問題文の検索結果

1. 近位尿細管とヘンレループの管腔では,炭酸脱水酵素 carbonic anhydraseの作用により重炭酸緩衝系の平衡式は 

H++HCO3- → H2CO3 → H2O+CO2
H++HCO3- ← H2CO3 ← H2O+CO2
の方向に化学反応が進行する.

2. 近位尿細管とヘンレループの細胞内では,炭酸脱水酵素 carbonic anhydraseの作用により重炭酸緩衝系の平衡式は 

H++HCO3- → H2CO3 → H2O+CO2
H++HCO3- ← H2CO3 ← H2O+CO2
の方向に化学反応が進行する.

3. 近位尿細管とヘンレループの細胞内では,炭酸脱水酵素 carbonic anhydraseに 依存して 依存しないで Na+とHCO3-とを再吸収している.

4. 利尿・降圧剤であるマニトールの作用機序は 

浸透圧利尿
アルドステロン阻害
Na+再吸収阻害
炭酸脱水酵素(carbonic anhydrase)阻害
である.

5. 利尿・降圧剤であるアセタゾラミドの作用機序は 

炭酸脱水酵素(carbonic anhydrase)阻害
アルドステロン阻害
Na+再吸収阻害
浸透圧利尿
である.

6. ループ利尿薬の作用機序は 

Na+再吸収阻害
浸透圧利尿
炭酸脱水酵素(carbonic anhydrase)阻害
アルドステロン阻害
である.

7. サイアザイド系利尿薬の作用機序は 

アルドステロン阻害
炭酸脱水酵素(carbonic anhydrase)阻害
浸透圧利尿
Na+再吸収阻害
である.

8. 利尿・降圧剤であるスピロノラクトンの作用機序は 

アルドステロン阻害
Na+再吸収阻害
炭酸脱水酵素(carbonic anhydrase)阻害
浸透圧利尿
である.

9. 作用機序が炭酸脱水酵素(carbonic anhydrase)阻害である利尿・降圧剤には 

スピロノラクトン
マニトール
アセタゾラミド
ループ利尿薬
サイアザイド系利尿薬
があげられる.

10. アセタゾラミドは炭酸脱水酵素(carbonic anhydrase)を 促進 阻害 することで尿細管におけるNa+とHCO3-の 再吸収 分泌 を 亢進 抑制 する.

11. 血漿緩衝系の主な作用は酸 アルカリ 造血 膠質浸透圧 酵素運搬 である。

12. メチラポンが抑制 促進 する21 11 17 hydroxylaseの基質は

cortisol
17-OHCS
アルドステロン
11-deoxycortisol
17-KS
であり、その基質の代謝産物は
17-OHCS
17-KS
アルドステロン
11-deoxycortisol
cortisol
である。また、上記酵素により生成(産生)されるのは、
cortisol
11-deoxycortisol
アルドステロン
17-OHCS
17-KS
であり、その生成物の代謝産物は
アルドステロン
17-KS
11-deoxycortisol
cortisol
17-OHCS
である。

13. フィブリンはフィブリノーゲンから生成する フィブリノーゲンに作用する酵素である .

14. (活性化していない)第X因子は

フィブリンの前駆物質である
フィブリノーゲンから生成する
トロンビンが酵素として作用する
フィブリノーゲンに作用する酵素である
トロンビンの前駆物質である
プロトロンビンから生成する
フィブリンに作用する酵素である
プラスミンが酵素として作用する
フィブリンから生成する
プロトロンビンに作用する酵素である
出血時、外因系および/または内因系が直接活性化する

15. プラスミンは

フィブリンの前駆物質である
フィブリノーゲンから生成する
トロンビンが酵素として作用する
トロンビンの前駆物質である
プロトロンビンから生成する
第X因子が酵素として作用する
フィブリンに作用する酵素である
プラスミンが酵素として作用する
FDPを生成する基質である
フィブリンから生成する
プロトロンビンに作用する酵素である
出血時、外因系および/または内因系が直接活性化する

16. FDPは

フィブリンの前駆物質である
フィブリノーゲンから生成する
トロンビンが酵素として作用する
フィブリノーゲンに作用する酵素である
トロンビンの前駆物質である
プロトロンビンから生成する
第X因子が酵素として作用する
フィブリンに作用する酵素である
フィブリンから生成する
プロトロンビンに作用する酵素である
出血時、外因系および/または内因系が直接活性化する
.

