問題文の検索結果

1. 血友病Aでは、

血小板の異常凝集による血栓が生じ、血小板が減少する
自己抗体により血小板が減少する
血小板の接着因子が欠損する
血管のコラーゲン異常のために血小板粘着能が低下する
(欠乏・消費などで)第II因子の機能が低下する
(欠乏・消費などで)第VII因子の機能が低下する
(欠乏・消費などで)第VIII因子の機能が低下する
(欠乏・消費などで)第IX因子の機能が低下する
(欠乏・消費などで)第X因子の機能が低下する
凝固系の亢進による血栓が生じ、凝固系が減少する

2. 血友病Aでは,血小板数は増える 減る 変わらない .検査による出血時間は延長する 短縮する 正常である .プロトロンビン(PT)時間は延長する 短縮する 正常である .活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)は延長する 短縮する 正常である .

3. 血友病Bでは、

血小板の異常凝集による血栓が生じ、血小板が減少する
自己抗体により血小板が減少する
血小板の接着因子が欠損する
血管のコラーゲン異常のために血小板粘着能が低下する
(欠乏・消費などで)第II因子の機能が低下する
(欠乏・消費などで)第VII因子の機能が低下する
(欠乏・消費などで)第VIII因子の機能が低下する
(欠乏・消費などで)第IX因子の機能が低下する
(欠乏・消費などで)第X因子の機能が低下する
凝固系の亢進による血栓が生じ、凝固系が減少する

4. 血友病Bでは,血小板数は増える 減る 変わらない .検査による出血時間は延長する 短縮する 正常である .プロトロンビン(PT)時間は延長する 短縮する 正常である .活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)は延長する 短縮する 正常である .

5. 血小板数が増えるのは,

TTP
ITP
von Willebrand病
Ehlers-Danlos症候群
Vitamin K欠乏
血友病
DIC
選択肢のどれでもない
である.

6. 血小板数が増えるのは,

選択肢のどれでもない
von Willebrand病
TTP
Ehlers-Danlos症候群
血友病
Vitamin K欠乏
DIC
ITP
である.

7. 血小板数が減るのは,

TTP
ITP
von Willebrand病
Ehlers-Danlos症候群
Vitamin K欠乏
血友病
DIC
選択肢のどれでもない
である.

8. 血小板数が減るのは,

Vitamin K欠乏
Ehlers-Danlos症候群
von Willebrand病
選択肢のどれでもない
ITP
血友病
TTP
DIC
である.

9. 血小板数が変わらないのは,

TTP
ITP
von Willebrand病
Ehlers-Danlos症候群
Vitamin K欠乏
血友病
DIC
選択肢のどれでもない
である.

10. 血小板数が変わらないのは,

ITP
DIC
von Willebrand病
TTP
Vitamin K欠乏
血友病
Ehlers-Danlos症候群
選択肢のどれでもない
である.

11. 検査による出血時間が延長するのは

TTP
ITP
von Willebrand病
Ehlers-Danlos症候群
Vitamin K欠乏
血友病
DIC
選択肢のどれでもない
である.

12. 検査による出血時間が延長するのは

Ehlers-Danlos症候群
DIC
ITP
von Willebrand病
選択肢のどれでもない
TTP
Vitamin K欠乏
血友病
である.

13. 検査による出血時間が短縮するのは

TTP
ITP
von Willebrand病
Ehlers-Danlos症候群
Vitamin K欠乏
血友病
DIC
選択肢のどれでもない
である.

14. 検査による出血時間が短縮するのは

選択肢のどれでもない
von Willebrand病
ITP
Ehlers-Danlos症候群
血友病
Vitamin K欠乏
TTP
DIC
である.

15. 検査による出血時間が正常であるのは

TTP
ITP
von Willebrand病
Ehlers-Danlos症候群
Vitamin K欠乏
血友病
DIC
選択肢のどれでもない
である.

