問題文の検索結果

1. 近位尿細管とヘンレループの管腔では,炭酸脱水酵素 carbonic anhydraseの作用により重炭酸緩衝系の平衡式は 

H++HCO3- ← H2CO3 ← H2O+CO2
H++HCO3- → H2CO3 → H2O+CO2
の方向に化学反応が進行する.

2. 近位尿細管とヘンレループの細胞内では,炭酸脱水酵素 carbonic anhydraseの作用により重炭酸緩衝系の平衡式は 

H++HCO3- ← H2CO3 ← H2O+CO2
H++HCO3- → H2CO3 → H2O+CO2
の方向に化学反応が進行する.

3. 重炭酸緩衝系、リン酸緩衝系、ヘモグロビン緩衝系、タンパク質緩衝系のうち、もっとも緩衝力の強いのは ヘモグロビン緩衝系 重炭酸緩衝系 タンパク質緩衝系 リン酸緩衝系 である。

4重炭酸緩衝系 リン酸緩衝系 ヘモグロビン緩衝系 タンパク質緩衝系 には、H+とCO2とを相互に変換できる作用がある。

5. 重炭酸緩衝系によるpH調節は、腎臓によるpH調節より 速い 遅い 

6. 重炭酸緩衝系により、腎、肺は、負荷を分担できる。 誤 正 

7. 運動により筋から乳酸が血中に放出された。血漿緩衝系がなければ、乳酸が遊離するH+はpHを 低下 上昇 させてしまう。しかし、血漿緩衝系、特に、重炭酸緩衝系の重炭酸イオンは 酸性 アルカリ性 物質であり、H+と結合することで、運動時のH+の 減少 増大 を緩衝する。この際、重炭酸緩衝系は 

H+ +HCO3- → H2CO3 → H2O +CO2
H+ + HCO3- ← H2CO3 ← H2O + CO2
の方向に作用し、重炭酸イオンは 減少 増大 する。さらに、運動時、換気が亢進することにより動脈血CO2濃度が 減少 増大 し、この変化も(は)重炭酸緩衝系を 
H+ + HCO3- → H2CO3 → H2O + CO2
H+ + HCO3- ← H2CO3 ← H2O + CO2
の方向に作用させ、重炭酸イオンの緩衝作用を 阻害 助長 する。

8. 安静時,動脈血に比べて静脈血のpHは 高い 同等である 低い .これは,筋肉など各臓器が 乳酸 リン酸 重炭酸イオン 重炭酸 CO2 を放出し,肺での排出のために動静脈間で濃度差があり,重炭酸緩衝系はこれに対して静脈内で 

H+ + HCO3- ← H2CO3 ← H2O + CO2
H+ + HCO3- → H2CO3 → H2O + CO2
方向へ作用しているためである.

9. 肺の機能低下(肺炎)そのものにより(重炭酸緩衝系の作用なしに)、動脈血に最初に起こる変化は、CO2増大、すなわち、

低CO2血症
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
高CO2血症
代謝性アシドーシス(による酸血症)
である。血漿のこの変化に対し、重炭酸緩衝系は、 
H+ +HCO3- → H2CO3 → H2O + CO2
H+ + HCO3- ← H2CO3 ← H2O + CO2
の方向に作用する。そのため、H+は 減少 増大 する。 すなわち、
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
代謝性アシドーシス(による酸血症)
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
がもたらされる。

10. 腎臓の機能低下(腎不全)そのものにより(重炭酸緩衝系の作用なしに)、動脈血に最初に起こる変化は、H+増大、すなわち 

低CO2血症
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
高CO2血症
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
代謝性アシドーシス(による酸血症)
である。

