問題文の検索結果

1. 自律神経活動に比べ,ホルモン分泌の時間的変化率は小さい 大きい 

2. 姿勢の変化にともなう血圧,心拍数の変動など,秒単位の速い調節が必要とされる場合,中心となるのは自律神経系 ホルモン系 である。

3. 成長、成熟など、月単位のゆっくりした調節が必要とされる場合、中心となるのは自律神経系 ホルモン系 である。

4. 自律神経系は、骨格筋 内臓 を制御している。

5. 自律神経系は、不随意的な 随意的な 運動を司っている。

6. 自律神経系の感覚は、非定量的 定量的 である。

7. 「力こぶ」を作るのは、体性神経系 自律神経系 の機能である。

8. 血圧を上昇させるのは、体性神経系 自律神経系 の機能である。

9. 自律神経系において、左右の機能局在は、ハッキリしている あまりハッキリしていない 

10. 自律神経系には、交感神経と副交感神経とがあり、原則的に内臓器官はその 一方の 両方の 支配を受けている。

11. 動脈壁平滑筋は自律神経の二重支配を 受けている 受けていない .

12. 瞳孔括約筋は自律神経の二重支配を 受けていない 受けている .

13. 瞳孔散大筋は自律神経の二重支配を 受けている 受けていない .

14. 汗腺は自律神経の二重支配を 受けている 受けていない .

15. 立毛筋は自律神経の二重支配を 受けている 受けていない .

16. 副腎髄質は自律神経の二重支配を 受けていない 受けている .

17. 自律神経では、中枢神経の外にシナプスは ない ある 

18. 脳神経に、自律神経は 含まれない 含まれる 

19. 脳神経に、自律神経の交感神経は 含まれない 含まれる 

20. 脳神経に、自律神経の副交感神経は 含まれる 含まれない 

21. 頚神経に、自律神経は 含まれる 含まれない 

22. 頚神経に、自律神経の交感神経は 含まれる 含まれない 

23. 頚神経に、自律神経の副交感神経は 含まれる 含まれない 

24. 胸神経に、自律神経は 含まれる 含まれない 

25. 胸神経に、自律神経の交感神経は 含まれない 含まれる 

26. 胸神経に、自律神経の副交感神経は 含まれる 含まれない 

27. 腰神経に、自律神経は 含まれない 含まれる 

28. 腰神経に、自律神経の交感神経は 含まれない 含まれる 

29. 腰神経に、自律神経の副交感神経は 含まれる 含まれない 

30. 仙骨神経に、自律神経は 含まれない 含まれる 

31. 仙骨神経に、自律神経の交感神経は 含まれない 含まれる 

32. 仙骨神経に、自律神経の副交感神経は 含まれない 含まれる 

33. 神経のA線維は 自律神経節前神経 自律神経節後神経 (第2の痛み以外の)体性神経 にみとめられる.

34. 神経のB線維は (第2の痛み以外の)体性神経 自律神経節後神経 自律神経節前神経 にみとめられる.

35. 神経のC線維は (第2の痛み以外の)体性神経 自律神経節後神経 自律神経節前神経 にみとめられる.

36. 自律神経節前線維は Aα Aβ Aγ Aδ 線維である.

37. 自律神経節後線維は Aα Aβ Aγ Aδ 線維である.

38. 自律神経節前線維は 有髄 無髄 神経線維である.

39. 自律神経節後線維は 有髄  無髄 神経線維である.

40. ホルモン分泌に比べ,自律神経活動の時間的変化率は小さい 大きい .

41. 遠近調節は、自律神経 体性神経 によって調節されている。

42. 自律神経系の求心性活動の大部分は感覚され ない る .

43. 体性感覚の求心性線維は、自律神経 体性神経 である。

44. 内臓感覚の求心性線維は、体性神経 自律神経 である。

45. 自律神経系の中枢は、

延髄

中脳
視床下部
視床
小脳
大脳基底核
大脳辺縁系
大脳皮質
にある。

46. 血管壁の平滑筋は、体性神経 自律神経 で支配されている。

47. ヒトのREM睡眠では、他の睡眠と比べて、自律神経機能は安定 不安定 である。

48. 自律神経は、心臓の固有心筋 特殊心筋 を支配している。