問題文の検索結果

1. エリスロポ(イ)エチンの作用は、造血(赤血球生成)促進である。また、エリスロポ(イ)エチンの分泌は「作用重視型調節」を受けている。エリスロポ(イ)エチンの分泌亢進以外の理由により赤血球数がセットポイントより増大すると,エ、リスロポ(イ)エチンの分泌は亢進する あまり変化しない 低下する 

2. エリスロポ(イ)エチンの作用は、造血(赤血球生成)促進である。また、エリスロポ(イ)エチンの分泌は「作用重視型調節」を受けている。エリスロポ(イ)エチンの分泌低下以外の理由により赤血球数がセットポイントより低下すると、エリスロポ(イ)エチンの分泌は亢進する 低下する あまり変化しない 

3. 赤血球が 低張 等張 高張 液で膨張し、破裂する現象を、線溶 アポトーシス 溶血 壊死  と言う。

4. 二酸化炭素と水との結合による重炭酸(H2CO3)の合成は、主に 血漿 赤血球 内で行われる。

5. エリスロポ(イ)エチンは、白血球 赤血球 数を増す。

6. 1次止血を担っているのは赤血球 白血球 血小板 凝固因子 である。

7. 2次止血を担っているのは赤血球 白血球 血小板 凝固因子 である。

8. 正常赤血球の形状は、球状 片面凹 両面凹 片面凸 両面凸 である。

9. 成人では、赤血球のグロビンには、α β γ δ θ 鎖が本ずつ含まれる。

10. 胎児では、赤血球のグロビンには、α β γ δ θ 鎖が本ずつ含まれる。

11. 赤血球の酸素飽和度とは、赤血球中のヘモグロビンのうち、酸素(O2)と結合している していない ヘモグロビンの割合である。

12. 赤血球中のヘモグロビンのうち、酸素と結合しているヘモグロビンの割合が高いほど、酸素飽和度は高い 低い 

13. 赤血球中のヘモグロビンのうち、酸素と結合しているヘモグロビンの割合が低いほど、酸素飽和度は高い 低い 

14. 正常の肺毛細血管中の赤血球の酸素飽和度は、約20 40 60 80 100 %である。

15. 赤血球の酸素解離曲線がもっとも急峻であるのは、酸素分圧 25 45 65 95  mm Hg付近である。

16. 酸性物質、高温、高CO2などにより、赤血球の酸素飽和度は上昇 低下 する。

17. 代謝が亢進した組織では、酸性物質 アルカリ性物質 が多く、温度は高く 低く 、CO2多い 少ない 。そして、赤血球からは、代謝が通常レベルの組織と比べて、多くの 少ない 酸素が供給される。

18. 赤血球の酸素解離曲線は、高温により 右 左 にシフトする。これは、代謝が 低下 亢進 した部位において、赤血球が放出する酸素が 増加 減少 するため、有利である。

19. 赤血球の酸素解離曲線は、アシドーシス(による酸血症)により 左 右 にシフトする。これは、代謝が 低下 亢進 した部位において、赤血球が放出する酸素が 減少 増加 するため、有利である。

20. 赤血球の酸素解離曲線は、高CO2血症により、左 右 にシフトする。これは、代謝が亢進 低下 した部位において、赤血球が放出する酸素が 減少 増加 するため、有利である。

21. アルカリ性物質、低温、低CO2などにより、赤血球の酸素飽和度は上昇 低下 する。

22. 代謝が低下した組織では、酸性物質 アルカリ性物質 が多く、温度は高く 低く 、CO2多い 少ない 。そして、赤血球からは、代謝が通常レベルの組織と比べて、多くの 少ない 酸素が供給される。

23. 赤血球の酸素解離曲線は、低温により 右 左 にシフトする。これは、代謝が 亢進 低下 した部位において、赤血球が放出する酸素が 減少 増加 するため、有利である。

24. 赤血球の酸素解離曲線は、アルカローシス(によるアルカリ血症)により 左 右 にシフトする。これは、代謝が 低下 亢進 した部位において、赤血球が放出する酸素が 減少 増加 するため、有利である。

25. 赤血球の酸素解離曲線は、低CO2血症により 右 左 にシフトする。これは、代謝が 低下 亢進 した部位において、赤血球が放出する酸素が 減少 増加 するため、有利である。

26. 赤血球の酸素解離曲線の左へのシフトは、 高温 低温 アシドーシス(による酸血症) アルカローシス(によるアルカリ血症) 低CO2血症 高CO2血症 の際の特徴である。

27. 赤血球の酸素解離曲線の右へのシフトは、 高温 低温 アルカローシス(によるアルカリ血症) アシドーシス(による酸血症) 高CO2血症 低CO2血症 の際の特徴である。

28. 赤血球の分化の順番は、未分化な細胞の順に、赤芽球 全能性幹細胞 前赤芽球 赤血球 赤血球性幹細胞 網赤血球 全能性幹細胞 網赤血球 赤芽球 赤血球 赤血球性幹細胞 前赤芽球 赤血球 赤芽球 網赤血球 赤血球性幹細胞 全能性幹細胞 前赤芽球 赤血球性幹細胞 全能性幹細胞 網赤血球 赤芽球 赤血球 前赤芽球 赤血球 全能性幹細胞 前赤芽球 赤芽球 網赤血球 赤血球性幹細胞 赤血球 赤芽球 赤血球性幹細胞 前赤芽球 全能性幹細胞 網赤血球 である。

