問題文の検索結果

1. エリスロポ(イ)エチンの作用は、造血(赤血球生成)促進である。また、エリスロポ(イ)エチンの分泌は「作用重視型調節」を受けている。エリスロポ(イ)エチンの分泌亢進以外の理由により赤血球数がセットポイントより増大すると,エ、リスロポ(イ)エチンの分泌はあまり変化しない 亢進する 低下する 

2. エリスロポ(イ)エチンの作用は、造血(赤血球生成)促進である。また、エリスロポ(イ)エチンの分泌は「作用重視型調節」を受けている。エリスロポ(イ)エチンの分泌低下以外の理由により赤血球数がセットポイントより低下すると、エリスロポ(イ)エチンの分泌はあまり変化しない 亢進する 低下する 

3. 血漿緩衝系の主な作用は酸 アルカリ 造血 膠質浸透圧 酵素運搬 である。

4. 全能性幹細胞は、

前赤芽球、赤芽球への分化・増殖を促進する
補酵素として作用し、赤芽球のDNAを合成する
遺伝情報を保持し、グロビンを生成する
ポルフィリンの前駆体である
ヘム成分の一部を構成する
赤血球だけではなく、全血球に分化する
血清鉄を運搬する
ことで、造血に必要である。

5. 鉄は、

赤血球だけではなく、全血球に分化する
前赤芽球、赤芽球への分化・増殖を促進する
遺伝情報を保持し、グロビンを生成する
ヘム成分の一部を構成する
ポルフィリンの前駆体である
補酵素として作用し、赤芽球のDNAを合成する
血清鉄を運搬する
ことで、造血に必要である。

6. トランスフェリンは、

ポルフィリンの前駆体である
補酵素として作用し、赤芽球のDNAを合成する
赤血球だけではなく、全血球に分化する
血清鉄を運搬する
遺伝情報を保持し、グロビンを生成する
前赤芽球、赤芽球への分化・増殖を促進する
ヘム成分の一部を構成する
ことで、造血に必要である。

7. デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)は、

補酵素として作用し、赤芽球のDNAを合成する
遺伝情報を保持し、グロビンを生成する
血清鉄を運搬する
ヘム成分の一部を構成する
赤血球だけではなく、全血球に分化する
ポルフィリンの前駆体である
前赤芽球、赤芽球への分化・増殖を促進する
ことで、造血に必要である。

8. ビタミンB12は、

遺伝情報を保持し、グロビンを生成する
ポルフィリンの前駆体である
赤血球だけではなく、全血球に分化する
補酵素として作用し、赤芽球のDNAを合成する
血清鉄を運搬する
ヘム成分の一部を構成する
前赤芽球、赤芽球への分化・増殖を促進する
ことで、造血に必要である。

9. 葉酸は、

血清鉄を運搬する
遺伝情報を保持し、グロビンを生成する
補酵素として作用し、赤芽球のDNAを合成する
赤血球だけではなく、全血球に分化する
ヘム成分の一部を構成する
ポルフィリンの前駆体である
前赤芽球、赤芽球への分化・増殖を促進する
ことで、造血に必要である。

10. 腎臓におけるエリスロポ(イ)エチン生成は、

ポルフィリンの前駆体である
ヘム成分の一部を構成する
補酵素として作用し、赤芽球のDNAを合成する
血清鉄を運搬する
赤血球だけではなく、全血球に分化する
遺伝情報を保持し、グロビンを生成する
前赤芽球、赤芽球への分化・増殖を促進する
ことで、造血に必要である。

11. グロビン遺伝子は

ヘム成分の一部を構成する
血清鉄を運搬する
赤血球だけではなく、全血球に分化する
前赤芽球、赤芽球への分化・増殖を促進する
補酵素として作用し、赤芽球のDNAを合成する
遺伝情報を保持し、グロビンを生成する
酵素として作用し、鉄とポルフィリンとを結合する
ことで造血に必要である.

