問題文の検索結果

1. 暗順応では、錐(状)体・杆体細胞の感受性が増大する。 正 誤 

2. 同じ刺激が続くとき、受容器の感度低下により、それに対する感覚が変化し、感覚されにくくなることがある。これを 順応 慣れ 特殊感覚エネルギー 適応 という。

3. 順応の早い・遅いは、末梢神経 受容器 中枢神経 の特性で決まる。

4. 痛覚は、順応し にくい やすい 感覚である。

5. 触覚は、順応し にくい やすい 感覚である。

6. 感覚は受容器のある部位に感じる。これを 投射 特殊感覚エネルギーの法則 順応 慣れ 適応 という。

7. 嗅覚は、順応し にくい やすい 感覚である。

8. 感覚の種類は、 受容器から大脳皮質までの感覚系統に固有である。これを 適応 特殊感覚エネルギーの法則 慣れ 投射 順応 という。