問題文の検索結果

1. 筋細胞内のアクチン・ミオシンが、実際に利用する高エネルギー物質は、ADP ブドウ糖 ATP である。

2. アデノシン三リン酸(ATP)は、血液から筋細胞に供給される高エネルギー物質である。誤 正 

3. ATPは、細胞が外部から取り込み、エネルギー源としている物質である。正 誤 

4. 栄養素の代謝産物は、

アデノシン二リン酸 adenosine di-phosphate (ADP)
アデノシン三リン酸 adenosine tri-phosphate (ATP)
酸素(O2)
二酸化炭素(CO2)
である。

5. 栄養素内の原子は、一部が代謝産物で一部がATP すべて代謝産物 すべてがATP へ移行する。

6. ATPと「ATPの部品」とでは、後者 前者 の方が化学的エネルギーが多い。

7. ATP合成に使われるエネルギーは、栄養素の化学的エネルギー 筋の運動エネルギー である。

8. ATP合成に必要な原子は、栄養素 「ATPの部品」 からくる。

9. ATP合成に必要な化学的エネルギーは、栄養素 「ATPの部品」 からくる。

10. 収縮している筋細胞内では、主にATPが分解されて栄養素が生成される 栄養素が分解されてATPが合成される 

11. エネルギー代謝の結果、栄養素が合成 分解 されて獲得 放出 したエネルギーと、ATPが合成 分解 されて獲得 放出 したエネルギーとでは、後者 前者 の方が大きい。

12. 細胞内に貯蔵されているATPは微量 大量 である.

13. ATP合成のときに使われるエネルギーは、食品の栄養素から供給される。正 誤 

14. ATP合成がもっとも亢進するのは運動の前夜睡眠中 直前 当日の朝食時 最中 翌日 である.

15. アデノシン三リン酸 adenosine tri-phosphate (ATP)に含まれる化学的エネルギーは、ADPより多い 少ない 

16. ATP → ADP + P の反応の際、細胞活動に利用できる化学的エネルギーは放出 蓄積 される。

17. ATP → ADP + P の反応は、加水分解 リン酸化反応 である。

18. アデノシン二リン酸 adenosine di-phosphate (ADP)とリン酸とで、アデノシン三リン酸 adenosine tri-phosphate (ATP)合成に必要な化学的「部品」はそろっている。誤 正 

19. アデノシン二リン酸 adenosine di-phosphate (ADP)とリン酸さえあれば、ATPは合成できる。正 誤 

20. ATPは、主としてシナプス小胞 細胞核 細胞質 細胞膜 ミトコンドリア で生成される。

21. 短距離をダッシュする際、ATP生成の中心は、嫌気的代謝 好気的代謝 である。

22. 長距離をジョギングする際、ATP生成の中心は、好気的代謝 嫌気的代謝 である。

23. 嫌気的代謝では、(一定量の栄養素から供給できる)ATP量が少ない 多い 

24. 嫌気的代謝では、好気的代謝に比べて、(短い)一定時間に合成できるATPの量が多い 少ない 

25. 好気的代謝では、(一定量の栄養素から供給できる)ATP量が少ない 多い 

26. 好気的代謝では,嫌気的代謝に比べて(短い)一定時間に合成できるATPの量が少ない 多い 

27. 2者のうち、(一定量の栄養素から供給できる)ATP量が多いのは、嫌気的代謝 好気的代謝 である。

28. 2者のうち、(一定量の栄養素から供給できる)ATP量が少ないのは、好気的代謝 嫌気的代謝 である。

29. 2者のうち、(短い)一定時間に合成できるATPの量が多いのは、嫌気的代謝 好気的代謝 である。

30. 2者のうち、(短い)一定時間に合成できるATPの量が少ないのは、嫌気的代謝 好気的代謝 である。

31. ブドウ糖、脂肪酸が、クレブス回路によって代謝されるためには、ピルビン酸 アセチルCoA ADP ATP に変換される必要がある。

32. 選択肢のうち、クレブス回路がより多く生成(産生)するのは、ATP 水素原子 H+(プロトン)の濃度勾配 である。

33. 選択肢のうち、電子伝達系がより多く生成(産生)するのは、水素原子 H+(プロトン)の濃度勾配 ATP である。

34. ATPが短時間に大量に必要なときに急激に亢進する代謝経路は、主にクレブス回路 電子伝達系(ならびに共役した酸化的リン酸化反応) β-酸化 解糖系 である。

35. ろ過は 高エネルギー物質、ATPを使わない受動的な 高エネルギー物質、ATPを使った能動的な 過程である。

36. 拡散は、高エネルギー物質、ATPを使った能動的な 高エネルギー物質、ATPを使わない受動的な 過程である。

37. 細胞が、ポンプを使って能動輸送をやると 高エネルギー物質、ATPを使わずにできる 高エネルギー物質、ATPが消費される 

38. 能動輸送は、高エネルギー物質、ATPを使った能動的な 高エネルギー物質、ATPを使わない受動的な 過程である。

39. 浸透は、高エネルギー物質、ATPを使わない受動的な 高エネルギー物質、ATPを使った能動的な 過程である。

40. 生体内で化学反応を調節している酵素は

ATP
電解質(イオン)
炭水化物(糖)
脂肪
触媒
タンパク質
ビタミン
である。

41. 解糖系では基質レベルのリン酸化反応 酸化的リン酸化反応 によりATPが生成されている。

42. クレブス(TCA)回路では酸化的リン酸化反応 基質レベルのリン酸化反応 によりATPが生成されている。

43. 電子伝達系によるH+(プロトン)の濃度勾配では基質レベルのリン酸化反応 酸化的リン酸化反応 によりATPが生成されている。

44

クレブス(TCA)回路
電子伝達系によるH+(プロトン)の濃度勾配
解糖系
では基質レベルのリン酸化反応によりATPが生成されている。

45

クレブス(TCA)回路
解糖系
電子伝達系によるH+(プロトン)の濃度勾配
では酸化的リン酸化反応によりATPが生成されている。

46. 筋収縮には、ATPの分子の一部 化学的エネルギー が必要である。

47. 選択肢のうち、酸化的リン酸化反応がより多く生成(産生)するのは、H+(プロトン)の濃度勾配 水素原子 ATP である。

48. 酸化的リン酸化反応はATPを生成 分解 する。

49. アデノシン三リン酸 adenosine tri-phosphate (ATP)のアデノシン リン酸 の結合に化学的エネルギーが多い。

50. 細胞活動に直接使われるのは、ATP ブドウ糖 ADP のエネルギーである。

51. ATPのリン酸 リン酸結合 アデノシン結合 アデノシン にエネルギーがある。

52. ATPが生成される際、栄養素は分解 生成 される。

53. この嫌気的代謝の図中の*印が示すのは、

嫌気的代謝によって取り出されないエネルギー
嫌気的代謝によるATPの生成
嫌気的代謝が短時間でできること
嫌気的代謝で取り出され、ATP生成に使われるエネルギー
嫌気的代謝による栄養素の分解
である。

図表-1