12. 赤血球だけではなく、全血球に分化することで造血に必要な因子は

トランスフェリン
グロビン遺伝子
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)

葉酸
ビタミンB12
幹細胞
腎臓におけるエリスロポ(イ)エチン生成
である。

13. ヘム成分の一部を構成することで造血に必要な因子は

トランスフェリン

ビタミンB12
グロビン遺伝子
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)
葉酸
腎臓におけるエリスロポ(イ)エチン生成
幹細胞
である。

14. 血清鉄を運搬することで造血に必要な因子は

ビタミンB12
幹細胞

葉酸
トランスフェリン
グロビン遺伝子
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)
腎臓におけるエリスロポ(イ)エチン生成
である。

15. ポルフィリンの前駆体であることで造血に必要な因子は

デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)

腎臓におけるエリスロポ(イ)エチン生成
トランスフェリン
葉酸
ビタミンB12
幹細胞
グロビン遺伝子
である。

16. 補酵素として作用し、赤芽球のDNAを合成することで造血に必要な因子は

腎臓におけるエリスロポ(イ)エチン生成
幹細胞
ビタミンB12
トランスフェリン

葉酸
グロビン遺伝子
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)
である。

17. 前赤芽球、赤芽球への分化・増殖を促進することで造血に必要な因子は

デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)
トランスフェリン
腎臓におけるエリスロポ(イ)イエチン生成
葉酸
幹細胞
ビタミンB12

グロビン遺伝子
である。

18. 遺伝情報を保持し、グロビンを生成することで造血に必要な因子は

デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)
ビタミンB12
腎臓におけるエリスロポ(イ)エチン生成
幹細胞

グロビン遺伝子
葉酸
トランスフェリン
である。

19. (造血亢進などで)鉄の消費が亢進すると、血清鉄は増大 減少 する。

20. (造血低下などで)鉄の消費が低下すると、血清鉄は増大 減少 する。

21. (造血亢進などで)鉄の消費が亢進すると、貯蔵鉄は増大 減少 する。

22. (造血低下などで)鉄の消費が低下すると、貯蔵鉄は増大 減少 する。

23. (造血亢進などで)鉄の消費が亢進すると、フェリチンは増大 減少 する。

24. (造血低下などで)鉄の消費が低下すると、フェリチンは増大 減少 する。

25. 分解された赤血球に含まれていた鉄は、主に胆汁とともに排泄される 次の赤血球造血に再利用される 

26. 無トランスフェリン血症では,

赤血球だけではなく、全血球に分化する
ヘム成分の一部を構成する
血清鉄を運搬する
酵素として作用し、鉄とポルフィリンとを結合する
補酵素として作用し、赤芽球のDNAを合成する
前赤芽球、赤芽球の分化・増殖を促進する
遺伝情報を保持し、グロビンを生成する
トランスフェリンの欠損により,
貯蔵鉄が血清鉄として動員できず
血清鉄を貯蔵鉄にできず
血清鉄を造血に利用できず
鉄を吸収できず
老朽赤血球の鉄を貯蔵できず
,ヘモグロビン生成が低下する.

27. 慢性疾患にともなう貧血では,

赤血球だけではなく、全血球に分化する
ヘム成分の一部を構成する
血清鉄を運搬する
酵素として作用し、鉄とポルフィリンとを結合する
補酵素として作用し、赤芽球のDNAを合成する
前赤芽球、赤芽球の分化・増殖を促進する
遺伝情報を保持し、グロビンを生成する
トランスフェリンの減少により,
貯蔵鉄が血清鉄として動員できず
血清鉄を貯蔵鉄にできず
血清鉄を造血に利用できず
鉄を吸収できず
老朽赤血球の鉄を貯蔵できず
,ヘモグロビン生成が低下する.

28. 再生不良性貧血では、

赤血球だけではなく、全血球に分化する
ヘム成分の一部を構成する
血清鉄を運搬する
酵素として作用し、鉄とポルフィリンとを結合する
補酵素として作用し、赤芽球のDNAを合成する
前赤芽球、赤芽球の分化・増殖を促進する
遺伝情報を保持し、グロビンを生成する
全能性幹細胞の分裂・分化能が低下し、全能性幹細胞、赤血球性幹細胞、前赤芽球、赤芽球、網赤血球、赤血球の分化過程がブロックされて造血が低下する。