17. トロンビンが酵素として作用するのは 

フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
トロンビン
プロトロンビン(第II因子)
プラスミン
FDP
活性化した第X因子
である。

18. フィブリノーゲンに作用する酵素であるのは 

フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
トロンビン
プロトロンビン(第II因子)
プラスミン
FDP
活性化した第X因子
である。

19. 活性化した第X因子が酵素として作用するのは

フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
トロンビン
プロトロンビン(第II因子)
プラスミン
FDP
活性化した第X因子
である。

20. フィブリンに作用する酵素であるのは 

フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
トロンビン
プロトロンビン(第II因子)
プラスミン
FDP
活性化した第X因子
である。

21. プラスミンが酵素として作用するのは 

フィブリノーゲン(第I因子)
フィブリン
トロンビン
プロトロンビン(第II因子)
プラスミン
FDP
活性化した第X因子
である.

22. プロトロンビンに作用する酵素であるのは

プロトロンビン(第II因子)
トロンビン
フィブリン
FDP
フィブリノーゲン(第I因子)
活性化した第X因子
プラスミン
である。

23. 内因系の凝固因子のように代謝産物が次の反応の酵素となっている反応系をカスケード マスタード ゲータレード という.

24. カスケードでは、ある化学反応の代謝産物は次の化学反応の前駆物質 酵素 代謝産物 となる.

25. フィブリンポリマーを安定化フィブリンにする酵素は

第XIII凝固因子
第XII凝固因子
第XI凝固因子
第X凝固因子
第IX凝固因子
第VIII凝固因子
第VII凝固因子
である。

26. 全能性幹細胞は、

ポルフィリンの前駆体である
赤血球だけではなく、全血球に分化する
前赤芽球、赤芽球への分化・増殖を促進する
ヘム成分の一部を構成する
血清鉄を運搬する
補酵素として作用し、赤芽球のDNAを合成する
遺伝情報を保持し、グロビンを生成する
ことで、造血に必要である。

27. 鉄は、

ヘム成分の一部を構成する
補酵素として作用し、赤芽球のDNAを合成する
血清鉄を運搬する
前赤芽球、赤芽球への分化・増殖を促進する
赤血球だけではなく、全血球に分化する
遺伝情報を保持し、グロビンを生成する
ポルフィリンの前駆体である
ことで、造血に必要である。

28. トランスフェリンは、

遺伝情報を保持し、グロビンを生成する
赤血球だけではなく、全血球に分化する
ポルフィリンの前駆体である
補酵素として作用し、赤芽球のDNAを合成する
血清鉄を運搬する
ヘム成分の一部を構成する
前赤芽球、赤芽球への分化・増殖を促進する
ことで、造血に必要である。

29. デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)は、

ヘム成分の一部を構成する
血清鉄を運搬する
前赤芽球、赤芽球への分化・増殖を促進する
遺伝情報を保持し、グロビンを生成する
ポルフィリンの前駆体である
赤血球だけではなく、全血球に分化する
補酵素として作用し、赤芽球のDNAを合成する
ことで、造血に必要である。

30. ビタミンB12は、

補酵素として作用し、赤芽球のDNAを合成する
血清鉄を運搬する
ポルフィリンの前駆体である
赤血球だけではなく、全血球に分化する
遺伝情報を保持し、グロビンを生成する
ヘム成分の一部を構成する
前赤芽球、赤芽球への分化・増殖を促進する
ことで、造血に必要である。

31. 葉酸は、

前赤芽球、赤芽球への分化・増殖を促進する
血清鉄を運搬する
遺伝情報を保持し、グロビンを生成する
補酵素として作用し、赤芽球のDNAを合成する
ポルフィリンの前駆体である
赤血球だけではなく、全血球に分化する
ヘム成分の一部を構成する
ことで、造血に必要である。

