問題文の検索結果

1. アルドステロンは血中に生成、内分泌され、血中濃度が高くなることで血圧を上昇させる。アルドステロンはホルモンで ない ある 

2. アルドステロン(電解質コルチコイド)の生成、内分泌が通常よりも多くなると、血圧は上昇する 低下する 不変である 

3. エストロゲンの生成、内分泌が通常よりも多くなると、血圧はあまり変化しない 低下する 上昇する 

4. アルドステロンの血中濃度が通常濃度である場合、

他の要因により、血圧が正常の(セットポイントの)血圧より上昇することはあり得る
血圧はアルドステロンの血中濃度に依存しているのだから、血圧が正常の(セットポイントの)血圧より上昇することはあり得ない

5. 血圧が正常の(セットポイントの)血圧より上昇しすぎた場合、望ましい反応は、血圧がもっと上がる そのまま高すぎる血圧を保つ 血圧が低下する ことである。

6. 正常の(セットポイントの)血圧より高い血圧を低下させたい場合、望ましい反応は、

アルドステロンの分泌が亢進する
アルドステロンの分泌が低下する
アルドステロンの分泌が変わらない
ことである。

7. 正常の(セットポイントの)血圧より血圧が高いとき、アルドステロンの分泌を低下させると、

血圧は高いまま変わらない
血圧はさらに高くなる
血圧は正常の(セットポイントの)血圧へ向けて低下する

8. アルドステロンの血中濃度が通常濃度である場合、

他の要因により、血圧が正常の(セットポイントの)血圧より低下することはあり得る
血圧はアルドステロンの血中濃度に依存しているのだから、血圧が正常の(セットポイントの)血圧より低下することはあり得ない

9. 血圧が正常の(セットポイントの)血圧より低下しすぎた場合、望ましい反応は、血圧がもっと低下する そのまま低すぎる血圧を保つ 血圧が上がる ことである。

10. 正常の(セットポイントの)血圧より低い血圧を上昇させたい場合、望ましい反応は、

アルドステロンの分泌が亢進する
アルドステロンの分泌が変わらない
アルドステロンの分泌が低下する
ことである。

11. 正常の(セットポイントの)血圧より血圧が低いとき、アルドステロンの分泌を亢進させると、

血圧は高いまま変わらない
血圧はさらに低下する
血圧は正常の(セットポイントの)血圧へ向けて高くなる

12. アルドステロンの分泌調節でモニターされているのは、

エストロゲンの分泌量
エストロゲンの作用である乳房の発達
アルドステロンの作用である血圧(の上昇)
アルドステロンの血中濃度
エストロゲンの血中濃度
アルドステロンの分泌量
である。

13. アルドステロンは、

アルドステロンの血中濃度
エストロゲンの血中濃度
アルドステロンの分泌量
アルドステロンの作用である血圧(の上昇)
エストロゲンの作用である乳房の発達
エストロゲンの分泌量
がセットポイントに安定するように、分泌が調節されている。

14. アルドステロンは、

アルドステロンの作用である血圧(の上昇)
エストロゲンの分泌量
アルドステロンの分泌量
アルドステロンの血中濃度
エストロゲンの作用である乳房の発達
エストロゲンの血中濃度
が増大したときに、
エストロゲンの作用である乳房の発達
アルドステロンの分泌量
アルドステロンの血中濃度
エストロゲンの血中濃度
アルドステロンの作用である血圧(の上昇)
エストロゲンの分泌量
が低下するように、負のフィードバックが働く。

15. アルドステロンは、アルドステロンの分泌量,アルドステロンの血中濃度,*アルドステロンの作用である、血圧(の上昇),エストロゲンの分泌量,エストロゲンの血中濃度,エストロゲンの作用である、乳房の発達]が低下したときに、

アルドステロンの作用である血圧(の上昇)
エストロゲンの分泌量
エストロゲンの作用である乳房の発達
エストロゲンの血中濃度
アルドステロンの分泌量
アルドステロンの血中濃度
が亢進するように、負のフィードバックが働く。

16. エストロゲンの分泌調節でモニターされているのは、

アルドステロンの分泌量
エストロゲンの作用である乳房の発達
エストロゲンの血中濃度
エストロゲンの分泌量
アルドステロンの作用である血圧(の上昇)
アルドステロンの血中濃度
である。