11. 肺の機能亢進そのものにより(重炭酸緩衝系の作用なしに)、動脈血に最初に起こる変化は、CO2の減少、すなわち、

呼吸性アシドーシス(による酸血症)
代謝性アルカローシス(によるアルカリ症)
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
低CO2血症
代謝性アシドーシス(による酸血症)
高CO2血症
である。血漿のこの変化に対し、重炭酸緩衝系は、 
H+ + HCO3- → H2CO3 → H2O + CO2
H+ + HCO3- ← H2CO3 ← H2O + CO2
の方向に作用する。そのため、H+は 減少 増大 する。 すなわち、
代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
代謝性アシドーシス(による酸血症)
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
がもたらされる。

12. 腎臓の機能亢進(アルドステロン症)そのものにより(重炭酸緩衝系の作用なしに)、動脈血に最初に起こる変化は、H+の減少、すなわち、

呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
低CO2血症
代謝性アシドーシス(による酸血症)
高CO2血症
代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
である。

13. 肺炎(肺の機能低下)そのものにより(重炭酸緩衝系の作用なしに)動脈血に最初に起こる変化は CO2 H+ の 増大 減少 、すなわち 

代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
低CO2血症
高CO2血症
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
代謝性アシドーシス(による酸血症)
である。血漿のこの変化に対し、重炭酸緩衝系は 
H+ + HCO3- ← H2CO3 ← H2O + CO2
H+ + HCO3- → H2CO3 → H2O + CO2
の方向に作用する.。「重炭酸緩衝系の緩衝力は完全ではない」ため、緩衝系により減少する CO2 H+ の量は、原疾患(肺の機能低下)により増大する量より 大きい 小さい 。そのため、総和(正常状態との比較)としては、CO2は 増大 減少 し、H+は 減少 増大 する。 すなわち、(種々の代償作用なしには)、 
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
代謝性アシドーシス(による酸血症)
代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
緩衝される もたらされる 。 また、低CO2血症 高CO2血症 緩衝される もたらされる 

14. 腎不全(腎臓の機能低下)そのものにより(重炭酸緩衝系の作用なしに)動脈血に最初に起こる変化は  H+ CO2 の  減少 増大 、すなわち

代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
高CO2血症
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
代謝性アシドーシス(による酸血症)
低CO2血症
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
である。血漿のこの変化に対し、重炭酸緩衝系は 
H+ + HCO3- ← H2CO3 ← H2O + CO2
H+ + HCO3- → H2CO3 → H2O + CO2
の方向に作用する。 「重炭酸緩衝系の緩衝力は完全ではない」ため、緩衝系により減少する CO2 H+ の量は、原疾患(腎臓の機能低下)により増大する量より  大きい 小さい 。そのため、総和(正常状態との比較)としては、CO2は 減少 増大 し、H+は  増大 減少 する。 すなわち、(種々の代償作用なしには)、
代謝性アシドーシス(による酸血症)
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
が もたらされる 緩衝される 。また、 高CO2血症 低CO2血症 が  もたらされる 緩衝される 

15. 肺の機能亢進そのものにより(重炭酸緩衝系の作用なしに)動脈血に最初に起こる変化は CO2 H+ の 減少 増大 、すなわち

代謝性アシドーシス(による酸血症)
高CO2血症
代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
低CO2血症
である。血漿のこの変化に対し、重炭酸緩衝系は 
H+ + HCO3- ← H2CO3 ← H2O + CO2
H+ + HCO3- → H2CO3 → H2O +CO2
の方向に作用する。「重炭酸緩衝系の緩衝力は完全ではない」ため、緩衝系により増大する CO2 H+ の量は、原疾患(肺の機能亢進)により低下する量より 小さい 大きい 。そのため、総和(正常状態との比較)としては、CO2は 減少 増大 し、H+は 減少 増大 する。 すなわち、(種々の代償作用なしには)、
代謝性アシドーシス(による酸血症)
代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
が 緩衝される もたらされる 。また、 低CO2血症 高CO2血症 が もたらされる 緩衝される 

