状態との比較)としては、CO2は 増大 減少 し、H+は  増大 減少 する。 すなわち、(種々の代償作用なしには)、
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
代謝性アシドーシス(による酸血症)
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
が もたらされる 緩衝される 。また、 低CO2血症 高CO2血症 が  緩衝される もたらされる 

12. 一般的な(糸球体の障害が主病態である)腎不全によるアシドーシスではanion gapは増大 する しない  .

13. 糸球体の障害(一般的な腎不全)が発生した場合、主として、 

「尿細管から分泌される不揮発性酸」その1、HCO3-の再吸収によるH+の排出
「糸球体からろ過される不揮発性酸」のろ過
「尿細管から分泌される不揮発性酸」その2、水素イオンの分泌
が障害される。この場合、 代謝性 呼吸性  アルカローシス アシドーシス  に陥る。また,anion gapは増大 する しない  。また、血漿中の重要なアルカリ性物質である重炭酸イオン( HCO3-)は減少 しない する 

14. pH, 7.08、HCO3-, 3 mEq、CO2, 10 mm Hg、Na+, 149 mEq、Cl-, 105 mEq,の血液検査データは 呼吸性 代謝性  アシドーシス(による酸血症) アルカローシス(によるアルカリ血症) を示唆する.anion gapは増大して いない いる .このデータと整合性のある病態は 尿細管性アシドーシス 腎不全 である.

15. pH, 7.272、HCO3-, 12 mEq、CO2, 27 mm Hg、Na+, 142 mEq、Cl-, 119 mEq,の血液検査データは 代謝性 呼吸性  アシドーシス(による酸血症) アルカローシス(によるアルカリ血症) を示唆する.anion gapは増大して いる いない .このデータと整合性のある病態は 尿細管性アシドーシス 腎不全 である.

16. 腎不全で、糸球体ろ過量(glomerular filtration rate, GFR)は、増大する 低下する 不変である 

17. 腎不全で、クレアチニン・クリアランスは、低下する 増大する 不変である 

18. 腎不全では、リン(酸イオン)の血中濃度は、増大する 低下する 

19. 腎不全では、カルシウムイオンの血中濃度は、軽度増大する 軽度低下する 

20. 腎不全では、活性型ビタミンDの血中濃度は、増大する 低下する 不変である 

21. 腎不全では、腸管からのカルシウムの吸収は増大する 不変である 低下する 

22. 腎不全では、腎尿細管からのカルシウムの再吸収は増大する 低下する 不変である 

23. 活性型ビタミンDは、副甲状腺ホルモン(parathyroid hormone、 PTH)を増大する 低下する 作用がある。腎不全では、活性型ビタミンDが増大 低下 するため、PTHの生成・内分泌・血中濃度は低下 増大 する。

24. 腎不全では、副甲状腺ホルモン parathyroid hormone (PTH)の血中濃度は低下 増大 する。

25. 腎不全では、骨中のミネラルは低下する 増大する 

26. 腎不全で、血中のカルシウムイオン濃度が低下するのは、骨への沈着が病的に亢進しているためである。正 誤 

27. 腎不全では、高 低 リン(酸イオン)血症のため、Ca2+ + HPO42-→ ←  CaHPO4の化学反応が進行し、副甲状腺ホルモン(parathyroid hormone、 PTH)の血中濃度上昇 低下 のために、リン酸カルシウム(CaHPO4)が骨 血管壁など軟部組織 に沈着する。

28. 腎不全で、リン酸カルシウム(CaHPO4)が血管壁など軟部組織に沈着するのは、異所性 通常通り の石灰化である。

29. 腎不全において、低下しているのは 

骨からのリン酸カルシウム量の遊離
血中のリン(酸イオン)濃度
骨中のリン酸カルシウム量
骨へのリン酸カルシウム量の沈着
腎臓からのリン(酸イオン)排泄量
腎臓尿細管からのカルシウムイオン再吸収
腸管からのカルシウムイオン吸収
糸球体におけるリン(酸イオン)のろ過量
糸球体ろ過量
軟部組織のリン酸カルシウム量
副甲状腺ホルモン(parathyroid hormone、PTH、パラソルモン)
活性化ビタミンD
血中のカルシウム濃度
である。