17. エストロゲンは、

アルドステロンの分泌量
アルドステロンの作用である血圧(の上昇)
エストロゲンの分泌量
エストロゲンの作用である乳房の発達
エストロゲンの血中濃度
アルドステロンの血中濃度
がセットポイントに安定するように、分泌が調節されている。

18. エストロゲンは、

エストロゲンの血中濃度
エストロゲンの作用である乳房の発達
アルドステロンの分泌量
アルドステロンの作用である血圧(の上昇)
アルドステロンの血中濃度
エストロゲンの分泌量
が増大したときに、
エストロゲンの分泌量
アルドステロンの作用である血圧(の上昇)
アルドステロンの分泌量
アルドステロンの血中濃度
エストロゲンの作用である乳房の発達
エストロゲンの血中濃度
が低下するように、負のフィードバックが働く。

19. エストロゲンは、

アルドステロンの血中濃度
エストロゲンの作用である乳房の発達
エストロゲンの血中濃度
アルドステロンの作用である血圧(の上昇)
エストロゲンの分泌量
アルドステロンの分泌量
が低下したときに、
アルドステロンの作用である血圧(の上昇)
エストロゲンの分泌量
エストロゲンの血中濃度
アルドステロンの血中濃度
アルドステロンの分泌量
エストロゲンの作用である乳房の発達
が亢進するように、負のフィードバックが働く。

20. 姿勢の変化にともなう血圧,心拍数の変動など,秒単位の速い調節が必要とされる場合,中心となるのはホルモン系 自律神経系 である。

21. アルドステロンには、血漿中のNa+量と血圧とを増大させる作用がある。また、その分泌は「作用重視型調節」を受けている。アルドステロンの分泌亢進以外の理由により血漿中のNa+量と血圧とがセットポイントより増大すると、アルドステロンの分泌は低下する 亢進する あまり変化しない 

22. アルドステロンには、血漿中のNa+量と血圧とを増大させる作用がある。また、その分泌は「作用重視型調節」を受けている。アルドステロンの分泌低下以外の理由により血漿中のNa+量と血圧とがセットポイントより低下すると、アルドステロンの分泌は低下する 亢進する あまり変化しない 

23. アルドステロン分泌と血中濃度に依存して腎尿細管のNa+再吸収ポンプは活動している。Na+再吸収ポンプ活動に依存して、循環血漿量増大,血圧上昇がもたらされる。循環血漿量増大、血圧上昇は、アルドステロンの分泌と血中濃度に負のフィードバックをかけている。循環血漿量増大、血圧上昇は腎尿細管のNa+再吸収ポンプの活動に負のフィードバックをかけている、と 言える 言えない 

24. 血圧の調節、睡眠中の呼吸調節は、大脳皮質 大脳辺縁系 間脳 中脳 延髄 の機能である。

25. 大脳皮質の代表的な機能としては、

母性本能などの本能・不安感などの感情
意識にのぼる機能・ヒトらしい高度な機能
血圧の調節・睡眠中の呼吸調節
まっすぐ立つなどの姿勢調節
体温調節
があげられる。

26. 大脳辺縁系の代表的な機能としては、

血圧の調節・睡眠中の呼吸調節
母性本能などの本能・不安感などの感情
意識にのぼる機能・ヒトらしい高度な機能
体温調節
まっすぐ立つなどの姿勢調節 
があげられる。

27. 間脳の代表的な機能としては、

血圧の調節・睡眠中の呼吸調節
まっすぐ立つなどの姿勢調節 
意識にのぼる機能・ヒトらしい高度な機能
体温調節
母性本能などの本能・不安感などの感情
があげられる。

28. 中脳の代表的な機能としては、

母性本能などの本能・不安感などの感情
意識にのぼる機能・ヒトらしい高度な機能
まっすぐ立つなどの姿勢調節 
体温調節
血圧の調節・睡眠中の呼吸調節
があげられる。

29. 延髄の代表的な機能としては、

意識にのぼる機能・ヒトらしい高度な機能
体温調節
母性本能などの本能・不安感などの感情
血圧の調節・睡眠中の呼吸調節
まっすぐ立つなどの姿勢調節 
があげられる。