16. 腎臓の機能亢進(アルドステロン症)そのものにより(重炭酸緩衝系の作用なしに)動脈血に最初に起こる変化は CO2 H+ の 減少 増大 、すなわち

低CO2血症
高CO2血症
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
代謝性アシドーシス(による酸血症)
代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
である。血漿のこの変化に対し、重炭酸緩衝系は 
H+ + HCO3- → H2CO3 → H2O + CO2
H+ + HCO3- ← H2CO3 ← H2O + CO2
の方向に作用する。 「重炭酸緩衝系の緩衝力は完全ではない」ため、緩衝系により増大する H+ CO2 の量は、原疾患(腎の機能亢進)により低下する量より 大きい 小さい 。そのため、総和(正常状態との比較)としては、CO2は 減少 増大 し、H+は 増大 減少 する。 すなわち、(種々の代償作用なしには)、
代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
代謝性アシドーシス(による酸血症)
が 緩衝される もたらされる 。また。 低CO2血症 高CO2血症 が もたらされる 緩衝される 

17. H+ + HCO3- ←→ H2CO3 ←→ H2O + CO2 において,肺炎(肺の機能低下)そのものにより(重炭酸緩衝系の作用なしに)動脈血に最初に起こる変化は 

代謝性アシドーシス(による酸血症)
代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
高CO2血症
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
低CO2血症
である.重炭酸緩衝系の,この変化に近い平衡式は 
H2CO3←H2O + CO2
H2CO3→H2O + CO2
の方向に作用し,これにより,動脈血に最初に起こる変化は 緩衝 完全に是正 され,H2CO3は 減少 増大 する.これにより,重炭酸緩衝系の,最初の変化から遠い平衡式は 
H+ + HCO3- ← H2CO3
H+ + HCO3-→ H2CO3
の方向に作用する.すなわち,重炭酸緩衝系により, 
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
代謝性アシドーシス(による酸血症)
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
が 緩衝される もたらされる .また,重炭酸緩衝系の作用により,  高CO2血症 低CO2血症 が 緩衝され もたらされ , HCO3-は  増大 減少 する.

18. H+ + HCO3- ←→ H2CO3 ←→ H2O + CO2 において,腎臓の機能低下そのものにより(重炭酸緩衝系の作用なしに)動脈血に最初に起こる変化は 

代謝性アシドーシス(による酸血症)
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
高CO2血症
低CO2血症
である.重炭酸緩衝系の,この変化に近い平衡式は 
H+ + HCO3-←H2CO3
H+ + HCO3-→H2CO3
の方向に作用し,これにより,動脈血に最初に起こる変化は 緩衝 完全に是正 され,H2CO3は 減少 増大 する.これにより,重炭酸緩衝系の,最初の変化から遠い平衡式は 
H2CO3←H2O + CO2
H2CO3→H2O + CO2
の方向に作用する.すなわち,重炭酸緩衝系により, 
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
代謝性アシドーシス(による酸血症)
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
が  もたらされる 緩衝される .また,重炭酸緩衝系の作用により, 高CO2血症 低CO2血症 が もたらされ 緩衝され ,HCO3-は 増大 減少 する.

19. H+ + HCO3- ←→ H2CO3 ←→ H2O + CO2 において,肺の機能亢進そのものにより(重炭酸緩衝系の作用なしに)動脈血に最初に起こる変化は 

高CO2血症
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
低CO2血症
代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
代謝性アシドーシス(による酸血症)
である.重炭酸緩衝系の,この変化に近い平衡式は 
H2CO3→H2O + CO2
H2CO3←H2O + CO2
の方向に作用し,これにより,動脈血に最初に起こる変化は 完全に是正 緩衝 され,H2CO3は 増大 減少 する.これにより,重炭酸緩衝系の,最初の変化から遠い平衡式は 
H+ + HCO3-←H2CO3
H+ + HCO3-→H2CO3
の方向に作用する.すなわち,重炭酸緩衝系により, 
代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
代謝性アシドーシス(による酸血症)
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
が 緩衝される もたらされる .また,重炭酸緩衝系の作用により, 低CO2血症 高CO2血症 が もたらされ 緩衝され ,HCO3-は 減少 増大 する.