30. 腎不全において、増大・亢進しているのは 

活性化ビタミンD
血中のリン(酸イオン)濃度
腎臓からのリン(酸イオン)排泄量
軟部組織のリン酸カルシウム量
骨中のリン酸カルシウム量
糸球体におけるリン(酸イオン)のろ過量
骨からのリン酸カルシウム量の遊離
腸管からのカルシウムイオン吸収
骨へのリン酸カルシウム量の沈着
副甲状腺ホルモン(parathyroid hormone、PTH、パラソルモン)
腎臓尿細管からのカルシウムイオン再吸収
血中のカルシウム濃度
糸球体ろ過量
である。

31. 腎不全患者は活性型ビタミンDを多く摂取 しない方が した方が いい.

32. 腎不全患者はリン(酸イオン)を多く摂取 した方が しない方が いい.

33. 腎不全患者はカルシウムイオンを多く摂取 した方が しない方が いい.

34. 腎不全患者が多く摂取した方がいいのは 炭酸アルミニウム リン酸アルミニウム である.

35. 腎不全では,腎臓の糸球体でろ過されるカリウムの量は増大する 低下する .

36. 腎不全では,カリウムの血中濃度は増大する 低下する .

37. 腎不全(糸球体ろ過量の低下が主病態)患者では、血中のNa+量、血漿量、血圧は特に変動しない 増加(上昇)する 減少(低下)する 

38. 腎不全(糸球体ろ過量の低下が主病態)患者では,血中のタンパク質は減少する 特に変動しない 増加する .

39. 腎不全(糸球体ろ過量の機能低下が主病態)患者では,血中のクレアチニンは特に変動しない 減少する 増加する .

40. 腎不全(糸球体ろ過量の機能低下が主病態)患者では,血中のH+減少する 増加する 特に変動しない .

41. 腎不全(糸球体ろ過量の機能低下が主病態)患者では,血中のアンモニアは増加する 減少する 特に変動しない .

42. 腎不全(糸球体ろ過量の機能低下が主病態)患者では,血中の乳酸は特に変動しない 減少する 増加する .

43. 腎不全(糸球体ろ過量の機能低下が主病態)患者では,血中のケトン体は特に変動しない 増加する 減少する .

44. 腎不全(糸球体ろ過量の機能低下が主病態)患者では,血中のリン酸は増加する 減少する 特に変動しない .

45. 腎不全(糸球体ろ過量の機能低下が主病態)患者では,血中の硫酸は増加する 特に変動しない 減少する .

46. 腎不全(糸球体ろ過量の機能低下が主病態)患者では,血中の尿素(血中尿素窒素 blood urea nitrogen, BUN)は増加する 特に変動しない 減少する .

47. 腎不全ではアルカローシス(によるアルカリ血症) アシドーシス(による酸血症) に陥る。

48. 腎臓は、ビタミンDを活性化 不活性化 する。ビタミンDはカルシウムを骨から遊離する に貯蔵する 作用がある。そのため、腎不全では、骨中のカルシウムは増大 減少 する。

49. 腎不全では、骨塩量は減少 増大 する。

50. 腎臓は、エリスロポ(イ)エチンというホルモンを生成、分泌 分解、排泄 している。エリスロポ(イ)エチンには造血(赤血球生成)促進 抑制 作用がある。そのため、腎不全では、貧血 多血症 に陥る。

