問題文の検索結果

1. 心臓は、通常より静脈還流量が多いと一回拍出量が大きい 小さい 

2. 心臓は、通常より静脈還流量が多いと一回拍出量が大きくなる。これはStevensの法則 スターリングの法則 とよばれる。

3. 集合管の働きがなかったとしたら、腎静脈の血漿は 高張 等張 低張  になる。

4. 発汗により、血漿浸透圧が上昇すると、負のフィードバック調節により、腎静脈の血漿浸透圧は、腎動脈の血漿浸透圧より 低下 上昇  する。

5. 飲水により、血漿浸透圧が低下すると、負のフィードバック調節により、腎静脈の血漿浸透圧は、腎動脈の血漿浸透圧より 上昇 低下  する。

6. 真水を大量に飲水した。血漿の浸透圧は 上昇 低下 した。この浸透圧の変化は 傍糸球体装置 視床下部 で受容され、 傍糸球体装置 下垂体後葉 からの ADH(抗利尿ホルモン、バゾプレッシン) レニン の分泌が 抑制 促進 される。これは腎、尿細管系における 水分の透過性(水チャンネルの幅) ナトリウムの再吸収 を 促進 抑制 させる。すなわち、 Na+と水 水のみ の 尿細管系から毛細血管 毛細血管から尿細管系 方向の移動が 抑制 促進 される。以上の調節は、腎静脈へ流出する血漿の浸透圧を腎動脈から流入する血漿の浸透圧より 高張 低張 にする。また、尿を 高張 低張 にし、同時に尿量を 減少 増大 させる。

7. 大量の発汗で脱水した。血漿の浸透圧は 低下 上昇 した。この浸透圧の変化は 傍糸球体装置 視床下部 で受容され、 傍糸球体装置 下垂体後葉 からの ADH(抗利尿ホルモン、バゾプレッシン) レニン の分泌が 促進 抑制 される。これは腎,尿細管系における ナトリウムの再吸収 水分の透過性(水チャンネルの幅) を 促進 抑制 させる。すなわち、 水のみ Na+と水 の 尿細管系から毛細血管、毛細血管から尿細管系 方向の移動が 促進 抑制 される。以上の調節は、腎静脈へ流出する血漿の浸透圧を腎動脈から流入する血漿の浸透圧より 低張 高張 にする。また、尿を 高張 低張 にし,同時に尿量を 減少 増大 させる。

8. 安静時,動脈血に比べて静脈血のpHは 高い 低い 同等である .これは,筋肉など各臓器が 重炭酸 重炭酸イオン 乳酸 リン酸 CO2 を放出し,肺での排出のために動静脈間で濃度差があり,重炭酸緩衝系はこれに対して静脈内で 

H+ + HCO3- ← H2CO3 ← H2O + CO2
H+ + HCO3- → H2CO3 → H2O + CO2
方向へ作用しているためである.

9. 尿量が多く、尿の浸透圧は低値で、大動静脈の血漿浸透圧は高値であった。考えられる診断は 多飲 尿崩症 この二つから選択するには情報が不足している 

10. 尿量が多く、尿の浸透圧は低値で、大動静脈の血漿浸透圧は低値であった。考えられる診断は 多飲 尿崩症 この二つから選択するには情報が不足している 

11. 尿量が少なく、尿の浸透圧は高値で、大動静脈の血漿浸透圧は高値であった。考えられる診断は ADH不適合分泌症候群 この二つから選択するには情報が不足している 脱水 

12. 尿量が少なく、尿の浸透圧は高値で、大動静脈の血漿浸透圧は低値であった。考えられる診断は 脱水 この二つから選択するには情報が不足している ADH不適合分泌症候群 

13動脈 静脈 に血栓が生じると,その血管部位からすぐの下流には,虚血,壊死などが生じる.

14. 心筋梗塞は冠状動脈 静脈 に生じた血栓に起因することが多い.

15動脈 静脈 に血栓が生じると,その血管部位より上流で循環不全が生じる.

16動脈 静脈 に血栓が生じると、肺塞栓が生じることがある。

17心臓・動脈 静脈 に血栓が生じると、脳塞栓が生じることがある。

18. 静脈血は心房 心室 に還流する.

19. 脳脊髄液は脳脊髄 外 内 にある 脈絡叢 静脈叢 で生成される.脳脊髄の外では 軟膜 硬膜 クモ膜 下腔を循環する.脳脊髄液は脳脊髄 外 内 にある 脈絡叢 静脈叢 で吸収される.脳脊髄液は脳脊髄の 外から中 中から外 の方向に流れる.脳脊髄液はクッションのような働きで脳脊髄を保護している.

