問題文の検索結果

1. 葉酸は、

遺伝情報を保持し、グロビンを生成する
補酵素として作用し、赤芽球のDNAを合成する
ポルフィリンの前駆体である
ヘム成分の一部を構成する
前赤芽球、赤芽球への分化・増殖を促進する
血清鉄を運搬する
赤血球だけではなく、全血球に分化する
ことで、造血に必要である。

2. 赤血球だけではなく、全血球に分化することで造血に必要な因子は

トランスフェリン
ビタミンB12

腎臓におけるエリスロポ(イ)エチン生成
グロビン遺伝子
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)
幹細胞
葉酸
である。

3. ヘム成分の一部を構成することで造血に必要な因子は

腎臓におけるエリスロポ(イ)エチン生成

ビタミンB12
幹細胞
トランスフェリン
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)
葉酸
グロビン遺伝子
である。

4. 血清鉄を運搬することで造血に必要な因子は

トランスフェリン
グロビン遺伝子

葉酸
腎臓におけるエリスロポ(イ)エチン生成
幹細胞
ビタミンB12
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)
である。

5. ポルフィリンの前駆体であることで造血に必要な因子は

幹細胞
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)
グロビン遺伝子
腎臓におけるエリスロポ(イ)エチン生成
葉酸
トランスフェリン

ビタミンB12
である。

6. 補酵素として作用し、赤芽球のDNAを合成することで造血に必要な因子は

グロビン遺伝子
ビタミンB12
幹細胞

葉酸
トランスフェリン
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)
腎臓におけるエリスロポ(イ)エチン生成
である。

7. 前赤芽球、赤芽球への分化・増殖を促進することで造血に必要な因子は


グロビン遺伝子
腎臓におけるエリスロポ(イ)イエチン生成
幹細胞
葉酸
トランスフェリン
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)
ビタミンB12
である。

8. 遺伝情報を保持し、グロビンを生成することで造血に必要な因子は

幹細胞
ビタミンB12
グロビン遺伝子

腎臓におけるエリスロポ(イ)エチン生成
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)
葉酸
トランスフェリン
である。

9. 鉄欠乏性貧血の主な病因は、

鉄不足
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)の欠損、機能低下
トランスフェリンの欠損
トランスフェリンの減少
グロビン遺伝子欠損
赤血球に対する自己抗体
全能性幹細胞の分裂・分化能の低下
ビタミンB12、葉酸の欠乏
である。

10. 鉄芽球性貧血の主な病因は

鉄不足
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)の欠損、機能低下
トランスフェリンの欠損
トランスフェリンの減少
グロビン遺伝子欠損
赤血球に対する自己抗体
全能性幹細胞の分裂・分化能の低下
ビタミンB12、葉酸の欠乏
である.

11. 無トランスフェリン血症の主な病因は

鉄不足
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)の欠損、機能低下
トランスフェリンの欠損
トランスフェリンの減少
グロビン遺伝子欠損
赤血球に対する自己抗体
全能性幹細胞の分裂・分化能の低下
ビタミンB12、葉酸の欠乏
である.

12. 慢性疾患にともなう貧血の主な病因は

鉄不足
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)の欠損、機能低下
トランスフェリンの欠損
トランスフェリンの減少
グロビン遺伝子欠損
赤血球に対する自己抗体
全能性幹細胞の分裂・分化能の低下
ビタミンB12、葉酸の欠乏
である.

13. サラセミアの主な病因は

鉄不足
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)の欠損、機能低下
トランスフェリンの欠損
トランスフェリンの減少
グロビン遺伝子欠損
赤血球に対する自己抗体
全能性幹細胞の分裂・分化能の低下
ビタミンB12、葉酸の欠乏
である.

14. 自己免疫性溶血性貧血の主な病因は

鉄不足
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)の欠損、機能低下
トランスフェリンの欠損
トランスフェリンの減少
グロビン遺伝子欠損
赤血球に対する自己抗体
全能性幹細胞の分裂・分化能の低下
ビタミンB12、葉酸の欠乏
である.

15. 再生不良性貧血の主な病因は

鉄不足
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)の欠損、機能低下
トランスフェリンの欠損
トランスフェリンの減少
グロビン遺伝子欠損
赤血球に対する自己抗体
全能性幹細胞の分裂・分化能の低下
ビタミンB12、葉酸の欠乏
である。

16. 巨赤芽球性貧血の主な病因は、

鉄不足
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)の欠損、機能低下
トランスフェリンの欠損
トランスフェリンの減少
グロビン遺伝子欠損
赤血球に対する自己抗体
全能性幹細胞の分裂・分化能の低下
ビタミンB12および/または葉酸の欠乏
である。

17. 巨赤芽球性貧血では、赤芽球のDNA合成に補酵素として作用するビタミンB12 葉酸 が欠乏し、前赤芽球から赤芽球 赤芽球から網赤血球 への分化がブロックされ、鉄芽球 巨赤芽球 に変性する。

18. 悪性貧血では、赤芽球のDNA合成に補酵素として作用するビタミンB12 葉酸 が欠乏し、前赤芽球から赤芽球 赤芽球から網赤血球 への分化がブロックされ、鉄芽球 巨赤芽球 に変性する。

19. 葉酸欠乏性貧血では、赤芽球のDNA合成に補酵素として作用するビタミンB12 葉酸 が欠乏し、前赤芽球から赤芽球 赤芽球から網赤血球 への分化がブロックされ、鉄芽球 巨赤芽球 に変性する。

20. 葉酸欠乏性貧血の赤血球は大球性 正球性 小球性  である.

21. 葉酸欠乏性貧血では、貯蔵鉄が減少 増大 、血清フェリチンが増大 減少 、血清鉄が減少 増大 、総鉄結合能、 total iron-binding capacity (TIBC)は増大 減少 、不飽和鉄結合能、 unbound iron-binding capacity (UIBC)は増大 減少 する。

22ビタミンB12 葉酸 の吸収には、胃 十二指腸 空腸 回腸 から内分泌 外分泌 される内因子 外因子 が必要である。

23. 胃の炎症、全摘は、悪性貧血 葉酸欠乏性貧血 の原因となり得る。

24. 次のビタミンのうち脂溶性のものは、

V.B2
V.C
V.A
V.E
V.B6
V.D
葉酸
V.K
V.B1
パントテン酸
V.B12
ナイアシン
である。

25. 次のビタミンのうち水溶性のものは、

V.K
V.B2
V.C
V.B12
V.E
パントテン酸
V.D
V.B1
V.B6
ナイアシン
葉酸
V.A
である。

26. 葉酸の主な生理作用は、

皮膚・粘膜を正常に保つ、視機能
血液凝固因子、プロトロンビンの形成
糖・脂質・タンパク質の酵素の補酵素の成分
糖質の燃焼に必要
核酸合成・アミノ酸代謝の酵素の補酵素の成分
アミノ酸代謝(アミノ基転移酵素の補酵素の成分)
抗酸化作用。動脈硬化予防など
脂肪酸の合成、分解
小腸、腎臓でのCa、Pの吸収・再吸収促進
生体内の酸化、還元反応電子伝達系の補酵素の成分
コラーゲンの合成、鉄の吸収、副腎皮質ホルモンの合成
核酸合成・メチオニン合成の補酵素の成分
である。