16. 検査による出血時間が正常であるのは

DIC
選択肢のどれでもない
TTP
von Willebrand病
Ehlers-Danlos症候群
ITP
Vitamin K欠乏
血友病
である.

17. プロトロンビン(PT)時間が延長するのは

TTP
ITP
von Willebrand病
Ehlers-Danlos症候群
Vitamin K欠乏
血友病
DIC
選択肢のどれでもない
である.

18. プロトロンビン(PT)時間が延長するのは

Vitamin K欠乏
von Willebrand病
TTP
DIC
Ehlers-Danlos症候群
ITP
選択肢のどれでもない
血友病
である.

19. プロトロンビン(PT)時間が短縮するのは

TTP
ITP
von Willebrand病
Ehlers-Danlos症候群
Vitamin K欠乏
血友病
DIC
選択肢のどれでもない
である.

20. プロトロンビン(PT)時間が短縮するのは

ITP
Vitamin K欠乏
血友病
von Willebrand病
TTP
選択肢のどれでもない
DIC
Ehlers-Danlos症候群
である.

21. プロトロンビン(PT)時間が正常であるのは

TTP
ITP
von Willebrand病
Ehlers-Danlos症候群
Vitamin K欠乏
血友病
DIC
選択肢のどれでもない
である.

22. プロトロンビン(PT)時間が正常であるのは

選択肢のどれでもない
DIC
血友病
ITP
Vitamin K欠乏
Ehlers-Danlos症候群
von Willebrand病
TTP
である.

23. 活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)が延長するのは

TTP
ITP
von Willebrand病
Ehlers-Danlos症候群
Vitamin K欠乏
血友病
DIC
選択肢のどれでもない
である.

24. 活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)が延長するのは

Ehlers-Danlos症候群
ITP
血友病
選択肢のどれでもない
TTP
Vitamin K欠乏
DIC
von Willebrand病
である.

25. 活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)が短縮するのは

TTP
ITP
von Willebrand病
Ehlers-Danlos症候群
Vitamin K欠乏
血友病
DIC
選択肢のどれでもない
である.

26. 活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)が短縮するのは

Vitamin K欠乏
血友病
ITP
Ehlers-Danlos症候群
DIC
選択肢のどれでもない
TTP
von Willebrand病
である.

27. 活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)が正常であるのは

TTP
ITP
von Willebrand病
Ehlers-Danlos症候群
Vitamin K欠乏
血友病
DIC
選択肢のどれでもない
である.

28. 活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)が正常であるのは

TTP
DIC
Ehlers-Danlos症候群
Vitamin K欠乏
von Willebrand病
選択肢のどれでもない
血友病
ITP
である.

29. 男性において、 血液凝固第VIII因子遺伝子が0ある(1つもない)

と(第VIII因子遺伝子に関しては)正常人である
と血友病患者である
と血友病の保因者である
ことは、座が1ヶ所しかないからあり得ない

30. 男性において、 血液凝固第VIII因子遺伝子が1つある

ことは、座が1ヶ所しかないからあり得ない
と(第VIII因子遺伝子に関しては)正常人である
と血友病患者である
と血友病の保因者である

31. 男性において、 血液凝固第VIII因子遺伝子が2つある

と血友病患者である
と(第VIII因子遺伝子に関しては)正常人である
ことは、座が1ヶ所しかないからあり得ない
と血友病の保因者である

32. 男性の血友病患者では、11 22 23 46 ヶ所ある第VIII因子遺伝子の座の11 22 23 46 ヶ所に第VIII因子遺伝子が入っている。

33. 男性では、血友病保因者の頻度は

理論上ゼロである
まれである
血友病の頻度より少ない
血友病の頻度と同一である
血友病の頻度より高い

34. 男性において、血液凝固第VIII因子遺伝子が1ヶ所の座で欠損すると、血友病が発症しない する 

35. 女性において、血液凝固第VIII因子遺伝子が0ある(1つもない)