29. 赤血球系幹細胞は、主に骨髄 末梢血 の細胞である。

30. 赤血球系幹細胞は、有核 無核 である。

31. 赤血球系幹細胞は、ヘモグロビンを多く含有する しない 

32. 網赤血球は、主に骨髄 末梢血 の細胞である。

33. 網赤血球は、有核 無核 である。

34. 網赤血球は、ヘモグロビンを多く含有する しない 

35. 赤血球は、主に骨髄 末梢血 の細胞である。

36. 赤血球は、有核 無核 である。

37. 赤血球は、ヘモグロビンを多く含有する しない 

38. 主に骨髄にあるのは、全能性幹細胞 赤血球性幹細胞 前赤芽球 赤芽球 網赤血球 赤血球 である。

39. 主に末梢血にあるのは、全能性幹細胞 赤血球性幹細胞 前赤芽球 赤芽球 網赤血球 赤血球 である。

40. 有核であるのは、全能性幹細胞 赤血球性幹細胞 前赤芽球 赤芽球 網赤血球 赤血球 である。

41. 無核であるのは、全能性幹細胞 赤血球性幹細胞 前赤芽球 赤芽球 網赤血球 赤血球 である。

42. ヘモグロビンを多く含有するのは、全能性幹細胞 赤血球性幹細胞 前赤芽球 赤芽球 網赤血球 赤血球 である。

43. ヘモグロビンを多く含有しないのは、全能性幹細胞 赤血球性幹細胞 前赤芽球 赤芽球 網赤血球 赤血球 である。

44. 全能性幹細胞は、

血清鉄を運搬する
補酵素として作用し、赤芽球のDNAを合成する
赤血球だけではなく、全血球に分化する
遺伝情報を保持し、グロビンを生成する
前赤芽球、赤芽球への分化・増殖を促進する
ヘム成分の一部を構成する
ポルフィリンの前駆体である
ことで、造血に必要である。

45. 鉄は、

赤血球だけではなく、全血球に分化する
前赤芽球、赤芽球への分化・増殖を促進する
ポルフィリンの前駆体である
補酵素として作用し、赤芽球のDNAを合成する
ヘム成分の一部を構成する
遺伝情報を保持し、グロビンを生成する
血清鉄を運搬する
ことで、造血に必要である。

46. トランスフェリンは、

前赤芽球、赤芽球への分化・増殖を促進する
血清鉄を運搬する
赤血球だけではなく、全血球に分化する
ヘム成分の一部を構成する
補酵素として作用し、赤芽球のDNAを合成する
遺伝情報を保持し、グロビンを生成する
ポルフィリンの前駆体である
ことで、造血に必要である。

47. デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)は、

遺伝情報を保持し、グロビンを生成する
ポルフィリンの前駆体である
血清鉄を運搬する
ヘム成分の一部を構成する
補酵素として作用し、赤芽球のDNAを合成する
前赤芽球、赤芽球への分化・増殖を促進する
赤血球だけではなく、全血球に分化する
ことで、造血に必要である。

48. ビタミンB12は、

前赤芽球、赤芽球への分化・増殖を促進する
ポルフィリンの前駆体である
補酵素として作用し、赤芽球のDNAを合成する
遺伝情報を保持し、グロビンを生成する
血清鉄を運搬する
ヘム成分の一部を構成する
赤血球だけではなく、全血球に分化する
ことで、造血に必要である。

49. 葉酸は、

補酵素として作用し、赤芽球のDNAを合成する
ポルフィリンの前駆体である
遺伝情報を保持し、グロビンを生成する
ヘム成分の一部を構成する
前赤芽球、赤芽球への分化・増殖を促進する
血清鉄を運搬する
赤血球だけではなく、全血球に分化する
ことで、造血に必要である。

50. 腎臓におけるエリスロポ(イ)エチン生成は、

ヘム成分の一部を構成する
血清鉄を運搬する
ポルフィリンの前駆体である
前赤芽球、赤芽球への分化・増殖を促進する
赤血球だけではなく、全血球に分化する
補酵素として作用し、赤芽球のDNAを合成する
遺伝情報を保持し、グロビンを生成する
ことで、造血に必要である。

51. グロビン遺伝子は

ヘム成分の一部を構成する
補酵素として作用し、赤芽球のDNAを合成する
血清鉄を運搬する
前赤芽球、赤芽球への分化・増殖を促進する
赤血球だけではなく、全血球に分化する
酵素として作用し、鉄とポルフィリンとを結合する
遺伝情報を保持し、グロビンを生成する
ことで造血に必要である.

52. 赤血球だけではなく、全血球に分化することで造血に必要な因子は

トランスフェリン
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)
ビタミンB12
葉酸
幹細胞
グロビン遺伝子
腎臓におけるエリスロポ(イ)エチン生成

である。

53. 分解された赤血球に含まれていた鉄は、主に胆汁とともに排泄される 次の赤血球造血に再利用される 

54. 平均赤血球容積 mean corpuscular volume (MCV)の定義は、

ヘマトクリット(%)
ヘモグロビン(g/dl)
赤血球数(100万/mm3)
 割る 
ヘマトクリット(%)
ヘモグロビン(g/dl)
赤血球数(100万/mm3)
かける10である。

55. 平均赤血球容積 mean corpuscular volume (MCV)は、

赤血球1個あたりの容積
赤血球の単位容積あたりに含まれるヘモグロビンの量、すなわち、ヘモグロビン密度
赤血球1個あたりに含まれるヘモグロビン量
の指標である。

56. MCVの定義は、

ヘマトクリット(%)
ヘモグロビン(g/dl)
赤血球数(100万/mm3)
 割る 
ヘマトクリット(%)
ヘモグロビン(g/dl)
赤血球数(100万/mm3)
かける10である。

57. MCVは、

赤血球1個あたりの容積
赤血球の単位容積あたりに含まれるヘモグロビンの量、すなわち、ヘモグロビン密度
赤血球1個あたりに含まれるヘモグロビン量
の指標である。

58. 平均赤血球容積 mean corpuscular volume (MCV)が正常範囲を下回る赤血球は、大球性 正球性 小球性 正色素性 低色素性 である。

59. 平均赤血球容積 mean corpuscular volume (MCV)が正常範囲内である赤血球は、大球性 正球性 小球性 正色素性 低色素性 である。