20. 大静脈は、右心室 左心室 右心房 左心房 とつながっている。

21. 肺静脈は、左心室 左心房 右心房 右心室 とつながっている。

22. 肺からの血管、心臓の腔は順番に、

(筋など、肺以外の臓器の)毛細血管
右心房
大動脈
右心室
肺静脈
左心房
大静脈
左心室
肺動脈
,
(筋など、肺以外の臓器の)毛細血管
肺動脈
右心室
肺静脈
大動脈
大静脈
左心房
左心室
右心房
,
大動脈
右心房
右心室
肺動脈
肺静脈
左心室
左心房
大静脈
(筋など、肺以外の臓器の)毛細血管
,
(筋など、肺以外の臓器の)毛細血管
肺動脈
左心房
大静脈
大動脈
肺静脈
右心房
左心室
右心室
,
肺静脈
大静脈
左心房
右心室
肺動脈
大動脈
右心房
左心室
(筋など、肺以外の臓器の)毛細血管
,
左心室
肺静脈
肺動脈
左心房
(筋など、肺以外の臓器の)毛細血管
右心房
大動脈
大静脈
右心室
,
右心房
右心室
左心室
左心房
大動脈
肺動脈
大静脈
(筋など、肺以外の臓器の)毛細血管
肺静脈
,
左心房
大動脈
大静脈
肺静脈
右心室
左心室
(筋など、肺以外の臓器の)毛細血管
肺動脈
右心房
,
肺動脈
右心室
大動脈
大静脈
左心房
左心室
肺静脈
右心房
(筋など、肺以外の臓器の)毛細血管
である。

23. 僧帽弁は、大静脈 右心室 左心室 大動脈 右心房 左心房 肺静脈 肺動脈 から右心房 肺動脈 肺静脈 大動脈 左心房 右心室 左心室 大静脈 へ血液を流す。

24. 僧帽弁は、大静脈 左心房 右心室 大動脈 左心室 肺静脈 肺動脈 右心房 から肺静脈 右心室 左心房 右心房 大静脈 肺動脈 大動脈 左心室 への逆流を防いでいる。

25. 大動脈弁は、大動脈 肺静脈 肺動脈 右心室 大静脈 右心房 左心室 左心房 から左心房 右心室 左心室 肺静脈 大動脈 肺動脈 大静脈 右心房 へ血液を流す。

26. 大動脈弁は、大動脈 右心房 左心室 肺静脈 右心室 左心房 大静脈 肺動脈 から肺動脈 右心室 左心房 大静脈 右心房 左心室 大動脈 肺静脈 への逆流を防いでいる。

27. 三尖弁は、左心房 大静脈 右心室 肺静脈 左心室 肺動脈 右心房 大動脈 から左心房 右心房 大動脈 肺動脈 左心室 大静脈 肺静脈 右心室 へ血液を流す。

28. 三尖弁は、左心室 肺動脈 右心房 大動脈 大静脈 右心室 肺静脈 左心房 から肺静脈 大動脈 大静脈 左心室 右心房 右心室 肺動脈 左心房 への逆流を防いでいる。

29. 肺動脈弁は、右心室 肺静脈 大静脈 大動脈 左心室 左心房 肺動脈 右心房 から右心房 左心房 肺動脈 右心室 左心室 大静脈 大動脈 肺静脈 へ血液を流す。

30. 肺動脈弁は、大動脈 肺静脈 右心室 左心室 肺動脈 大静脈 左心房 右心房 から左心室 右心房 肺動脈 大静脈 右心室 左心房 肺静脈 大動脈 への逆流を防いでいる。

31. 静脈血の赤血球に多いのは、H+を緩衝したヘモグロビン 酸素を結合したヘモグロビン である。

32. 運動時などに、心臓へ静脈血の流入が増大すると、心筋の収縮力は減少する 変わらない 増大する 

33. 「抵抗血管」とよばれるのは、静脈 細動脈 大静脈 大動脈 冠状動脈 門脈 毛細血管 である。

34. 静脈には弁がある ない .

35. 静脈周辺の骨格筋がリズミカルに収縮,弛緩を繰り返すことは,静脈還流を増大 低下 させる.

36. 呼吸運動は,静脈還流を低下 増大 させる.

37動脈 静脈 にある血液は他方より多い.

38. 血圧の受容器は

頚動脈小体
心房
延髄
大動脈洞
心室
大脳
冠状静脈洞
大動脈弓
視床下部
頚動脈洞
にある.

39. 血液の末梢性化学受容器は

視床下部
頚動脈洞
心房
心室
大動脈洞
延髄
冠状静脈洞
大脳
大動脈弓
頚動脈小体
にある.

40. 血液の中枢性化学受容器は

大動脈洞
冠状静脈洞
視床下部
頚動脈小体
心房
大脳
心室
頚動脈洞
延髄
大動脈弓
にある.