ことは、座が1ヶ所しかないからあり得ない
と血友病の保因者である
と(第VIII因子遺伝子に関しては)正常人である
と血友病患者である

36. 女性において、血液凝固第VIII因子遺伝子が1つある

と(第VIII因子遺伝子に関しては)正常人である
ことは、座が1ヶ所しかないからあり得ない
と血友病の保因者である
と血友病患者である

37. 女性において、血液凝固第VIII因子遺伝子が2つある

と血友病の保因者である
と(第VIII因子遺伝子に関しては)正常人である
と血友病患者である
ことは、座が1ヶ所しかないからあり得ない

38. 女性の血友病保因者では、11 22 23 46 ヶ所ある第VIII因子遺伝子の座の11 22 23 46 ヶ所に第VIII因子遺伝子が入っている。

39. 女性において、血液凝固第VIII因子遺伝子が1ヶ所の座で欠損すると、血友病が発症する しない 

40. 男性血友病患者のX染色体を含む精子が第VIII因子遺伝子を含む確率は1/46 1/23 1/4 1/2 3/4 22/23 である。

41. 男性血友病患者のX染色体を含む精子が第VIII因子遺伝子を含まない確率は1/46 1/23 1/4 1/2 3/4 22/23 である。

42. 女性血友病保因者の卵子が第VIII因子遺伝子を含む確率は1/46 1/23 1/4 1/2 3/4 22/23 である。

43. 女性血友病保因者の卵子が第VIII因子遺伝子を含まない確率は1/46 1/23 1/4 1/2 3/4 22/23 である。

44. 血友病の父親と(第VIII因子遺伝子に関して)正常な母親とによる受精卵の性染色体がXXの場合、その受精卵が第VIII因子遺伝子を持たない確率は1/46 1/23 1/4 1/2 3/4 22/23 である。

45. 血友病の父親と(第VIII因子遺伝子に関して)正常な母親とによる受精卵の性染色体がXXの場合、その受精卵が第VIII因子遺伝子を1つ持つだけ確率は1/46 1/23 1/4 1/2 3/4 22/23 である。

46. 血友病の父親と(第VIII因子遺伝子に関して)正常な母親とによる受精卵の性染色体がXXの場合、その受精卵が第VIII因子遺伝子を2つ持つ確率は1/46 1/23 1/4 1/2 3/4 22/23 である。

47. 血友病の父親と(第VIII因子遺伝子に関して)正常な母親とによる受精卵の性染色体がXYの場合、その受精卵が第VIII因子遺伝子を持たない確率は1/46 1/23 1/4 1/2 3/4 22/23 である。

48. 血友病の父親と(第VIII因子遺伝子に関して)正常な母親とによる受精卵の性染色体がXYの場合、その受精卵が第VIII因子遺伝子を1つだけ持つ確率は1/46 1/23 1/4 1/2 3/4 22/23 である。

49. 血友病の父親と(第VIII因子遺伝子に関して)正常な母親とによる受精卵の性染色体がXYの場合、その受精卵が第VIII因子遺伝子を2つ持つ確率は1/46 1/23 1/4 1/2 3/4 22/23 である。

50. 血友病の父親と(第VIII因子遺伝子に関して)正常な母親とによる男児が血友病となる確率は1/46 1/23 1/4 1/2 3/4 22/23 である。

51. 血友病の父親と(第VIII因子遺伝子に関して)正常な母親とによる男児が血友病の保因者となる確率は1/46 1/23 1/4 1/2 3/4 22/23 である。

52. 血友病の父親と(第VIII因子遺伝子に関して)正常な母親とによる男児が(第VIII因子遺伝子に関して)正常となる確率は1/46 1/23 1/4 1/2 3/4 22/23 である。

53. 血友病の父親と(第VIII因子遺伝子に関して)正常な母親とによる女児が血友病となる確率は1/46 1/23 1/4 1/2 3/4 22/23 である。

54. 血友病の父親と(第VIII因子遺伝子に関して)正常な母親とによる女児が血友病の保因者となる確率は1/46 1/23 1/4 1/2 3/4 22/23 である。