60. 平均赤血球容積 mean corpuscular volume (MCV)が正常範囲を上回る赤血球は、大球性 正球性 小球性 正色素性 低色素性 である。

61. MCVが正常範囲を下回る赤血球は、大球性 正球性 小球性 正色素性 低色素性 である。

62. MCVが正常範囲内である赤血球は、大球性 正球性 小球性 正色素性 低色素性 である。

63. MCVが正常範囲を上回る赤血球は、大球性 正球性 小球性 正色素性 低色素性 である。

64. 平均赤血球血色素濃度 mean corpuscular hemoglobin concentration (MCHC)の定義は、

ヘマトクリット(%)
ヘモグロビン(g/dl)
赤血球数(100万/mm3)
 割る 
ヘマトクリット(%)
ヘモグロビン(g/dl)
赤血球数(100万/mm3)
かける100である。

65. 平均赤血球血色素濃度 mean corpuscular hemoglobin concentration (MCHC)は、

赤血球1個あたりの容積
赤血球の単位容積あたりに含まれるヘモグロビンの量、すなわち、ヘモグロビン密度
赤血球1個あたりに含まれるヘモグロビン量
の指標である。

66. MCHCの定義は、

ヘマトクリット(%)
ヘモグロビン(g/dl)
赤血球数(100万/mm3)
 割る 
ヘマトクリット(%)
ヘモグロビン(g/dl)
赤血球数(100万/mm3)
かける100である。

67. MCHCは、

赤血球1個あたりの容積
赤血球の単位容積あたりに含まれるヘモグロビンの量、すなわち、ヘモグロビン密度
赤血球1個あたりに含まれるヘモグロビン量
の指標である。

68. 平均赤血球血色素濃度 mean corpuscular hemoglobin concentration (MCHC)が正常範囲を下回る赤血球は、大球性 正球性 小球性 正色素性 低色素性 である。

69. 平均赤血球血色素濃度 mean corpuscular hemoglobin concentration (MCHC)が正常範囲内である赤血球は、大球性 正球性 小球性 正色素性 低色素性 である。

70. MCHCが正常範囲を下回る赤血球は、大球性 正球性 小球性 正色素性 低色素性 である。

71. MCHCが正常範囲内である赤血球は、大球性 正球性 小球性 正色素性 低色素性 である。

72. 平均赤血球血色素量 mean corpuscular hemoglobin (MCH)の定義は、

ヘマトクリット(%)
ヘモグロビン(g/dl)
赤血球数(100万/mm3)
 割る 
ヘマトクリット(%)
ヘモグロビン(g/dl)
赤血球数(100万/mm3)
かける10である。

73. 平均赤血球血色素量 mean corpuscular hemoglobin (MCH)は、

赤血球1個あたりの容積
赤血球の単位容積あたりに含まれるヘモグロビンの量、すなわち、ヘモグロビン密度
赤血球1個あたりに含まれるヘモグロビン量
の指標である。

74. MCHの定義は、

ヘマトクリット(%)
ヘモグロビン(g/dl)
赤血球数(100万/mm3)
 割る 
ヘマトクリット(%)
ヘモグロビン(g/dl)
赤血球数(100万/mm3)
かける10である。

75. MCHは、

赤血球1個あたりの容積
赤血球の単位容積あたりに含まれるヘモグロビンの量、すなわち、ヘモグロビン密度
赤血球1個あたりに含まれるヘモグロビン量
の指標である。

76. 平均赤血球血色素量 mean corpuscular hemoglobin (MCH)が正常範囲を下回る赤血球は、大球性 正球性 小球性 正色素性 低色素性 である。

77. 平均赤血球血色素量 mean corpuscular hemoglobin (MCH)が正常範囲内である赤血球は、大球性 正球性 小球性 正色素性 低色素性 である。

78. MCHが正常範囲を下回る赤血球は、大球性 正球性 小球性 正色素性 低色素性 である。

79. MCHが正常範囲内である赤血球は、大球性 正球性 小球性 正色素性 低色素性 である。

80. ヘマトクリット(%) 割る 赤血球数(100万/mm3) かける 10 で定義される貧血の指標は、

平均赤血球容積
平均赤血球血色素濃度
平均赤血球血色素量
MCV
MCHC
MCH
である。

81. ヘモグロビン(g/dl) 割る ヘマトクリット(%) かける 100 で定義される貧血の指標は、

平均赤血球容積
平均赤血球血色素濃度
平均赤血球血色素量
MCV
MCHC
MCH
である。

82. ヘモグロビン(g/dl) 割る 赤血球数(100万/mm3) かける 10 で定義される貧血の指標は、

平均赤血球容積
平均赤血球血色素濃度
平均赤血球血色素量
MCV
MCHC
MCH
である。

83. 赤血球1個あたりの容積の指標となるのは、

平均赤血球容積
平均赤血球血色素濃度
平均赤血球血色素量
MCV
MCHC
MCH
である。

84. 赤血球の単位容積あたりに含まれるヘモグロビンの量、すなわち、ヘモグロビン密度の指標となるのは、

平均赤血球容積
平均赤血球血色素濃度
平均赤血球血色素量
MCV
MCHC
MCH
である。

85. 赤血球1個あたりに含まれるヘモグロビン量の指標となるのは、

平均赤血球容積
平均赤血球血色素濃度
平均赤血球血色素量
MCV
MCHC
MCH
である。

86. 大球性貧血では、

平均赤血球容積
平均赤血球血色素濃度
平均赤血球血色素量
MCV
MCHC
MCH
が正常範囲を上回る。

87. 正球性貧血では、

平均赤血球容積
平均赤血球血色素濃度
平均赤血球血色素量
MCV
MCHC
MCH
が正常範囲内である。

88. 小球性貧血では、

平均赤血球容積
平均赤血球血色素濃度
平均赤血球血色素量
MCV
MCHC
MCH
正常範囲を下回る 正常範囲内である 正常範囲を上回る 

89. 正色素性貧血では、

平均赤血球容積
平均赤血球血色素濃度
平均赤血球血色素量
MCV
MCHC
MCH
が正常範囲内である。

90. 低色素性貧血では、

平均赤血球容積
平均赤血球血色素濃度
平均赤血球血色素量
MCV
MCHC
MCH
が正常範囲を下回る。

91. 鉄欠乏性貧血の主な病因は、

鉄不足
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)の欠損、機能低下
トランスフェリンの欠損
トランスフェリンの減少
グロビン遺伝子欠損
赤血球に対する自己抗体
全能性幹細胞の分裂・分化能の低下
ビタミンB12、葉酸の欠乏
である。