20. H++HCO3-←→ H2CO3 ←→ H2O+CO2 において,腎臓の機能亢進そのものにより(重炭酸緩衝系の作用なしに)動脈血に最初に起こる変化は 

代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
低CO2血症
代謝性アシドーシス(による酸血症)
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
高CO2血症
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
である.重炭酸緩衝系の,この変化に近い平衡式は 
H++ HCO3-→ H2CO3
H++HCO3- ← H2CO3
の方向に作用する.すなわち,重炭酸緩衝系により,動脈血に最初に起こる変化は 完全に是正 緩衝 され,H2CO3は 減少 増大 する.これにより,重炭酸緩衝系の,最初の変化から遠い平衡式は 
H2CO3→H2O + CO2
H2CO3←H2O + CO2
の方向に作用する.すなわち,重炭酸緩衝系により 
代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
代謝性アシドーシス(による酸血症)
が 緩衝される もたらされる .また,重炭酸緩衝系の作用により, 高CO2血症 低CO2血症 が もたらされ 緩衝され ,HCO3-は 減少 増大 する.

21. 動脈血のpH, 7.2、HCO3-, 28 mEq/L、CO2, 68 mm Hgの血液検査データでは、正常値よりも水素イオン濃度が 増大 減少 し、重炭酸イオンは 増大 減少 している。これは、血漿における重炭酸緩衝系の化学平衡式H+ + HCO3- ←→ H2CO3 ←→ H2O+CO2において、最左端にあるH+とHCO3-とが 同じ 異なる 方向に変動しており、血漿に最初に起こった変化はH+の変動であると 思われる 思われない 。血漿に最初に起こった変化は H+ CO2 の 増大 減少 と考えると説明がつく。これは、腎臓 呼吸(換気) の機能 亢進 不全 によってもたらされたと思われる。さらに、重炭酸緩衝系は 

H++ HCO3-←H2CO3←H2O+CO2
H++HCO3-→H2CO3→H2O+CO2
の方向に化学変化が生じたと考えられる。pHの変動は 呼吸性 代謝性  アシドーシス(による酸血症) アルカローシス(によるアルカリ血症) とよばれる。

22. 動脈血のpH, 7.08、HCO3-, 3 mEq/L、CO2, 15 mm Hgの血液検査データでは、正常値よりも水素イオン濃度が 増大 減少 し,重炭酸イオンは 増大 減少 している。これは、血漿における重炭酸緩衝系の化学平衡式H++HCO3-←→H2CO3←→H2O+CO2において、最左端にあるH+とHCO3-とが 同じ 異なる 方向に変動しており、血漿に最初に起こった変化はH+の変動であると 思われない 思われる 。血漿に最初に起こった変化は CO2 H+ の 減少 増大 と考えると説明がつく。これは、腎臓 呼吸(換気) の機能 亢進 不全 によってもたらされたと思われる。さらに、重炭酸緩衝系は 

H+ + HCO3- → H2CO3 → H2O + CO2
H+ + HCO3- ← H2CO3 ← H2O + CO2
の方向に化学変化が生じたと考えられる。pHの変動は 代謝性 呼吸性  アシドーシス(による酸血症) アルカローシス(によるアルカリ血症) とよばれる。

23. 動脈血のpH, 7.24、HCO3-, 12 mEq/L,の血液検査データでは、正常値よりも水素イオン濃度が減少 増大 し、重炭酸イオンは増大 減少 している。これは、血漿における重炭酸緩衝系の化学平衡式H+ + HCO3- ←→ H2CO3 ←→ H2O + CO2において、最左端にあるH+とHCO3-とが異なる 同じ 方向に変動しており、血漿に最初に起こった変化はH+減少 増大 、ないしHCO3-増大 減少 のいずれかが考えられる。前者の場合、重炭酸緩衝系は