29. 骨膜の機能に、体型支持 造血 骨再生 がある。

30. 緻密質の機能に、体型支持 造血 骨再生 がある。

31. 骨髄の機能に、骨再生 造血 体型支持 がある。

32緻密質 骨膜 骨髄 の機能に、造血がある。

33. 骨の代表的な機能には、

造血
運動
体型の支持
カルシトニンの生成と分泌
鉄の貯蔵
老化赤血球の分解
エリスロポ(イ)エチンの生成と分泌
パラソルモンの生成と分泌
電解質の貯蔵
老廃物の排泄
内臓器の保護
などがあげられる。

34. 赤色骨髄では、造血は活発に行われている。 あまり行われていない。 

35赤色 黄色 骨髄では、造血は活発に行われている。

36. 黄色骨髄では、造血はあまり行われていない。 活発に行われている。 

37赤色 黄色 骨髄では、造血はあまり行われていない。

38. 腎臓は、エリスロポ(イ)エチンというホルモンを分解、排泄 生成、分泌 している。エリスロポ(イ)エチンには造血(赤血球生成)抑制 促進 作用がある。そのため、腎不全では、多血症 貧血 に陥る。

39. 骨髄の機能に、体型支持 造血 骨再生 がある。

40緻密質 骨髄 骨膜 の機能に、造血がある。

41. 電解質コルチコイド(アルドステロン)の作用は、

抗炎症
造血(赤血球生成)促進
血漿中カルシウム濃度の上昇
女性器の平滑筋収縮
乳汁生成促進
身長の伸長
女性化
血漿中カルシウム濃度の低下
血漿浸透圧低下
男性化
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
代謝亢進、精神活動亢進など
血糖低下
血漿中のNa+量と血圧との上昇
血糖上昇
である。

42. カテコールアミン(副腎髄質ホルモン、アドレナリン、ノルアドレナリン、エピネフリン、ノルエピネフリン)の作用は、

心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
身長の伸長
代謝亢進、精神活動亢進など
女性化
乳汁生成促進
血漿浸透圧低下
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
血糖上昇
血漿中カルシウム濃度の上昇
男性化
抗炎症
血漿中カルシウム濃度の低下
造血(赤血球生成)促進
血糖低下
血漿中のNa+量と血圧との上昇
女性器の平滑筋収縮
である。

43. カルシトニンの作用は、

血漿中カルシウム濃度の上昇
女性化
男性化
身長の伸長
造血(赤血球生成)促進
代謝亢進、精神活動亢進など
女性器の平滑筋収縮
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
抗炎症
血漿浸透圧低下
血漿中カルシウム濃度の低下
血漿中のNa+量と血圧との上昇
血糖上昇
乳汁生成促進
血糖低下
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
である。

44. パラソルモンの作用は、

血糖低下
女性化
血漿中カルシウム濃度の低下
血漿中のNa+量と血圧との上昇
女性器の平滑筋収縮
代謝亢進、精神活動亢進など
男性化
造血(赤血球生成)促進
抗炎症
乳汁生成促進
血漿中カルシウム濃度の上昇
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
身長の伸長
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
血漿浸透圧低下
血糖上昇
である。

45. インスリンの作用は、

血漿中カルシウム濃度の低下
男性化
身長の伸長
血漿浸透圧低下
女性器の平滑筋収縮
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
代謝亢進、精神活動亢進など
抗炎症
血漿中のNa+量と血圧との上昇
血糖上昇
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
乳汁生成促進
血糖低下
造血(赤血球生成)促進
女性化
血漿中カルシウム濃度の上昇
である。

46. グルカゴンの作用は、

女性化
抗炎症
乳汁生成促進
造血(赤血球生成)促進
血漿浸透圧低下
血漿中カルシウム濃度の低下
代謝亢進、精神活動亢進など
血漿中カルシウム濃度の上昇
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
男性化
血漿中のNa+量と血圧との上昇
女性器の平滑筋収縮
血糖上昇
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
身長の伸長
血糖低下
である。

47. エリスロポ(イ)エチンの作用は、

血糖低下
血漿中カルシウム濃度の上昇
身長の伸長
代謝亢進、精神活動亢進など
女性化
女性器の平滑筋収縮
血漿浸透圧低下
抗炎症
血糖上昇
血漿中のNa+量と血圧との上昇
血漿中カルシウム濃度の低下
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
造血(赤血球生成)促進
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
男性化
乳汁生成促進
である。