30. 血圧を上昇させるのは、体性神経系 自律神経系 の機能である。

31. 交感神経により、血圧は 増加 減少 する。

32. 血管平滑筋にあるカテコールアミン受容体は、主として α β 受容体であり、刺激されると、血圧 低下 上昇 をもたらす。

33. 尿細管におけるNa+ポンプの回転数が上がると、血圧は 上昇する 変わらない 低下する 

34. 尿細管におけるNa+ポンプの回転数が下がると、血圧は 上昇する 変わらない 低下する 

35. 塩分摂取などで、血漿量・血圧が通常より増大すると、負のフィードバックにより、尿細管におけるNa+ポンプの回転数は、通常より 亢進 低下  する。

36. 出血などで、血漿量・血圧が通常より低下すると、負のフィードバックにより、尿細管におけるNa+ポンプの回転数は、通常より 低下 亢進  する。

37. 塩分摂取などで、血漿量・血圧が通常より増大すると、負のフィードバックにより、尿細管におけるNa+の再吸収は、通常より 亢進 低下  する。

38. 出血などで、血漿量・血圧が通常より低下すると、負のフィードバックにより、尿細管におけるNa+の再吸収は通常より 低下 亢進  する。

39. 塩分摂取などで、血漿量・血圧が増大すると、尿細管における負のフィードバック調節の結果、血漿量・血圧は、正常値へ向かって 低下 増大  する。

40. 出血などで、血漿量・血圧が低下すると、尿細管における負のフィードバック調節の結果、血漿量・血圧は正常値へ向かって 低下 増大  する。

41. 近位尿細管・ヘンレループのNa+再吸収量が変動した際と,遠位尿細管・集合管のNa+再吸収量が変動した際とでは 前者 後者 の方が血漿・血圧におぼす影響は大きい.

42. スピロノラクトンはアルドステロンの作用を  促進 阻害 する.アルドステロンは  遠位 近位 尿細管におけるNa+  再吸収 分泌 とK+   分泌 再吸収 とを  阻害 促進 する.そのため,スピロノラクトンにより血漿中のNa+が  減少 増加 し,血圧は  上昇 低下 する.また,血漿中のK+が  減少する 減少しない .

43. 食塩を大量に摂取した。これにより血漿量・血圧は 減少 増加 した。この変化は 視床下部 傍糸球体装置 で受容され、 ADH(抗利尿ホルモン、バゾプレッシン) レニン の分泌が 抑制 促進 される。このため、副腎 髄質 皮質 からの アルドステロン アンジオテンシン の分泌 促進 抑制 される。これにより、腎、尿細管系における Na+の再吸収 水分の透過性(水チャンネルの幅) を 促進 抑制 させる。すなわち、 水のみ Na+と水 の 尿細管系から毛細血管 毛細血管から尿細管系 方向の移動が 抑制 促進 される。以上の調節は、血漿量・血圧を正常値へ向けて 増大 減少 させる。

44. 激しい下痢で電解質を失った。これにより血漿量・血圧は 増加 減少 した。この変化は 視床下部 傍糸球体装置 で受容され、 レニン ADH(抗利尿ホルモン、バゾプレッシン) の分泌が 抑制 促進 される。このため、副腎 髄質 皮質 からの アルドステロン アンジオテンシン の分泌が 抑制 促進 される。これにより、腎、尿細管系における Na+の再吸収 水分の透過性(水チャンネルの幅) を 抑制 促進 させる。すなわち、 水のみ Na+と水 の 尿細管系から毛細血管 毛細血管から尿細管系 方向の移動が 促進 抑制 される。以上の調節は,血漿量・血圧を正常値へ向けて 減少 増大 させる。

45. 食塩を摂取した.血圧は 低下する 不変である 上昇する .

46. 激しい下痢をした.血圧は 上昇する 低下する 不変である .

47. 水分を摂取した.血圧は 不変である 低下する 上昇する .

48. 発汗した.血圧は 不変である 低下する 上昇する .

49. ADH不適合分泌症候群 syndrome of inappropriate secretion of ADH (SIADH)、は血漿から尿を生成する際、水分が血漿に異常に残り、血漿が希釈される疾患である。SIADHでは、血圧は 不変である 低下する 上昇する 

50. 尿崩症は血漿から尿を生成する際、水分が尿に異常に多く排泄され、血漿が濃縮される疾患である。尿崩症では、血圧は 低下する 上昇する 不変である 

51. 低アルドステロン症は、血漿から尿を生成する際、Na+が尿に異常に多く排泄され、血中のNa+が減少する疾患である。低アルドステロン症では、血圧は上昇する 不変である 低下する 