H+ + HCO3- → H2CO3 → H2O + CO2
H+ + HCO3- ← H2CO3 ← H2O + CO2
の方向に化学変化が生じたと考えられる。後者の場合、重炭酸緩衝系は
H+ + HCO3- ← H2CO3 ← H2O + CO2
H+ + HCO3- → H2CO3 → H2O + CO2
の方向に化学変化が生じたと考えられる。前者のpHの変動は代謝性 呼吸性 アシドーシス(による酸血症) アルカローシス(によるアルカリ血症) とよばれ、後者のpHの変動は代謝性 呼吸性 アルカローシス(によるアルカリ血症) アシドーシス(による酸血症) とよばれる。

24. 動脈血のpH, 7.50、HCO3-, 22 mEq/L、CO2, 27 mm Hgの血液検査データでは、正常値よりも水素イオン濃度が 増大 減少 し、重炭酸イオンは 減少 増大 している。これは、血漿における重炭酸緩衝系の化学平衡式H+ + HCO3- ←→ H2CO3 ←→ H2O + CO2において、最左端にあるH+とHCO3-とが 異なる 同じ 方向に変動しており、血漿に最初に起こった変化はH+の変動であると 思われる 思われない 。血漿に最初に起こった変化は H+ CO2 の 減少 増大 と考えると説明がつく。これは、腎臓 呼吸(換気) の機能 不全 亢進 によってもたらされたと思われる。さらに、重炭酸緩衝系は

H+ + HCO3- ← H2CO3 ← H2O + CO2
H+ + HCO3- → H2CO3 → H2O + CO2
の方向に化学変化が生じたと考えられる。pHの変動は 呼吸性 代謝性  アシドーシス(による酸血症) アルカローシス(によるアルカリ血症) とよばれる。

25. 動脈血のpH, 7.48、HCO3-, 32.3 mEq/L、CO2, 46 mm Hgの血液検査データでは、正常値よりも水素イオン濃度が 減少 増大 し、重炭酸イオンは 減少 増大 している。これは、血漿における重炭酸緩衝系の化学平衡式H+ + HCO3- ←→ H2CO3 ←→ H2O + CO2において、最左端にあるH+とHCO3-とが 異なる 同じ 方向に変動しており、血漿に最初に起こった変化はH+の変動であると 思われる 思われない 。血漿に最初に起こった変化は CO2 H+ の 減少 増大 と考えると説明がつく。これは、呼吸(換気) 腎臓 の機能 亢進 不全 によってもたらされたと思われる。さらに、重炭酸緩衝系は 

H+ + HCO3- ← H2CO3 ← H2O + CO2
H+ + HCO3- → H2CO3 → H2O + CO2
の方向に化学変化が生じたと考えられる。pHの変動は 代謝性 呼吸性  アシドーシス(による酸血症) アルカローシス(によるアルカリ血症) とよばれる。

26. 腎臓によって代償される前の呼吸性アシドーシス(肺の機能低下による高CO2血症に対して重炭酸緩衝系が作用した状態)においては,HCO3-は正常値よりも 低下 上昇 する.

27. 呼吸性アシドーシス(による酸血症)に対して腎臓が代償したのち,重炭酸緩衝系は, 

H2O + HCO3- → H2CO3 → H2O + CO2
H2O + HCO3- ← H2CO3 ← H2O + CO2
方向へ作用する.

28. 呼吸性アシドーシス(による酸血症)に対する腎臓の代償作用と重炭酸緩衝系の作用により,高CO2血症は 緩衝される さらに進行する  .

29. 呼吸性アシドーシス(による酸血症)に対する腎臓の代償作用と重炭酸緩衝系の作用により,HCO3-の増大は さらに進行する 緩衝される  .

30. 呼吸性アシドーシス(による酸血症)に対する腎臓の代償作用と重炭酸緩衝系の作用により,酸血症(pH低下)は 緩衝される さらに進行する  .

31. 代謝性アシドーシス(たとえば,腎臓の機能低下)に対して,重炭酸緩衝系が作用すると,(肺によって代償される前,)HCO3-は正常値よりも 低下 上昇 する.

