問題文の検索結果

1. 利尿・降圧剤であるマニトールの作用機序は 

アルドステロン阻害
浸透圧利尿
Na+再吸収阻害
炭酸脱水酵素(carbonic anhydrase)阻害
である.

2. 利尿・降圧剤であるアセタゾラミドの作用機序は 

アルドステロン阻害
炭酸脱水酵素(carbonic anhydrase)阻害
Na+再吸収阻害
浸透圧利尿
である.

3. 利尿・降圧剤であるスピロノラクトンの作用機序は 

アルドステロン阻害
浸透圧利尿
Na+再吸収阻害
炭酸脱水酵素(carbonic anhydrase)阻害
である.

4. 作用機序が浸透圧利尿である利尿・降圧剤には 

マニトール
スピロノラクトン
アセタゾラミド
ループ利尿薬
サイアザイド系利尿薬
があげられる.

5. 作用機序が炭酸脱水酵素(carbonic anhydrase)阻害である利尿・降圧剤には 

ループ利尿薬
スピロノラクトン
サイアザイド系利尿薬
マニトール
アセタゾラミド
があげられる.

6. 作用機序がNa+再吸収阻害である利尿・降圧剤には 

ループ利尿薬
スピロノラクトン
サイアザイド系利尿薬
マニトール
アセタゾラミド
があげられる.

7. 作用機序がアルドステロン阻害である利尿・降圧剤には 

スピロノラクトン
マニトール
ループ利尿薬
アセタゾラミド
サイアザイド系利尿薬
があげられる.

8. 「カリウム保持性利尿剤」と言われる利尿・降圧剤には 

マニトール
アセタゾラミド
ループ利尿薬
サイアザイド系利尿薬
スピロノラクトン
があげられる.