48. オキシトシンの作用は、

心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
代謝亢進、精神活動亢進など
造血(赤血球生成)促進
乳汁生成促進
身長の伸長
男性化
女性化
抗炎症
血漿中のNa+量と血圧との上昇
血糖低下
血漿浸透圧低下
血漿中カルシウム濃度の上昇
血糖上昇
血漿中カルシウム濃度の低下
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
女性器の平滑筋収縮
である。

49. バゾプレッシン・抗利尿ホルモン(ADH) の作用は、

血漿浸透圧低下
抗炎症
血漿中カルシウム濃度の低下
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
血漿中のNa+量と血圧との上昇
血漿中カルシウム濃度の上昇
造血(赤血球生成)促進
女性化
女性器の平滑筋収縮
乳汁生成促進
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
代謝亢進、精神活動亢進など
身長の伸長
男性化
血糖低下
血糖上昇
である。

50. 甲状腺ホルモンの作用は、

身長の伸長
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
血漿中カルシウム濃度の上昇
女性化
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
血糖上昇
血糖低下
代謝亢進、精神活動亢進など
血漿中のNa+量と血圧との上昇
男性化
血漿浸透圧低下
造血(赤血球生成)促進
乳汁生成促進
女性器の平滑筋収縮
血漿中カルシウム濃度の低下
抗炎症
である。

51. 糖質コルチコイド(副腎皮質ホルモン,コルチゾール)の作用は、

血糖低下
身長の伸長
抗炎症
血糖上昇
血漿中のNa+量と血圧との上昇
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
乳汁生成促進
男性化
血漿中カルシウム濃度の上昇
血漿浸透圧低下
女性器の平滑筋収縮
代謝亢進、精神活動亢進など
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
女性化
造血(赤血球生成)促進
血漿中カルシウム濃度の低下
である。

52. テストステロンの作用は、

子宮内膜の維持と基礎体温上昇
男性化
代謝亢進、精神活動亢進など
血糖上昇
血漿浸透圧低下
血漿中カルシウム濃度の低下
乳汁生成促進
身長の伸長
造血(赤血球生成)促進
抗炎症
血糖低下
血漿中のNa+量と血圧との上昇
女性器の平滑筋収縮
女性化
血漿中カルシウム濃度の上昇
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
である。

53. エストロゲンの作用は、

乳汁生成促進
血漿中カルシウム濃度の上昇
血漿浸透圧低下
抗炎症
血漿中のNa+量と血圧との上昇
血糖上昇
女性化
身長の伸長
血糖低下
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
造血(赤血球生成)促進
女性器の平滑筋収縮
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
男性化
代謝亢進、精神活動亢進など
血漿中カルシウム濃度の低下
である。

54. プロゲステロンの作用は、

血漿中カルシウム濃度の低下
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
女性器の平滑筋収縮
血糖低下
抗炎症
血漿浸透圧低下
血糖上昇
身長の伸長
代謝亢進、精神活動亢進など
血漿中カルシウム濃度の上昇
乳汁生成促進
女性化
男性化
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
造血(赤血球生成)促進
血漿中のNa+量と血圧との上昇
である。

55. 成長ホルモンの作用は、

血漿中のNa+量と血圧との上昇
造血(赤血球生成)促進
女性化
血漿中カルシウム濃度の上昇
血漿浸透圧低下
乳汁生成促進
男性化
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
抗炎症
代謝亢進、精神活動亢進など
身長の伸長
血糖低下
血漿中カルシウム濃度の低下
血糖上昇
女性器の平滑筋収縮
である。

56. プロラクチンの作用は、

心拍数上昇、気管拡張など運動に適した変化
血漿中のNa+量と血圧との上昇
乳汁生成促進
女性化
血糖上昇
血糖低下
血漿中カルシウム濃度の上昇
血漿中カルシウム濃度の低下
血漿浸透圧低下
女性器の平滑筋収縮
抗炎症
造血(赤血球生成)促進
身長の伸長
子宮内膜の維持と基礎体温上昇
代謝亢進、精神活動亢進など
男性化
である。

57. エリスロポ(イ)エチンの作用は、食欲亢進 抗炎症 男性化 造血促進 血圧上昇 である。

58. エリスロポ(イ)エチンが作用すると、

食欲が亢進する
血圧が上昇する
炎症反応がおきる
造血が促進される
男性化がおこる