32. 腎臓におけるエリスロポ(イ)エチン生成は、

補酵素として作用し、赤芽球のDNAを合成する
ポルフィリンの前駆体である
血清鉄を運搬する
遺伝情報を保持し、グロビンを生成する
ヘム成分の一部を構成する
前赤芽球、赤芽球への分化・増殖を促進する
赤血球だけではなく、全血球に分化する
ことで、造血に必要である。

33. グロビン遺伝子は

血清鉄を運搬する
遺伝情報を保持し、グロビンを生成する
前赤芽球、赤芽球への分化・増殖を促進する
赤血球だけではなく、全血球に分化する
ヘム成分の一部を構成する
酵素として作用し、鉄とポルフィリンとを結合する
補酵素として作用し、赤芽球のDNAを合成する
ことで造血に必要である.

34. 補酵素として作用し、赤芽球のDNAを合成することで造血に必要な因子は


グロビン遺伝子
ビタミンB12
トランスフェリン
腎臓におけるエリスロポ(イ)エチン生成
幹細胞
葉酸
デルタ-アミノレブリン酸(δ-ALA)
である。

35. 無トランスフェリン血症では,

赤血球だけではなく、全血球に分化する
ヘム成分の一部を構成する
血清鉄を運搬する
酵素として作用し、鉄とポルフィリンとを結合する
補酵素として作用し、赤芽球のDNAを合成する
前赤芽球、赤芽球の分化・増殖を促進する
遺伝情報を保持し、グロビンを生成する
トランスフェリンの欠損により,
貯蔵鉄が血清鉄として動員できず
血清鉄を貯蔵鉄にできず
血清鉄を造血に利用できず
鉄を吸収できず
老朽赤血球の鉄を貯蔵できず
,ヘモグロビン生成が低下する.

36. 慢性疾患にともなう貧血では,

赤血球だけではなく、全血球に分化する
ヘム成分の一部を構成する
血清鉄を運搬する
酵素として作用し、鉄とポルフィリンとを結合する
補酵素として作用し、赤芽球のDNAを合成する
前赤芽球、赤芽球の分化・増殖を促進する
遺伝情報を保持し、グロビンを生成する
トランスフェリンの減少により,
貯蔵鉄が血清鉄として動員できず
血清鉄を貯蔵鉄にできず
血清鉄を造血に利用できず
鉄を吸収できず
老朽赤血球の鉄を貯蔵できず
,ヘモグロビン生成が低下する.

37. 再生不良性貧血では、

赤血球だけではなく、全血球に分化する
ヘム成分の一部を構成する
血清鉄を運搬する
酵素として作用し、鉄とポルフィリンとを結合する
補酵素として作用し、赤芽球のDNAを合成する
前赤芽球、赤芽球の分化・増殖を促進する
遺伝情報を保持し、グロビンを生成する
全能性幹細胞の分裂・分化能が低下し、全能性幹細胞、赤血球性幹細胞、前赤芽球、赤芽球、網赤血球、赤血球の分化過程がブロックされて造血が低下する。

38. 巨赤芽球性貧血では、赤芽球のDNA合成に補酵素として作用するビタミンB12 葉酸 が欠乏し、前赤芽球から赤芽球 赤芽球から網赤血球 への分化がブロックされ、鉄芽球 巨赤芽球 に変性する。

39. 悪性貧血では、赤芽球のDNA合成に補酵素として作用するビタミンB12 葉酸 が欠乏し、前赤芽球から赤芽球 赤芽球から網赤血球 への分化がブロックされ、鉄芽球 巨赤芽球 に変性する。

40. 葉酸欠乏性貧血では、赤芽球のDNA合成に補酵素として作用するビタミンB12 葉酸 が欠乏し、前赤芽球から赤芽球 赤芽球から網赤血球 への分化がブロックされ、鉄芽球 巨赤芽球 に変性する。

41. 胃の主細胞からは胃酸の正体である タンパク分解酵素である 粘膜保護作用のある ホルモンである 塩酸 ペプシンの前駆体であるペプシノーゲン ムチン ガストリン 外分泌 内分泌 される。

42. 胃の旁(壁)細胞からは胃酸の正体である 粘膜保護作用のある ホルモンである タンパク分解酵素である 塩酸 ガストリン ペプシンの前駆体であるペプシノーゲン ムチン 外分泌 内分泌 される。

43. 胃の副(粘液)細胞からは胃酸の正体である ホルモンである タンパク分解酵素である 粘膜保護作用のある ムチン ペプシンの前駆体であるペプシノーゲン 塩酸 ガストリン 外分泌 内分泌 される。

44. 胆汁には脂肪消化酵素が含まれていない 含まれている .