52. アルドステロン症は、血漿から尿を生成する際、Na+が異常に多く血漿に残り、血漿中のNa+が増大する疾患である。アルドステロン症では、血圧は 低下する 上昇する 不変である 

53. アルドステロンaldosterone(電解質コルチコイド)は血圧を 低下 上昇  させる。

54. アルドステロンの分泌に負のフィードバックをかけている主な要因は 

血漿pHの低下
副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)濃度の増大
血漿量と血圧の増大
アンジオテンシノーゲン濃度の増大
血漿K+濃度の増大
である。

55. 血漿量と血圧が塩分摂取により上昇 出血により低下 すると、レニンの分泌が多くなる。

56. 血漿量と血圧が出血により低下 塩分摂取により上昇 すると、レニンの分泌が少なくなる。

57. 血漿量と血圧が塩分摂取により上昇 出血により低下 すると、アルドステロンaldosterone(電解質コルチコイド)の分泌が多くなる。

58. 血漿量と血圧が出血により低下 塩分摂取により上昇 すると、アルドステロンaldosterone(電解質コルチコイド)の分泌が少なくなる。

59. アルドステロンaldosterone(電解質コルチコイド)分泌過剰は 低血圧 高血圧 をもたらす.

60. アルドステロンaldosterone(電解質コルチコイド)分泌不足は 低血圧 高血圧 をもたらす.

61. アルドステロンaldosterone(電解質コルチコイド)の分泌 過剰 不足 は高血圧をもたらす.

62. アルドステロンaldosterone(電解質コルチコイド)の分泌 不足 過剰 は低血圧をもたらす.

63. アドレナリンは心機能を 抑制 亢進 ,血圧を 低下 上昇 ,血糖を 上昇 低下 させる.

64. クッシング症候群では、血圧は低下 上昇 する。

65. 副腎性器症候群(21-hydroxylase欠損症)では、血圧は病的に低下 上昇 する。

66. 塩分摂取などにより、血漿量、血圧が増大すると、腎の旁糸球体装置から

アルドステロン
レニン
アンジオテンシンI
アンジオテンシンII
アンジオテンシノーゲン
の分泌が 減少 増大 する.これは血漿中の
レニン
アンジオテンシンII
アンジオテンシノーゲン
アンジオテンシンI
アルドステロン
をより 少なく 多く 活性化して
アンジオテンシンI
アンジオテンシノーゲン
アルドステロン
アンジオテンシンII
レニン
の生産が 増大 減少 する.これはさらに
アルドステロン
アンジオテンシンII
アンジオテンシンI
アンジオテンシノーゲン
レニン
へと変換されるため、その生産は 減少 増大 し、その作用、すなわち、副腎皮質からの
アルドステロン
アンジオテンシンII
アンジオテンシノーゲン
レニン
アンジオテンシンI
分泌が 亢進 低下 する.これが腎尿細管からの Na+と水分 水分のみ の再吸収を 減少 増大 させ、結局、血漿量、血圧は正常値へ向かって 低下 上昇 する。

67. 出血などにより血漿量、血圧が低下すると、腎の旁糸球体装置から

レニン
アンジオテンシンII
アルドステロン
アンジオテンシンI
アンジオテンシノーゲン
の分泌が 減少 増大 する。これは血漿中の
アンジオテンシンII
アンジオテンシンI
アンジオテンシノーゲン
アルドステロン
レニン
をより 少なく 多く 活性化して
レニン
アンジオテンシンI
アルドステロン
アンジオテンシノーゲン
アンジオテンシンII
の生産が 減少 増大 する。これはさらに
アンジオテンシノーゲン
アンジオテンシンI
アンジオテンシンII
レニン
アルドステロン
へと変換されるため、その生産は 減少 増大 し、その作用、すなわち、副腎皮質からの
レニン
アンジオテンシンI
アルドステロン
アンジオテンシノーゲン
アンジオテンシンII
分泌が 亢進 低下 する。これが腎尿細管からの 水分のみ Na+と水分 の再吸収を 減少 増大 させ、結局、血漿量、血圧は正常値へ向かって 低下 上昇 する。

68. 塩分摂取などで、血漿量・血圧がセットポイントより上昇すると、負のフィードバックにより、アルドステロンの分泌、血中濃度は、低下 亢進・上昇 する。

69. 出血などで、血漿量・血圧がセットポイントより低下すると、負のフィードバックにより、アルドステロンの分泌、血中濃度は、亢進・上昇 低下 する。

70. 塩分摂取などで、血漿量・血圧がセットポイントより上昇すると、負のフィードバックにより、アルドステロンの分泌、血中濃度は、亢進・上昇 低下 する。これにより、腎臓の尿細管におけるNa+ポンプの回転数は、低下 亢進 し、これにより、血漿量・血圧は、セットポイントからさらに離れて へ向けて 低下 上昇 する。

