問題文の検索結果

1. 随意運動の下行路(錐体路)は 延髄 脊髄神経レベル で左右の正中線を交叉する。

2. 右腕骨格筋への運動性下行路(錐体路)は脊髄の 右半分 左半分 を下行する。

3. 左腕骨格筋への運動性下行路(錐体路)は脊髄の 左半分 右半分 を下行する。

4. 温度覚・痛覚は 皮質脊髄路(錐体路) 脊髄視床路 後索路 を通る。

5. 温度覚は 皮質脊髄路(錐体路) 脊髄視床路 後索路 を通る。

6. 痛覚は 後索路 皮質脊髄路(錐体路) 脊髄視床路 を通る。

7. 関節、筋肉などの深部覚は 皮質脊髄路(錐体路) 後索路 脊髄視床路 を通る。

8. 皮質脊髄路(錐体路)は脊髄の 後索 前索 側索  を通る。

9. 随意運動の下行路(錐体路)は 後索路 脊髄視床路 皮質脊髄路(錐体路) を通る。

10. 随意運動の下行路(錐体路)は大脳皮質の 前頭葉 頭頂葉 後頭葉 側頭葉 にある 中心前回 中心後回 の 運動野 感覚野 から発し、視床 視床下部 内包 を通り、大脳皮質 大脳基底核 視床下部 延髄の錐体 脊髄 で 

シナプスを形成してから左右の反対側へ交叉
シナプスを形成しないで左右の反対側へ交叉
左右の反対側へ交叉してからシナプスを形成
する。この後、脊髄の 前索 側索 後索 を下行し、前角 後角 にある 第1次 第2次 第3次 運動神経とシナプスを形成する。その神経線維は 前根 後根  を通って脊髄を離れ、中枢 末梢 神経線維となり、骨格筋を支配する。

11. 皮膚の触圧覚は 皮質脊髄路(錐体路) 後索路 脊髄視床路 を通る。

12. バビンスキー反射は、錐体外路 錐体路 が障害されたときにみられる症状である。

13. 皮質脊髄路は、錐体外路 錐体路 の経路である。

14. 大脳基底核は、錐体路 錐体外路 の一部である。

15. 小脳は、錐体外路 錐体路 の一部である。

16. 赤核は、錐体外路 錐体路 の一部である。

17. 網様体は、錐体外路 錐体路 の一部である。

18温度覚・痛覚 随意運動 関節、筋肉などの深部覚と皮膚の触圧覚 は皮質脊髄路(錐体路)を通る。