45. エンテロキナーゼは消化酵素を活性化する酵素 消化酵素 内分泌されるホルモン である。

46. セクレチンは胆嚢 胃 膵臓 十二指腸 から内分泌されるホルモン 外分泌される消化酵素 である.

47. コレシストキニン・パンクレオザイミン cholecystokinin pancreozymin (CCK-PZ)は膵臓 十二指腸 胃 胆嚢 から分泌される外分泌される消化酵素 内分泌されるホルモン である.

48. セクレチンはHCO3- 酵素  の多い膵液を分泌させる。

49. コレシストキニン・パンクレオザイミンは酵素 HCO3-  の多い膵液を分泌させる。

50. ガストリンの作用は

膵臓からの酵素分泌亢進、胆嚢収縮
胃の分泌・運動亢進
膵臓からのHCO3-分泌亢進
胃の分泌・運動低下
である。

51. 胃抑制ペプチド gastric inhibitory peptide (GIP)の作用は

膵臓からの酵素分泌亢進、胆嚢収縮
胃の分泌・運動低下
胃の分泌・運動亢進
膵臓からのHCO3-分泌亢進
である.

52. セクレチンの作用は

膵臓からの酵素分泌亢進、胆嚢収縮
膵臓からのHCO3-分泌亢進
である。

53. コレシストキニン・パンクレオザイミン cholecystokinin pancreozymin (CCK-PZ)の作用は

胃の分泌・運動低下
膵臓からのHCO3-分泌亢進
胃の分泌・運動亢進
膵臓からの酵素分泌亢進、胆嚢収縮
である.

54. 膵臓からの酵素分泌亢進、胆嚢収縮の作用をもたらすホルモンは

ガストリン
胃抑制ペプチド gastric inhibitory peptide (GIP)
セクレチン
コレシストキニン・パンクレオザイミン cholecystokinin-pancreozymin (CCK-PZ)
である.

55. 個人の形質は、酵素 遺伝子 が決定している。

56. 生体内で化学反応を調節している酵素は

触媒
タンパク質
炭水化物(糖)
電解質(イオン)
ビタミン
ATP
脂肪
である。

57. トリグリセリドの和名は胆汁酸 脂肪分解酵素 乳び脂粒 脂肪酸 「中性脂肪」 である。

58. カイロミクロンの和名は「中性脂肪」 脂肪酸 胆汁酸 脂肪分解酵素 乳び脂粒 である。

59. リパーゼの和名は「中性脂肪」 乳び脂粒 胆汁酸 脂肪分解酵素 脂肪酸 である。

60. 脂肪分解酵素の英名はトリグリセリド リパーゼ カイロミクロン である.