71. 出血などで、血漿量・血圧がセットポイントより低下すると、負のフィードバックにより、アルドステロンの分泌、血中濃度は、低下 亢進・上昇 する。これにより、腎臓の尿細管におけるNa+ポンプの回転数は、低下 亢進 し、これにより、血漿量・血圧は、セットポイントからさらに離れて へ向けて 低下 上昇 する。

72. 腎不全(糸球体ろ過量の低下が主病態)患者では、血中のNa+量、血漿量、血圧は特に変動しない 増加(上昇)する 減少(低下)する 

73. アルドステロンの分泌を直接促進しているのは、

レニン
血圧の低下
アンジオテンシンII
アンジオテンシンI
アンジオテンシノーゲン
である。

74. アンジオテンシンIIが由来するのは、アルドステロン レニン 血圧の低下 アンジオテンシンI アンジオテンシノーゲン である。

75. アンジオテンシノーゲンを活性化しているのは、レニン アルドステロン アンジオテンシンI 血圧の低下 アンジオテンシンII である。

76. 心房性ナトリウム利尿ペプチド、 atrial natriuretic peptide (ANP)は、血圧を低下 上昇 する。

77. ANPは血圧を低下 上昇 する。

78. 中脳網様体の機能は

血圧の調節・睡眠中の呼吸調節
まっすぐ立つなどの姿勢調節
意識レベルの調節
体温調節
母性本能などの本能・不安感などの感情
意識にのぼる機能・ヒトらしい高度な機能
である.

79. 動脈の分岐により、血圧は高く 低く なる。

80. 動脈の分岐により、脈圧(最大血圧と最小血圧との差)は小さく 大きく なる。

81. 血圧が高いことは、毛細血管 大動脈 の特徴である。

82. 血圧が低いことは、毛細血管 大動脈 の特徴である。

83. 大動脈の平滑筋が収縮することにより、心臓の収縮期 弛緩期 の血圧が増大する。

84. ショック状態では、収縮期血圧は 低い 高い 

85. 骨格筋外の動脈壁を支配している交感神経は、血圧上昇時にのみ 血圧低下時にのみ 常時 活動している。

86. 血液粘度の低下 上昇 は血圧を上昇させる。

87. 血液量の減少 増大 は血圧を上昇させる。

88. 血管総断面積の縮小 増大 は血圧を上昇させる。

89. 血管壁弾(力)性の増大 低下 は収縮期血圧を上昇させる。

90. 血管平滑筋の弛緩 収縮 は血圧を上昇させる。

91. 心機能の亢進 低下 は血圧を上昇させる。

92. 動脈硬化症では、収縮期血圧は低下 上昇 している。

93. 動脈硬化症では、弛緩期血圧は上昇 低下 している。

94. 平均血圧とは、拡張期圧脈圧(収縮期圧-拡張期圧)× 1/4 1/3 1/2 2/3 3/4 である。

95. 血圧の受容器は

延髄
視床下部
大動脈弓
大動脈洞
冠状静脈洞
心房
頚動脈小体
心室
頚動脈洞
大脳
にある.

96. (出血などにより)血圧が低下すると、反射的に心機能(心収縮力、心拍数)は低下 亢進 する。

97. (食塩摂取などにより)血圧が上昇すると、反射的に心機能(心収縮力、心拍数)は 亢進 低下 する。

98. 心電図から血流量 血流速度 心拍数 房室伝導時間 血圧 を直接測定することができる。

99. 電解質コルチコイド(アルドステロン)の作用は、

心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
血漿浸透圧低下
女性化
身長の伸長
血糖低下
男性化
抗炎症
血漿中カルシウム濃度の低下
乳汁生成促進
血糖上昇
代謝亢進、精神活動亢進など
血漿中のNa+量と血圧との上昇
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
女性器の平滑筋収縮
造血(赤血球生成)促進
血漿中カルシウム濃度の上昇
である。