92. 鉄欠乏性貧血の赤血球は、大球性 正球性 小球性 正色素性 低色素性 である。

93. 鉄芽球性貧血の主な病因は

鉄不足
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)の欠損、機能低下
トランスフェリンの欠損
トランスフェリンの減少
グロビン遺伝子欠損
赤血球に対する自己抗体
全能性幹細胞の分裂・分化能の低下
ビタミンB12、葉酸の欠乏
である.

94. 鉄芽球性貧血では,デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)の欠乏によりポルフィリン グロビン グロブリン アルブミン グロンサン クロナマ が生成できず,全能性幹細胞 赤血球性幹細胞 前赤芽球 赤芽球 網赤血球 赤血球 鉄 銅 亜鉛 カルシウム マグネシウム がたまって,鉄芽球 巨赤芽球 に変性する.

95. 鉄芽球性貧血の赤血球は大球性 正球性 小球性  ,正色素性 低色素性 である.

96. 無トランスフェリン血症の主な病因は

鉄不足
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)の欠損、機能低下
トランスフェリンの欠損
トランスフェリンの減少
グロビン遺伝子欠損
赤血球に対する自己抗体
全能性幹細胞の分裂・分化能の低下
ビタミンB12、葉酸の欠乏
である.

97. 無トランスフェリン血症では,

赤血球だけではなく、全血球に分化する
ヘム成分の一部を構成する
血清鉄を運搬する
酵素として作用し、鉄とポルフィリンとを結合する
補酵素として作用し、赤芽球のDNAを合成する
前赤芽球、赤芽球の分化・増殖を促進する
遺伝情報を保持し、グロビンを生成する
トランスフェリンの欠損により,
貯蔵鉄が血清鉄として動員できず
血清鉄を貯蔵鉄にできず
血清鉄を造血に利用できず
鉄を吸収できず
老朽赤血球の鉄を貯蔵できず
,ヘモグロビン生成が低下する.

98. 無トランスフェリン血症の赤血球は大球性 正球性 小球性  ,正色素性 低色素性 である.

99. 慢性疾患にともなう貧血の主な病因は

鉄不足
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)の欠損、機能低下
トランスフェリンの欠損
トランスフェリンの減少
グロビン遺伝子欠損
赤血球に対する自己抗体
全能性幹細胞の分裂・分化能の低下
ビタミンB12、葉酸の欠乏
である.

100. 慢性疾患にともなう貧血では,

赤血球だけではなく、全血球に分化する
ヘム成分の一部を構成する
血清鉄を運搬する
酵素として作用し、鉄とポルフィリンとを結合する
補酵素として作用し、赤芽球のDNAを合成する
前赤芽球、赤芽球の分化・増殖を促進する
遺伝情報を保持し、グロビンを生成する
トランスフェリンの減少により,
貯蔵鉄が血清鉄として動員できず
血清鉄を貯蔵鉄にできず
血清鉄を造血に利用できず
鉄を吸収できず
老朽赤血球の鉄を貯蔵できず
,ヘモグロビン生成が低下する.

101. 慢性疾患にともなう貧血の赤血球は大球性 正球性 小球性  ,正色素性 低色素性 である.

102. サラセミアの主な病因は

鉄不足
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)の欠損、機能低下
トランスフェリンの欠損
トランスフェリンの減少
グロビン遺伝子欠損
赤血球に対する自己抗体
全能性幹細胞の分裂・分化能の低下
ビタミンB12、葉酸の欠乏
である.

103. サラセミアの赤血球は大球性 正球性 小球性  ,正色素性 低色素性 である.

104. 自己免疫性溶血性貧血の主な病因は

鉄不足
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)の欠損、機能低下
トランスフェリンの欠損
トランスフェリンの減少
グロビン遺伝子欠損
赤血球に対する自己抗体
全能性幹細胞の分裂・分化能の低下
ビタミンB12、葉酸の欠乏
である.

105. 自己免疫性溶血性貧血では,赤血球に対する自己抗体により溶血が異常に亢進 低下 する.

106. 自己免疫性溶血性貧血の赤血球は大球性 正球性 小球性  ,正色素性 低色素性 である.

107. 再生不良性貧血の主な病因は

鉄不足
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)の欠損、機能低下
トランスフェリンの欠損
トランスフェリンの減少
グロビン遺伝子欠損
赤血球に対する自己抗体
全能性幹細胞の分裂・分化能の低下
ビタミンB12、葉酸の欠乏
である。

108. 再生不良性貧血では、

赤血球だけではなく、全血球に分化する
ヘム成分の一部を構成する
血清鉄を運搬する
酵素として作用し、鉄とポルフィリンとを結合する
補酵素として作用し、赤芽球のDNAを合成する
前赤芽球、赤芽球の分化・増殖を促進する
遺伝情報を保持し、グロビンを生成する
全能性幹細胞の分裂・分化能が低下し、全能性幹細胞、赤血球性幹細胞、前赤芽球、赤芽球、網赤血球、赤血球の分化過程がブロックされて造血が低下する。