61. リボソームにおいて

DNAの一部がRNAにコピー
DNAが複写
分解酵素が貯蔵
RNAの塩基配列がアミノ酸配列に翻訳
されている。

62. 核小体において

DNAの一部がmRNAに転写
分解酵素が貯蔵
mRNAの塩基配列がアミノ酸配列に翻訳
DNAが複写
されている。

63. 粗面小胞体において

分解酵素の貯蔵
ステロイドの生成
遺伝情報の保持
生成した物質の濃縮
タンパク質の生成
が行われている。

64. 滑面小胞体においてステロイドの生成 タンパク質の生成 生成した物質の濃縮 分解酵素の貯蔵 が行われている。

65. リボソームにおいて分解酵素の貯蔵 生成した物質の濃縮 タンパク質の生成 ステロイドの生成 が行われている。

66. ゴルジ装置において

分解酵素の貯蔵
生成した物質の濃縮
遺伝情報の保持
ステロイドの生成
タンパク質の生成
が行われている。

67. リソソーム(ライソソーム)lysosomeにおいて

タンパク質の生成
生成した物質の濃縮
分解酵素の貯蔵
ステロイドの生成
遺伝情報の保持
が行われている。

68

リソソーム(ライソソーム)lysosome
ゴルジ装置
リボソーム
滑面小胞体
粗面小胞体
において分解酵素の貯蔵が行われている。

69. リソソーム(ライソソーム)lysosomeにおいて

DNAが複写
分解酵素が貯蔵
RNAの塩基配列がアミノ酸配列に翻訳
DNAの一部がRNAにコピー
されている。

70核小体 リボソーム リソソーム(ライソソーム)lysosome において分解酵素が貯蔵されている。

71. サイクリックアデノシン1リン酸(cAMP)生成酵素は細胞質 核 核膜 膜 にある。

72. サーファクタントは、炭酸脱水酵素 界面活性剤 ガス交換促進剤 として働き、表面張力を増大 低下 させる。

73. 糖原病ではグリコーゲン グルコース ガストリン グルカゴン ガラクトース 生成 分解 酵素が欠損している。

74. 狭心症では、逸脱酵素(CPK, AST(GOT), LDH)の血中上昇ならびに炎症所見(白血球数↑、CRP↑、赤血球沈降速度↑)が ない ある ことが特徴的である。

75. 心筋梗塞では、逸脱酵素(CPK、 AST(GOT)、LDH)の血中上昇ならびに炎症所見(白血球数↑、CRP↑、赤血球沈降速度↑)が ある ない ことが特徴的である。

76. 高血圧の治療には、アンジオテンシン変換酵素(angiotensin-converting enzyme, ACE)抑制 促進 薬を用いる。

77. アミノペプチダーゼは糖質 脂質 たんぱく質 の消化酵素である。

78. アミノペプチダーゼは内分泌されるホルモン 消化酵素 消化酵素を活性化する酵素 である.

79. 膵炎患者では、膵酵素(アミラーゼ、リパーゼ)が血中で上昇 低下 する。

80. 慢性膵炎の代償期では、膵酵素分泌低下による消化吸収障害はない ある 

81. 慢性膵炎の非代償期では、膵酵素分泌低下による消化吸収障害はある ない 

82. 慢性膵炎の代償期では、膵酵素(アミラーゼ、リパーゼ)が血中で上昇することはあまり特徴的ではない 特徴的である 

83. 慢性膵炎の非代償期では、膵酵素(アミラーゼ、リパーゼ)が血中で上昇することはあまり特徴的ではない 特徴的である 

84ビタミンD3 ビタミンD2 は皮膚で紫外線 赤外線 により非酵素的 酵素的 に生成する。

85. (活性化した)第X因子は

出血時、外因系および/または内因系が直接活性化する
トロンビンの前駆物質である
フィブリンに作用する酵素である
トロンビンが酵素として作用する
フィブリノーゲンに作用する酵素である
フィブリンから生成する
フィブリノーゲンから生成する
プロトロンビンに作用する酵素である
フィブリンの前駆物質である
プロトロンビンから生成する
プラスミンが酵素として作用する

86. プロトロンビンは、

トロンビンが酵素として作用する
プラスミンが酵素として作用する
フィブリンに作用する酵素である
トロンビンの前駆物質である
プロトロンビンから生成する
フィブリンの前駆物質である
出血時、外因系および/または内因系が直接活性化する
フィブリノーゲンに作用する酵素である
プロトロンビンに作用する酵素である
フィブリンから生成する
フィブリノーゲンから生成する
活性化した第X因子が酵素として作用する

87. トロンビンは、

プロトロンビンから生成する
出血時、外因系および/または内因系が直接活性化する
プラスミンが酵素として作用する
トロンビンの前駆物質である
フィブリンに作用する酵素である
トロンビンが酵素として作用する
フィブリノーゲンから生成する
フィブリンの前駆物質である
フィブリンから生成する
フィブリノーゲンに作用する酵素である
プロトロンビンに作用する酵素である