100. カテコールアミン(副腎髄質ホルモン、アドレナリン、ノルアドレナリン、エピネフリン、ノルエピネフリン)の作用は、

女性器の平滑筋収縮
抗炎症
血糖上昇
乳汁生成促進
身長の伸長
女性化
血漿中カルシウム濃度の上昇
血漿中カルシウム濃度の低下
代謝亢進、精神活動亢進など
血漿中のNa+量と血圧との上昇
血漿浸透圧低下
造血(赤血球生成)促進
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
血糖低下
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
男性化
である。

101. カルシトニンの作用は、

心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
身長の伸長
血漿中カルシウム濃度の低下
乳汁生成促進
抗炎症
男性化
造血(赤血球生成)促進
血漿中のNa+量と血圧との上昇
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
血糖上昇
女性器の平滑筋収縮
血糖低下
代謝亢進、精神活動亢進など
血漿浸透圧低下
女性化
血漿中カルシウム濃度の上昇
である。

102. パラソルモンの作用は、

血漿中カルシウム濃度の低下
血漿浸透圧低下
男性化
代謝亢進、精神活動亢進など
血糖低下
血漿中のNa+量と血圧との上昇
血漿中カルシウム濃度の上昇
抗炎症
造血(赤血球生成)促進
乳汁生成促進
女性化
身長の伸長
血糖上昇
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
女性器の平滑筋収縮
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
である。

103. インスリンの作用は、

女性化
身長の伸長
女性器の平滑筋収縮
男性化
血漿中カルシウム濃度の低下
血漿中カルシウム濃度の上昇
造血(赤血球生成)促進
代謝亢進、精神活動亢進など
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
抗炎症
乳汁生成促進
血漿中のNa+量と血圧との上昇
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
血糖上昇
血糖低下
血漿浸透圧低下
である。

104. グルカゴンの作用は、

子宮内膜の維持と基礎体温上昇
血漿中カルシウム濃度の上昇
男性化
女性器の平滑筋収縮
造血(赤血球生成)促進
血漿中カルシウム濃度の低下
乳汁生成促進
女性化
血漿浸透圧低下
身長の伸長
血糖低下
代謝亢進、精神活動亢進など
血漿中のNa+量と血圧との上昇
抗炎症
血糖上昇
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
である。

105. エリスロポ(イ)エチンの作用は、

男性化
女性器の平滑筋収縮
血漿中カルシウム濃度の上昇
女性化
造血(赤血球生成)促進
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
身長の伸長
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
血漿中カルシウム濃度の低下
乳汁生成促進
血漿浸透圧低下
血糖上昇
血漿中のNa+量と血圧との上昇
代謝亢進、精神活動亢進など
血糖低下
抗炎症
である。

106. オキシトシンの作用は、

血漿浸透圧低下
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
血糖上昇
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
造血(赤血球生成)促進
血漿中のNa+量と血圧との上昇
男性化
血漿中カルシウム濃度の低下
女性器の平滑筋収縮
抗炎症
身長の伸長
乳汁生成促進
女性化
代謝亢進、精神活動亢進など
血糖低下
血漿中カルシウム濃度の上昇
である。

107. バゾプレッシン・抗利尿ホルモン(ADH) の作用は、

血漿中のNa+量と血圧との上昇
代謝亢進、精神活動亢進など
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
女性器の平滑筋収縮
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
乳汁生成促進
血漿浸透圧低下
血糖低下
造血(赤血球生成)促進
血糖上昇
血漿中カルシウム濃度の上昇
身長の伸長
抗炎症
男性化
女性化
血漿中カルシウム濃度の低下
である。

108. 甲状腺ホルモンの作用は、

女性化
女性器の平滑筋収縮
血漿中のNa+量と血圧との上昇
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
血糖上昇
代謝亢進、精神活動亢進など
血糖低下
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
身長の伸長
乳汁生成促進
男性化
造血(赤血球生成)促進
抗炎症
血漿中カルシウム濃度の上昇
血漿浸透圧低下
血漿中カルシウム濃度の低下
である。

109. 糖質コルチコイド(副腎皮質ホルモン,コルチゾール)の作用は、

女性器の平滑筋収縮
乳汁生成促進
血漿中カルシウム濃度の上昇
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
男性化
血漿浸透圧低下
抗炎症
女性化
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
血漿中のNa+量と血圧との上昇
血糖低下
血漿中カルシウム濃度の低下
代謝亢進、精神活動亢進など
造血(赤血球生成)促進
血糖上昇
身長の伸長
である。

