問題文の検索結果

1. 膀胱体部の平滑筋は、交感神経により、収縮 拡張 する。

2. 膀胱体部の平滑筋は、副交感神経により、拡張 収縮 する。

3. 腎臓と膀胱とは尿道 尿管 でつながっている.

4. 副交感神経により,膀胱体部の平滑筋は収縮 弛緩 する.

5. 内尿道括約筋,膀胱頸部と尿道周囲の筋を支配する神経は体性 自律 神経である.

6. 内尿道括約筋,膀胱頸部と尿道周囲の筋は平滑筋 横紋筋 である.

7. 膀胱を支配する副交感神経は 仙髄 脳幹(迷走神経) に由来する.

8. 膀胱体部の平滑筋にはα β カテコールアミン受容体が多い.

9. 膀胱体部の平滑筋のα β カテコールアミン受容体を刺激すると,筋は弛緩 収縮 する.

10. 内尿道括約筋,膀胱頸部と尿道周囲の平滑筋にはα β カテコールアミン受容体が多い.

11. 内尿道括約筋,膀胱頸部と尿道周囲の平滑筋のβ α カテコールアミン受容体を刺激すると,筋は収縮 弛緩 する.

12. 膀胱体部の筋は横紋筋 平滑筋 である.

13. 膀胱体部の筋を支配する神経は自律 体性 神経である.

14. 交感神経により,膀胱体部の平滑筋は収縮 弛緩 する.

15. 交感神経により,内尿道括約筋,膀胱頸部と尿道周囲の平滑筋は収縮 弛緩 する.

16. 交感神経は膀胱体部の平滑筋に多いβ α カテコールアミン受容体を抑制 刺激 し,筋を弛緩 収縮 させる.

17. 交感神経は内尿道括約筋,膀胱頸部と尿道周囲の平滑筋に多いα β カテコールアミン受容体を抑制 刺激 し,筋を弛緩 収縮 させる.

18. 膀胱体部を支配する副交感神経のカテコールアミン アセチルコリン 受容体はニコチン ムスカリン 受容体である.

19. 膀胱粘膜は単層扁平 移行 単層立方 重層扁平 単層円柱 上皮である。

20

気管粘膜
皮膚
口腔粘膜
食道粘膜
卵管粘膜
肺胞内皮
甲状腺の濾胞細胞
腸粘膜
尿管粘膜
胃粘膜
血管内皮
腎尿細管
膀胱粘膜
は単層扁平上皮である。

21

胃粘膜
卵管粘膜
肺胞内皮
気管粘膜
膀胱粘膜
皮膚
腎尿細管
口腔粘膜
食道粘膜
腸粘膜
尿管粘膜
血管内皮
甲状腺の濾胞細胞
は単層立方上皮である。

22

気管粘膜
胃粘膜
膀胱粘膜
皮膚
口腔粘膜
卵管粘膜
腎尿細管
甲状腺の濾胞細胞
尿管粘膜
腸粘膜
肺胞内皮
食道粘膜
血管内皮
は単層円柱上皮である。

23

膀胱粘膜
気管粘膜
腎尿細管
食道粘膜
胃粘膜
皮膚
腸粘膜
尿管粘膜
口腔粘膜
甲状腺の濾胞細胞
肺胞内皮
卵管粘膜
血管内皮
は重層扁平上皮である。

24

胃粘膜
甲状腺の濾胞細胞
尿管粘膜
膀胱粘膜
血管内皮
腸粘膜
口腔粘膜
食道粘膜
皮膚
腎尿細管
卵管粘膜
肺胞内皮
気管粘膜
は移行上皮である。

25. 膀胱の中は、人体内 外 である。

26. 図の*印は、

外性器
ボーマン嚢
糸球体
腎静脈
尿細管
ネフロン
尿道
腎動脈
尿細管周囲毛細血管
腎小体
膀胱
である。

図表-1