問題文の検索結果

1. 膜電位が発火レベル(閾電位、閾値)まで脱分極すると、活動電位が発生 しない する 

2. 静止膜電位と発火レベル(閾電位、閾値)との差が小さい神経細胞は興奮し にくい やすい 

3. 静止膜電位と発火レベル(閾電位、閾値)との差が大きい神経細胞は興奮し にくい やすい .

4. 神経細胞膜のある位置に生じた活動電位は、同じ膜の隣の場所を発火レベル(閾電位、閾値)に達するほど強く脱分極させる。正 誤 

5. 神経細胞膜のある位置に生じた活動電位は、同じ膜の隣の場所を発火レベル(閾電位、閾値)に達するほど強く脱分極させない。誤 正 

6. 受容器の適当刺激以外の刺激に対する閾値(静止膜電位と発火レベル、閾電位との差)は、高い 低い 

7. 受容器の適当刺激に対する閾値(静止膜電位と発火レベル、閾電位との差)は、低い 高い 

8. 神経細胞膜電位の*印の部分は閾値(閾電位、発火レベル) 静止膜電位 活動電位 overshoot である。


図表-1