問題文の検索結果

1. 赤血球の酸素飽和度とは、赤血球中のヘモグロビンのうち、酸素(O2)と結合している していない ヘモグロビンの割合である。

2. 赤血球中のヘモグロビンのうち、酸素と結合しているヘモグロビンの割合が高いほど、酸素飽和度は高い 低い 

3. 赤血球中のヘモグロビンのうち、酸素と結合しているヘモグロビンの割合が低いほど、酸素飽和度は高い 低い 

4. 正常の肺毛細血管中の赤血球の酸素飽和度は、約20 40 60 80 100 %である。

5. 酸性物質、高温、高CO2などにより、赤血球の酸素飽和度は上昇 低下 する。

6. アルカリ性物質、低温、低CO2などにより、赤血球の酸素飽和度は上昇 低下 する。

7. 図中の*印が示すのは

代謝低下による酸素飽和度の上昇
赤血球から筋への酸素の供給
代謝亢進による酸素飽和度の低下
である。

図表-1