32. 代謝性アシドーシス(による酸血症)に対して肺が代償したのち,重炭酸緩衝系は, 

H2O + HCO3- ← H2CO3 ← H2O + CO2
H2O + HCO3- → H2CO3 → H2O + CO2
方向へ作用する.

33. 代謝性アシドーシス(による酸血症)に対する肺の代償作用とは, 

重炭酸緩衝系がもたらす高CO2血症による呼吸促進
重炭酸緩衝系がもたらす高CO2血症だけではなく、酸血症による呼吸促進
であるため, 高 低 CO2血症がもたらされる.

34. 代謝性アシドーシス(による酸血症)に対する肺の代償作用と重炭酸緩衝系の作用により,HCO3-の低下は 緩衝される さらに進行する  .

35. 代謝性アシドーシス(による酸血症)に対する肺の代償作用と重炭酸緩衝系の作用により,酸血症(pH低下)は 緩衝される さらに進行する .

36. 腎臓によって代償される前の呼吸性アルカローシス(肺の機能亢進による低CO2血症に対して重炭酸緩衝系が作用した状態)においては,HCO3-は正常値よりも 低下 増大  する.

37. 呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)に対して腎臓が代償したのち,重炭酸緩衝系は, 

H2O + HCO3- → H2CO3 → H2O + CO2
H2O + HCO3- ← H2CO3 ← H2O + CO2
方向へ作用する.

38. 呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)に対する腎臓の代償作用と重炭酸緩衝系の作用により,低CO2血症は さらに進行する 緩衝される  .

39. 呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)に対する腎臓の代償作用と重炭酸緩衝系の作用により,HCO3-の低下は 緩衝される さらに進行する  .

40. 呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)に対する腎臓の代償作用と重炭酸緩衝系の作用により,アルカリ血症(pH増大)は 緩衝される さらに進行する  .

41. 代謝性アルカローシス(たとえば,腎臓の機能亢進)に対して重炭酸緩衝系が作用すると,(肺によって代償される前,)HCO3-は正常値よりも 低下 上昇  する.

42. 代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)に対して肺が代償したのち,重炭酸緩衝系は, 

H2O + HCO3- ← H2CO3 ← H2O + CO2
H2O + HCO3- → H2CO3 → H2O + CO2
方向へ作用する.

43. 代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)に対する肺の代償作用とは, 

重炭酸緩衝系がもたらす低CO2血症だけではなく、アルカリ血症による呼吸抑制
重炭酸緩衝系がもたらす低CO2血症による呼吸抑制
であるため, 高 低 CO2血症がもたらされる.

44. 代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)に対する肺の代償作用と重炭酸緩衝系の作用により,HCO3-の増大は 緩衝される さらに進行する  .

45. 代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)に対する肺の代償作用と重炭酸緩衝系の作用により,アルカリ血症(pH増大)は 緩衝される さらに進行する  .

46. 運動により、筋から乳酸が血中に放出された。血漿緩衝系がなければ、乳酸が遊離するH+は、pHを 上昇 低下 させてしまう。しかし、血漿緩衝系、特に、重炭酸緩衝系の重炭酸イオンは 酸性 アルカリ性 物質であり、H+と結合することで、運動時のH+の 減少 増大 を緩衝する。この際、重炭酸緩衝系は 

H++HCO3- ← H2CO3 ← H2O+CO2
H++HCO3- → H2CO3 → H2O+CO2
の方向に作用し、重炭酸イオンは 増大 減少 し、CO2が 分解 生成 される。さらに、運動時、換気が 亢進 低下 することにより、重炭酸イオンの緩衝作用を 阻害 助長 する。

47. (筋肉などの)末梢毛細血管における赤血球内で、H+を緩衝しているのは、主に重炭酸緩衝系 ヘモグロビン緩衝系 たんぱく質緩衝系 リン酸緩衝系 である。

48. H+ + HCO3- ←→ H2CO3 ←→ H2O + CO2 において,肺炎(肺の機能低下)そのものにより(重炭酸緩衝系の作用なしに)最初に起こる変化は 

代謝性アシドーシス(による酸血症)
代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
低CO2血症
高CO2血症
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
である.重炭酸緩衝系はこの変化に対して、
H+ + HCO3- ← H2CO3 ← H2O + CO2
H+ + HCO3- → H2CO3 → H2O + CO2
方向に反応が進行する。これにより, HCO3-増大 減少 する.