41. 大動脈洞は右心房 大動脈 大静脈 右心室 左心室 左心房 にある.

42. 冠状静脈洞は左心房 右心房 大静脈 右心室 左心室 大動脈 に開口している.

43. 運動時などに、心臓へ流入する静脈血が増大すると、心筋の収縮力は増大する。これをスターリング へーリング・ブロイエル マーフィー ベル・マジャンディー の法則という。

44. 肝臓で生成した直接型ビリルビンは門脈 胆管 肝静脈 を通じて十二指腸に排出される.

45. 肝臓で生成した抱合型ビリルビンは、胆管 肝静脈 門脈 を通じて十二指腸に排出される。

46. 肺静脈を通って血液が戻り、肺循環 体循環 が終る。

47. 大静脈を通って血液が戻り、体循環 肺循環 が終る。

48. 動脈血は静脈血と比べて、酸素が少なく 多く 、二酸化炭素が、多い 少ない 

49. 静脈血は動脈血と比べて、酸素が少なく 多く 、二酸化炭素が、多い 少ない 

50. 左心房は、大静脈 右心房 左心室 大動脈 肺動脈 肺静脈 右心室 から血液を受け取る。

51. 左心房は、右心房 肺静脈 右心室 大動脈 大静脈 左心室 肺動脈 へ血液を送る。

52. 左心室は、大動脈 右心房 左心房 大静脈 肺動脈 肺静脈 右心室 から血液を受け取る。

53. 左心室は、肺動脈 肺静脈 右心房 左心房 右心室 大静脈 大動脈 へ血液を送る。

54. 右心室は、肺静脈 右心房 大動脈 左心室 肺動脈 大静脈 左心房 から血液を受け取る。

55. 右心室は、大動脈 肺静脈 肺動脈 左心室 左心房 大静脈 右心房 へ血液を送る。

56. 右心房は、左心房 右心室 肺動脈 大動脈 肺静脈 大静脈 左心室 から血液を受け取る。

57. 右心房は、大静脈 左心房 肺静脈 大動脈 左心室 右心室 肺動脈 へ血液を送る。

58. 大静脈は、右心 左心 へもどる。

59. 体循環では、肺静脈 大静脈 が心臓へもどる。

60. 肺静脈は、左心 右心 へもどる。

61. 肺循環では、大静脈 肺静脈 が心臓へもどる。

62. 左心に 大静脈 肺静脈  を通って血液が戻り、体循環 肺循環  が終る。

63. 右心に 大静脈 肺静脈  を通って血液が戻り、体循環 肺循環  が終る。

64肺動脈 大動脈 肺静脈 大静脈 を通って、体循環が始まる。

65大静脈 肺動脈 大動脈 肺静脈 を通って、体循環が終る。

66肺動脈 肺静脈 大動脈 大静脈 を通って、肺循環が始まる。

67肺動脈 肺静脈 大静脈 大動脈 を通って、肺循環が終る。

68. 心臓を出る血液は、静脈 動脈 を通る。

69. 心臓に戻る血液は、動脈 静脈 を通る。

70心臓を出る 心臓に戻る 血液は、静脈を通る。

71. 充血とは、

静脈への流出量が減って局所的に血液量が多くなった
動脈からの流入量が減って局所的に血液量が少なくなった
動脈からの流入量が増えて局所的に血液量が多くなった
状態である。

72. うっ血とは、

動脈からの流入量が増えて局所的に血液量が多くなった
動脈からの流入量が減って局所的に血液量が少なくなった
静脈への流出量が減って局所的に血液量が多くなった
状態である。

73. 虚血とは、

動脈からの流入量が増えて局所的に血液量が多くなった
静脈への流出量が減って局所的に血液量が多くなった
動脈からの流入量が減って局所的に血液量が少なくなった
状態である。

74. 静脈への流出量が減って局所的に血液量が多くなった状態を充血 うっ血 虚血 という。

75. 深部静脈血栓症などで、静脈に血栓が生じ、静脈の内径が増加 減少(狭窄、閉塞) すると、血液の流入 流出 量が減少 増加 し、すぐ下流 上流 で血液量が増大する。

76. 静脈・右心に生じた血栓が遊離すると、肺 脳 塞栓が生じやすい。

77左心 静脈・右心 動脈 に生じた血栓が遊離すると、脳塞栓が生じやすい。

78左心 動脈 静脈・右心 に生じた血栓が遊離すると、肺塞栓が生じやすい。

79. 右心機能が低下し、肺静脈 大静脈 において右心への血流量が低下することにより、充血 虚血 うっ血 が生じる。

80. 左心機能が低下し、大静脈 肺静脈 において左心への血流量が低下することにより、虚血 充血 うっ血 が生じる。

81. 図の*印の血管は、肺静脈 肺動脈 大動脈 大静脈 である。


図表-1