問題文の検索結果

1. 集合管からは,ろ過されたNa+と水分のうち,約 65 25 %が再吸収される.

2. 近位尿細管・ヘンレループのNa+再吸収量が変動した際と,遠位尿細管・集合管のNa+再吸収量が変動した際とでは 前者 後者 の方が血漿・血圧におぼす影響は大きい.

3. HCO3-は 近位尿細管・ヘンレループ 遠位尿細管・集合管 から主に再吸収されている.

4. H+は 近位尿細管 ヘンレループ 遠位尿細管 集合管 へ分泌されている.

5. K+は 近位尿細管 ヘンレループ 遠位尿細管 集合管 へ分泌されている.

6. NH3は 近位尿細管 ヘンレループ 遠位尿細管 集合管 へ分泌されている.

7. 集合管には「水チャンネル」があり,水は 分泌 再吸収  されている.

8. 通常(血漿浸透圧が等張の時)、集合管を流れることにより集合管液の濃度は 希釈(浸透圧が低下) 濃縮(浸透圧が上昇) され,尿の量は 減量 増量 する。

9. 通常(血漿浸透圧が等張の時)、集合管の働きにより血漿の濃度は 希釈(浸透圧が低下) 濃縮(浸透圧が上昇)  され、血漿の量は 減量 増量  する。

10. 水分の再吸収は近位尿細管と遠位尿細管との働きであり,集合管では行われていない. 正 誤 

11. 集合管の入口は 腎髄質 腎皮質  にある.

12. 集合管の出口は 腎髄質 腎皮質  にある.

13. 集合管入口における集合管液の浸透圧は血漿浸透圧 より低い と等しい より高い 

14. 集合管の働きがなかったとしたら、腎静脈の血漿は 高張 等張 低張  になる。

15. 集合管入口における集合管液の量は,通常 

1 mL/分
5 mL/分
10 mL/分
35 mL/分
100 mL/分
3000 mL/分
である.

16. 集合管における「水チャンネル」の幅が広い(集合管の水分透過性が高い)ほど,通常の場合と比較して,再吸収される水分の量は 多い 少ない  .

17. 集合管における「水チャンネル」の幅が広い(集合管の水分透過性が高い)ほど,通常の場合と比較して,尿量は 少ない 多い  .

18. 集合管における「水チャンネル」の幅が広い(集合管の水分透過性が高い)ほど,通常の場合と比較して,尿の浸透圧は 高い 低い  .

19. 集合管における「水チャンネル」の幅が広い(集合管の水分透過性が高い)ほど,通常の場合と比較して,血漿浸透圧は 低い 高い  .

20. 集合管における「水チャンネル」の幅が狭い(集合管の水分透過性が低い)ほど,通常の場合と比較して,再吸収される水分の量は 多い 少ない  .

21. 集合管における「水チャンネル」の幅が狭い(集合管の水分透過性が低い)ほど,通常の場合と比較して,尿量は 少ない 多い  .

22. 集合管における「水チャンネル」の幅が狭い(集合管の水分透過性が低い)ほど,通常の場合と比較して,尿の浸透圧は 高い 低い  .

23. 集合管における「水チャンネル」の幅が狭い(集合管の水分透過性が低い)ほど,通常の場合と比較して,血漿浸透圧は 高い 低い  .

24近位尿細管・ヘンレループ 遠位尿細管・集合管 におけるH+分泌はアルドステロンに依存している.

25. バゾプレッシン vasopressin,抗利尿ホルモン antidiuretic hormone (ADH)は 腎臓の集合管 腎臓の傍糸球体装置 視床下部 下垂体前葉 下垂体後葉 で生産される.

26. バゾプレッシン vasopressin,抗利尿ホルモン antidiuretic hormone (ADH)は 腎臓の傍糸球体装置 腎臓の集合管 下垂体後葉 下垂体前葉 視床下部 で分泌される.

27. バゾプレッシン vasopressin,抗利尿ホルモン antidiuretic hormone (ADH)は 腎臓の集合管 視床下部 腎臓の傍糸球体装置 下垂体後葉 下垂体前葉 が主たる標的細胞である.

28. 尿崩症の患者では、集合管での水チャンネルの幅は、高張な血漿浸透圧からの負のフィードバックに 

見合わず病的に広い
見合って広い
見合って、血漿が等張の正常人と同レベルである
見合って狭い
見合わず病的に狭い

29. 尿崩症の患者では,集合管での水分再吸収は、高張な血漿浸透圧からの負のフィードバックに 

見合わず病的に亢進している
見合って亢進している
見合って、血漿が等張の正常人と同レベルである
見合って低下している
見合わず病的に低下している

30. 下垂体性尿崩症の患者では、集合管での水分再吸収は、高張な血漿浸透圧からの負のフィードバックに 見合って少ない 見合って多い 見合わず病的に少ない 見合わず病的に多い  量である。

31. 腎性尿崩症の患者では、集合管での水分再吸収は、高張な血漿浸透圧からの負のフィードバックに 見合わず病的に多い 見合って多い 見合って少ない 見合わず病的に少ない  量である。

32. 下垂体性尿崩症の患者では,集合管での水分再吸収は,血中の 高い 通常の 低い ADH濃度に 見合わず病的に多い 見合って多い 見合って少ない 見合わず病的に少ない  量である.

33. 腎性尿崩症の患者では,集合管での水分再吸収は,血中の 高い 通常の 低い ADH濃度に 見合わず病的に多い 見合って多い 見合って少ない 見合わず病的に少ない  量である.

34. ADH不適合分泌症候群 syndrome of inappropriate secretion of ADH (SIADH)の患者では、集合管での水分再吸収は、低張な血漿浸透圧からの負のフィードバックに 

見合わず病的に亢進している
見合って亢進している
見合って低下している
見合わず病的に低下している

35. 尿細管は,上流から近位尿細管 集合管 遠位尿細管 ヘンレ係蹄(ループ) ,近位尿細管 ヘンレ係蹄(ループ) 集合管 遠位尿細管 ,近位尿細管 遠位尿細管 ヘンレ係蹄(ループ) 集合管 ,ヘンレ係蹄(ループ) 遠位尿細管 集合管 近位尿細管 の順である.

36. ADH不適合分泌症候群 syndrome of inappropriate secretion of ADH (SIADH)の患者では,集合管での水分再吸収は,血中の 高い 低い 通常の ADH濃度に 見合わず病的に少ない 見合わず病的に多い 見合って多い 見合って少ない  量である.