問題文の検索結果

1. 解糖系とは、脂肪酸 アミノ酸 ブドウ糖 好気的代謝 嫌気的代謝 である。

2. ATPが短時間に大量に必要なときに急激に亢進する代謝経路は、主に解糖系 クレブス回路 電子伝達系(ならびに共役した酸化的リン酸化反応) β-酸化 である。

3. 激しい運動をするとき、中等度の運動と比べて、解糖系は低下し 著しく亢進し あまり変わらず(「頭打ち」となり) 、クレブス回路、電子伝達系(ならびに共役した酸化的リン酸化反応)は低下する あまり変わらない(「頭打ち」となる) 著しく亢進する 

4. 10 kmをジョギングするとき、解糖系は低下 亢進 し、クレブス回路、電子伝達系(ならびに共役した酸化的リン酸化反応)は亢進 低下 する。

5. 細胞内の糖が不足すると、解糖系 クレブス回路 β-酸化 電子伝達系(ならびに共役した酸化的リン酸化反応) が低下する。

6. 脂肪酸が受けなければならない代謝は

クレブス回路
解糖系
電子伝達系(ならびに共役した酸化的リン酸化反応)
β-酸化
である。

7. 解糖系では基質レベルのリン酸化反応 酸化的リン酸化反応 によりATPが生成されている。

8

電子伝達系によるH+(プロトン)の濃度勾配
解糖系
クレブス(TCA)回路
では基質レベルのリン酸化反応によりATPが生成されている。

9

クレブス(TCA)回路
電子伝達系によるH+(プロトン)の濃度勾配
解糖系
では酸化的リン酸化反応によりATPが生成されている。

10. リボース5-リン酸は酸化的リン酸化反応 解糖系 ベータ酸化 TCA回路 ペントースリン酸経路 脂質 たんぱく質 糖質 から生成される。