88. フィブリノーゲンは、

フィブリンに作用する酵素である
出血時、外因系および/または内因系が直接活性化する
フィブリノーゲンから生成する
トロンビンが酵素として作用する
フィブリノーゲンに作用する酵素である
トロンビンの前駆物質である
フィブリンから生成する
プロトロンビンに作用する酵素である
プロトロンビンから生成する
フィブリンの前駆物質である

89. フィブリンは、

フィブリンの前駆物質である
プロトロンビンに作用する酵素である
フィブリンから生成する
フィブリンに作用する酵素である
プラスミンが酵素として作用する
出血時、外因系および/または内因系が直接活性化する
フィブリノーゲンから生成する
トロンビンが酵素として作用する
トロンビンの前駆物質である
フィブリノーゲンに作用する酵素である
プロトロンビンから生成する

90. プラスミンは

プロトロンビンから生成する
プラスミンが酵素として作用する
フィブリノーゲンから生成する
フィブリンから生成する
フィブリンに作用する酵素である
第X因子が酵素として作用する
FDPを生成する基質である
フィブリノーゲンに作用する酵素である
出血時、外因系および/または内因系が直接活性化する
トロンビンが酵素として作用する
トロンビンの前駆物質である
フィブリンの前駆物質である
プロトロンビンに作用する酵素である

91. トロンビンは、

プロトロンビンに作用する酵素である
トロンビンの前駆物質である
プロトロンビンから生成する
トロンビンが酵素として作用する
出血時、活性化された外因系および/または内因系が直接活性化する

92. フィブリノーゲンに作用する酵素であるのは 

トロンビン
FDP
フィブリン
活性化した第X因子
プロトロンビン(第II因子)
フィブリノーゲン(第I因子)
である.

93. プラスミンが酵素として作用するのは 

トロンビン
フィブリン
活性化した第X因子
プロトロンビン(第II因子)
FDP
プラスミン
である.

94. ビタミンAの主な生理作用は、

血液凝固因子、プロトロンビンの形成
コラーゲンの合成、鉄の吸収、副腎皮質ホルモンの合成
小腸、腎臓でのCa、Pの吸収・再吸収促進
抗酸化作用。動脈硬化予防など
核酸合成・メチオニン合成の補酵素の成分
糖質の燃焼に必要
脂肪酸の合成、分解
アミノ酸代謝(アミノ基転移酵素の補酵素の成分)
皮膚・粘膜を正常に保つ、視機能
糖・脂質・タンパク質の酵素の補酵素の成分
生体内の酸化、還元反応電子伝達系の補酵素の成分
核酸合成・アミノ酸代謝の酵素の補酵素の成分
である。

95. ビタミンDの主な生理作用は、

糖質の燃焼に必要
脂肪酸の合成、分解
糖・脂質・タンパク質の酵素の補酵素の成分
核酸合成・メチオニン合成の補酵素の成分
皮膚・粘膜を正常に保つ、視機能
抗酸化作用。動脈硬化予防など
血液凝固因子、プロトロンビンの形成
生体内の酸化、還元反応電子伝達系の補酵素の成分
コラーゲンの合成、鉄の吸収、副腎皮質ホルモンの合成
核酸合成・アミノ酸代謝の酵素の補酵素の成分
小腸、腎臓でのCa、Pの吸収・再吸収促進
アミノ酸代謝(アミノ基転移酵素の補酵素の成分)
である。

96. ビタミンKの主な生理作用は、

脂肪酸の合成、分解
生体内の酸化、還元反応電子伝達系の補酵素の成分
抗酸化作用。動脈硬化予防など
血液凝固因子、プロトロンビンの形成
アミノ酸代謝(アミノ基転移酵素の補酵素の成分)
皮膚・粘膜を正常に保つ、視機能
核酸合成・アミノ酸代謝の酵素の補酵素の成分
小腸、腎臓でのCa、Pの吸収・再吸収促進
コラーゲンの合成、鉄の吸収、副腎皮質ホルモンの合成
糖質の燃焼に必要
核酸合成・メチオニン合成の補酵素の成分
糖・脂質・タンパク質の酵素の補酵素の成分
である。