110. テストステロンの作用は、

血漿中カルシウム濃度の上昇
血漿浸透圧低下
男性化
血漿中のNa+量と血圧との上昇
代謝亢進、精神活動亢進など
血漿中カルシウム濃度の低下
血糖低下
女性化
造血(赤血球生成)促進
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
身長の伸長
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
女性器の平滑筋収縮
乳汁生成促進
抗炎症
血糖上昇
である。

111. エストロゲンの作用は、

乳汁生成促進
造血(赤血球生成)促進
抗炎症
身長の伸長
血漿中カルシウム濃度の上昇
血漿中のNa+量と血圧との上昇
血漿浸透圧低下
女性器の平滑筋収縮
男性化
血糖上昇
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
血糖低下
血漿中カルシウム濃度の低下
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
代謝亢進、精神活動亢進など
女性化
である。

112. プロゲステロンの作用は、

心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
抗炎症
血糖上昇
血漿浸透圧低下
代謝亢進、精神活動亢進など
造血(赤血球生成)促進
女性器の平滑筋収縮
血漿中のNa+量と血圧との上昇
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
血漿中カルシウム濃度の低下
血漿中カルシウム濃度の上昇
女性化
血糖低下
身長の伸長
男性化
乳汁生成促進
である。

113. 成長ホルモンの作用は、

造血(赤血球生成)促進
身長の伸長
代謝亢進、精神活動亢進など
血糖低下
血漿浸透圧低下
血漿中カルシウム濃度の上昇
女性化
血糖上昇
女性器の平滑筋収縮
抗炎症
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
乳汁生成促進
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
男性化
血漿中のNa+量と血圧との上昇
血漿中カルシウム濃度の低下
である。

114. プロラクチンの作用は、

血糖上昇
血糖低下
女性化
血漿中カルシウム濃度の低下
血漿中のNa+量と血圧との上昇
造血(赤血球生成)促進
血漿浸透圧低下
女性器の平滑筋収縮
身長の伸長
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
血漿中カルシウム濃度の上昇
男性化
抗炎症
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
代謝亢進、精神活動亢進など
乳汁生成促進
である。

115. 腎不全では、高 低 血圧となる。

116. 糸球体血管内の血圧は糸球体ろ過量(GFR)を増大させる 減少させる .

117. 収縮期(最高)血圧が

70
80
90
100
110
120
130
140
150
160
mmHg以上、かつ または 、拡張期(最低)血圧が
70
80
90
100
110
120
130
140
150
160
mmHg以上あると、「高血圧」である。

118. 収縮期(最高)血圧が

70
80
90
100
110
120
130
140
150
160
mmHg未満 以下 かつ または 、拡張期(最低)血圧が
70
80
90
100
110
120
130
140
150
160
未満 以下 であると、「至適血圧」である。

119. 高血圧の予防、治療のため、塩の摂取は増大 減少 させる。

120. 高血圧の予防、治療のため、肥満は減少 増大 させる。

121. 高血圧の予防、治療のため、運動量は増大 減少 させる。

122. 高血圧の予防、治療のため、アルコール摂取量は増大 減少 させる。

123. 高血圧の予防には、塩の摂取を、男性では、1日4.5 7.5 12 グラム以下 以上 とする。

124. 高血圧の治療には、塩の摂取を1日10 12 グラム以下 以上 とする。

125. 塩分摂取量の増大 低下 は血液量を増大させ、血圧を低下 上昇 させる。

126. レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系の低下 亢進 は血液量を増大させ、血圧を上昇させる。

127交感神経 副交感神経 の活動が亢進すると、血管平滑筋が収縮し、心機能が亢進して、血圧が上昇 低下 する。

128. ストレス、寒冷は交感 副交感 神経活動を亢進させて、血圧を上昇させる。

129. 高血圧の治療には、交感神経刺激 遮断 薬を用いる。

130. 高血圧の治療には、カルシウム作用促進 拮抗 薬を用いる。

131. 高血圧の治療には、アンジオテンシン変換酵素(angiotensin-converting enzyme, ACE)促進 抑制 薬を用いる。

132. 高血圧の治療には、アンジオテンシン受容体刺激 遮断 薬を用いる。

133. 高血圧の治療には、血液量を減少させる薬(利尿剤) 増やす薬 を用いる。

134. 高血圧の治療には、アルドステロン促進 抑制 薬を用いる。

135. 高血圧は、膵炎の原因としてあまり特徴的ではない 特徴的である 

136. 高血圧は頭蓋内出血 脳梗塞 の危険因子として特徴的である。

137. ストレスにより、血圧は低下 上昇 する。

138. アルドステロン(電解質コルチコイド)の作用(血圧上昇)が多くなると、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)分泌は