55. 血友病の父親と(第VIII因子遺伝子に関して)正常な母親とによる女児が(第VIII因子遺伝子に関して)正常となる確率は1/46 1/23 1/4 1/2 3/4 22/23 である。

56. (第VIII因子遺伝子に関して)正常な父親と血友病保因者である母親とによる受精卵の性染色体がXXの場合、その受精卵が第VIII因子遺伝子を持たない確率は1/46 1/23 1/4 1/2 3/4 22/23 である。

57. (第VIII因子遺伝子に関して)正常な父親と血友病保因者である母親とによる受精卵の性染色体がXXの場合、その受精卵が第VIII因子遺伝子を1つだけ持つ確率は1/46 1/23 1/4 1/2 3/4 22/23 である。

58. (第VIII因子遺伝子に関して)正常な父親と血友病保因者である母親とによる受精卵の性染色体がXXの場合、その受精卵が第VIII因子遺伝子を2つ持つ確率は1/46 1/23 1/4 1/2 3/4 22/23 である。

59. (第VIII因子遺伝子に関して)正常な父親と血友病保因者である母親とによる受精卵の性染色体がXYの場合、その受精卵が第VIII因子遺伝子を持たない確率は1/46 1/23 1/4 1/2 3/4 22/23 である。

60. (第VIII因子遺伝子に関して)正常な父親と血友病保因者である母親とによる受精卵の性染色体がXYの場合、その受精卵が第VIII因子遺伝子を1つだけ持つ確率は1/46 1/23 1/4 1/2 3/4 22/23 である。

61. (第VIII因子遺伝子に関して)正常な父親と血友病保因者である母親とによる受精卵の性染色体がXYの場合、その受精卵が第VIII因子遺伝子を2つ持つ確率は1/46 1/23 1/4 1/2 3/4 22/23 である。

62. (第VIII因子遺伝子に関して)正常な父親と血友病保因者である母親とによる男児が血友病となる確率は1/46 1/23 1/4 1/2 3/4 22/23 である。

63. (第VIII因子遺伝子に関して)正常な父親と血友病保因者である母親とによる男児が血友病の保因者となる確率は1/46 1/23 1/4 1/2 3/4 22/23 である。

64. (第VIII因子遺伝子に関して)正常な父親と血友病保因者である母親とによる男児が(第VIII因子遺伝子に関して)正常となる確率は1/46 1/23 1/4 1/2 3/4 22/23 である。

65. (第VIII因子遺伝子に関して)正常な父親と血友病保因者である母親とによる女児が血友病となる確率は1/46 1/23 1/4 1/2 3/4 22/23 である。

66. (第VIII因子遺伝子に関して)正常な父親と血友病保因者である母親とによる女児が血友病の保因者となる確率は1/46 1/23 1/4 1/2 3/4 22/23 である。

67. (第VIII因子遺伝子に関して)正常な父親と血友病保因者である母親とによる女児が(第VIII因子遺伝子に関して)正常となる確率は1/46 1/23 1/4 1/2 3/4 22/23 である。

68. 血友病では血小板 アルブミン 凝固系 コラーゲン の遺伝子が欠損している。

69. 血友病Aでは第

I
II
III
IV
V
VI
VII
VIII
IX
X
XI
XII
XIII
因子が欠損している。

70. 血友病Bでは第

I
II
III
IV
V
VI
VII
VIII
IX
X
XI
XII
XIII
因子が欠損している。

71. 欠損すると血友病をもらたす第VIII、IX因子の遺伝子は常 染色体上にある。

72. 血友病は伴性 常染色体性 優性 劣性 遺伝する。

73. 血友病は新生児マス・スクリーニング対象疾患である ない 

74. 男性血友病患者の精子が第VIII因子遺伝子を含む確率は3/4 1/4 1/46 22/23 1/23 1/2 である。

75. 男性血友病患者の精子が第VIII因子遺伝子を含まない確率は3/4 1/46 1/23 1/4 22/23 1/2 である。