97. ビタミンEの主な生理作用は、

核酸合成・メチオニン合成の補酵素の成分
血液凝固因子、プロトロンビンの形成
脂肪酸の合成、分解
抗酸化作用。動脈硬化予防など
アミノ酸代謝(アミノ基転移酵素の補酵素の成分)
生体内の酸化、還元反応電子伝達系の補酵素の成分
糖・脂質・タンパク質の酵素の補酵素の成分
糖質の燃焼に必要
小腸、腎臓でのCa、Pの吸収・再吸収促進
核酸合成・アミノ酸代謝の酵素の補酵素の成分
コラーゲンの合成、鉄の吸収、副腎皮質ホルモンの合成
皮膚・粘膜を正常に保つ、視機能
である。

98. ビタミンB1の主な生理作用は、

脂肪酸の合成、分解
核酸合成・メチオニン合成の補酵素の成分
抗酸化作用。動脈硬化予防など
糖質の燃焼に必要
糖・脂質・タンパク質の酵素の補酵素の成分
小腸、腎臓でのCa、Pの吸収・再吸収促進
核酸合成・アミノ酸代謝の酵素の補酵素の成分
生体内の酸化、還元反応電子伝達系の補酵素の成分
アミノ酸代謝(アミノ基転移酵素の補酵素の成分)
コラーゲンの合成、鉄の吸収、副腎皮質ホルモンの合成
皮膚・粘膜を正常に保つ、視機能
血液凝固因子、プロトロンビンの形成
である。

99. ビタミンB2の主な生理作用は、

糖・脂質・タンパク質の酵素の補酵素の成分
皮膚・粘膜を正常に保つ、視機能
小腸、腎臓でのCa、Pの吸収・再吸収促進
血液凝固因子、プロトロンビンの形成
核酸合成・アミノ酸代謝の酵素の補酵素の成分
抗酸化作用。動脈硬化予防など
核酸合成・メチオニン合成の補酵素の成分
生体内の酸化、還元反応電子伝達系の補酵素の成分
糖質の燃焼に必要
コラーゲンの合成、鉄の吸収、副腎皮質ホルモンの合成
アミノ酸代謝(アミノ基転移酵素の補酵素の成分)
脂肪酸の合成、分解
である。

100. ビタミンB6の主な生理作用は、

小腸、腎臓でのCa、Pの吸収・再吸収促進
糖質の燃焼に必要
コラーゲンの合成、鉄の吸収、副腎皮質ホルモンの合成
核酸合成・メチオニン合成の補酵素の成分
脂肪酸の合成、分解
糖・脂質・タンパク質の酵素の補酵素の成分
皮膚・粘膜を正常に保つ、視機能
血液凝固因子、プロトロンビンの形成
生体内の酸化、還元反応電子伝達系の補酵素の成分
アミノ酸代謝(アミノ基転移酵素の補酵素の成分)
核酸合成・アミノ酸代謝の酵素の補酵素の成分
抗酸化作用。動脈硬化予防など
である。

101. ビタミンB12の主な生理作用は、

血液凝固因子、プロトロンビンの形成
生体内の酸化、還元反応電子伝達系の補酵素の成分
脂肪酸の合成、分解
糖質の燃焼に必要
核酸合成・メチオニン合成の補酵素の成分
抗酸化作用。動脈硬化予防など
核酸合成・アミノ酸代謝の酵素の補酵素の成分
糖・脂質・タンパク質の酵素の補酵素の成分
コラーゲンの合成、鉄の吸収、副腎皮質ホルモンの合成
アミノ酸代謝(アミノ基転移酵素の補酵素の成分)
皮膚・粘膜を正常に保つ、視機能
小腸、腎臓でのCa、Pの吸収・再吸収促進
である。