109. 再生不良性貧血の赤血球は大球性 正球性 小球性 正色素性 低色素性 である。

110. 巨赤芽球性貧血の主な病因は、

鉄不足
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)の欠損、機能低下
トランスフェリンの欠損
トランスフェリンの減少
グロビン遺伝子欠損
赤血球に対する自己抗体
全能性幹細胞の分裂・分化能の低下
ビタミンB12および/または葉酸の欠乏
である。

111. 巨赤芽球性貧血では、赤芽球のDNA合成に補酵素として作用するビタミンB12 葉酸 が欠乏し、前赤芽球から赤芽球 赤芽球から網赤血球 への分化がブロックされ、鉄芽球 巨赤芽球 に変性する。

112. 巨赤芽球性貧血の赤血球は、大球性 正球性 小球性 である。

113. 悪性貧血では、赤芽球のDNA合成に補酵素として作用するビタミンB12 葉酸 が欠乏し、前赤芽球から赤芽球 赤芽球から網赤血球 への分化がブロックされ、鉄芽球 巨赤芽球 に変性する。

114. 悪性貧血の赤血球は、大球性 正球性 小球性 である。

115. 葉酸欠乏性貧血では、赤芽球のDNA合成に補酵素として作用するビタミンB12 葉酸 が欠乏し、前赤芽球から赤芽球 赤芽球から網赤血球 への分化がブロックされ、鉄芽球 巨赤芽球 に変性する。

116. 葉酸欠乏性貧血の赤血球は大球性 正球性 小球性  である.