51. 腎不全では、多血 貧血 になる。

52. 腎不全では、塩分と水との排泄が減少 増大 する。

53. 腎不全では、低 高 血圧となる。

54. 痛風の合併症に、腎不全 心不全 呼吸不全 肝不全 が特徴的である。

55. 腎不全では、クレアチニンの排泄が増大 減少 する。

56. 腎不全では、血中のクレアチニンが低下 上昇 する。

57. 腎不全では、尿素の排泄が減少 増大 する。

58. 腎不全では、血中の尿素(blood urea nitrogen, BUN)が低下 上昇 する。

59. H+ + HCO3- ←→ H2CO3 ←→ H2O + CO2 において,腎不全(腎臓の機能低下)そのものにより(重炭酸緩衝系の作用なしに)最初に起こる変化は 

代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
高CO2血症
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
代謝性アシドーシス(による酸血症)
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
低CO2血症
である.重炭酸緩衝系はこの変化に対して、
H+ + HCO3- → H2CO3 → H2O + CO2
H+ + HCO3- ← H2CO3 ← H2O + CO2
方向に反応が進行する。これにより, HCO3-は  減少 増大 する.

60. 腎不全の患者さんでは、ろ過(こしとり)される水分の量が、正常人と比べて、減少する あまり変わらない 増大する 

61. 腎不全の患者さんでは、尿量(尿中の水分量)が、正常人と比べて、増大する 減少する あまり変わらない 

62. 腎不全の患者さんでは、ろ過(こしとり)されるクレアチニン(など代謝産物)の量が、正常人と比べて、あまり変わらない 増大する 減少する 

63. 腎不全の患者さんでは、尿に入っているクレアチニン(など代謝産物)の量が、正常人と比べて、増大する 減少する あまり変わらない 

64. 腎臓の機能低下(腎不全)により、

高CO2血症
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
低CO2血症
代謝性アシドーシス(による酸血症)
がもたらされる。

65. 腎不全では、尿量は低下 増加 する。

66. 腎不全で乏尿、無尿をきたし、血液透析を受けている患者は水分摂取量を少なく 多く する。

67. 腎不全では、カリウムイオン(K+)の排泄が減少 増大 する。

68. 腎不全では、低 高 カリウム血症となる。

69. 腎不全の患者では、高 低 カリウム食とする。

70. 腎不全では、低 高 たんぱく食とする。

71. 腎不全では、低 高 エネルギー食とする。

72. 腎不全では血中尿素窒素(BUN) アンモニア が上昇する。

73. 腎不全にともなう骨粗鬆症では、活性型ビタミンD カルシウム摂取 糸球体ろ過量  の低下が主病態である。

74. 腎不全にともなう骨粗鬆症では、血中カルシウム濃度は特に変動しない 軽度減少する 軽度上昇する 

75. 腎不全にともなう骨粗鬆症では、血中リン(酸イオン)濃度は上昇する 減少する 特に変動しない 

76. 腎不全にともなう骨粗鬆症では、活性型ビタミンDは特に変動しない 上昇する 減少する 

77. 腎不全にともなう骨粗鬆症では、骨塩量は減少する 特に変動しない 上昇する 

78. 腎不全にともなう骨粗鬆症では、骨のコラーゲン量は上昇する 特に変動しない 減少する 

79. 腎不全にともなう骨粗鬆症では、骨密度の低下は特徴的でない である 

80. 腎不全にともなう骨粗鬆症に多いのは骨の変形 骨折 である。

81. 腎不全にともなう骨粗鬆症では、異所性石灰化は特徴的である でない 

82

肺の機能亢進(過換気症候群)
腎臓の機能亢進(アルドステロン症)
腎臓の機能低下(腎不全)
肺の機能低下(肺炎)
激しい運動
により、呼吸性アシドーシス(による酸血症)がもたらされる。

83

激しい運動
腎臓の機能亢進(アルドステロン症)
肺の機能低下(肺炎)
肺の機能亢進(過換気症候群)
腎臓の機能低下(腎不全)
により、代謝性アシドーシス(による酸血症)がもたらされる。

84

激しい運動
腎臓の機能亢進(アルドステロン症)
腎臓の機能低下(腎不全)
肺の機能低下(肺炎)
肺の機能亢進(過換気症候群)
により、呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)がもたらされる。

85

激しい運動
肺の機能亢進(過換気症候群)
腎臓の機能亢進(アルドステロン症)
腎臓の機能低下(腎不全)
肺の機能低下(肺炎)
により、代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)がもたらされる。