102. ナイアシンの主な生理作用は、

核酸合成・メチオニン合成の補酵素の成分
糖・脂質・タンパク質の酵素の補酵素の成分
コラーゲンの合成、鉄の吸収、副腎皮質ホルモンの合成
皮膚・粘膜を正常に保つ、視機能
脂肪酸の合成、分解
小腸、腎臓でのCa、Pの吸収・再吸収促進
抗酸化作用。動脈硬化予防など
アミノ酸代謝(アミノ基転移酵素の補酵素の成分)
生体内の酸化、還元反応電子伝達系の補酵素の成分
血液凝固因子、プロトロンビンの形成
糖質の燃焼に必要
核酸合成・アミノ酸代謝の酵素の補酵素の成分
である。

103. パントテン酸の主な生理作用は、

アミノ酸代謝(アミノ基転移酵素の補酵素の成分)
生体内の酸化、還元反応電子伝達系の補酵素の成分
糖・脂質・タンパク質の酵素の補酵素の成分
抗酸化作用。動脈硬化予防など
糖質の燃焼に必要
核酸合成・メチオニン合成の補酵素の成分
皮膚・粘膜を正常に保つ、視機能
核酸合成・アミノ酸代謝の酵素の補酵素の成分
血液凝固因子、プロトロンビンの形成
コラーゲンの合成、鉄の吸収、副腎皮質ホルモンの合成
小腸、腎臓でのCa、Pの吸収・再吸収促進
脂肪酸の合成、分解
である。

104. 葉酸の主な生理作用は、

核酸合成・アミノ酸代謝の酵素の補酵素の成分
血液凝固因子、プロトロンビンの形成
アミノ酸代謝(アミノ基転移酵素の補酵素の成分)
糖質の燃焼に必要
小腸、腎臓でのCa、Pの吸収・再吸収促進
抗酸化作用。動脈硬化予防など
生体内の酸化、還元反応電子伝達系の補酵素の成分
脂肪酸の合成、分解
コラーゲンの合成、鉄の吸収、副腎皮質ホルモンの合成
糖・脂質・タンパク質の酵素の補酵素の成分
核酸合成・メチオニン合成の補酵素の成分
皮膚・粘膜を正常に保つ、視機能
である。

105. ビタミンCの主な生理作用は、

核酸合成・アミノ酸代謝の酵素の補酵素の成分
糖質の燃焼に必要
抗酸化作用。動脈硬化予防など
糖・脂質・タンパク質の酵素の補酵素の成分
生体内の酸化、還元反応電子伝達系の補酵素の成分
血液凝固因子、プロトロンビンの形成
小腸、腎臓でのCa、Pの吸収・再吸収促進
アミノ酸代謝(アミノ基転移酵素の補酵素の成分)
脂肪酸の合成、分解
核酸合成・メチオニン合成の補酵素の成分
皮膚・粘膜を正常に保つ、視機能
コラーゲンの合成、鉄の吸収、副腎皮質ホルモンの合成
である。

106. 大腸からは多くの消化酵素が分泌されている。誤 正 

107. セクレチンにより膵臓からアルカリ 酵素 が主に外分泌される。

108. コレシストキニン・パンクレオザイミンにより膵臓からアルカリ 酵素 が主に外分泌される。

109. 核において

遺伝情報の保持
分解酵素の貯蔵
タンパク質の生成
ステロイドの生成
生成した物質の濃縮
が行われている。

110. トロンビンが酵素として作用するのは 

トロンビン
フィブリン
活性化した第X因子
プロトロンビン(第II因子)
フィブリノーゲン(第I因子)
である。

111. フィブリノーゲンに作用する酵素であるのは 

フィブリン
プロトロンビン(第II因子)
活性化した第X因子
フィブリノーゲン(第I因子)
トロンビン
である。

112. 活性化した第X因子が酵素として作用するのは

フィブリン
トロンビン
プロトロンビン(第II因子)
フィブリノーゲン(第I因子)
活性化した第X因子
である。

113. プロトロンビンに作用する酵素であるのは

フィブリン
フィブリノーゲン(第I因子)
トロンビン
活性化した第X因子
プロトロンビン(第II因子)
である。

114. 補酵素Q(co-enzymeQ、CoQ)は電子伝達系 β酸化 TCA回路 酸化的リン酸化反応 解糖 の酵素である。

115. シトクロームはTCA回路 酸化的リン酸化反応 解糖 電子伝達系 β酸化 の酵素である。