117. 赤血球の直径は、おおよそ2-5 7-9 μmである。

118. 女性の赤血球の血中の数は、約15-40万 380-480万 410-530万 個/μlである。

119. 男性の赤血球の血中の数は、約15-40万 380-480万 410-530万 個/μlである。

120. 赤血球の寿命は、約13 25 54 80 120 180 日である。

121. 全能性幹細胞は、赤血球系 白血球系 血小板系 に分化・成熟ができる。

122. 赤血球系幹細胞は、赤血球系 白血球系 血小板系 の分化・成熟ができる。

123. 赤血球系幹細胞は、ヘモグロビンを生成している ほとんどしていない 

124. ABO式血液型に関する遺伝子型がAAであるヒトでは、赤血球の表面にA抗原、B抗原のいずれも発現していない A抗原が発現している B抗原が発現している 

125. ABO式血液型に関する遺伝子型がAOであるヒトでは、赤血球の表面にA抗原が発現している A抗原、B抗原のいずれも発現していない B抗原が発現している 

126. ABO式血液型に関する遺伝子型がBBであるヒトでは、赤血球の表面にA抗原、B抗原のいずれも発現していない B抗原が発現している A抗原が発現している 

127. ABO式血液型に関する遺伝子型がBOであるヒトでは、赤血球の表面にA抗原が発現している B抗原が発現している A抗原、B抗原のいずれも発現していない 

128. ABO式血液型に関する遺伝子型がABであるヒトでは、赤血球の表面にA抗原、B抗原のいずれも発現していない B抗原が発現している A抗原が発現している 

129. ABO式血液型に関する遺伝子型がOOであるヒトでは、赤血球の表面にA抗原が発現している B抗原が発現している A抗原、B抗原のいずれも発現していない 

130. 赤血球表面に(B抗原はなく)A抗原だけがあるヒトのABO式血液型は、AB 型である。

131. 赤血球表面に(A抗原はなく)B抗原だけがあるヒトのABO式血液型は、AB 型である。

132. 赤血球表面にA抗原、B抗原の両方があるヒトのABO式血液型は、AB 型である。

133. 赤血球表面にA抗原、B抗原のいずれもないヒトのABO式血液型は、AB 型である。

134. 赤血球表面にA抗原のないヒトは、A抗原が侵入してはじめて しなくても 、血漿に抗A抗体 抗B抗体 がある。

135. 赤血球表面にB抗原のないヒトは、B抗原が侵入してはじめて しなくても 、血漿に抗A抗体 抗B抗体 がある。

136. ABO式血液型における抗A抗体は、表面にA抗原のある赤血球を破壊する(溶血させる) 凝集させる 

137. ABO式血液型における抗B抗体は、表面にB抗原のある赤血球を破壊する(溶血させる) 凝集させる 

138. ABO式血液型A型のヒトには抗A抗体がある 抗B抗体がある 抗A抗体、抗B抗体いずれもない ため、A型の赤血球を輸血すると、

とりあえず凝集しないとは思われるが、輸血の可否判断には他の検査が必要である
輸血した赤血球は凝集すると思われる

139. ABO式血液型A型のヒトには抗B抗体がある 抗A抗体、抗B抗体いずれもない 抗A抗体がある ため、B型の赤血球を輸血すると、

輸血した赤血球は凝集すると思われる
とりあえず凝集しないとは思われるが、輸血の可否判断には他の検査が必要である

140. ABO式血液型A型のヒトには抗B抗体がある 抗A抗体がある 抗A抗体、抗B抗体いずれもない ため、AB型の赤血球を輸血すると、

とりあえず凝集しないとは思われるが、輸血の可否判断には他の検査が必要である
輸血した赤血球は凝集すると思われる

141. ABO式血液型A型のヒトには抗B抗体がある 抗A抗体がある 抗A抗体、抗B抗体いずれもない ため、O型の赤血球を輸血すると、

とりあえず凝集しないとは思われるが、輸血の可否判断には他の検査が必要である
輸血した赤血球は凝集すると思われる

142. ABO式血液型B型のヒトには抗A抗体がある 抗A抗体、抗B抗体いずれもない 抗B抗体がある ため、A型の赤血球を輸血すると、

輸血した赤血球は凝集すると思われる
とりあえず凝集しないとは思われるが、輸血の可否判断には他の検査が必要である

143. ABO式血液型B型のヒトには抗A抗体がある 抗A抗体、抗B抗体いずれもない 抗B抗体がある ため、B型の赤血球を輸血すると、

とりあえず凝集しないとは思われるが、輸血の可否判断には他の検査が必要である
輸血した赤血球は凝集すると思われる

144. ABO式血液型B型のヒトには抗A抗体がある 抗B抗体がある 抗A抗体、抗B抗体いずれもない ため、AB型の赤血球を輸血すると、

とりあえず凝集しないとは思われるが、輸血の可否判断には他の検査が必要である
輸血した赤血球は凝集すると思われる

145. ABO式血液型B型のヒトには抗B抗体がある 抗A抗体、抗B抗体いずれもない 抗A抗体がある ため、O型の赤血球を輸血すると、

とりあえず凝集しないとは思われるが、輸血の可否判断には他の検査が必要である
輸血した赤血球は凝集すると思われる

146. ABO式血液型AB型のヒトには抗B抗体がある 抗A抗体がある 抗A抗体、抗B抗体いずれもない ため、A型の赤血球を輸血すると、

とりあえず凝集しないとは思われるが、輸血の可否判断には他の検査が必要である
輸血した赤血球は凝集すると思われる

147. ABO式血液型AB型のヒトには抗B抗体がある 抗A抗体がある 抗A抗体、抗B抗体いずれもない ため、B型の赤血球を輸血すると、

とりあえず凝集しないとは思われるが、輸血の可否判断には他の検査が必要である
輸血した赤血球は凝集すると思われる

148. ABO式血液型AB型のヒトには抗A抗体がある 抗B抗体がある 抗A抗体、抗B抗体いずれもない ため、AB型の赤血球を輸血すると、

とりあえず凝集しないとは思われるが、輸血の可否判断には他の検査が必要である
輸血した赤血球は凝集すると思われる

149. ABO式血液型AB型のヒトには抗A抗体、抗B抗体いずれもない 抗B抗体がある 抗A抗体がある ため、O型の赤血球を輸血すると、

輸血した赤血球は凝集すると思われる
とりあえず凝集しないとは思われるが、輸血の可否判断には他の検査が必要である

150. ABO式血液型O型のヒトには抗A抗体がある 抗B抗体がある 抗A抗体、抗B抗体いずれもない ため、A型の赤血球を輸血すると、

輸血した赤血球は凝集すると思われる
とりあえず凝集しないとは思われるが、輸血の可否判断には他の検査が必要である

151. ABO式血液型O型のヒトには抗A抗体、抗B抗体いずれもない 抗B抗体がある 抗A抗体がある ため、B型の赤血球を輸血すると、

輸血した赤血球は凝集すると思われる
とりあえず凝集しないとは思われるが、輸血の可否判断には他の検査が必要である

152. ABO式血液型O型のヒトには抗B抗体がある 抗A抗体、抗B抗体いずれもない 抗A抗体がある ため、AB型の赤血球を輸血すると、

輸血した赤血球は凝集すると思われる
とりあえず凝集しないとは思われるが、輸血の可否判断には他の検査が必要である

153. ABO式血液型O型のヒトには抗A抗体がある 抗B抗体がある 抗A抗体、抗B抗体いずれもない ため、O型の赤血球を輸血すると、

輸血した赤血球は凝集すると思われる
とりあえず凝集しないとは思われるが、輸血の可否判断には他の検査が必要である

154. 赤血球膜にRh抗原のあるヒトは、Rh式血液型である。

155. 赤血球膜にRh抗原のないヒトは、Rh式血液型である。

156. Rh式血液型(+)のヒトの赤血球の膜に、Rh抗原はある ない 

157. Rh式血液型(-)のヒトの赤血球の膜に、Rh抗原はない ある 

158. Rh血液型 (+)のヒトは、赤血球膜にRh抗原がなく あり 、誕生時点で、血漿中に抗Rh抗体はある ない 

159. Rh血液型 (-)のヒトは、赤血球膜にRh抗原があり なく 、誕生時点で、血漿中に抗Rh抗体はない ある 

160. Rh血液型(-)のヒトは、赤血球膜にRh抗原がなく あり 、血漿中には、感作されていないかぎり抗Rh抗体をもたない 規則的に抗Rh抗体をもつ 

161. Rh式血液型(-)のヒトにRh血液型(+)の赤血球を輸血した後 する前 に、抗Rh抗体は生成される。

162. 胎児の赤血球は、基本的に胎盤を通過する 通過しない 

163. 妊娠中、胎児赤血球表面にある抗原は、母体の免疫系に認識されない される 

164. 胎児の赤血球が母体に混入するのは、出産時 前 後 である。

165. Rh血液型(-)の母親にとって、Rh血液型(+)の(カワイイ我が子である)胎児の赤血球上のRh抗原は、非自己(異物)である ない 

166. Rh血液型(-)の母親の免疫系は、Rh血液型(+)の胎児の赤血球上のRh抗原が混入すれば、これに対して抗体を生成する しない 

167. Rh血液型(-)の母親の免疫系が、Rh血液型(+)の胎児の赤血球上のRh抗原に対して抗体を生成するのは、出産時 後 前 である。

168. Rh血液型(-)の母親の免疫系が、Rh抗原に対して活性化されれば、Rh血液型(+)の(カワイイ我が子である)胎児の赤血球を破壊し得る し得ない 

169. 出産時、Rh式血液型(-)の母親は、Rh式血液型(+)の胎児赤血球に対する抗体(抗Rh抗体)を生成する。この抗体は、出産後数年が経過すると、生成されなくなる 生成され続けることがある 

170. Rh血液型(+)の第1子に対して生成された抗Rh抗体は、Rh血液型(+)の第2子の赤血球に対してほとんど無効である 有効であり攻撃する 

171. Rh血液型(-)の母体から胎児へ(もともとないので)抗Rh抗体が移行せず、Rh式血液型(+)の胎児赤血球が攻撃されないのは、初回 第2回 妊娠の特徴である。

172. Rh血液型(-)の母体から胎児へ抗Rh抗体が移行し、Rh式血液型(+)の胎児赤血球が攻撃されるのは、第2回 初回 妊娠の特徴である。

173. 血液型不適合妊娠による胎児赤血球破壊の可能性が低いのは、初回 第2回 妊娠の特徴である。

174. 血液型不適合妊娠による胎児赤血球破壊の可能性が高いのは、初回 第2回 妊娠の特徴である。

175. 播種性血管内凝固(disseminated intravascular coagulation, DIC)では,赤血球沈降速度が変わらない 増大する 低下する .アンチトロンビンIII(ATIII)は減る 増える 変わらない .thrombin-antithrombinIII (TAT) 複合体は増える 減る 変わらない .