49. H+ + HCO3- ←→ H2CO3 ←→ H2O + CO2 において,腎不全(腎臓の機能低下)そのものにより(重炭酸緩衝系の作用なしに)最初に起こる変化は 

呼吸性アシドーシス(による酸血症)
高CO2血症
代謝性アシドーシス(による酸血症)
低CO2血症
代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
である.重炭酸緩衝系はこの変化に対して、
H+ + HCO3- ← H2CO3 ← H2O + CO2
H+ + HCO3- → H2CO3 → H2O + CO2
方向に反応が進行する。これにより, HCO3-は  増大 減少 する.

50. H+ + HCO3- ←→ H2CO3 ←→ H2O + CO2 において,アルドステロン症(腎臓の機能亢進)そのものにより(重炭酸緩衝系の作用なしに)最初に起こる変化は 

高CO2血症
低CO2血症
代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
代謝性アシドーシス(による酸血症)
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
である.重炭酸緩衝系はこの変化に対して、
H+ + HCO3- → H2CO3 → H2O + CO2
H+ + HCO3- ← H2CO3 ← H2O + CO2
方向に反応が進行する。これにより, HCO3-は  増大 減少 する.

51. H+ + HCO3- ←→ H2CO3 ←→ H2O + CO2 において,過換気(肺の機能亢進)そのものにより(重炭酸緩衝系の作用なしに)最初に起こる変化は 

呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
代謝性アシドーシス(による酸血症)
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
高CO2血症
代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
低CO2血症
である.重炭酸緩衝系はこの変化に対して、
H+ + HCO3- ← H2CO3 ← H2O + CO2
H+ + HCO3- → H2CO3 → H2O + CO2
方向に反応が進行する。これにより, HCO3-は  減少 増大 する.

52. 運動により、筋から乳酸が血中に放出された。血漿緩衝系がなければ、乳酸が遊離するH+は、pHを 上昇 低下 させてしまう。しかし、血漿緩衝系の一部である重炭酸緩衝系はH+をCO2に変換することで、運動時のH+の 増大 減少 を緩衝する。

53. 激しい運動により(重炭酸緩衝系の作用なしに)、動脈血に最初に起こる変化は、H+増大、すなわち 

高CO2血症
代謝性アシドーシス(による酸血症)
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
低CO2血症
である。

54. 肺の機能低下(肺炎)そのものにより(重炭酸緩衝系の作用なしに)、動脈血に最初に起こる変化は、CO2増大、すなわち、

代謝性アルカローシス(によるアルカリ血症)
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
高CO2血症
低CO2血症
代謝性アシドーシス(による酸血症)
である。

55. 肺の機能亢進そのものにより(重炭酸緩衝系の作用なしに)、動脈血に最初に起こる変化は、CO2の減少、すなわち、

代謝性アルカローシス(によるアルカリ症)
低CO2血症
高CO2血症
呼吸性アルカローシス(によるアルカリ血症)
代謝性アシドーシス(による酸血症)
呼吸性アシドーシス(による酸血症)
である。

56. CO2の増大に対して重炭酸緩衝系が作用すると、H+増大 減少 する。

57. CO2の減少に対して重炭酸緩衝系が作用すると、H+増大 減少 する。

58. H+の増大に対して重炭酸緩衝系が作用すると、CO2減少 増大 する。

59. H+の減少に対して重炭酸緩衝系が作用すると、CO2減少 増大 する。

60. 図の変化に対し、重炭酸緩衝系は 

H+ → CO2 (正確には、H+ + HCO3- → H2CO3 → H2O + CO2)
H+ ← CO2 (正確には、H+ + HCO3- ← H2CO3 ← H2O + CO2)
の方向に作用する。

図表-1