負のフィードバックで亢進する
負のフィードバックで低下する
血圧からの負のフィードバックを受けていないのであまり変わらない

139. 肥満により血圧が低下 上昇 する。

140. メタボリックシンドロームでは、収縮期(最大)血圧が、

22 
25 
40 
80 
85 
90 
110 
120 
126 
130 
140 
150 
160 
200 
300 
400 
mmHg未満の 以下の 以上の より大きい 場合、高血圧を診断する。

141. メタボリックシンドロームでは、拡張期(最小)血圧が、

22 
25 
40 
80 
85 
90 
110 
120 
126 
130 
140 
150 
160 
200 
300 
400 
mmHg未満の 以下の 以上の より大きい 場合、高血圧を診断する。

142. ネフローゼ症候群では、浮腫 高血圧 が特徴的である。

143. 血圧、体温、血糖値などは高いほど 低いほど 恒常性(ホメオスターシス)を保っているのが 良い。

144. 塩分摂取などにより、血漿量、血圧が増大すると、レニンが 増大 減少 する。

145. 出血などにより血漿量、血圧が低下すると、レニンが 減少 増大 する。

146. 動脈の弾性のために、収縮期(上の、最高)血圧は上昇 低下 する。

147. 動脈の弾性のために、拡張期(下の、最低)血圧は低下 上昇 する。

148. 尿細管におけるNa+ポンプは血圧を低下 上昇 させる。

149. 電解質コルチコイド(アルドステロン)の作用は

血漿中ナトリウム量と血圧の上昇
血糖上昇
心拍数上昇
血漿浸透圧低下
血漿中カルシウム濃度の上昇
である。

150. 電解質コルチコイド(アルドステロン)は血漿中ナトリウム量 血漿中カルシウム量 血漿中カリウム量 増大 減少 させ、血圧を低下 上昇 させる。

151. カテコールアミンが作用すると心拍数 血漿浸透圧 血漿中カルシウム濃度 血圧 低下 上昇 する。

152. カルシトニンの作用は

血漿浸透圧の低下
血糖低下
血漿中ナトリウム量と血圧の低下
血漿中カルシウム濃度の低下
心拍数低下
である。

153. カルシトニンが作用すると心拍数 血漿浸透圧 血漿中ナトリウム量と血圧 血漿中カルシウム濃度 血糖 低下 上昇 する。

154. 副甲状腺ホルモン(パラソルモン)の作用は

血漿中カルシウム濃度の上昇
血糖上昇
血漿浸透圧上昇
血漿中ナトリウム量と血圧の上昇
心拍数上昇
である。

155. インスリンの作用は

血糖低下
血漿浸透圧低下
血漿中カルシウム濃度の低下
血漿中ナトリウム量と血圧の低下
心拍数低下
である。

156. グルカゴンの作用は

血漿中カルシウム濃度の上昇
心拍数上昇
血漿浸透圧上昇
血糖上昇
血漿中ナトリウム量と血圧の上昇
である。

157. エリスロポ(イ)エチンの作用は、男性化 食欲亢進 血圧上昇 造血促進 抗炎症 である。

158. エリスロポ(イ)エチンが作用すると、

男性化がおこる
炎症反応がおきる
血圧が上昇する
食欲が亢進する
造血が促進される

159. 心房性ナトリウム利尿ペプチド atrial natriuretic peptide (ANP)は血漿中カルシウム量 血漿中カリウム量 血漿中ナトリウム量 増大 減少 させ、血圧を上昇 低下 させる。

160. 糖質コルチコイドの主な作用は血漿中ナトリウム濃度を増大させる 抗炎症作用 血圧上昇 である。

161. 塩分を摂取すると血圧はあまり変わらない 上昇する 低下する 

162. 塩分を喪失すると血圧は低下する 上昇する あまり変わらない 

163. 水分を摂取すると血圧はあまり変わらない 上昇する 低下する 

164. 水分を喪失すると血圧は上昇する あまり変わらない 低下する 

165. 高血圧の予防には、塩の摂取を、女性では、1日4.5 7.5 12 グラム以下 以上 とする。