176. (筋肉などの)末梢毛細血管における赤血球内で、H+ + HCO3-←→ H2CO3 ←→ H2O + CO2の平衡式は、

H+ + HCO3-→ H2CO3 → H2O + CO2
H+ + HCO3-← H2CO3 ← H2O + CO2
の方向へ、反応が進する。

177. (筋肉などの)末梢毛細血管で、赤血球は、HCO3-消費 生成 する。

178. (筋肉などの)末梢毛細血管における赤血球内で、H+を緩衝しているのは、主にヘモグロビン緩衝系 重炭酸緩衝系 リン酸緩衝系 たんぱく質緩衝系 である。

179. 動脈血の赤血球に多いのは、酸素を結合したヘモグロビン H+を緩衝したヘモグロビン である。

180. 静脈血の赤血球に多いのは、H+を緩衝したヘモグロビン 酸素を結合したヘモグロビン である。

181. ミオグロビンは、赤血球 骨格筋細胞 内の色素たんぱく質である。

182. ミオグロビンは、筋細胞を収縮させる 赤血球から酸素を筋細胞へ移行させる 作用がある。

183. 赤血球は主に血液 骨髄 胆嚢 肝臓 脾臓 で分解される.

184. 赤血球が病的に大量に溶血した場合,血中の直接 間接 型ビリルビンが高値になる.

185. 赤血球は、主に血液 骨髄 脾臓 肝臓 胆嚢 で分解される。

186. 赤血球が病的に大量に溶血した場合、血中の抱合 非抱合 型ビリルビンが高値になる。

187. 骨の代表的な機能には、

運動
電解質の貯蔵
体型の支持
エリスロポ(イ)エチンの生成と分泌
老廃物の排泄
鉄の貯蔵
カルシトニンの生成と分泌
内臓器の保護
パラソルモンの生成と分泌
造血
老化赤血球の分解
などがあげられる。

188. 腎臓は、エリスロポ(イ)エチンというホルモンを分解、排泄 生成、分泌 している。エリスロポ(イ)エチンには造血(赤血球生成)促進 抑制 作用がある。そのため、腎不全では、多血症 貧血 に陥る。

189. 電解質コルチコイド(アルドステロン)の作用は、

心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
抗炎症
血漿中のNa+量と血圧との上昇
血糖上昇
乳汁生成促進
造血(赤血球生成)促進
代謝亢進、精神活動亢進など
身長の伸長
女性器の平滑筋収縮
血漿浸透圧低下
血漿中カルシウム濃度の上昇
血糖低下
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
血漿中カルシウム濃度の低下
男性化
女性化
である。

190. カテコールアミン(副腎髄質ホルモン、アドレナリン、ノルアドレナリン、エピネフリン、ノルエピネフリン)の作用は、

造血(赤血球生成)促進
血漿中のNa+量と血圧との上昇
血糖低下
抗炎症
血糖上昇
代謝亢進、精神活動亢進など
血漿中カルシウム濃度の上昇
身長の伸長
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
女性化
血漿浸透圧低下
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
女性器の平滑筋収縮
血漿中カルシウム濃度の低下
乳汁生成促進
男性化
である。

191. カルシトニンの作用は、

代謝亢進、精神活動亢進など
血漿浸透圧低下
男性化
女性化
身長の伸長
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
血糖上昇
血漿中カルシウム濃度の低下
血漿中カルシウム濃度の上昇
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
血糖低下
女性器の平滑筋収縮
乳汁生成促進
血漿中のNa+量と血圧との上昇
造血(赤血球生成)促進
抗炎症
である。

192. パラソルモンの作用は、

血漿浸透圧低下
女性化
抗炎症
血糖上昇
血糖低下
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
代謝亢進、精神活動亢進など
血漿中カルシウム濃度の上昇
女性器の平滑筋収縮
身長の伸長
血漿中カルシウム濃度の低下
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
乳汁生成促進
血漿中のNa+量と血圧との上昇
造血(赤血球生成)促進
男性化
である。

193. インスリンの作用は、

血糖低下
抗炎症
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
女性化
身長の伸長
女性器の平滑筋収縮
血漿浸透圧低下
血漿中のNa+量と血圧との上昇
血漿中カルシウム濃度の上昇
乳汁生成促進
造血(赤血球生成)促進
血漿中カルシウム濃度の低下
代謝亢進、精神活動亢進など
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
血糖上昇
男性化
である。

194. グルカゴンの作用は、

血漿浸透圧低下
乳汁生成促進
造血(赤血球生成)促進
女性器の平滑筋収縮
代謝亢進、精神活動亢進など
血漿中カルシウム濃度の上昇
抗炎症
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
血漿中カルシウム濃度の低下
血糖低下
男性化
女性化
血糖上昇
血漿中のNa+量と血圧との上昇
身長の伸長
である。

195. エリスロポ(イ)エチンの作用は、

女性化
乳汁生成促進
血漿中カルシウム濃度の上昇
造血(赤血球生成)促進
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
血漿中のNa+量と血圧との上昇
血漿中カルシウム濃度の低下
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
血糖上昇
男性化
血漿浸透圧低下
血糖低下
抗炎症
女性器の平滑筋収縮
代謝亢進、精神活動亢進など
身長の伸長
である。

196. オキシトシンの作用は、

血漿中のNa+量と血圧との上昇
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
血糖上昇
血漿中カルシウム濃度の上昇
血糖低下
男性化
血漿浸透圧低下
身長の伸長
女性化
血漿中カルシウム濃度の低下
乳汁生成促進
造血(赤血球生成)促進
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
抗炎症
代謝亢進、精神活動亢進など
女性器の平滑筋収縮
である。

197. バゾプレッシン・抗利尿ホルモン(ADH) の作用は、

心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
乳汁生成促進
血糖低下
男性化
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
女性化
代謝亢進、精神活動亢進など
血漿中カルシウム濃度の低下
身長の伸長
血漿中カルシウム濃度の上昇
血漿浸透圧低下
造血(赤血球生成)促進
女性器の平滑筋収縮
血糖上昇
抗炎症
血漿中のNa+量と血圧との上昇
である。

198. 甲状腺ホルモンの作用は、

身長の伸長
女性化
造血(赤血球生成)促進
血漿中のNa+量と血圧との上昇
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
乳汁生成促進
女性器の平滑筋収縮
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
抗炎症
代謝亢進、精神活動亢進など
血糖低下
血漿中カルシウム濃度の低下
血漿中カルシウム濃度の上昇
男性化
血糖上昇
血漿浸透圧低下
である。

199. 糖質コルチコイド(副腎皮質ホルモン,コルチゾール)の作用は、

血糖上昇
抗炎症
女性器の平滑筋収縮
男性化
身長の伸長
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
乳汁生成促進
血漿中カルシウム濃度の上昇
血糖低下
血漿浸透圧低下
造血(赤血球生成)促進
血漿中カルシウム濃度の低下
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
血漿中のNa+量と血圧との上昇
代謝亢進、精神活動亢進など
女性化
である。

200. テストステロンの作用は、

女性器の平滑筋収縮
代謝亢進、精神活動亢進など
乳汁生成促進
抗炎症
血漿中カルシウム濃度の上昇
男性化
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
身長の伸長
血糖上昇
血漿中のNa+量と血圧との上昇
血糖低下
女性化
血漿浸透圧低下
血漿中カルシウム濃度の低下
造血(赤血球生成)促進
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
である。

201. エストロゲンの作用は、

血糖低下
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
血漿浸透圧低下
血漿中のNa+量と血圧との上昇
血漿中カルシウム濃度の上昇
代謝亢進、精神活動亢進など
男性化
血糖上昇
造血(赤血球生成)促進
女性器の平滑筋収縮
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
身長の伸長
乳汁生成促進
女性化
抗炎症
血漿中カルシウム濃度の低下
である。

202. プロゲステロンの作用は、

血糖低下
血糖上昇
乳汁生成促進
身長の伸長
造血(赤血球生成)促進
抗炎症
男性化
代謝亢進、精神活動亢進など
血漿中カルシウム濃度の低下
血漿中カルシウム濃度の上昇
血漿浸透圧低下
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
女性化
血漿中のNa+量と血圧との上昇
女性器の平滑筋収縮
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
である。

203. 成長ホルモンの作用は、

身長の伸長
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
代謝亢進、精神活動亢進など
血糖低下
血漿中カルシウム濃度の低下
男性化
血糖上昇
抗炎症
血漿中カルシウム濃度の上昇
乳汁生成促進
血漿浸透圧低下
女性器の平滑筋収縮
血漿中のNa+量と血圧との上昇
女性化
造血(赤血球生成)促進
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
である。

204. プロラクチンの作用は、

血漿中のNa+量と血圧との上昇
血糖低下
血漿中カルシウム濃度の上昇
造血(赤血球生成)促進
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
男性化
女性化
血漿浸透圧低下
抗炎症
代謝亢進、精神活動亢進など
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
血糖上昇
乳汁生成促進
身長の伸長
女性器の平滑筋収縮
血漿中カルシウム濃度の低下
である。

205. 狭心症では、逸脱酵素(CPK, AST(GOT), LDH)の血中上昇ならびに炎症所見(白血球数↑、CRP↑、赤血球沈降速度↑)が ある ない ことが特徴的である。

206. 心筋梗塞では、逸脱酵素(CPK、 AST(GOT)、LDH)の血中上昇ならびに炎症所見(白血球数↑、CRP↑、赤血球沈降速度↑)が ある ない ことが特徴的である。

207. 肝不全患者では、赤血球数は増大 減少 する。

208. 腎動脈から、赤血球が腎臓に流入した。赤血球は

尿管に流出しない
約1%が尿管に流出する
10〜30%ほどが尿管に流出する
半分ほどが尿管に流出する
約90%が尿管に流出する
全部が尿管に流出する

209. 肺胞における酸素の拡散は、赤血球(血流)の肺における分布が均一である 分布にムラがある 程、多い。

210. 肺胞における酸素の拡散は、赤血球(血流)の肺における分布が均一である 分布にムラがある 程、少ない。

211. 赤血球の酸素解離曲線は、代謝亢進により 左 右 にシフトする。

212. 赤血球の酸素解離曲線は、代謝低下により 右 左 にシフトする。

213. 赤血球の酸素解離曲線は、高温により 右 左 にシフトする。

214. 赤血球の酸素解離曲線は、アシドーシス(による酸血症)により 右 左 にシフトする。

215. 赤血球の酸素解離曲線は、高CO2血症により 左 右 にシフトする。

216. 赤血球の酸素解離曲線は、低温により 左 右 にシフトする。

217. 赤血球の酸素解離曲線は、アルカローシス(によるアルカリ血症)により 左 右 にシフトする。

218. 赤血球の酸素解離曲線は、低CO2血症により 右 左 にシフトする。

219. 図の*は

筋細胞から赤血球への酸素の移動
赤血球から筋細胞への酸素の移動
ミオグロビンの酸素親和性
ヘモグロビンの酸素親和性
を示す。

図表-1